• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Ordeal // Vätterns Pärla LP

Ordeal // Vätterns Pärla LP

  • Availability:

スウェーデン・ヨーテボリの実験音楽家Ordeal aka Sewer Election aka Dan Johanssonが、2023年11月にベルギーの実験レーベルAguirreからリリースしたレコードです。

終始低空飛行のドローン3曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"ヨーテボリのアンダーグラウンドシーンの重要なエージェントとして、ダン・ヨハンソンは、Sewer Electionのような実験的なハーシュノイズプロジェクトや、Enhet För Fri MusikやAmateur HourのようなLo-Fiインディーフォークバンドのメンバーとして活動してきた。Ordealは彼の最新のソロ作品であり、彼の最後の悲願であったキャリアの溶鉱炉の縁にこびりついた灰のようなものかもしれない。ジャンルを総括するのでもなく、彼の音楽的発展の集大成でもなく、彼自身の家庭で紡がれた深遠な音楽作品として。 

シンセサイザーのみで構成されたVätterns Pärlaは、フィードバックと残響に彩られた震えるような不協和音のドローンによって構築され、レコーディングのノーファイ・クオリティによって分厚い質感を帯び、重苦しいガスに充満した脅威的な雰囲気を描き出している。ヨハンソンの言葉を借りれば、『Ordeal』は「80年代初期のマウリツィオ・ビアンキのアルバムからインスピレーションを受け、ヨーテボリのノーファイ的な荒涼としたフィルターを通している」。このアルバムは、内なる旅、幼少期の思い出、そして今では目的も意味も失った場所のためのアルバムだ」。

そこには確かに親密さとノスタルジアがあるが、閉所恐怖症的で催眠術のような雰囲気が、封じ込められた狭い空間にすべてを包み込んでいる。細部よりも質感、進行よりも色彩、結論よりもサスペンスに重点が置かれている。緊張感は変化し、時にはドローンのレイヤーが解体してムードにフィルターがかかるようだが、ぼろぼろのエッジが磨かれることはない。私たちは壁や空気を感じることができ、その空気は汚れてはいるが、なんとなく吸い込むことができる。まるで暗い部屋で目覚め、耳と触覚でそれを認識し、その寸法と表面を試しているかのようだ。部屋の中の静けさは、嵐のあえぎ声の間の静けさのようだ。

目に見える星はなく、閉ざされた夜空の一角が、水中に大量の産業残骸を隠している。これらの残骸は、もしかしたらアルバムタイトルの真珠かもしれない。すべてが夢のようであり、重く、しかし散発的な風に耳を塞がれる重苦しい機械的なサウンドスケープである。土は何かを成長させようと努力するが、芽吹きは宙吊りにされたまま、悲惨な予感に捕らわれている。地面の長い影は、闇が訪れようとしていることを証明している。そして、この影が伸びて、今にも大音響で打ち砕かれそうになると、音は白っぽくなる。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Aguirre releases available at Tobira.

------------------------------

12" black vinyl. 

Tracklist:

  1. Huggormen 09:03
  2. Falks Grav 08:12
  3. Vist 17:22

Aguirre:

"As an important agent of Gothenburg’s underground scene, Dan Johansson has been a member of several experimental harsh noise projects such as Sewer Election, and lo-fi indie folk bands like Enhet För Fri Musik and Amateur HourOrdeal is his latest solo output, and might as well be ashes stuck in the blast furnace's edges of his last longing career. Not by means of summing up genres or as a culmination of his musical development, but as a profound music piece weaved in his own household.

With not much more than a synthesizer, Vätterns Pärla is built by trembling, dissonant drones stained in feedback and reverberation, thickly textured by the no-fi quality of the recording, depicting a menacing atmosphere congested with heavy fumes. In Johansson's words, Ordeal "takes inspiration from the early 80’s albums of Maurizio Bianchi, filtered through a Gothenburgian no-fi bleakness. It’s an album for inner voyage, childhood memories, and places that now lost purpose and meaning”.

There's certainly intimacy and nostalgia, yet a claustrophobic, hypnotic ambiance wraps it all up in a contained and narrow space. Emphasis is put on texture rather than on detail, on color rather than on progression, on suspense rather than on conclusion. Tension varies stiffly, sometimes a drone layer dismantles and the mood seems to filter, but ragged edges are never polished. We can feel the walls and the air, which although tarnished, can be breathed in somehow. It's as if waking up in a dark room and having to recognize it with our ears and tact, testing its dimensions and its surface. The stillness in the chamber is like the stillness between gasps of storms.

Without visible stars, an enclosed share of night sky hides a heavy load of industrial debris underwater. These remnants are maybe the pearl regarding the album's title. It all can seem like a dream, a grim mechanical soundscape deafened by hefty, yet sporadic winds. Soil strives to make something grow, but sprouting is kept suspended, held by a dismal presentiment. Long shadows on the ground prove that darkness is about to befall. And as these shadows stretch, almost about to break up in a loud strike, the noise turns white."

