• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Megaptera // Near Death LP

Megaptera // Near Death LP

  • Availability:

スウェーデンのインダストリアルトリオMegapteraが、2023年10月にイタリアのノイズレーベルUrashimaからリリースした再発レコードです。(オリジナルは1991年にリリース)

不穏な空気が充満するリチュアリスティック・ストレンジビーツ〜ダークアンビエント7曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"インダストリアルとダークアンビエントのジャンルの境界を押し広げる魅惑的な音楽プロジェクト、Megaptera の神秘的で呪術的な世界に浸ろう。ミカエル・スヴェンソンと共にピーター・ニュストレムが立ち上げ、マグナス・オスルンドが参加した Megaptera は、アトモスフェリックなテクスチャーとスプーキーなサウンドスケープが絡み合う、暗闇の中心への音の旅に出た。
Megapteraは、従来の分類にとらわれないプロジェクトである。このトリオの初期のコラボレーションは、リスナーを恐怖に直面させ、未知の世界へと誘う、精神の最も暗い隅々まで掘り下げるサウンドスケープの下地を作った。
Megaptera の核となるのは、インダストリアルなリズム、不穏なテクスチャー、アトモスフェリックなレイヤーの複雑な融合である。各楽曲は音の航海であり、現実と想像の境界が曖昧な領域へと聴衆をいざなう。この音楽には、めったに探ることのできない感情を呼び起こす不思議な能力があり、聴く人に強烈で没入感のある体験をもたらす。
Urashimaの "Megaptera - Near Death "の再発盤で、意識の淵に誘われる準備をしよう。1991年にSound Source .1917.のカセットテープからリリースされたこの重要なアルバムは、Megaptera プロジェクトの始まりとなっただけでなく、ダークアンビエントとインダストリアルミュージックの歴史にニッチを刻んだ。


"Near Death "は、人間の深層心理への旅であり、心の未知の領域への降下である。ピーター・ニュストレム、ミカエル・スヴェンソン、そしてマグナス・オースルンドの共同作業により、このアルバムはさらに深遠な響きを帯びている。彼らのクリエイティビティが結集し、妖しいアトモスフィア、実験的なサウンドスケープ、インダストリアルなリズムを融合させた傑作が誕生した。
"Near Death "は、最初の音から不気味なオーラで聴き手を包み込み、その謎めいたパッセージを通して聴き手を不吉な予感に導く。このアルバムは、トリオのサウンドを操る能力の証であり、トラック全体で展開されるゾッとするような物語にサウンドを造形している。アトモスフェリックなテクスチャーは不安感を呼び起こし、脈打つリズムは催眠術のようなリズムを生み出し、聴く者を旅へといざなう。アルバム全体を通して、手に取るような緊張感があり、現実と影の領域の間に宙吊りにされているような感覚を覚える。音の層が絡み合い、潜在意識の迷宮の回廊と呼応するかのような複雑な網を作り出している。遠くのささやき声、不気味なドローン、微妙なダイナミクスの変化が聴き手をより深く引き込み、内省と探求を誘う。

人間の経験の暗部から目をそらしがちなこの世界で、『臨死』は大胆不敵な探検である。それは、私たちの中に宿る影と向き合うことへの誘いであり、水面下に潜む謎の反映である。レコードが回転し、サウンドがあなたを包み込むとき、あなたは不安と変容が同居する音の旅に出ることに気づくだろう。「Megaptera』は気の弱い人向けではなく、私たちの中に潜む影と向き合うよう誘うものだ。その強烈な音の探求を通して、このプロジェクトはリスナーに暗闇を受け入れ、人間の経験の最も原始的な側面を掘り下げる旅に出るよう手招きしている。"

Urashimaその他作品はこちら /// Click here to see more Urashima releases available at Tobira. 

-------------------------------

Ask us for digital files. 12" black vinyl. 

Tracklist:

  1. My Lonely Brain 06:43
  2. Illusion 06:33
  3. Faith Is Not A Natural Life Force 07:42
  4. Horse Benediction 03:31
  5. Immortality 03:43
  6. Fabrique 12:03
  7. Kranium 02:12

Urashima:

" Immerse yourself in the mysterious and haunting world of "Megaptera," a captivating music project that pushes the boundaries of industrial and dark ambient genres. Initiated by Peter Nyström alongside Mikael Svensson, with the participation of Magnus Åslund, "Megaptera" embarked on a sonic journey into the heart of darkness, where atmospheric textures and chilling soundscapes intertwine.
"Megaptera" is a project that defies conventional classification. The trio's early collaboration set the groundwork for soundscapes that delve into the darkest corners of the psyche, inviting listeners to confront their fears and delve into the unknown.
At the core of "Megaptera" lies an intricate fusion of industrial rhythms, unsettling textures, and atmospheric layers. Each composition is a sonic voyage, transporting the audience to realms where the borders between reality and imagination blur. The music possesses an uncanny ability to evoke emotions that are rarely explored, creating an intense and immersive experience for those who dare to listen.
Prepare to be transported to the edge of consciousness with the Urashima's vinyl reissue of "Megaptera - Near Death." Originally released on Sound Source .1917. cassette in 1991, this pivotal album not only marked the inception of the "Megaptera" project but also carved a niche for itself in the annals of dark ambient and industrial music.
"Near Death" is a journey into the depths of the human psyche, a descent into the unknown territories of the mind. With the collaborative efforts of Peter Nyström, Mikael Svensson, and the participation of Magnus Åslund, the album takes on an even more profound resonance. The combined creativity of these minds birthed a sonic masterpiece that fuses haunting atmospheres, experimental soundscapes, and industrial rhythms into a symphony of darkness.
From the first notes, "Near Death" envelops the listener in an uncanny aura, a sense of foreboding that guides you through its enigmatic passages. The album is a testament to the trio's ability to manipulate sound, sculpting it into a chilling narrative that unfolds across its tracks. The atmospheric textures evoke a sense of unease, while the pulsating rhythms create a hypnotic rhythm that carries you along the journey. Throughout the album, there's a palpable tension, a feeling of being suspended between reality and a realm of shadows. The layers of sound intertwine, creating an intricate web that seems to echo the labyrinthine corridors of the subconscious. The distant whispers, eerie drones, and subtle shifts in dynamics pull the listener deeper, inviting introspection and exploration.
In a world that often shies away from the darker corners of human experience, "Near Death" is a fearless exploration. It is an invitation to confront the shadows that dwell within us, a reflection of the mysteries that lie beneath the surface. As the vinyl spins and the sounds envelop you, you'll find yourself embarking on a sonic odyssey that is equal parts unsettling and transformative. "Megaptera" is not for the faint of heart; it is an invitation to confront the shadows that reside within us all. Through its intense sonic explorations, the project beckons listeners to embrace the darkness and embark on a journey that delves into the most primal aspects of human experience.
 "

