• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Staubitz and Waterhouse // Out and About LP

Staubitz and Waterhouse // Out and About LP

  • Availability:

アメリカ・ロードアイランドの物音デュオStaubitz and Waterhouseが、2023年5月に同国実験レーベルGertrude Tapesから125部限定でリリースしたレコードです。

A面は2年かけて収集した様々な音をコラージュして制作した架空の「平均的なある1日」を、B面はNYのハドソン渓谷を訪れた際の旅の音記録を収録。DLコード付属。

前作もおすすめです。

以下、Barrett Clarkによる解説です

"これらの「ありふれたもの」について、私たちはどのように語ればいいのだろうか。どのようにすれば、むしろどのようにすれば、それらを探し出すことができるのだろうか。- Georges Perec - The Infra-Ordinary (1973)

Staubitz and Waterhouseが新譜を持って帰ってきた!

2022年のフルレングス・デビュー作『コモン・メタルズ』、『リージョナル・ベアーズ』のミニ・アルバム、『チョコレート・モンク』のシェイマス・ウィリアムズとのコラボEPに続き、オーシャン・ステートのリュックとブリュンヒルド・フェラーリが、これまでで最も魅力的で万華鏡のようなアルバム『 Out and About』を携えてGertrude Tapesに戻ってきた。アメリカ産業革命とウェンディ・カルロスの生まれ故郷であるロードアイランド州ポータケットを拠点とするStaubitz and Waterhouseは、勤勉さと繊細さ、そしてユーモアをもって自分たちの人生を記録し続けている。

サイドAは、2年間にわたって録音されたもので、数十に及ぶ個別の現場を、デュオにとっての架空の "平均的な1日 "に凝縮している。このアルバムは、夜明けに彼らの家の階段で始まり、早朝の屋外アンティークマーケットを散策し、ジェームズ・タレルのスカイスペースやホテルのプールに立ち寄る。ホット・スタンパーは、私たちが毎日遭遇するさまざまなテクノフォニーの源をモンタージュした作品である。食料品の買い物中、洗車場、工場の建物内、家具店のトイレ。その日の夜、勇敢なオーラル探検家たちは、30年前に2人が出会いかけた「グレート・ウッズ」での「ピットブル」のコンサートを楽しんでいる。当然のように、2人は帰りにラファイエットに立ち寄ってナイトキャップを楽しみ、そこでジャズ全般についての刺激的な会話を耳にする。バケツの下に閉じ込められた猛烈な虫のベリンバウ風の抗議にもかかわらず、夜は至福の眠りで締めくくられる。

サイドBは、2022年初頭の週末に録音された旅行記で、伝説的なタビーズのパティオで演奏するためにニューヨークのハドソン渓谷を訪れた旅の記録である。このサイドの曲調は、よりルーズでのびのびとしており、Staubitz and Waterhouseにとって、生きることと演奏することに違いはなく、それは連続したものであることを示している。それは、端々に滲み出るキングストンの音や、セット全体に流れる狂気の鳥のテープに聴こえ、何が本物で何が作為なのかの境界を濁している。アルバムの最後を飾るのは、ダイアビーコンの洞窟のような空間で、幽霊のような幻影がちらちらと見え隠れし、空間全体を浮遊している。

言っておくが、彼らは常に行動を求めているのだ。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Gertrude Tapes releases available at Tobira. 

---------------------

Includes DL code. 12" black vinyl. Edition of 125. 

Tracklist:

  1. Morning Chorus 03:16
  2. Heart of the Mart 02:35
  3. Vocaloids 02:20
  4. No Recess 01:11
  5. Hot Stamper 03:39
  6. Dale 00:33
  7. Jazz Conversation 04:13
  8. Night Sweats 02:21
  9. I Am Sitting in a Car 02:04
  10. No Coffee at the Rodeway 01:33
  11. Live at Tubby's 10:11
  12. Louise's Attic 06:28

++

Text by Barrett Clark, Record Producer :

"Following 2022's full-length debut Common Metals, a mini-album for Regional Bears, and a collaborative EP with Seamus Williams for Chocolate Monk, the Luc and Brunhild Ferrari of the Ocean State have returned to Gertrude Tapes with Out and About, their most engaging and kaleidoscopic album to date. Based in Pawtucket, Rhode Island, the birthplace of the American Industrial Revolution and Wendy Carlos, Staubitz and Waterhouse continue to document their lives with diligence, sensitivity, and humor.

