• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Anatomy of the Heads // Jungle Cult Terror TAPE

Anatomy of the Heads // Jungle Cult Terror TAPE

  • Availability:

キリバス共和国・バナナのストレンジビーツトリオAnatomy of the Headsが、2022年12月に50本限定でリリースしたカセットです。

本当は見てはいけない儀式を覗き見しているかのような錯覚に陥る暗黒ノイズ・ストレンジビーツ6曲を収録。DLコード付属。

以下、本人たちによる解説です。

スマトラ島の奥地に、古代の塔の跡を巡る年1回の行列だけが、歴史的に有名な村がある。この伝統的な儀式は、邪悪な異教徒に由来し、これまでに聞いたこともないような素晴らしい音楽とともに行われる。この音楽は、その野蛮な起源を受け入れるという理由で、無知な大衆に敬遠されている。スマトラ島を偶然訪れたとき、私たちはゆっくりとした狂気の病に侵されはじめた。毎晩、半分眠り、半分目を覚ましながら、地元のラジオ局から流れるガムラン音楽に催眠術をかけられていた。オーケストラの演奏が終わると、ラジオの雑音が作曲の一部であるかのように聞こえてきて、私たちはうっとりとした。数日後、私たちはその音楽の起源を探さずにはいられなくなった。しかし、その音楽家たちは、「原始人」「田舎者」と呼ばれるような、社会不適合者であった。しかし、この音楽家たちは、生の異教徒の自然を愛し、ガムランを創り出すことができたのだ。ドラマがすべての音楽の至高のルールであることを理解している音楽家たち。彼らは、抑えきれない欲望と毒々しいまでの激情を抱き、その肉欲的な人生哲学をすべての演奏に浸透させているようだ。もちろん、私たちは彼らを招き、3日間にわたるレコーディングを行い、その成果をこの新しいEPとして発表した。しかし、彼らは他の伝統的なオーケストラと何が違うのだろうか。表向きは、彼らのガムランは、ロマンチックでありながら古典的で、勇敢な探検の旅を描いています。原初の闇を象徴するような、ゆったりとしたメランコリックな始まり、燃え盛る日の出の祝福を受けたような壮大な序曲、荒れ狂う海のような、重厚で複雑な第3幕など、その特徴はさまざまだ。この蛇行する第3楽章にこそ、彼らの残酷なまでの儀式的なエッジが光っている。魔女の安息日の夢のように、これらの楽章は、唾棄すべき神々に満ちた巨大な原初の風景と、そこに存在する生命の闘争を描いている。悪魔的な魅力があるにもかかわらず、その混乱の構図は最終的に黙示録的な勝利のフィナーレに続いている。彼らの探求者たちは死を克服する。私たちがそうであるように、彼らの作品を聴くことで、あなたは彼らの本質があなたの中で動いているのを感じるだろう。そして、あなたもまた、変容するのだ。

-----------------------------------------

Includes DL code. 1st edition of 50. Hand numbered. 

***

Accompanying text:

" Deep in the hinterlands of Sumatra, there is a village whose only claim to minor historical notoriety is an annual procession around the ruins of an ancient tower. In a ritual of dark heathen origins, this tradition is accompanied by some of the finest music you have ever heard. Music that is shunned by the ignorant masses on the basis of its embrace of its savage origins. During a chance visit to Sumatra, a disease of slow insanity, started to descend upon us. Every night, half-asleep, half awake, we were hypnotized by the gamelan music of a local radio station. After the orchestra finished, we were entranced by the radio static that seemed to be part of the composition. Any thoughts of sleep left us, and after a few days we couldn’t help but seek out the origin of the music. What we found were social misfits, dismissed as primitive savages or "country bumpkins". However, these musicians were able to create gamelan with a love of raw, pagan nature. Musicians who understand that drama is the supreme rule of all music. They embrace unbridled lust and poisonous vitriol in a carnal philosophy of life that seems to permeate their every performance. Naturally, we invited them for a three-day-long recording session and proudly present the results with this new EP. But just what makes they're so different from other traditional orchestras? Ostensibly, their unique brand of gamelan portrays romantic, but canonical, journeys of brave explores. Featuring slow, melancholy beginnings, representative of primal darkness; bombastic overtures in the spirit of the blessing received by another blazing sunrise; massive, contrapuntally complex third acts that are just as tumultuous as the raging sea. It is these meandering third movements in which their brutally ritualistic edge shines through. Like a dream of a witches' sabbath, these movements paint the pictures of gigantic primordial landscapes full of spiteful gods and life's struggle to exist in them. Despite their appeal to the demonic, their compositions of turmoil are ultimately followed by an apocalyptic, triumphant finale. Their explorers conquer death. Just as we do, for by hearing their works you will feel their essence moving within you. And you, too, will be transfigured. "

