• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Patrick Gallagher // e.78 LP

Patrick Gallagher // e.78 LP

  • Availability:

過去にTone LogやHot Releasesなどから発表しているアメリカ・フィラデルフィアの実験音楽家Patrick Gallagherが、2023年6月に同国実験/ダンスレーベルenmossedから100部限定でリリースしたレコードです

コンピューターによるロングフォームなコラージュ・ドローン2曲を収録。DLコード付属。廃盤です。

前作もおすすめします。

以下、Psychic Liberation主宰Nick Kleinによる解説です。

"Patrick Gallagherのパフォーマンスを初めて見たのは、2015年のノースカロライナ州の午後、"The Nightlight "という名前の会場だった。私は円陣の外側に立ち、彼が準備されたギターを小さなシンセサイザーの箱と一緒に演奏するのを見ていた。彼の二元的な即興コンクレートスタイルは、上の天窓から彼を照らす昼間の光と興味深い並置でぶら下がっていた。2017年の後半、私はパトリックがラップトップ・コンピュータをライブ・パフォーマンスの一部として活用し、周波数に磨きをかけ、それを見事な方法で作曲に用いる演奏を再び見た。ハイトーンとロートーンの瞬間は、物理的に包み込むような体験となり、その頃、アメリカのDIYネットワークをツアーしているときに遭遇する、一般的に標準的な聴覚の明瞭さの欠如に関連して提供されるヘルツに対する私の耳と胃の慣れた反応を一変させた。

アメリカのパーソナル・アンプ・システムにおける周波数割り当ての重要性を理解するためには、特にアメリカの「アンダーグラウンド」や「実験的」なインフラストラクチャーの枠組みの中で、一種のトーン・スペクトラムを期待することにまつわる一連の用語を理解する必要がある。周波数スペクトルの全体性は、多くの緩和的な状況により、必ずしも完全に実現されるとは限らない。ゾーニングの法的な問題、予算、技術的な情報への基本的なアクセスレベル、そしてそれがどのように実現されるかはすべて、アメリカにおける音をめぐるこうした社会的な営みの枠組みの中で頭打ちになる。アメリカでは、ゆるやかに定義された "カウンターカルチャー "のネットワークは、一般的に公的な資金を得ることができず、公共空間へのアクセスも、自治体の概念として定義される限り、減少の一途をたどっている。このような状況において、アーティストはしばしば、ケース・バイ・ケースで自分の作る作品をどのように発表するかを交渉する必要があり、そのため、その交渉が自分の作品の必然性をどのように反映させるかについて、運営能力の負担が各アーティストにのしかかることになる。Patrick Gallagherの場合、アーティストとしての彼の仕事は、彼や彼の同業者にとって不利な状況に置かれながらも、効果的かつ完全な形で自らの実践を表現するための空間を掘り起こす方法を常に見出してきた。

また、Patrick Gallagherは、実験的コンピューター・ミュージックの最近の歴史を振り返り、対話に参加する方法を見つけながら、かなりの期間をかけて、膨大なオーディオ・ツール・ベルトを蓄積してきた。厳格なリスナーとして、Gallagherは現代のサウンド・プロダクションを比較的後方から観察し、Enmossedの最新作 "e.78 "の中でそれらを簡潔に表現している。Gallagherは、LPの2面にわたって、細部へのこだわりとシンセシスの技術への献身を披露している。彼の抽象化は意図的であり、彼の雰囲気は厳密であり、彼のカオスは妨げられない。