Side A, recorded over two years, distills dozens of discrete sites into an imaginary "average day" for the duo. The album begins at dawn on their stoop, proceeds to an early morning stroll at an outdoor antique market, makes a pit stop at a James Turrell Skyspace and a hotel
pool - all before a chaotic lunch at a woefully beleaguered charter school. Moving on, through, and out of the halls of education, "Hot Stamper" is a montage of the many sources of technophony we encounter every day: while grocery shopping, at a car wash, inside mill buildings, or in the bathroom at a furniture store. Later that evening our intrepid aural explorers find themselves at a lively "Pitbull" concert at "Great Woods," where the two nearly met three decades prior. Par for the course, they stop in for a nightcap at the Lafayette on their way home, where they overhear a scintillating conversation about all things jazz. The night concludes with blissful slumber, despite the berimbau-esque protestations of a furious bug trapped under a bucket.

Side B is a travelogue recorded over one weekend in early 2022, which documents their journey to the Hudson Valley in New York to play on the patio of the legendary Tubby's. The tone of this side is more loose and sprawling, and demonstrates that for Staubitz and Waterhouse there is no difference between living and performing - it exists on a continuum. You can hear it in the sounds of Kingston that bleed in around the edges, and in the tapes of insane birds that run
throughout their set, muddying the boundaries between what is real and what is artifice. The album concludes with a trip to the cavernous confines of Dia Beacon, where ghostly apparitions flicker in and out of focus and float throughout the space."

Artist : Staubitz and Waterhouse

Label : Gertrude Tapes

+ -

アメリカ・ロードアイランドの物音デュオStaubitz and Waterhouseが、2023年5月に同国実験レーベルGertrude Tapesから125部限定でリリースしたレコードです。

A面は2年かけて収集した様々な音をコラージュして制作した架空の「平均的なある1日」を、B面はNYのハドソン渓谷を訪れた際の旅の音記録を収録。DLコード付属。

前作もおすすめです。

以下、Barrett Clarkによる解説です

"これらの「ありふれたもの」について、私たちはどのように語ればいいのだろうか。どのようにすれば、むしろどのようにすれば、それらを探し出すことができるのだろうか。- Georges Perec - The Infra-Ordinary (1973)

Staubitz and Waterhouseが新譜を持って帰ってきた!

2022年のフルレングス・デビュー作『コモン・メタルズ』、『リージョナル・ベアーズ』のミニ・アルバム、『チョコレート・モンク』のシェイマス・ウィリアムズとのコラボEPに続き、オーシャン・ステートのリュックとブリュンヒルド・フェラーリが、これまでで最も魅力的で万華鏡のようなアルバム『 Out and About』を携えてGertrude Tapesに戻ってきた。アメリカ産業革命とウェンディ・カルロスの生まれ故郷であるロードアイランド州ポータケットを拠点とするStaubitz and Waterhouseは、勤勉さと繊細さ、そしてユーモアをもって自分たちの人生を記録し続けている。

