• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Khan Jamal's Creative Arts Ensemble // Drum Dance To The Motherland LP

Khan Jamal's Creative Arts Ensemble // Drum Dance To The Motherland LP

¥4,280
  • Availability:

※4月中旬再入荷後発送します

アメリカのビブラフォン奏者Khan Jamalが、1972年にひっそりと録音した幻の作品がこの度レコードで再発。50年前とは思えない程に新鮮なダブ・ジャズ4曲を収録。

以下、レーベル解説です。

"ビブラフォン奏者カーン・ジャマールの奇抜で唯一無二の傑作『Drum Dance To The Motherland』のようなサウンドのアルバムは、地球上に他に存在しない。リリースから30年、このアルバムの音のタペストリー、大胆不敵な抽象表現、容赦ないグルーヴ、クールなスイング、エクスタシーの閃光、汎文化の抱擁は、パワフルでカテゴリーを超えている。フィラデルフィアのレーベルDogtownからリリースされた3枚のアルバムのうちの1枚で、70年代初頭にリリースされたときはほとんど市外に流通しなかった。

このアルバムは、音楽的な探求の実に見事な記録であり名セッションである。フリー・ジャズの表現主義、ブラック・サイケデリア、そして完全なダブ・プロダクションのテクニックのありえないほどの融合において、Drum Danceは、1972年にフィラデルフィアのカタコンブ・クラブでライブ録音されてから50年経っても、勇敢で力強いアウトサイダーの声明であり続けている。サン・ラー、キング・タビー、フィル・コーラン、BYG/アクチュエルとの比較は、カーン・ジャマール・クリエイティブ・アーツ・アンサンブルとサウンドエンジニアのマリオ・ファラーナのリアルタイムエンハンスメントによって呼び起こされた宇宙的な異質さを示唆するに過ぎない。

Khan Jamal's Creative Arts Ensembleのメンバーは、アフリカン・アメリカン・ミュージックを祖国からブルース、R&B、ジャズ、フリー・ジャズを経て連続したものとして捉え、その連続性を極めることに誇りをもっていたことは明らかである。70年代初頭、これらはかなり新しい考えだったが、フィラデルフィアではしっかりと根付いていた。現代的で文化的に進歩的でありながら、アフリカの伝統に根差したアフリカ系アメリカ人の音楽を追求することが、この音楽の心と魂なのです。フィラデルフィアの特定のアフリカ系アメリカ人コミュニティとのつながりが、その直接的なインスピレーションとなっている。「私の祖先は、私が演奏するたびに私の音楽の中に現れるのです。"俺の裏庭はアフリカだ "っていつも言っているんだ。

Drum Dance To The Motherlandは、1973年にジャマールがDogtownレコードから300枚限定でリリースしたもので、2005年にエレマイトからCDで再発されるまで、事実上神話と化していた。マスターテープが失われて久しい中、ソニーミュージックの54thストリートスタジオで、オリジナルLPのミントなコピーから音声を移し替えました。エド・ヘイゼルがドラム・ダンスの歴史を詳細に語ったインサート付き。Eremite Recordsのライセンスに基づく。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Aguirre releases available at Tobira.

------------------------------

Aguirre Records:

"There’s not another album on the planet that sounds even remotely like vibraphonist Khan Jamal’s eccentric, one-of-a-kind masterpiece, Drum Dance To The Motherland. Thirty years after its release, the album’s tapestry of sound, fearless abstractions, relentless grooves, cool swing, flashes of ecstasy, & pan cultural embrace remain powerful & beyond category. One of only three albums released on the Philadelphia-based Dogtown label, it was barely distributed beyond the city’s limits when it came out in the early ‘70s.

Finally available again, a really stunning document of musical exploration, a classic session. In its improbable fusion of free jazz expressionism, black psychedelia, & full-on dub production techniques, Drum Dance remains a bracingly powerful outsider statement fifty years after it was recorded live at the Catacombs Club in Philadelphia, 1972. Comparisons to Sun RaKing TubbyPhil Cohran & BYG/Actuel merely hint at the cosmic otherness conjured by The Khan Jamal Creative Arts Ensemble & by sound engineer Mario Falana's real-time enhancements.

Clearly, the members of the Khan Jamal Creative Arts Ensemble saw African American music as a continuum that stretched from the Motherland through the blues, R&B, jazz, & free jazz, & they prided themselves on mastering the continuum. In the early ‘70s, these were fairly new ideas, but they had taken firm root in Philadelphia. The search for an African American music that is modern & culturally progressive but rooted in an African tradition is the music’s heart & soul. Its connection to the specific African American community in Philadelphia is its immediate inspiration. “My ancestors eventually show up in my music every time i play,” Jamal says. “I’ve always said that my backyard is Africa.”

Originally issued by Jamal in 1973 in an edition of three hundred copies on ‘Dogtown’ records, Drum Dance To The Motherland was effectively a myth until eremite’s 2005 CD reissue. With the master tapes long vanished, the audio was transferred at Sony Music's 54th street studio from a minty copy of the original LP. Includes an insert with Ed Hazell's detailed telling of Drum Dance's incredible history. Under License From Eremite Records."

