• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
pablo diserens & the ocean comm/uni/ty // upstream ensemble TAPE

pablo diserens & the ocean comm/uni/ty // upstream ensemble TAPE

  • Availability:

ドイツ・ベルリンの実験/フィールドレコーディングレーベルForms of Minutiae主宰pablo diserensが、2023年12月に100本限定でリリースしたカセットです。

フィールドレコーディングによる物音コラージュ・ドローンスケープ作品です。DLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。

"forms of minutiae "とTBA21-Academyは、フィールドレコーディング作家、アーティスト、f-o-m共同設立者であるpablo diserensが作曲した共同ハプニングと水性サウンド作品 "upstream ensemble "を発表する。

TBA21-アカデミーのOcean-Archive.orgが主催する2022/23のデジタルレジデンス期間中、pablo diserensは、オンラインプラットフォームOcean Comm/uni/tyのメンバー(および外部の愛好家)に、世界に飛び出し、水性音の出会いを録音するよう呼びかける公募を開始した。この集団的な液体同調の目的は、様々な湿潤生態系から録音されたサウンドを集め、経験の有無にかかわらず、リスニングやフィールドレコーディングのジェスチャーを刺激することだった。

35人の参加者から録音された音源は、長編サウンド・コンポジション "upstream ensemble "に織り込まれ、音響体としての水循環の多様性の間を行き来する。この作品は、水の絶え間ない流れとそれを取り巻く環境を調査しながら、海、川、パイプ網、池、氷河を上流へと進んでいく。聴き手は、アシカ、イルカ、シロナガスクジラ、ザトウクジラ、キョクアジサシ、藻類の光合成の歌や、潜水艦のソナー、ボート、人間の生活基盤の侵入音とともに、漂う生息地に遭遇する。『upstream ensemble』では、世界の水辺の動物相、植物相、地質学、テクノロジーが、これらの湿潤地帯の音の連なりを記録するシンクロナイズドモーションに混ざり合う。

このプロジェクトは、ポーリン・オリヴェロスのディープリスニングの実践と共鳴し、レイチェル・カーソンの著書『The Edge of the Sea(海の果て)』における潮間帯の探求に触発されたもので、地球の水と関わり、存在する方法としてリスニングに焦点を当てることを提案する、拡大し続ける作品リストに貢献するものである。pablo diserensは、リスニングとアチューニングの実践を共有することで、種や環境の境界を曖昧にし、相互のつながりの感覚を養うことを目指している。個人的にも集団的にも水生バイオームを体験することは、世界と私たちの関係を再考する方法として機能する。これらはほとんど孤独な体験であるにもかかわらず、pabloはフィールドレコーディングとリスニングは、地球のシンクロニシティと時間と空間における世界のマッピングのためのゲートウェイを形成する共同体的で環境的な実践であると信じている。こうしてリスニングは、世界とその生物群集との感情的な絆を生み出す政治的行為となりうるのだ。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Forms of Minutiae releases available at Tobira. 

----------------------------

Includes DL code. Cassette in norelco case. Edition of 100. 

Tracklist:

  1. upstream ensemble 30:29

++

Forms of Minutiae:

"forms of minutiae and TBA21–Academy present "upstream ensemble", a communal happening and aqueous sound piece initiated and composed by field recordist, artist, and f–o–m co-founder Pablo Diserens.

During the 2022/23 digital residency hosted by TBA21–Academy’s Ocean-Archive.org, Pablo Diserens launched an open call inviting members of its online platform ocean comm/uni/ty (and external enthusiasts) to venture into the world and record aqueous sonic encounters. The aim of this collective liquid attuning was to gather sound recordings from various wet ecologies while stimulating listening and field recording gestures regardless of any previous experience.

Recordings from 35 contributors were woven into the long-form sound composition "upstream ensemble" which navigates between the multiplicity of the water cycle as a sounding body. The work moves upstream through oceans, rivers, pipe networks, ponds, and glaciers while investigating the continuous flow of water and the environments that surround it. Listeners encounter drifting habitats trickling with the songs of sea lions, dolphins, blue whales, humpback whales, Arctic terns, and algae photosynthesis – as well as with the invasive hums of submarines’ sonars, boats, and human infrastructures. With "upstream ensemble" some of the world’s aqueous fauna, flora, geologies, and technologies mingle into a synchronized motion that documents the sonic articulations of these wet zones.

In resonance with Pauline Oliveros’ Deep Listening practice and inspired by Rachel Carson’s exploration of the intertidal zone in her book "The Edge of the Sea", this project contributes to an ever-expanding list of works that propose a focus on listening as a way of engaging and existing with the planet’s waters. By stimulating shared listening and attuning practices, Pablo Diserens aims to develop a sense of interconnectedness by blurring the boundaries between species as well as environments. Experiencing aqueous biomes both individually and collectively acts as a way of rethinking our relationships with the world. Despite these being mostly solitary experiences, Pablo believes that field recording and listening are communal and environmental practices that form gateways for earthly synchronicity and world mapping in time and space. Thus listening in turn can become a political act that sparks emotional bonds with the world and its biotic communities."

