• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
raison d’être // Aprés Nous Le Dèluge LP

raison d’être // Aprés Nous Le Dèluge LP

  • Availability:

スウェーデンのインダストリアル作家raison d’êtreが、2023年10月にイタリアのノイズレーベルUrashimaからリリースした再発レコードです。(オリジナルは1992年にリリース)

不穏な空気が充満するインダストリアル・テクノ〜ダークアンビエント〜リチュアリスティック・ドローン11曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"スウェーデンの作曲家兼サウンドアーティスト、ピーター・アンダーソンが主宰する魅惑的な音楽プロジェクト、レゾンデートル(raison d'être)の謎めいた世界に飛び込もう。没入感のある音風景を作り出す深い能力で知られるアンダーソンのraison d'êtreは、アンビエントとダークインダストリアルというジャンルに忘れがたい足跡を残した。
raison d'êtreの核心には、実存的なテーマや人間の意識の謎の探求と深く結びついた哲学がある。90年代初頭に発足して以来、このプロジェクトは伝統的な音楽の枠を超えた音のオデッセイへと進化してきた。フランス語で "存在する理由 "を意味する "raison d'être "は、しばしば語られることのない感情、思考、経験の領域を掘り下げる。

ダークアンビエント、ドローン、エクスペリメンタル・サウンドを繊細な網の目のように紡ぎ出す。哲学、文学、芸術など様々なソースからインスピレーションを得た "raison d'être "の音楽は、リスナーを内省的な旅へと誘う。作曲は綿密に練られ、それぞれの音とテクスチャーは、深い没入感と熟考を呼び起こすより大きな物語に貢献している。

raison d'être - Après Nous Le Déluge "のヴァイナル・リイシューは、現在進行中のプロジェクトの始まりである。1992年にSound Source .1921.のカセットテープからリリースされたこのアルバムのタイトルは「After Us, the Deluge」と訳され、しばしばポンパドゥール夫人の言葉とされ、差し迫った大災害を暗示している。この感情はアルバム全体に響き渡り、不吉で内省的な音の風景を思い起こさせる。

物悲しいトーンから幽玄なドローンまで、"Après Nous Le Déluge "は、私たちの精神の影に潜む感情を呼び起こすraison d'êtreの能力を凝縮している。各トラックは抽象的な物語の1章であり、リスナーはアンデルソンの卓越した手によって織られた音のタペストリーを自分なりに解釈することができる。
針がレコード盤に触れた瞬間から、あなたは妖艶で魅惑的な音の旅に引き込まれる。raison d'êtreの特徴的なスタイルである、みずみずしいテクスチャーと複雑なレイヤーは、このリイシューでも美しく保たれている。トラックが展開するにつれ、内省的な感覚に支配され、まるで精神を深く探検しているかのような音の風景へと導かれる。

「Après Nous Le Déluge』は単なるアルバムではなく、音の瞑想である。徐々に進化するサウンド、アンビエントな要素の相互作用、繊細なニュアンスが、全神経を集中させる没入感を生み出している。ヘッドフォンで聴こうが、壮大なステレオシステムで聴こうが、レコード盤の再発はこの象徴的なリリースに新たな命を吹き込み、聴き慣れた深みの中に新たな次元を発見させてくれる。

音楽が使い捨てにされる時代にあって、「raison d'être - Après Nous Le Déluge」は芸術的表現の不朽の力を証明するものである。このリイシューは、オリジナル作品のエッセンスを捉えつつ、現代的な洗練を加えたもので、熱心なファンにとっても、raison d'êtreの世界に初めて触れる人にとっても、マスト・アイテムとなっている。レコードの溝から針が浮き上がるとき、単に音楽を聴いたというだけでなく、深遠な聴覚のオデッセイを体験したことに気づくだろう。"

Urashimaその他作品はこちら /// Click here to see more Urashima releases available at Tobira. 

-------------------------------

Ask us for digital files. 12" black vinyl. Edition of 299. 

Tracklist:

  1. Après Nous Le Déluge - Acte I 04:54
  2. Après Nous Le Déluge - Acte II 03:11
  3. Raison D'Être 04:19
  4. The Final Wagon 05:31
  5. Moribund 06:02
  6. De Profundis 03:46
  7. Death Brightens With Sorrow 05:41
  8. Paragon Sequence 03:30
  9. Ignesco Comburo 05:44
  10. Frigus Membra 01:47
  11. Memento Mori 04:08

++

Urashima:

"Dive into the enigmatic world of raison d'être, a mesmerizing music project masterminded by the Swedish composer and sound artist, Peter Andersson. Renowned for his profound ability to conjure immersive auditory landscapes, Andersson's raison d'être has left an indelible mark on the ambient and dark-industrial genres.
At the core of "raison d'être" lies a philosophy deeply intertwined with the exploration of existential themes and the mysteries of human consciousness. Since its inception in the early '90s, the project has evolved into a sonic odyssey that ventures beyond traditional musical boundaries. With a name derived from the French phrase meaning "reason to be," raison d'être delves into the realms of emotions, thoughts, and experiences that often remain unspoken.

