• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
One Leg One Eye // .... And Take The Black Worm With Me LP [COLOR]

One Leg One Eye // .... And Take The Black Worm With Me LP [COLOR]

  • Availability:

アイルランド・ダブリンの実験フォークバンドLankum創設メンバーIan Lynch aka One Leg One Eyeが、2022年12月に同国実験/ノイズレーベルNyahh Recordsからリリースしたレコードです。

アイルランド民謡・アンビエントドローン〜ドローン5曲を収録。赤盤です。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"ダブリンの実験フォークグループLankumの創立メンバーであるIan Lynchは、音楽と歌の水面下の境界線を探求している。ダークで、ミステリアスで、不吉な、しかし究極的には超越的な音楽の道を切り開く。彼の新しいソロプロジェクト「One Leg One Eye」では、音楽的アレンジに斬新なアプローチを取り、現代のフォークというよりも、セカンドウェーブ・ブラックメタルの生々しい美学に根ざしたサウンドに結実している。

このプロジェクトは、リンチが期待やプレッシャーを受けることなく、サウンドデザインのさまざまな道を探求し、実験する自由を満喫できた2021年に誕生した。レコーディングやフィールドレコーディングのために興味深い環境を探し求めた結果、外部や内部にいくつかの環境が存在し、それぞれのエッセンスが音楽の精神に染み込み、リンチの芸術的アプローチとこの特異なデビューアルバム『...And Take The Black Worm With Me』での発展を象徴するようになった。

ダブリンで再発見された空間と、慣れ親しんだベッドルームは、このアルバムの5曲を通して、包み込まれるような独特の、そして時に悲痛な雰囲気を醸し出している。ある特定の場所、Ianが子供の頃に父親が働いていた廃工場は、この時期に大きなインスピレーションと興味をそそる空間を提供してくれた。Lynchは頻繁に廃墟と化した大きな倉庫を訪れ、シュルティボックスを持って歌い、孤独に満足していた。I'd Rather Be Tending My Sheep(羊の世話をしている方がいい)」は、この最初のセッションから生まれ、最終的にアルバムのエモーショナルな中心的存在となった。『And Take The Black Worm With Me』のレコーディング全体を振り返って、Lynchはこう語っている。アルバムの制作には約1年を費やした。基本的に自分のベッドルームですべてをレコーディングしていたから、そのプロセス全体が好きだった。このようにレコーディングし、自分の時間を持つという経験は素晴らしかった。特定の要素のレコーディングに集中することができたし、一日中そのパートに没頭して、好きなだけ何度でもやり直すことができた。一日の終わりに、もししっくりこなかったら、次の日にまたやり直せばいい。自分ひとりでやっているときは、絶対に完璧だと思えるまで、特定の部分に好きなだけ時間をかけることができる。それは本当に解放的な経験だった。音楽のレコーディングで一番好きな経験だったかもしれない」。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Nyahh Records releases available at Tobira.

---------------------------------- 

Ask us for digital files. 12" black vinyl. 

Tracklist:

  1. Glistening, She Emerges 08:32
  2. Bold and Undaunted Youth 13:31
  3. I'd Rather Be Tending My Sheep 11:55
  4. The Fancy Cannot Cheat So Well 06:22
  5. Only the Diceys 05:57

Nyahh Records:

"As a founding member of Dublin experimental folk group Lankum, Ian Lynch explores submerged leylines of music and song. Forging a musical path that is all at once dark, mysterious and foreboding, but ultimately transcendental. His new solo project One Leg One Eye sees him taking a fresh approach to musical arrangement culminating in a sound that is more rooted in the raw aesthetics of second wave black metal than contemporary folk.

The project was born across 2021, a period in which Lynch was able to enjoy the freedom of experimenting and explorating different paths of sound design without expectation or pressure. Seeking out interesting settings to record music and gather field recordings, there are several environments, external and interior, whose respective essence have seeped into the spirit of the music and come to represent Lynch’s artistic approach and development with this singular debut album, …And Take The Black Worm With Me.

Rediscovered spaces in Dublin and the familiar enclave of his bedroom are intrinsic to the distinct and sometimes harrowing atmosphere conjured throughout the album’s five enveloping compositions. One particular location, an abandoned factory where his father worked when Ian was a child, provided a space of great inspiration and intrigue during this time. Lynch frequently visited the large abandoned warehouse and sang with his shruti box, contented in his solitude. ‘I’d Rather Be Tending My Sheep’, grew into existence from those initial sessions, eventually finding a home as an emotive centrepiece to the album. Reflecting on the overall recording of …And Take The Black Worm With Me, Lynch says, 'Everything I was doing with these songs was all kind of new to me; experimenting with different sounds, textures and palettes and seeing what I could come up with by piecing it all together. I spent about a year making the album. I loved the whole process because it was basically just me in my bedroom recording everything. The experience of recording like this and having my own time to do it was amazing. I could focus on recording a specific element and happily spend all day working on that one part, doing it as many times as I wanted. At the end of the day if it didn’t feel right, I could just try it again the next day. When you’re on your own you can spend as much time as you want on particular parts until you feel that it’s absolutely perfect. I found that to be a really liberating experience. It was probably my favourite experience recording music.'"