現在、Gallagherはアメリカ北東部に住んでいるが、そこでは多くの同業者たちが、コンピューターでオーディオを生成する人の構成を定義するものは何かを、思慮深く探っている。ある者にとっては、それは単に練習に取り組むための便利で実用的なツールであり、またある者にとっては、グロテスクな社会を映し出すグロテスクなサウンドを生み出すことができる政治的なリソースなのだ。私が最後にGallagherのパフォーマンスを見たのは、ベルリンのUniversität Der Kunstサウンド・スタディーズ&ソニック・アーツ・プログラムの教室で、4つのスピーカーと1つのサブウーファー(「4.1」)アレイの間に私が作ったステージ彫刻の上で演奏するよう彼を招待したときだった。彼はここで、この『e.78』LPに収録されている音源を生演奏した。Gallagherより10数年先輩の教授と私は、白ワインを飲みながらGallagherのセットを見て、「これはとても面白い、私が日本で20代の頃、このようなパフォーマンスがとても目立っていた」と述べた。

私は、Gallagherが足を伸ばし、スピーカーの技術的能力を彼と彼の作品に中途半端なところで会わせるのを見ていた。夜が更けるにつれ、誰もが酒を飲み、カラオケを披露した。Gallagherはブルックス&ダンの "Neon Moon "を歌い、実存的な心の痛みと孤独の嘆きを魅力的に歌い上げた。彼のコンピューターが生み出す抽象的な表現と、階級に根ざしたアメリカのポピュラー・カントリー・ミュージックの臆面もない地理的な影響という二面性が、一緒に浮かび上がっていた。この夜、Gallagherは、リスナーである私の心に再び忘れがたい音の記憶を刻み込み、アメリカのエクスペリメンタル・サウンドの進歩の中で、言いようのない劣等生としての地位を確固たるものにした。

e.78の内容が、他のリスナーにも私と同じような喜びと感動を与えてくれることを願っている。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Enmossed releases available at Tobira.

--------------------------------

12" black vinyl. Edition of 100. Hemp paper jackets silkscreened by Mark Rice (Goatmother Industrial) using black + silver ink

++

Text by Nick Klein
May 20, 2023:

"The first time I saw Patrick Gallagher perform was on an afternoon in North Carolina in 2015, at a venue named “The Nightlight”. I stood outside of a circle formation as I watched him play a prepared guitar alongside some smaller synth boxes. His dualistic improvisational concréte style hung with an interesting juxtaposition of the daylight that shone down on him from the skylight above. Later in 2017 I had watched Patrick play again, utilizing a laptop computer as part of his live performance, honing in on frequencies and employing them in his compositions in a masterful manner. Moments of high and low tones became a physically enveloping experience, transforming my ear and stomach’s accustomed response to the hertz provided in relation to the generally standard lack of aural clarity one could encounter when touring through a DIY network in the United States of America around that time.

To understand the importance of frequency allocation in an American Personal Amplification system, particularly within the context of the American “underground” or “experimental” infrastructural framework, you have to come to a set of terms around the expectation of a kind of tonal spectrum. The totality of the frequency spectrum is not always fully realized due to a number of mitigating circumstances. Zoning legalities, budgets, and a base level of access to technical information and how it is implemented all come to a head within the frameworks of these social operations around sound in America. The loosely defined “countercultural” networks at play in the United States typically do not have access to public funding and certainly an ever diminishing access to public space as it is defined as a municipal concept. In this circumstance an artist is often tasked with needing to negotiate how the work they make is presented on a case by case basis, and so the burden of operational capacity sits with each artist as to how that negotiation will translate the imperatives of their work. In the case of Patrick Gallagher, his work as an artist has always found ways to excavate a space for his practice to articulate itself effectively and wholly against the variable odds stacked against him and his peers.

Patrick Gallagher in turn has amassed a hefty audio tool belt over a considerable period of time, finding ways to reflect on and participate within a dialogue on the recent histories of experimental computer music. As a rigorous listener, Gallagher has observed a multitude of sonic vocabularies in a relatively rearview acknowledgement of contemporary sound production and distilled them succinctly in his latest offering for Enmossed, titled “e.78”. Gallagher showcases his attention to detail and devotion to the craft of synthesis over two side long sections on the LP. It is clear that Gallagher is aware of how to situate his listening and furthering of the conversation around computer music in a post Peter Rehberg world by balancing sonic tropes from a golden era output of labels like Editions Mego, Entr’acte, Presto!?, or IDEAL. Tactfully, he showcases his ability to parcel distinct moments of clarity and sonic obfuscation. His abstractions are intentional, his ambience exacting, and his chaos undeterred.