Andersson's sonic tapestries are intricate and multi-layered, weaving a delicate web of dark ambient, drone, and experimental sounds. Drawing inspiration from various sources, including philosophy, literature, and art, the music of "raison d'être" invites listeners to embark on an introspective journey. The compositions are meticulously crafted, with each note and texture contributing to a greater narrative that evokes a profound sense of immersion and contemplation.

The vinyl reissue of "raison d'être - Après Nous Le Déluge" marks the beginning in the ongoing story of the project. Originally released on Sound Source .1921. cassette in 1992, the album's title translates to "After Us, the Deluge," a phrase often attributed to Madame de Pompadour, suggesting an impending catastrophe. This sentiment echoes throughout the album, as it conjures sonic landscapes that are both foreboding and introspective.

From the somber tones to the ethereal drone, "Après Nous Le Déluge" encapsulates raison d'être's ability to evoke emotions that reside in the shadows of our psyche. Each track is a chapter in an abstract narrative, inviting the listener to create their own interpretations of the sonic tapestry woven by Andersson's masterful hands.
From the moment the needle touches the vinyl, you're drawn into a sonic journey that's equal parts haunting and enchanting. The lush textures and intricate layers that characterize raison d'être's signature style are beautifully preserved in this reissue. As the tracks unfold, a sense of introspection takes hold, guiding you through landscapes of sound that feel like a deep exploration of the psyche.

"Après Nous Le Déluge" is more than an album; it's a sonic meditation. The gradual evolution of sounds, the interplay of ambient elements, and the delicate nuances create an immersive experience that demands your full attention. Whether experienced through headphones or on a grand stereo system, the vinyl reissue breathes new life into this iconic release, allowing you to discover new dimensions within its familiar depths.

In an era of disposable music, "raison d'être - Après Nous Le Déluge" stands as a testament to the enduring power of artistic expression. This reissue captures the essence of the original work while adding a touch of modern refinement, making it a must-have for both dedicated fans and those new to the world of raison d'être. As the needle lifts from the vinyl's grooves, you'll find yourself not just having listened to music, but having experienced a profound auditory odyssey. "

Artist : raison d’être

Label : Urashima

+ -

スウェーデンのインダストリアル作家raison d’êtreが、2023年10月にイタリアのノイズレーベルUrashimaからリリースした再発レコードです。(オリジナルは1992年にリリース)

不穏な空気が充満するインダストリアル・テクノ〜ダークアンビエント〜リチュアリスティック・ドローン11曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"スウェーデンの作曲家兼サウンドアーティスト、ピーター・アンダーソンが主宰する魅惑的な音楽プロジェクト、レゾンデートル(raison d'être)の謎めいた世界に飛び込もう。没入感のある音風景を作り出す深い能力で知られるアンダーソンのraison d'êtreは、アンビエントとダークインダストリアルというジャンルに忘れがたい足跡を残した。
raison d'êtreの核心には、実存的なテーマや人間の意識の謎の探求と深く結びついた哲学がある。90年代初頭に発足して以来、このプロジェクトは伝統的な音楽の枠を超えた音のオデッセイへと進化してきた。フランス語で "存在する理由 "を意味する "raison d'être "は、しばしば語られることのない感情、思考、経験の領域を掘り下げる。

ダークアンビエント、ドローン、エクスペリメンタル・サウンドを繊細な網の目のように紡ぎ出す。哲学、文学、芸術など様々なソースからインスピレーションを得た "raison d'être "の音楽は、リスナーを内省的な旅へと誘う。作曲は綿密に練られ、それぞれの音とテクスチャーは、深い没入感と熟考を呼び起こすより大きな物語に貢献している。

raison d'être - Après Nous Le Déluge "のヴァイナル・リイシューは、現在進行中のプロジェクトの始まりである。1992年にSound Source .1921.のカセットテープからリリースされたこのアルバムのタイトルは「After Us, the Deluge」と訳され、しばしばポンパドゥール夫人の言葉とされ、差し迫った大災害を暗示している。この感情はアルバム全体に響き渡り、不吉で内省的な音の風景を思い起こさせる。

物悲しいトーンから幽玄なドローンまで、"Après Nous Le Déluge "は、私たちの精神の影に潜む感情を呼び起こすraison d'êtreの能力を凝縮している。各トラックは抽象的な物語の1章であり、リスナーはアンデルソンの卓越した手によって織られた音のタペストリーを自分なりに解釈することができる。
針がレコード盤に触れた瞬間から、あなたは妖艶で魅惑的な音の旅に引き込まれる。raison d'êtreの特徴的なスタイルである、みずみずしいテクスチャーと複雑なレイヤーは、このリイシューでも美しく保たれている。トラックが展開するにつれ、内省的な感覚に支配され、まるで精神を深く探検しているかのような音の風景へと導かれる。