Artist : Khan Jamal's Creative Arts Ensemble

Label : Aguirre Records

+ -

※4月中旬再入荷後発送します

アメリカのビブラフォン奏者Khan Jamalが、1972年にひっそりと録音した幻の作品がこの度レコードで再発。50年前とは思えない程に新鮮なダブ・ジャズ4曲を収録。

以下、レーベル解説です。

"ビブラフォン奏者カーン・ジャマールの奇抜で唯一無二の傑作『Drum Dance To The Motherland』のようなサウンドのアルバムは、地球上に他に存在しない。リリースから30年、このアルバムの音のタペストリー、大胆不敵な抽象表現、容赦ないグルーヴ、クールなスイング、エクスタシーの閃光、汎文化の抱擁は、パワフルでカテゴリーを超えている。フィラデルフィアのレーベルDogtownからリリースされた3枚のアルバムのうちの1枚で、70年代初頭にリリースされたときはほとんど市外に流通しなかった。

このアルバムは、音楽的な探求の実に見事な記録であり名セッションである。フリー・ジャズの表現主義、ブラック・サイケデリア、そして完全なダブ・プロダクションのテクニックのありえないほどの融合において、Drum Danceは、1972年にフィラデルフィアのカタコンブ・クラブでライブ録音されてから50年経っても、勇敢で力強いアウトサイダーの声明であり続けている。サン・ラー、キング・タビー、フィル・コーラン、BYG/アクチュエルとの比較は、カーン・ジャマール・クリエイティブ・アーツ・アンサンブルとサウンドエンジニアのマリオ・ファラーナのリアルタイムエンハンスメントによって呼び起こされた宇宙的な異質さを示唆するに過ぎない。

Khan Jamal's Creative Arts Ensembleのメンバーは、アフリカン・アメリカン・ミュージックを祖国からブルース、R&B、ジャズ、フリー・ジャズを経て連続したものとして捉え、その連続性を極めることに誇りをもっていたことは明らかである。70年代初頭、これらはかなり新しい考えだったが、フィラデルフィアではしっかりと根付いていた。現代的で文化的に進歩的でありながら、アフリカの伝統に根差したアフリカ系アメリカ人の音楽を追求することが、この音楽の心と魂なのです。フィラデルフィアの特定のアフリカ系アメリカ人コミュニティとのつながりが、その直接的なインスピレーションとなっている。「私の祖先は、私が演奏するたびに私の音楽の中に現れるのです。"俺の裏庭はアフリカだ "っていつも言っているんだ。

Drum Dance To The Motherlandは、1973年にジャマールがDogtownレコードから300枚限定でリリースしたもので、2005年にエレマイトからCDで再発されるまで、事実上神話と化していた。マスターテープが失われて久しい中、ソニーミュージックの54thストリートスタジオで、オリジナルLPのミントなコピーから音声を移し替えました。エド・ヘイゼルがドラム・ダンスの歴史を詳細に語ったインサート付き。Eremite Recordsのライセンスに基づく。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Aguirre releases available at Tobira.

------------------------------

Aguirre Records:

"There’s not another album on the planet that sounds even remotely like vibraphonist Khan Jamal’s eccentric, one-of-a-kind masterpiece, Drum Dance To The Motherland. Thirty years after its release, the album’s tapestry of sound, fearless abstractions, relentless grooves, cool swing, flashes of ecstasy, & pan cultural embrace remain powerful & beyond category. One of only three albums released on the Philadelphia-based Dogtown label, it was barely distributed beyond the city’s limits when it came out in the early ‘70s.

Finally available again, a really stunning document of musical exploration, a classic session. In its improbable fusion of free jazz expressionism, black psychedelia, & full-on dub production techniques, Drum Dance remains a bracingly powerful outsider statement fifty years after it was recorded live at the Catacombs Club in Philadelphia, 1972. Comparisons to Sun RaKing TubbyPhil Cohran & BYG/Actuel merely hint at the cosmic otherness conjured by The Khan Jamal Creative Arts Ensemble & by sound engineer Mario Falana's real-time enhancements.

Clearly, the members of the Khan Jamal Creative Arts Ensemble saw African American music as a continuum that stretched from the Motherland through the blues, R&B, jazz, & free jazz, & they prided themselves on mastering the continuum. In the early ‘70s, these were fairly new ideas, but they had taken firm root in Philadelphia. The search for an African American music that is modern & culturally progressive but rooted in an African tradition is the music’s heart & soul. Its connection to the specific African American community in Philadelphia is its immediate inspiration. “My ancestors eventually show up in my music every time i play,” Jamal says. “I’ve always said that my backyard is Africa.”

Originally issued by Jamal in 1973 in an edition of three hundred copies on ‘Dogtown’ records, Drum Dance To The Motherland was effectively a myth until eremite’s 2005 CD reissue. With the master tapes long vanished, the audio was transferred at Sony Music's 54th street studio from a minty copy of the original LP. Includes an insert with Ed Hazell's detailed telling of Drum Dance's incredible history. Under License From Eremite Records."

Artist : Khan Jamal's Creative Arts Ensemble

Label : Aguirre Records