Artist : One Leg One Eye

Label : Nyahh Records

アイルランド・ダブリンの実験フォークバンドLankum創設メンバーIan Lynch aka One Leg One Eyeが、2022年12月に同国実験/ノイズレーベルNyahh Recordsからリリースしたレコードです。

アイルランド民謡・アンビエントドローン〜ドローン5曲を収録。赤盤です。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"ダブリンの実験フォークグループLankumの創立メンバーであるIan Lynchは、音楽と歌の水面下の境界線を探求している。ダークで、ミステリアスで、不吉な、しかし究極的には超越的な音楽の道を切り開く。彼の新しいソロプロジェクト「One Leg One Eye」では、音楽的アレンジに斬新なアプローチを取り、現代のフォークというよりも、セカンドウェーブ・ブラックメタルの生々しい美学に根ざしたサウンドに結実している。

このプロジェクトは、リンチが期待やプレッシャーを受けることなく、サウンドデザインのさまざまな道を探求し、実験する自由を満喫できた2021年に誕生した。レコーディングやフィールドレコーディングのために興味深い環境を探し求めた結果、外部や内部にいくつかの環境が存在し、それぞれのエッセンスが音楽の精神に染み込み、リンチの芸術的アプローチとこの特異なデビューアルバム『...And Take The Black Worm With Me』での発展を象徴するようになった。

ダブリンで再発見された空間と、慣れ親しんだベッドルームは、このアルバムの5曲を通して、包み込まれるような独特の、そして時に悲痛な雰囲気を醸し出している。ある特定の場所、Ianが子供の頃に父親が働いていた廃工場は、この時期に大きなインスピレーションと興味をそそる空間を提供してくれた。Lynchは頻繁に廃墟と化した大きな倉庫を訪れ、シュルティボックスを持って歌い、孤独に満足していた。I'd Rather Be Tending My Sheep(羊の世話をしている方がいい)」は、この最初のセッションから生まれ、最終的にアルバムのエモーショナルな中心的存在となった。『And Take The Black Worm With Me』のレコーディング全体を振り返って、Lynchはこう語っている。アルバムの制作には約1年を費やした。基本的に自分のベッドルームですべてをレコーディングしていたから、そのプロセス全体が好きだった。このようにレコーディングし、自分の時間を持つという経験は素晴らしかった。特定の要素のレコーディングに集中することができたし、一日中そのパートに没頭して、好きなだけ何度でもやり直すことができた。一日の終わりに、もししっくりこなかったら、次の日にまたやり直せばいい。自分ひとりでやっているときは、絶対に完璧だと思えるまで、特定の部分に好きなだけ時間をかけることができる。それは本当に解放的な経験だった。音楽のレコーディングで一番好きな経験だったかもしれない」。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Nyahh Records releases available at Tobira.

---------------------------------- 

Ask us for digital files. 12" black vinyl. 

Tracklist:

  1. Glistening, She Emerges 08:32
  2. Bold and Undaunted Youth 13:31
  3. I'd Rather Be Tending My Sheep 11:55
  4. The Fancy Cannot Cheat So Well 06:22
  5. Only the Diceys 05:57

Nyahh Records:

"As a founding member of Dublin experimental folk group Lankum, Ian Lynch explores submerged leylines of music and song. Forging a musical path that is all at once dark, mysterious and foreboding, but ultimately transcendental. His new solo project One Leg One Eye sees him taking a fresh approach to musical arrangement culminating in a sound that is more rooted in the raw aesthetics of second wave black metal than contemporary folk.

The project was born across 2021, a period in which Lynch was able to enjoy the freedom of experimenting and explorating different paths of sound design without expectation or pressure. Seeking out interesting settings to record music and gather field recordings, there are several environments, external and interior, whose respective essence have seeped into the spirit of the music and come to represent Lynch’s artistic approach and development with this singular debut album, …And Take The Black Worm With Me.

Rediscovered spaces in Dublin and the familiar enclave of his bedroom are intrinsic to the distinct and sometimes harrowing atmosphere conjured throughout the album’s five enveloping compositions. One particular location, an abandoned factory where his father worked when Ian was a child, provided a space of great inspiration and intrigue during this time. Lynch frequently visited the large abandoned warehouse and sang with his shruti box, contented in his solitude. ‘I’d Rather Be Tending My Sheep’, grew into existence from those initial sessions, eventually finding a home as an emotive centrepiece to the album. Reflecting on the overall recording of …And Take The Black Worm With Me, Lynch says, 'Everything I was doing with these songs was all kind of new to me; experimenting with different sounds, textures and palettes and seeing what I could come up with by piecing it all together. I spent about a year making the album. I loved the whole process because it was basically just me in my bedroom recording everything. The experience of recording like this and having my own time to do it was amazing. I could focus on recording a specific element and happily spend all day working on that one part, doing it as many times as I wanted. At the end of the day if it didn’t feel right, I could just try it again the next day. When you’re on your own you can spend as much time as you want on particular parts until you feel that it’s absolutely perfect. I found that to be a really liberating experience. It was probably my favourite experience recording music.'"

Artist : One Leg One Eye

Label : Nyahh Records