• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Plus Instruments // 79/80 LP

Plus Instruments // 79/80 LP

  • Availability:

オランダのノーウェーブ作家Plus Instrumentsが、2023年8月に同国実験レーベルDead Mindからリリースした再発レコードです。(オリジナルは1980年リリース)

Lo-Fiインダストリアル・ノーウェーブ14曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"オランダのウルトラムーヴメントを代表するバンドNasmakのメンバーであったTruus de Grootは、1978年、彼女ひとりでPlus Instrumentsを立ち上げた。プロジェクトが発展すると、彼女はMichel WaisviszやLee Ranaldo、James Sclavunosといった幅広いコラボレーターを見つける。Plus Instrumentsは自由を追求し、ライブパフォーマンスはほとんど即興だった。サウンドはミニマルだが人を魅了する。De Grootは、Red CrayolaやSuicide、DAF、Wire、Per Ubu、Devo、そしてNYのノーウェーブシーンからも影響を受けた。彼女はいつも、原始的なマルチトラック・レコーディングやありったけのガジェットを使って実験していた。常に硬質でダーティなサウンドと奇妙な倍音を求めていた。

若くしてニューヨークに渡り、眠らない街のナイトライフに没頭し始める。ここで彼女は真の創造性、情熱、表現を見出した。クラブシーンは活気に満ちていたが、競争が激しかったため、この大胆不敵なオランダ娘は、CBGB's、Peppermint Lounge、Underground、Pyramidといった場所でギグをブッキングしてもらうためにプロモーターのドアをノックしていた。De Grootはやがてアメリカに落ち着きいたが音の実験をやめることはなかった。近年、彼女はPlus Instrumentsを改革し、グループを新たな領域へと導いた。

このLPのレコーディングはDe Grootが自宅で行ったもので、その音楽は実験的、ミニマル、インダストリアルでありながら遊び心もあり、後に発表されたほとんどの作品とはまったく違う。全14曲のうち8曲は、1980年にナイジェル・ジャックリンと彼の伝説的ファンジン『エイリアン・ブレインズ』から僅かに配布された、入手困難な自主制作デビューカセット『Truss Plus Instruments』からのもの。残りの6曲は同時期(1979年〜1980年)のもので、鹿尾序の膨大なアーカイブから厳選された。このアンソロジーは、エレクトロニックミュージックのユニークな女性パイオニアの形成期を示すものとして、長い間待たれていたものである。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Dead Mind Records releases available at Tobira.

--------------------------------------

12" black vinyl. 

Tracklist:

  1. Lucky Day 06:40
  2. How? 04:29
  3. Herhalingen 01:53
  4. True Love Stallion 01:59
  5. Ectr 01:58
  6. Improv 1 01:26
  7. Dance 03:13
  8. Music-Zak 05:18
  9. So 02:31
  10. Improv 2 04:23
  11. Drama 02:25
  12. O ja 01:08
  13. Mountain 03:07
  14. Stratangle 01:59

++

Dead Mind Records:

" While she was still a member of Nasmak, one of the leading bands of the Dutch ultra-movement, Truus de Groot started Plus Instruments in 1978 with herself as the sole member. When the project evolved, she found a wide range of rotating collaborators like Michel Waisvisz, Lee Ranaldo and James Sclavunos. Plus Instruments was about freedom and the live performances were largely improvised. The sound minimal but captivating. The music always came from within, but De Groot was also triggered by bands like Red Crayola, Suicide, DAF, Wire, Per Ubu, Devo and the No Wave scene in NY. She was always experimenting with primitive multi-track recording and whatever crappy gadgets she could find. Always looking for a gritty, dirty sound and bizarre overtones.

At a young age she travelled to New York and began to immerse herself in the nightlife of the city that never sleeps. Here she found true creativity, passion and expression. The club scene was alive but highly competitive, so this fearless Dutch girl would just knock on promoter’s doors to get gigs booked at places like CBGB’s, Peppermint Lounge, Underground and the Pyramid. De Groot eventually settled in the United States and never stopped experimenting with sound. In recent years she reinvented Plus Instruments and led the group into new territory.

