• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Stefan Christoff // In Sofia TAPE

Stefan Christoff // In Sofia TAPE

  • Availability:

カナダ・モントリオールのアンビエント作家Stefan Christoffが、2023年8月にアメリカ・ポートランドのオールジャンルレーベルBeacon Soundから50本限定でリリースしたカセットです。

彼が何度も訪れているブルガリア・ソフィアで録音したピアノ独奏ネオクラシカル・アンビエントジャズ2曲を収録。DLコード付属。 

以下、レーベルによる解説です。

"2022年8月にブルガリアで録音された「In Sofia」は、ソロピアノの文脈の中で、作曲と即興音楽の世界との対話を続けている。G.I.グルジェフの東欧神秘主義やキース・ジャレットの長大な即興ソロコンサートなどからヒントを得て、Stefan Christoffは音符のタペストリーを紡ぎ、聴き手に内面を見つめる空間を与えている。どちらの組曲もゆっくりと展開し、聴き手に豊かな景色を見せる。Stefan Christoffが馴染みのない土地にいたにもかかわらず、彼の個人的な歴史と深いつながりがあることを考えれば理解できるだろう。In Sofia "は、アーティストが長年温めてきた音楽のスケッチに基づき、時の流れの中で自分がどこに立っているのかを見つめ直しながら、場所のイメージを喚起させる。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Beacon Sound releases available at Tobira. 

----------------------------

Includes DL code. Cassette in recycle cardstock slipcase. Edition of 50. 

Tracklist:

  1. Part 1 22:26
  2. Part 2 22:58

Beacon Sound:

"Recorded in Bulgaria in August of 2022, 'In Sofia' continues a conversation between the world of composition and improvised music within the context of solo piano. Taking cues from sources such as the Eastern European mysticism of G.I. Gurdjieff and the long form, improvised solo concerts by Keith Jarrett, Christoff weaves a tapestry of notes allowing the listener a space to look inward. Both suites unfurl slowly, painting rich vistas for the listener to take in. There is a sense of searching and discovery in the music, understandable given the fact that Christoff was in a land unfamiliar yet so connected to his personal history (see artist statement below). Based on musical sketches that the artist had been developing for years, 'In Sofia' conjures evocative images of place while reckoning with where one stands in the river of time."

Artist : Stefan Christoff

Label : Beacon Sound

+ -

カナダ・モントリオールのアンビエント作家Stefan Christoffが、2023年8月にアメリカ・ポートランドのオールジャンルレーベルBeacon Soundから50本限定でリリースしたカセットです。

彼が何度も訪れているブルガリア・ソフィアで録音したピアノ独奏ネオクラシカル・アンビエントジャズ2曲を収録。DLコード付属。 

以下、レーベルによる解説です。

"2022年8月にブルガリアで録音された「In Sofia」は、ソロピアノの文脈の中で、作曲と即興音楽の世界との対話を続けている。G.I.グルジェフの東欧神秘主義やキース・ジャレットの長大な即興ソロコンサートなどからヒントを得て、Stefan Christoffは音符のタペストリーを紡ぎ、聴き手に内面を見つめる空間を与えている。どちらの組曲もゆっくりと展開し、聴き手に豊かな景色を見せる。Stefan Christoffが馴染みのない土地にいたにもかかわらず、彼の個人的な歴史と深いつながりがあることを考えれば理解できるだろう。In Sofia "は、アーティストが長年温めてきた音楽のスケッチに基づき、時の流れの中で自分がどこに立っているのかを見つめ直しながら、場所のイメージを喚起させる。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Beacon Sound releases available at Tobira. 

----------------------------

Includes DL code. Cassette in recycle cardstock slipcase. Edition of 50. 

Tracklist:

  1. Part 1 22:26
  2. Part 2 22:58

Beacon Sound:

"Recorded in Bulgaria in August of 2022, 'In Sofia' continues a conversation between the world of composition and improvised music within the context of solo piano. Taking cues from sources such as the Eastern European mysticism of G.I. Gurdjieff and the long form, improvised solo concerts by Keith Jarrett, Christoff weaves a tapestry of notes allowing the listener a space to look inward. Both suites unfurl slowly, painting rich vistas for the listener to take in. There is a sense of searching and discovery in the music, understandable given the fact that Christoff was in a land unfamiliar yet so connected to his personal history (see artist statement below). Based on musical sketches that the artist had been developing for years, 'In Sofia' conjures evocative images of place while reckoning with where one stands in the river of time."

Artist : Stefan Christoff

Label : Beacon Sound