Artist : pablo diserens & the ocean comm/uni/ty

Label : Forms of Minutiae

ドイツ・ベルリンの実験/フィールドレコーディングレーベルForms of Minutiae主宰pablo diserensが、2023年12月に100本限定でリリースしたカセットです。

フィールドレコーディングによる物音コラージュ・ドローンスケープ作品です。DLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。

"forms of minutiae "とTBA21-Academyは、フィールドレコーディング作家、アーティスト、f-o-m共同設立者であるpablo diserensが作曲した共同ハプニングと水性サウンド作品 "upstream ensemble "を発表する。

TBA21-アカデミーのOcean-Archive.orgが主催する2022/23のデジタルレジデンス期間中、pablo diserensは、オンラインプラットフォームOcean Comm/uni/tyのメンバー(および外部の愛好家)に、世界に飛び出し、水性音の出会いを録音するよう呼びかける公募を開始した。この集団的な液体同調の目的は、様々な湿潤生態系から録音されたサウンドを集め、経験の有無にかかわらず、リスニングやフィールドレコーディングのジェスチャーを刺激することだった。

35人の参加者から録音された音源は、長編サウンド・コンポジション "upstream ensemble "に織り込まれ、音響体としての水循環の多様性の間を行き来する。この作品は、水の絶え間ない流れとそれを取り巻く環境を調査しながら、海、川、パイプ網、池、氷河を上流へと進んでいく。聴き手は、アシカ、イルカ、シロナガスクジラ、ザトウクジラ、キョクアジサシ、藻類の光合成の歌や、潜水艦のソナー、ボート、人間の生活基盤の侵入音とともに、漂う生息地に遭遇する。『upstream ensemble』では、世界の水辺の動物相、植物相、地質学、テクノロジーが、これらの湿潤地帯の音の連なりを記録するシンクロナイズドモーションに混ざり合う。

このプロジェクトは、ポーリン・オリヴェロスのディープリスニングの実践と共鳴し、レイチェル・カーソンの著書『The Edge of the Sea(海の果て)』における潮間帯の探求に触発されたもので、地球の水と関わり、存在する方法としてリスニングに焦点を当てることを提案する、拡大し続ける作品リストに貢献するものである。pablo diserensは、リスニングとアチューニングの実践を共有することで、種や環境の境界を曖昧にし、相互のつながりの感覚を養うことを目指している。個人的にも集団的にも水生バイオームを体験することは、世界と私たちの関係を再考する方法として機能する。これらはほとんど孤独な体験であるにもかかわらず、pabloはフィールドレコーディングとリスニングは、地球のシンクロニシティと時間と空間における世界のマッピングのためのゲートウェイを形成する共同体的で環境的な実践であると信じている。こうしてリスニングは、世界とその生物群集との感情的な絆を生み出す政治的行為となりうるのだ。"

Pablo Diserens · pablo diserens & the ocean comm/uni/ty — upstream ensemble [fom09]

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Forms of Minutiae releases available at Tobira. 

----------------------------

Includes DL code. Cassette in norelco case. Edition of 100. 

Tracklist:

  1. upstream ensemble 30:29

++

Forms of Minutiae:

"forms of minutiae and TBA21–Academy present "upstream ensemble", a communal happening and aqueous sound piece initiated and composed by field recordist, artist, and f–o–m co-founder Pablo Diserens.

During the 2022/23 digital residency hosted by TBA21–Academy’s Ocean-Archive.org, Pablo Diserens launched an open call inviting members of its online platform ocean comm/uni/ty (and external enthusiasts) to venture into the world and record aqueous sonic encounters. The aim of this collective liquid attuning was to gather sound recordings from various wet ecologies while stimulating listening and field recording gestures regardless of any previous experience.

Recordings from 35 contributors were woven into the long-form sound composition "upstream ensemble" which navigates between the multiplicity of the water cycle as a sounding body. The work moves upstream through oceans, rivers, pipe networks, ponds, and glaciers while investigating the continuous flow of water and the environments that surround it. Listeners encounter drifting habitats trickling with the songs of sea lions, dolphins, blue whales, humpback whales, Arctic terns, and algae photosynthesis – as well as with the invasive hums of submarines’ sonars, boats, and human infrastructures. With "upstream ensemble" some of the world’s aqueous fauna, flora, geologies, and technologies mingle into a synchronized motion that documents the sonic articulations of these wet zones.

In resonance with Pauline Oliveros’ Deep Listening practice and inspired by Rachel Carson’s exploration of the intertidal zone in her book "The Edge of the Sea", this project contributes to an ever-expanding list of works that propose a focus on listening as a way of engaging and existing with the planet’s waters. By stimulating shared listening and attuning practices, Pablo Diserens aims to develop a sense of interconnectedness by blurring the boundaries between species as well as environments. Experiencing aqueous biomes both individually and collectively acts as a way of rethinking our relationships with the world. Despite these being mostly solitary experiences, Pablo believes that field recording and listening are communal and environmental practices that form gateways for earthly synchronicity and world mapping in time and space. Thus listening in turn can become a political act that sparks emotional bonds with the world and its biotic communities."

Artist : pablo diserens & the ocean comm/uni/ty

Label : Forms of Minutiae