The recordings for this LP were made by De Groot at home and the music is experimental, minimal, industrial but also playful, sounding nothing like most of the later material. 14 tracks in total of which 8 are taken from the elusive and impossible to find self-released debut cassette as ‘Truss Plus Instruments’ which was sparingly distributed by Nigel Jacklin and his legendary Alien Brains fanzine in 1980. The remaining 6 tracks are from the same period (1979-1980) and were carefully selected from the vast archive of De Groot. We are glad to present this anthology that serves as a long overdue testimony to the formative phase of a unique female pioneer of electronic music.
 "

Artist : Plus Instruments

Label : Dead Mind Records

+ -

オランダのノーウェーブ作家Plus Instrumentsが、2023年8月に同国実験レーベルDead Mindからリリースした再発レコードです。(オリジナルは1980年リリース)

Lo-Fiインダストリアル・ノーウェーブ14曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"オランダのウルトラムーヴメントを代表するバンドNasmakのメンバーであったTruus de Grootは、1978年、彼女ひとりでPlus Instrumentsを立ち上げた。プロジェクトが発展すると、彼女はMichel WaisviszやLee Ranaldo、James Sclavunosといった幅広いコラボレーターを見つける。Plus Instrumentsは自由を追求し、ライブパフォーマンスはほとんど即興だった。サウンドはミニマルだが人を魅了する。De Grootは、Red CrayolaやSuicide、DAF、Wire、Per Ubu、Devo、そしてNYのノーウェーブシーンからも影響を受けた。彼女はいつも、原始的なマルチトラック・レコーディングやありったけのガジェットを使って実験していた。常に硬質でダーティなサウンドと奇妙な倍音を求めていた。

若くしてニューヨークに渡り、眠らない街のナイトライフに没頭し始める。ここで彼女は真の創造性、情熱、表現を見出した。クラブシーンは活気に満ちていたが、競争が激しかったため、この大胆不敵なオランダ娘は、CBGB's、Peppermint Lounge、Underground、Pyramidといった場所でギグをブッキングしてもらうためにプロモーターのドアをノックしていた。De Grootはやがてアメリカに落ち着きいたが音の実験をやめることはなかった。近年、彼女はPlus Instrumentsを改革し、グループを新たな領域へと導いた。

このLPのレコーディングはDe Grootが自宅で行ったもので、その音楽は実験的、ミニマル、インダストリアルでありながら遊び心もあり、後に発表されたほとんどの作品とはまったく違う。全14曲のうち8曲は、1980年にナイジェル・ジャックリンと彼の伝説的ファンジン『エイリアン・ブレインズ』から僅かに配布された、入手困難な自主制作デビューカセット『Truss Plus Instruments』からのもの。残りの6曲は同時期(1979年〜1980年)のもので、鹿尾序の膨大なアーカイブから厳選された。このアンソロジーは、エレクトロニックミュージックのユニークな女性パイオニアの形成期を示すものとして、長い間待たれていたものである。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Dead Mind Records releases available at Tobira.

--------------------------------------

12" black vinyl. 

Tracklist:

  1. Lucky Day 06:40
  2. How? 04:29
  3. Herhalingen 01:53
  4. True Love Stallion 01:59
  5. Ectr 01:58
  6. Improv 1 01:26
  7. Dance 03:13
  8. Music-Zak 05:18
  9. So 02:31
  10. Improv 2 04:23
  11. Drama 02:25
  12. O ja 01:08
  13. Mountain 03:07
  14. Stratangle 01:59

++

Dead Mind Records:

" While she was still a member of Nasmak, one of the leading bands of the Dutch ultra-movement, Truus de Groot started Plus Instruments in 1978 with herself as the sole member. When the project evolved, she found a wide range of rotating collaborators like Michel Waisvisz, Lee Ranaldo and James Sclavunos. Plus Instruments was about freedom and the live performances were largely improvised. The sound minimal but captivating. The music always came from within, but De Groot was also triggered by bands like Red Crayola, Suicide, DAF, Wire, Per Ubu, Devo and the No Wave scene in NY. She was always experimenting with primitive multi-track recording and whatever crappy gadgets she could find. Always looking for a gritty, dirty sound and bizarre overtones.

At a young age she travelled to New York and began to immerse herself in the nightlife of the city that never sleeps. Here she found true creativity, passion and expression. The club scene was alive but highly competitive, so this fearless Dutch girl would just knock on promoter’s doors to get gigs booked at places like CBGB’s, Peppermint Lounge, Underground and the Pyramid. De Groot eventually settled in the United States and never stopped experimenting with sound. In recent years she reinvented Plus Instruments and led the group into new territory.

The recordings for this LP were made by De Groot at home and the music is experimental, minimal, industrial but also playful, sounding nothing like most of the later material. 14 tracks in total of which 8 are taken from the elusive and impossible to find self-released debut cassette as ‘Truss Plus Instruments’ which was sparingly distributed by Nigel Jacklin and his legendary Alien Brains fanzine in 1980. The remaining 6 tracks are from the same period (1979-1980) and were carefully selected from the vast archive of De Groot. We are glad to present this anthology that serves as a long overdue testimony to the formative phase of a unique female pioneer of electronic music.
 "

Artist : Plus Instruments

Label : Dead Mind Records