Currently, Gallagher lives in the north-eastern part of the United States where a number of his peers thoughtfully probe through what defines the makeup of someone generating audio with a computer. For some, it is simply a convenient and pragmatic tool to engage their practice, while for others it is a politically charged resource that can churn out the grotesque sounds that mirror a grotesque society. When I last saw Gallagher perform, it was when I had invited him to perform on a stage sculpture I had made situated between a four speaker and single subwoofer (“4.1”) array in a classroom at the Universität Der Kunst Sound Studies and Sonic Arts program in Berlin. Here he did a live rendition of the material that accompanies this “e.78” LP. A professor of mine a decade or so beyond Gallagher and I sipped a white wine watching Gallagher perform a set, stating “This is so interesting, this type of performance was very prominent when I was in my twenties in Japan”.

I watched Patrick stretch his legs and allow the technical capabilities of the speakers to meet him and his work at the halfway point, eager to accommodate whichever direction his palette wanted to pivot, notably for the first time outside of the United States. As the night went on, everyone drank and performed karaoke. Gallagher sang Brooks & Dunn’s “Neon Moon” and charmingly crooned the songs laments of existential heartache and loneliness. The duality of his computer generated abstractions and the unabashed geographical influence of class rooted American popular country music floated together. This was the evening that Patrick Gallagher, once again, made an indelible sonic memory for me as a listener, and in my view solidified his position as ineffable underdog in the progression of American experimental sound.

I hope the contents of “e.78” provide other listeners with as much joy and captivation as they have for me, and I hope that this begins their own process of indexing moments of experience with Gallagher’s triumphant output."

Artist : Patrick Gallagher

Label : Enmossed

過去にTone LogやHot Releasesなどから発表しているアメリカ・フィラデルフィアの実験音楽家Patrick Gallagherが、2023年6月に同国実験/ダンスレーベルenmossedから100部限定でリリースしたレコードです

コンピューターによるロングフォームなコラージュ・ドローン2曲を収録。DLコード付属。廃盤です。

前作もおすすめします。

以下、Psychic Liberation主宰Nick Kleinによる解説です。

"Patrick Gallagherのパフォーマンスを初めて見たのは、2015年のノースカロライナ州の午後、"The Nightlight "という名前の会場だった。私は円陣の外側に立ち、彼が準備されたギターを小さなシンセサイザーの箱と一緒に演奏するのを見ていた。彼の二元的な即興コンクレートスタイルは、上の天窓から彼を照らす昼間の光と興味深い並置でぶら下がっていた。2017年の後半、私はパトリックがラップトップ・コンピュータをライブ・パフォーマンスの一部として活用し、周波数に磨きをかけ、それを見事な方法で作曲に用いる演奏を再び見た。ハイトーンとロートーンの瞬間は、物理的に包み込むような体験となり、その頃、アメリカのDIYネットワークをツアーしているときに遭遇する、一般的に標準的な聴覚の明瞭さの欠如に関連して提供されるヘルツに対する私の耳と胃の慣れた反応を一変させた。

