• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Shoeb Ahmad // Breather Loops TAPE

Shoeb Ahmad // Breather Loops TAPE

¥1,650
  • Availability:

オーストラリアのアンビエント作家Shoeb Ahmadが、2022年2月にAtlantic Rhythmから100本限定でリリースしたカセットです。以下、レーベルによる解説です。

Shoeb AhmadがBreatherプロジェクトを発案したのは、オーストラリア大陸のピーク時の封鎖中でした。壊滅的な山火事に見舞われた乾季を反芻し、Ahmadはアルバム「A Body Full Of Tears」の執筆を開始しました。孤立し、環境破壊とパンデミックのトラウマに直面したAhmadは、探求を続けることを決意し、長時間の瞑想的な作曲のための空間を作り始めたのです。その空間は、自宅で仕事をし、2人のリモート学習の子どもを抱えているという、新しい閉鎖的な現実を処理するためにも重要でした。

アーマッドは、この新しいメディエーション、ブリーザー・セッションを日中に行い、ライブストリーミングで配信しました。子供たちが学校に戻り、アーマッドがオフィスに戻るなど、生活が「普通」に戻り始めると、Breatherのコンセプトは少し下火になりました。2020年末、彼女はBreatherのコンセプトで作品群を制作する見返りとして、ライブパフォーマンスによる収入減を補填する助成金を獲得した。今回は、長時間の作品ではなく、彼女の身の回りにあるシンプルな10秒間のビデオを使って、無限ループとして再生できる短い作品を作るというアイデアで遊んでいました。

これらのループを集めると、プレイリストにランダムに挿入され、終わりのない感覚を与えることができます。これらの作品は、長年にわたる多くの過去のプロジェクトで録音された音のパレットを利用していますが、形を変え、新しい形に歪め、その多くはアーマッドと共に演奏したアーティストにはなじみのないものでした。アンビエントな壁紙の美学に固執することで、私たちが現在生きている不確実性から絶えず解放されるための、自制の訓練だったのです。 

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Atlantic Rhythms releases available at Tobira.

------------------------------

Edition of 100.

Atlantic Rhythms:

"Shoeb Ahmad conceived of the Breather project during peak lockdown on the Australian continent. Ruminating on a dry season marred by devastating bushfires led Ahmad to start writing the A Body Full Of Tears album. Plunged into isolation and confronting the trauma of environmental degradation and pandemic realities, Ahmad decided to continue exploring and started to create a space for long-form, meditative compositions. That space was also important for processing the new, lockdown realities of working from home and wrangling two homeschooled children.

Ahmad performed these new mediations, the Breather sessions, in the middle of the day and live-streamed them so people could tune in and meditate and reflect along with the music while they had lunch, read a book, or work. As life started to go back to “normal” – the kids were back in school and Ahmad was back in the office – the Breather concept died down for a bit. In late 2020, she was given a grant that covered lost income from live performance in return for creating a body of work with the Breather concept. This time rather than do something durational, Ahmad played with the idea of using simple 10-second videos from her surroundings creating shorter works that could play as infinite loops.

These loops, when collected together, could be randomized to dovetail in and out of a playlist with a sense of endlessness. These works drew on a sound palette recorded for many previous projects over the years but reshaped and contorted into new forms, many unfamiliar with the artists who performed them with Ahmad. It was an exercise in restraint – adhering to an ambient wallpaper aesthetic for continual respite from the uncertainty we currently live within."

Artist : Shoeb Ahmad

Label : Atlantic Rhythms 

+ -

オーストラリアのアンビエント作家Shoeb Ahmadが、2022年2月にAtlantic Rhythmから100本限定でリリースしたカセットです。以下、レーベルによる解説です。

Shoeb AhmadがBreatherプロジェクトを発案したのは、オーストラリア大陸のピーク時の封鎖中でした。壊滅的な山火事に見舞われた乾季を反芻し、Ahmadはアルバム「A Body Full Of Tears」の執筆を開始しました。孤立し、環境破壊とパンデミックのトラウマに直面したAhmadは、探求を続けることを決意し、長時間の瞑想的な作曲のための空間を作り始めたのです。その空間は、自宅で仕事をし、2人のリモート学習の子どもを抱えているという、新しい閉鎖的な現実を処理するためにも重要でした。

アーマッドは、この新しいメディエーション、ブリーザー・セッションを日中に行い、ライブストリーミングで配信しました。子供たちが学校に戻り、アーマッドがオフィスに戻るなど、生活が「普通」に戻り始めると、Breatherのコンセプトは少し下火になりました。2020年末、彼女はBreatherのコンセプトで作品群を制作する見返りとして、ライブパフォーマンスによる収入減を補填する助成金を獲得した。今回は、長時間の作品ではなく、彼女の身の回りにあるシンプルな10秒間のビデオを使って、無限ループとして再生できる短い作品を作るというアイデアで遊んでいました。

これらのループを集めると、プレイリストにランダムに挿入され、終わりのない感覚を与えることができます。これらの作品は、長年にわたる多くの過去のプロジェクトで録音された音のパレットを利用していますが、形を変え、新しい形に歪め、その多くはアーマッドと共に演奏したアーティストにはなじみのないものでした。アンビエントな壁紙の美学に固執することで、私たちが現在生きている不確実性から絶えず解放されるための、自制の訓練だったのです。 

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Atlantic Rhythms releases available at Tobira.

------------------------------

Edition of 100.

Atlantic Rhythms:

"Shoeb Ahmad conceived of the Breather project during peak lockdown on the Australian continent. Ruminating on a dry season marred by devastating bushfires led Ahmad to start writing the A Body Full Of Tears album. Plunged into isolation and confronting the trauma of environmental degradation and pandemic realities, Ahmad decided to continue exploring and started to create a space for long-form, meditative compositions. That space was also important for processing the new, lockdown realities of working from home and wrangling two homeschooled children.

Ahmad performed these new mediations, the Breather sessions, in the middle of the day and live-streamed them so people could tune in and meditate and reflect along with the music while they had lunch, read a book, or work. As life started to go back to “normal” – the kids were back in school and Ahmad was back in the office – the Breather concept died down for a bit. In late 2020, she was given a grant that covered lost income from live performance in return for creating a body of work with the Breather concept. This time rather than do something durational, Ahmad played with the idea of using simple 10-second videos from her surroundings creating shorter works that could play as infinite loops.

These loops, when collected together, could be randomized to dovetail in and out of a playlist with a sense of endlessness. These works drew on a sound palette recorded for many previous projects over the years but reshaped and contorted into new forms, many unfamiliar with the artists who performed them with Ahmad. It was an exercise in restraint – adhering to an ambient wallpaper aesthetic for continual respite from the uncertainty we currently live within."

Artist : Shoeb Ahmad

Label : Atlantic Rhythms