Artist : Ordeal

Label : Aguirre

+ -

スウェーデン・ヨーテボリの実験音楽家Ordeal aka Sewer Election aka Dan Johanssonが、2023年11月にベルギーの実験レーベルAguirreからリリースしたレコードです。

終始低空飛行のドローン3曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"ヨーテボリのアンダーグラウンドシーンの重要なエージェントとして、ダン・ヨハンソンは、Sewer Electionのような実験的なハーシュノイズプロジェクトや、Enhet För Fri MusikやAmateur HourのようなLo-Fiインディーフォークバンドのメンバーとして活動してきた。Ordealは彼の最新のソロ作品であり、彼の最後の悲願であったキャリアの溶鉱炉の縁にこびりついた灰のようなものかもしれない。ジャンルを総括するのでもなく、彼の音楽的発展の集大成でもなく、彼自身の家庭で紡がれた深遠な音楽作品として。 

シンセサイザーのみで構成されたVätterns Pärlaは、フィードバックと残響に彩られた震えるような不協和音のドローンによって構築され、レコーディングのノーファイ・クオリティによって分厚い質感を帯び、重苦しいガスに充満した脅威的な雰囲気を描き出している。ヨハンソンの言葉を借りれば、『Ordeal』は「80年代初期のマウリツィオ・ビアンキのアルバムからインスピレーションを受け、ヨーテボリのノーファイ的な荒涼としたフィルターを通している」。このアルバムは、内なる旅、幼少期の思い出、そして今では目的も意味も失った場所のためのアルバムだ」。

そこには確かに親密さとノスタルジアがあるが、閉所恐怖症的で催眠術のような雰囲気が、封じ込められた狭い空間にすべてを包み込んでいる。細部よりも質感、進行よりも色彩、結論よりもサスペンスに重点が置かれている。緊張感は変化し、時にはドローンのレイヤーが解体してムードにフィルターがかかるようだが、ぼろぼろのエッジが磨かれることはない。私たちは壁や空気を感じることができ、その空気は汚れてはいるが、なんとなく吸い込むことができる。まるで暗い部屋で目覚め、耳と触覚でそれを認識し、その寸法と表面を試しているかのようだ。部屋の中の静けさは、嵐のあえぎ声の間の静けさのようだ。

目に見える星はなく、閉ざされた夜空の一角が、水中に大量の産業残骸を隠している。これらの残骸は、もしかしたらアルバムタイトルの真珠かもしれない。すべてが夢のようであり、重く、しかし散発的な風に耳を塞がれる重苦しい機械的なサウンドスケープである。土は何かを成長させようと努力するが、芽吹きは宙吊りにされたまま、悲惨な予感に捕らわれている。地面の長い影は、闇が訪れようとしていることを証明している。そして、この影が伸びて、今にも大音響で打ち砕かれそうになると、音は白っぽくなる。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Aguirre releases available at Tobira.

------------------------------

12" black vinyl. 

Tracklist:

  1. Huggormen 09:03
  2. Falks Grav 08:12
  3. Vist 17:22

Aguirre:

"As an important agent of Gothenburg’s underground scene, Dan Johansson has been a member of several experimental harsh noise projects such as Sewer Election, and lo-fi indie folk bands like Enhet För Fri Musik and Amateur HourOrdeal is his latest solo output, and might as well be ashes stuck in the blast furnace's edges of his last longing career. Not by means of summing up genres or as a culmination of his musical development, but as a profound music piece weaved in his own household.

With not much more than a synthesizer, Vätterns Pärla is built by trembling, dissonant drones stained in feedback and reverberation, thickly textured by the no-fi quality of the recording, depicting a menacing atmosphere congested with heavy fumes. In Johansson's words, Ordeal "takes inspiration from the early 80’s albums of Maurizio Bianchi, filtered through a Gothenburgian no-fi bleakness. It’s an album for inner voyage, childhood memories, and places that now lost purpose and meaning”.

There's certainly intimacy and nostalgia, yet a claustrophobic, hypnotic ambiance wraps it all up in a contained and narrow space. Emphasis is put on texture rather than on detail, on color rather than on progression, on suspense rather than on conclusion. Tension varies stiffly, sometimes a drone layer dismantles and the mood seems to filter, but ragged edges are never polished. We can feel the walls and the air, which although tarnished, can be breathed in somehow. It's as if waking up in a dark room and having to recognize it with our ears and tact, testing its dimensions and its surface. The stillness in the chamber is like the stillness between gasps of storms.

Without visible stars, an enclosed share of night sky hides a heavy load of industrial debris underwater. These remnants are maybe the pearl regarding the album's title. It all can seem like a dream, a grim mechanical soundscape deafened by hefty, yet sporadic winds. Soil strives to make something grow, but sprouting is kept suspended, held by a dismal presentiment. Long shadows on the ground prove that darkness is about to befall. And as these shadows stretch, almost about to break up in a loud strike, the noise turns white."

Artist : Ordeal

Label : Aguirre