• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Rachel Lyn // Stories Came to Us TAPE

Rachel Lyn // Stories Came to Us TAPE

  • Availability:

ドイツ・ベルリンの音響作家Rachel Lynが、2023年4月に彼女自身が主宰するレーベルMy Own Imaginary Worldから50本限定でリリースしたカセットです。

モジュラーとチター、そして彼女自身の声というシンプルな構成によるアンビエント・サウンドポエトリー10曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"Rachel Lynの最新作Stories Came to Usは、自身のレーベル「My Own Imaginary World」から2023年4月21日にリリースされます。セカンド・フル・アルバムであり、初めてのボーカル作品でもある本作で、Lynは心の有機的な物質を外挿し、それを自然の不具合に向けます。この作品は、孤独な時間の中で録音され、青ざめた空の下、長い草原を抜け、海の空気の感覚の中で丘を登り、呼吸の行為を通してリスナーをかき立てるヴォーカル・ストーリーテリングを構成しています。

心のサウンドスケープと蜃気楼の風景が出会い、アーティストはASMR、話し言葉、そして長年実践してきた詩的な世界構築の技術によって、シゾソニックなヴァナキュラーを構築していきます。モジュラー・シンセとアンティーク・チターを使用した控えめなプロダクションで、レイチェル・リンのイマジネーションは、詩のループやバラバラな逃避の音をテーピングするようにリスナーを誘導します。

このプロジェクトは、物語、思考、翻訳のサウンドボードを構成しています。海辺の匂い、心と愛の幻想、欲望と夢の歌を通して、彼女自身の声を楽器として捉えたものです。話し言葉の周波数チャンネル(『Dimension』、『What Are Dreams Made Of』)と、思考の音の川(『Desire』、『Trees Will Grow』)を行き来しながら、このアーティストは最もユニークな表現形態に立ち返り、30分近い旅の間に蓄積され、また消えていく、波打つようなヴォーカルで私たちにそれを明らかにします。"

-------------------------------------

Edition of 50.

My Own Imaginary World:

"Rachel Lyn’s latest sonic estuary, Stories Came to Us, will be released on April 21, 2023 through the artist’s own imprint My Own Imaginary World. In her second full-length album and debut vocal work, Lyn extrapolates the organic matter of her mind and directs it toward the glitches of nature. The record composes a vocular storytelling that stirs its listener through acts of breathwork, recorded over periods of solitude, through long grasses under paling skies, climbing hills amidst the sensations of sea air.

Soundscapes of mind meet landscapes of mirage, as the artist builds up a schizo-sonic vernacular driven by technics of ASMR, spoken word and her long-standing practice of poetic worldbuilding. Laid bare in a subdued production, composed with modular synths and her use of an antique zither, Rachel Lyn’s imaginaries attune the listener to taping loops of poetry and the sound of disjointed escape.

The project composes a soundboard of stories, thoughts and translations: of smells by the sea, in illusions of mind and love, through songs of desire and dream, captured using her own voice as instrumentation. Shifting across channels of spoken frequency (Dimension, What Are Dreams Made Of) and sonorous rivers of thought (Desire, Trees Will Grow), the artist connects back to her most unique form of expression and reveals this to us in corrugating vocals that accumulate and dissolve away again over the near-30-minute journey." 

Artist : Rachel Lyn

Label : My Own Imaginary World

ドイツ・ベルリンの音響作家Rachel Lynが、2023年4月に彼女自身が主宰するレーベルMy Own Imaginary Worldから50本限定でリリースしたカセットです。

モジュラーとチター、そして彼女自身の声というシンプルな構成によるアンビエント・サウンドポエトリー10曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"Rachel Lynの最新作Stories Came to Usは、自身のレーベル「My Own Imaginary World」から2023年4月21日にリリースされます。セカンド・フル・アルバムであり、初めてのボーカル作品でもある本作で、Lynは心の有機的な物質を外挿し、それを自然の不具合に向けます。この作品は、孤独な時間の中で録音され、青ざめた空の下、長い草原を抜け、海の空気の感覚の中で丘を登り、呼吸の行為を通してリスナーをかき立てるヴォーカル・ストーリーテリングを構成しています。

心のサウンドスケープと蜃気楼の風景が出会い、アーティストはASMR、話し言葉、そして長年実践してきた詩的な世界構築の技術によって、シゾソニックなヴァナキュラーを構築していきます。モジュラー・シンセとアンティーク・チターを使用した控えめなプロダクションで、レイチェル・リンのイマジネーションは、詩のループやバラバラな逃避の音をテーピングするようにリスナーを誘導します。

このプロジェクトは、物語、思考、翻訳のサウンドボードを構成しています。海辺の匂い、心と愛の幻想、欲望と夢の歌を通して、彼女自身の声を楽器として捉えたものです。話し言葉の周波数チャンネル(『Dimension』、『What Are Dreams Made Of』)と、思考の音の川(『Desire』、『Trees Will Grow』)を行き来しながら、このアーティストは最もユニークな表現形態に立ち返り、30分近い旅の間に蓄積され、また消えていく、波打つようなヴォーカルで私たちにそれを明らかにします。"

-------------------------------------

Edition of 50.

My Own Imaginary World:

"Rachel Lyn’s latest sonic estuary, Stories Came to Us, will be released on April 21, 2023 through the artist’s own imprint My Own Imaginary World. In her second full-length album and debut vocal work, Lyn extrapolates the organic matter of her mind and directs it toward the glitches of nature. The record composes a vocular storytelling that stirs its listener through acts of breathwork, recorded over periods of solitude, through long grasses under paling skies, climbing hills amidst the sensations of sea air.

Soundscapes of mind meet landscapes of mirage, as the artist builds up a schizo-sonic vernacular driven by technics of ASMR, spoken word and her long-standing practice of poetic worldbuilding. Laid bare in a subdued production, composed with modular synths and her use of an antique zither, Rachel Lyn’s imaginaries attune the listener to taping loops of poetry and the sound of disjointed escape.

The project composes a soundboard of stories, thoughts and translations: of smells by the sea, in illusions of mind and love, through songs of desire and dream, captured using her own voice as instrumentation. Shifting across channels of spoken frequency (Dimension, What Are Dreams Made Of) and sonorous rivers of thought (Desire, Trees Will Grow), the artist connects back to her most unique form of expression and reveals this to us in corrugating vocals that accumulate and dissolve away again over the near-30-minute journey." 

Artist : Rachel Lyn

Label : My Own Imaginary World