サイドAは、2年間にわたって録音されたもので、数十に及ぶ個別の現場を、デュオにとっての架空の "平均的な1日 "に凝縮している。このアルバムは、夜明けに彼らの家の階段で始まり、早朝の屋外アンティークマーケットを散策し、ジェームズ・タレルのスカイスペースやホテルのプールに立ち寄る。ホット・スタンパーは、私たちが毎日遭遇するさまざまなテクノフォニーの源をモンタージュした作品である。食料品の買い物中、洗車場、工場の建物内、家具店のトイレ。その日の夜、勇敢なオーラル探検家たちは、30年前に2人が出会いかけた「グレート・ウッズ」での「ピットブル」のコンサートを楽しんでいる。当然のように、2人は帰りにラファイエットに立ち寄ってナイトキャップを楽しみ、そこでジャズ全般についての刺激的な会話を耳にする。バケツの下に閉じ込められた猛烈な虫のベリンバウ風の抗議にもかかわらず、夜は至福の眠りで締めくくられる。

サイドBは、2022年初頭の週末に録音された旅行記で、伝説的なタビーズのパティオで演奏するためにニューヨークのハドソン渓谷を訪れた旅の記録である。このサイドの曲調は、よりルーズでのびのびとしており、Staubitz and Waterhouseにとって、生きることと演奏することに違いはなく、それは連続したものであることを示している。それは、端々に滲み出るキングストンの音や、セット全体に流れる狂気の鳥のテープに聴こえ、何が本物で何が作為なのかの境界を濁している。アルバムの最後を飾るのは、ダイアビーコンの洞窟のような空間で、幽霊のような幻影がちらちらと見え隠れし、空間全体を浮遊している。

言っておくが、彼らは常に行動を求めているのだ。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Gertrude Tapes releases available at Tobira. 

---------------------

Includes DL code. 12" black vinyl. Edition of 125. 

Tracklist:

  1. Morning Chorus 03:16
  2. Heart of the Mart 02:35
  3. Vocaloids 02:20
  4. No Recess 01:11
  5. Hot Stamper 03:39
  6. Dale 00:33
  7. Jazz Conversation 04:13
  8. Night Sweats 02:21
  9. I Am Sitting in a Car 02:04
  10. No Coffee at the Rodeway 01:33
  11. Live at Tubby's 10:11
  12. Louise's Attic 06:28

++

Text by Barrett Clark, Record Producer :

"Following 2022's full-length debut Common Metals, a mini-album for Regional Bears, and a collaborative EP with Seamus Williams for Chocolate Monk, the Luc and Brunhild Ferrari of the Ocean State have returned to Gertrude Tapes with Out and About, their most engaging and kaleidoscopic album to date. Based in Pawtucket, Rhode Island, the birthplace of the American Industrial Revolution and Wendy Carlos, Staubitz and Waterhouse continue to document their lives with diligence, sensitivity, and humor.

Side A, recorded over two years, distills dozens of discrete sites into an imaginary "average day" for the duo. The album begins at dawn on their stoop, proceeds to an early morning stroll at an outdoor antique market, makes a pit stop at a James Turrell Skyspace and a hotel
pool - all before a chaotic lunch at a woefully beleaguered charter school. Moving on, through, and out of the halls of education, "Hot Stamper" is a montage of the many sources of technophony we encounter every day: while grocery shopping, at a car wash, inside mill buildings, or in the bathroom at a furniture store. Later that evening our intrepid aural explorers find themselves at a lively "Pitbull" concert at "Great Woods," where the two nearly met three decades prior. Par for the course, they stop in for a nightcap at the Lafayette on their way home, where they overhear a scintillating conversation about all things jazz. The night concludes with blissful slumber, despite the berimbau-esque protestations of a furious bug trapped under a bucket.

Side B is a travelogue recorded over one weekend in early 2022, which documents their journey to the Hudson Valley in New York to play on the patio of the legendary Tubby's. The tone of this side is more loose and sprawling, and demonstrates that for Staubitz and Waterhouse there is no difference between living and performing - it exists on a continuum. You can hear it in the sounds of Kingston that bleed in around the edges, and in the tapes of insane birds that run
throughout their set, muddying the boundaries between what is real and what is artifice. The album concludes with a trip to the cavernous confines of Dia Beacon, where ghostly apparitions flicker in and out of focus and float throughout the space."

Artist : Staubitz and Waterhouse

Label : Gertrude Tapes