「Après Nous Le Déluge』は単なるアルバムではなく、音の瞑想である。徐々に進化するサウンド、アンビエントな要素の相互作用、繊細なニュアンスが、全神経を集中させる没入感を生み出している。ヘッドフォンで聴こうが、壮大なステレオシステムで聴こうが、レコード盤の再発はこの象徴的なリリースに新たな命を吹き込み、聴き慣れた深みの中に新たな次元を発見させてくれる。

音楽が使い捨てにされる時代にあって、「raison d'être - Après Nous Le Déluge」は芸術的表現の不朽の力を証明するものである。このリイシューは、オリジナル作品のエッセンスを捉えつつ、現代的な洗練を加えたもので、熱心なファンにとっても、raison d'êtreの世界に初めて触れる人にとっても、マスト・アイテムとなっている。レコードの溝から針が浮き上がるとき、単に音楽を聴いたというだけでなく、深遠な聴覚のオデッセイを体験したことに気づくだろう。"

Urashimaその他作品はこちら /// Click here to see more Urashima releases available at Tobira. 

-------------------------------

Ask us for digital files. 12" black vinyl. Edition of 299. 

Tracklist:

  1. Après Nous Le Déluge - Acte I 04:54
  2. Après Nous Le Déluge - Acte II 03:11
  3. Raison D'Être 04:19
  4. The Final Wagon 05:31
  5. Moribund 06:02
  6. De Profundis 03:46
  7. Death Brightens With Sorrow 05:41
  8. Paragon Sequence 03:30
  9. Ignesco Comburo 05:44
  10. Frigus Membra 01:47
  11. Memento Mori 04:08

++

Urashima:

"Dive into the enigmatic world of raison d'être, a mesmerizing music project masterminded by the Swedish composer and sound artist, Peter Andersson. Renowned for his profound ability to conjure immersive auditory landscapes, Andersson's raison d'être has left an indelible mark on the ambient and dark-industrial genres.
At the core of "raison d'être" lies a philosophy deeply intertwined with the exploration of existential themes and the mysteries of human consciousness. Since its inception in the early '90s, the project has evolved into a sonic odyssey that ventures beyond traditional musical boundaries. With a name derived from the French phrase meaning "reason to be," raison d'être delves into the realms of emotions, thoughts, and experiences that often remain unspoken.

Andersson's sonic tapestries are intricate and multi-layered, weaving a delicate web of dark ambient, drone, and experimental sounds. Drawing inspiration from various sources, including philosophy, literature, and art, the music of "raison d'être" invites listeners to embark on an introspective journey. The compositions are meticulously crafted, with each note and texture contributing to a greater narrative that evokes a profound sense of immersion and contemplation.

The vinyl reissue of "raison d'être - Après Nous Le Déluge" marks the beginning in the ongoing story of the project. Originally released on Sound Source .1921. cassette in 1992, the album's title translates to "After Us, the Deluge," a phrase often attributed to Madame de Pompadour, suggesting an impending catastrophe. This sentiment echoes throughout the album, as it conjures sonic landscapes that are both foreboding and introspective.

From the somber tones to the ethereal drone, "Après Nous Le Déluge" encapsulates raison d'être's ability to evoke emotions that reside in the shadows of our psyche. Each track is a chapter in an abstract narrative, inviting the listener to create their own interpretations of the sonic tapestry woven by Andersson's masterful hands.
From the moment the needle touches the vinyl, you're drawn into a sonic journey that's equal parts haunting and enchanting. The lush textures and intricate layers that characterize raison d'être's signature style are beautifully preserved in this reissue. As the tracks unfold, a sense of introspection takes hold, guiding you through landscapes of sound that feel like a deep exploration of the psyche.

"Après Nous Le Déluge" is more than an album; it's a sonic meditation. The gradual evolution of sounds, the interplay of ambient elements, and the delicate nuances create an immersive experience that demands your full attention. Whether experienced through headphones or on a grand stereo system, the vinyl reissue breathes new life into this iconic release, allowing you to discover new dimensions within its familiar depths.

In an era of disposable music, "raison d'être - Après Nous Le Déluge" stands as a testament to the enduring power of artistic expression. This reissue captures the essence of the original work while adding a touch of modern refinement, making it a must-have for both dedicated fans and those new to the world of raison d'être. As the needle lifts from the vinyl's grooves, you'll find yourself not just having listened to music, but having experienced a profound auditory odyssey. "

Artist : raison d’être

Label : Urashima