アメリカのパーソナル・アンプ・システムにおける周波数割り当ての重要性を理解するためには、特にアメリカの「アンダーグラウンド」や「実験的」なインフラストラクチャーの枠組みの中で、一種のトーン・スペクトラムを期待することにまつわる一連の用語を理解する必要がある。周波数スペクトルの全体性は、多くの緩和的な状況により、必ずしも完全に実現されるとは限らない。ゾーニングの法的な問題、予算、技術的な情報への基本的なアクセスレベル、そしてそれがどのように実現されるかはすべて、アメリカにおける音をめぐるこうした社会的な営みの枠組みの中で頭打ちになる。アメリカでは、ゆるやかに定義された "カウンターカルチャー "のネットワークは、一般的に公的な資金を得ることができず、公共空間へのアクセスも、自治体の概念として定義される限り、減少の一途をたどっている。このような状況において、アーティストはしばしば、ケース・バイ・ケースで自分の作る作品をどのように発表するかを交渉する必要があり、そのため、その交渉が自分の作品の必然性をどのように反映させるかについて、運営能力の負担が各アーティストにのしかかることになる。Patrick Gallagherの場合、アーティストとしての彼の仕事は、彼や彼の同業者にとって不利な状況に置かれながらも、効果的かつ完全な形で自らの実践を表現するための空間を掘り起こす方法を常に見出してきた。

また、Patrick Gallagherは、実験的コンピューター・ミュージックの最近の歴史を振り返り、対話に参加する方法を見つけながら、かなりの期間をかけて、膨大なオーディオ・ツール・ベルトを蓄積してきた。厳格なリスナーとして、Gallagherは現代のサウンド・プロダクションを比較的後方から観察し、Enmossedの最新作 "e.78 "の中でそれらを簡潔に表現している。Gallagherは、LPの2面にわたって、細部へのこだわりとシンセシスの技術への献身を披露している。彼の抽象化は意図的であり、彼の雰囲気は厳密であり、彼のカオスは妨げられない。

現在、Gallagherはアメリカ北東部に住んでいるが、そこでは多くの同業者たちが、コンピューターでオーディオを生成する人の構成を定義するものは何かを、思慮深く探っている。ある者にとっては、それは単に練習に取り組むための便利で実用的なツールであり、またある者にとっては、グロテスクな社会を映し出すグロテスクなサウンドを生み出すことができる政治的なリソースなのだ。私が最後にGallagherのパフォーマンスを見たのは、ベルリンのUniversität Der Kunstサウンド・スタディーズ&ソニック・アーツ・プログラムの教室で、4つのスピーカーと1つのサブウーファー(「4.1」)アレイの間に私が作ったステージ彫刻の上で演奏するよう彼を招待したときだった。彼はここで、この『e.78』LPに収録されている音源を生演奏した。Gallagherより10数年先輩の教授と私は、白ワインを飲みながらGallagherのセットを見て、「これはとても面白い、私が日本で20代の頃、このようなパフォーマンスがとても目立っていた」と述べた。

私は、Gallagherが足を伸ばし、スピーカーの技術的能力を彼と彼の作品に中途半端なところで会わせるのを見ていた。夜が更けるにつれ、誰もが酒を飲み、カラオケを披露した。Gallagherはブルックス&ダンの "Neon Moon "を歌い、実存的な心の痛みと孤独の嘆きを魅力的に歌い上げた。彼のコンピューターが生み出す抽象的な表現と、階級に根ざしたアメリカのポピュラー・カントリー・ミュージックの臆面もない地理的な影響という二面性が、一緒に浮かび上がっていた。この夜、Gallagherは、リスナーである私の心に再び忘れがたい音の記憶を刻み込み、アメリカのエクスペリメンタル・サウンドの進歩の中で、言いようのない劣等生としての地位を確固たるものにした。

e.78の内容が、他のリスナーにも私と同じような喜びと感動を与えてくれることを願っている。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Enmossed releases available at Tobira.

--------------------------------

12" black vinyl. Edition of 100. Hemp paper jackets silkscreened by Mark Rice (Goatmother Industrial) using black + silver ink

++

Text by Nick Klein
May 20, 2023:

"The first time I saw Patrick Gallagher perform was on an afternoon in North Carolina in 2015, at a venue named “The Nightlight”. I stood outside of a circle formation as I watched him play a prepared guitar alongside some smaller synth boxes. His dualistic improvisational concréte style hung with an interesting juxtaposition of the daylight that shone down on him from the skylight above. Later in 2017 I had watched Patrick play again, utilizing a laptop computer as part of his live performance, honing in on frequencies and employing them in his compositions in a masterful manner. Moments of high and low tones became a physically enveloping experience, transforming my ear and stomach’s accustomed response to the hertz provided in relation to the generally standard lack of aural clarity one could encounter when touring through a DIY network in the United States of America around that time.