 

Artist : Anatomy of the Heads

Label : Self-released

+ -

キリバス共和国・バナナのストレンジビーツトリオAnatomy of the Headsが、2022年12月に50本限定でリリースしたカセットです。

本当は見てはいけない儀式を覗き見しているかのような錯覚に陥る暗黒ノイズ・ストレンジビーツ6曲を収録。DLコード付属。

以下、本人たちによる解説です。

スマトラ島の奥地に、古代の塔の跡を巡る年1回の行列だけが、歴史的に有名な村がある。この伝統的な儀式は、邪悪な異教徒に由来し、これまでに聞いたこともないような素晴らしい音楽とともに行われる。この音楽は、その野蛮な起源を受け入れるという理由で、無知な大衆に敬遠されている。スマトラ島を偶然訪れたとき、私たちはゆっくりとした狂気の病に侵されはじめた。毎晩、半分眠り、半分目を覚ましながら、地元のラジオ局から流れるガムラン音楽に催眠術をかけられていた。オーケストラの演奏が終わると、ラジオの雑音が作曲の一部であるかのように聞こえてきて、私たちはうっとりとした。数日後、私たちはその音楽の起源を探さずにはいられなくなった。しかし、その音楽家たちは、「原始人」「田舎者」と呼ばれるような、社会不適合者であった。しかし、この音楽家たちは、生の異教徒の自然を愛し、ガムランを創り出すことができたのだ。ドラマがすべての音楽の至高のルールであることを理解している音楽家たち。彼らは、抑えきれない欲望と毒々しいまでの激情を抱き、その肉欲的な人生哲学をすべての演奏に浸透させているようだ。もちろん、私たちは彼らを招き、3日間にわたるレコーディングを行い、その成果をこの新しいEPとして発表した。しかし、彼らは他の伝統的なオーケストラと何が違うのだろうか。表向きは、彼らのガムランは、ロマンチックでありながら古典的で、勇敢な探検の旅を描いています。原初の闇を象徴するような、ゆったりとしたメランコリックな始まり、燃え盛る日の出の祝福を受けたような壮大な序曲、荒れ狂う海のような、重厚で複雑な第3幕など、その特徴はさまざまだ。この蛇行する第3楽章にこそ、彼らの残酷なまでの儀式的なエッジが光っている。魔女の安息日の夢のように、これらの楽章は、唾棄すべき神々に満ちた巨大な原初の風景と、そこに存在する生命の闘争を描いている。悪魔的な魅力があるにもかかわらず、その混乱の構図は最終的に黙示録的な勝利のフィナーレに続いている。彼らの探求者たちは死を克服する。私たちがそうであるように、彼らの作品を聴くことで、あなたは彼らの本質があなたの中で動いているのを感じるだろう。そして、あなたもまた、変容するのだ。

-----------------------------------------

Includes DL code. 1st edition of 50. Hand numbered. 

***

Accompanying text:

" Deep in the hinterlands of Sumatra, there is a village whose only claim to minor historical notoriety is an annual procession around the ruins of an ancient tower. In a ritual of dark heathen origins, this tradition is accompanied by some of the finest music you have ever heard. Music that is shunned by the ignorant masses on the basis of its embrace of its savage origins. During a chance visit to Sumatra, a disease of slow insanity, started to descend upon us. Every night, half-asleep, half awake, we were hypnotized by the gamelan music of a local radio station. After the orchestra finished, we were entranced by the radio static that seemed to be part of the composition. Any thoughts of sleep left us, and after a few days we couldn’t help but seek out the origin of the music. What we found were social misfits, dismissed as primitive savages or "country bumpkins". However, these musicians were able to create gamelan with a love of raw, pagan nature. Musicians who understand that drama is the supreme rule of all music. They embrace unbridled lust and poisonous vitriol in a carnal philosophy of life that seems to permeate their every performance. Naturally, we invited them for a three-day-long recording session and proudly present the results with this new EP. But just what makes they're so different from other traditional orchestras? Ostensibly, their unique brand of gamelan portrays romantic, but canonical, journeys of brave explores. Featuring slow, melancholy beginnings, representative of primal darkness; bombastic overtures in the spirit of the blessing received by another blazing sunrise; massive, contrapuntally complex third acts that are just as tumultuous as the raging sea. It is these meandering third movements in which their brutally ritualistic edge shines through. Like a dream of a witches' sabbath, these movements paint the pictures of gigantic primordial landscapes full of spiteful gods and life's struggle to exist in them. Despite their appeal to the demonic, their compositions of turmoil are ultimately followed by an apocalyptic, triumphant finale. Their explorers conquer death. Just as we do, for by hearing their works you will feel their essence moving within you. And you, too, will be transfigured. "

 

Artist : Anatomy of the Heads

Label : Self-released