To understand the importance of frequency allocation in an American Personal Amplification system, particularly within the context of the American “underground” or “experimental” infrastructural framework, you have to come to a set of terms around the expectation of a kind of tonal spectrum. The totality of the frequency spectrum is not always fully realized due to a number of mitigating circumstances. Zoning legalities, budgets, and a base level of access to technical information and how it is implemented all come to a head within the frameworks of these social operations around sound in America. The loosely defined “countercultural” networks at play in the United States typically do not have access to public funding and certainly an ever diminishing access to public space as it is defined as a municipal concept. In this circumstance an artist is often tasked with needing to negotiate how the work they make is presented on a case by case basis, and so the burden of operational capacity sits with each artist as to how that negotiation will translate the imperatives of their work. In the case of Patrick Gallagher, his work as an artist has always found ways to excavate a space for his practice to articulate itself effectively and wholly against the variable odds stacked against him and his peers.

Patrick Gallagher in turn has amassed a hefty audio tool belt over a considerable period of time, finding ways to reflect on and participate within a dialogue on the recent histories of experimental computer music. As a rigorous listener, Gallagher has observed a multitude of sonic vocabularies in a relatively rearview acknowledgement of contemporary sound production and distilled them succinctly in his latest offering for Enmossed, titled “e.78”. Gallagher showcases his attention to detail and devotion to the craft of synthesis over two side long sections on the LP. It is clear that Gallagher is aware of how to situate his listening and furthering of the conversation around computer music in a post Peter Rehberg world by balancing sonic tropes from a golden era output of labels like Editions Mego, Entr’acte, Presto!?, or IDEAL. Tactfully, he showcases his ability to parcel distinct moments of clarity and sonic obfuscation. His abstractions are intentional, his ambience exacting, and his chaos undeterred.

Currently, Gallagher lives in the north-eastern part of the United States where a number of his peers thoughtfully probe through what defines the makeup of someone generating audio with a computer. For some, it is simply a convenient and pragmatic tool to engage their practice, while for others it is a politically charged resource that can churn out the grotesque sounds that mirror a grotesque society. When I last saw Gallagher perform, it was when I had invited him to perform on a stage sculpture I had made situated between a four speaker and single subwoofer (“4.1”) array in a classroom at the Universität Der Kunst Sound Studies and Sonic Arts program in Berlin. Here he did a live rendition of the material that accompanies this “e.78” LP. A professor of mine a decade or so beyond Gallagher and I sipped a white wine watching Gallagher perform a set, stating “This is so interesting, this type of performance was very prominent when I was in my twenties in Japan”.

I watched Patrick stretch his legs and allow the technical capabilities of the speakers to meet him and his work at the halfway point, eager to accommodate whichever direction his palette wanted to pivot, notably for the first time outside of the United States. As the night went on, everyone drank and performed karaoke. Gallagher sang Brooks & Dunn’s “Neon Moon” and charmingly crooned the songs laments of existential heartache and loneliness. The duality of his computer generated abstractions and the unabashed geographical influence of class rooted American popular country music floated together. This was the evening that Patrick Gallagher, once again, made an indelible sonic memory for me as a listener, and in my view solidified his position as ineffable underdog in the progression of American experimental sound.

I hope the contents of “e.78” provide other listeners with as much joy and captivation as they have for me, and I hope that this begins their own process of indexing moments of experience with Gallagher’s triumphant output."

Artist : Patrick Gallagher

Label : Enmossed