Artist : Megaptera

Label : Urashima

+ -

スウェーデンのインダストリアルトリオMegapteraが、2023年10月にイタリアのノイズレーベルUrashimaからリリースした再発レコードです。(オリジナルは1991年にリリース)

不穏な空気が充満するリチュアリスティック・ストレンジビーツ〜ダークアンビエント7曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"インダストリアルとダークアンビエントのジャンルの境界を押し広げる魅惑的な音楽プロジェクト、Megaptera の神秘的で呪術的な世界に浸ろう。ミカエル・スヴェンソンと共にピーター・ニュストレムが立ち上げ、マグナス・オスルンドが参加した Megaptera は、アトモスフェリックなテクスチャーとスプーキーなサウンドスケープが絡み合う、暗闇の中心への音の旅に出た。
Megapteraは、従来の分類にとらわれないプロジェクトである。このトリオの初期のコラボレーションは、リスナーを恐怖に直面させ、未知の世界へと誘う、精神の最も暗い隅々まで掘り下げるサウンドスケープの下地を作った。
Megaptera の核となるのは、インダストリアルなリズム、不穏なテクスチャー、アトモスフェリックなレイヤーの複雑な融合である。各楽曲は音の航海であり、現実と想像の境界が曖昧な領域へと聴衆をいざなう。この音楽には、めったに探ることのできない感情を呼び起こす不思議な能力があり、聴く人に強烈で没入感のある体験をもたらす。
Urashimaの "Megaptera - Near Death "の再発盤で、意識の淵に誘われる準備をしよう。1991年にSound Source .1917.のカセットテープからリリースされたこの重要なアルバムは、Megaptera プロジェクトの始まりとなっただけでなく、ダークアンビエントとインダストリアルミュージックの歴史にニッチを刻んだ。


"Near Death "は、人間の深層心理への旅であり、心の未知の領域への降下である。ピーター・ニュストレム、ミカエル・スヴェンソン、そしてマグナス・オースルンドの共同作業により、このアルバムはさらに深遠な響きを帯びている。彼らのクリエイティビティが結集し、妖しいアトモスフィア、実験的なサウンドスケープ、インダストリアルなリズムを融合させた傑作が誕生した。
"Near Death "は、最初の音から不気味なオーラで聴き手を包み込み、その謎めいたパッセージを通して聴き手を不吉な予感に導く。このアルバムは、トリオのサウンドを操る能力の証であり、トラック全体で展開されるゾッとするような物語にサウンドを造形している。アトモスフェリックなテクスチャーは不安感を呼び起こし、脈打つリズムは催眠術のようなリズムを生み出し、聴く者を旅へといざなう。アルバム全体を通して、手に取るような緊張感があり、現実と影の領域の間に宙吊りにされているような感覚を覚える。音の層が絡み合い、潜在意識の迷宮の回廊と呼応するかのような複雑な網を作り出している。遠くのささやき声、不気味なドローン、微妙なダイナミクスの変化が聴き手をより深く引き込み、内省と探求を誘う。

人間の経験の暗部から目をそらしがちなこの世界で、『臨死』は大胆不敵な探検である。それは、私たちの中に宿る影と向き合うことへの誘いであり、水面下に潜む謎の反映である。レコードが回転し、サウンドがあなたを包み込むとき、あなたは不安と変容が同居する音の旅に出ることに気づくだろう。「Megaptera』は気の弱い人向けではなく、私たちの中に潜む影と向き合うよう誘うものだ。その強烈な音の探求を通して、このプロジェクトはリスナーに暗闇を受け入れ、人間の経験の最も原始的な側面を掘り下げる旅に出るよう手招きしている。"

Urashimaその他作品はこちら /// Click here to see more Urashima releases available at Tobira. 

-------------------------------

Ask us for digital files. 12" black vinyl. 

Tracklist:

  1. My Lonely Brain 06:43
  2. Illusion 06:33
  3. Faith Is Not A Natural Life Force 07:42
  4. Horse Benediction 03:31
  5. Immortality 03:43
  6. Fabrique 12:03
  7. Kranium 02:12

Urashima:

" Immerse yourself in the mysterious and haunting world of "Megaptera," a captivating music project that pushes the boundaries of industrial and dark ambient genres. Initiated by Peter Nyström alongside Mikael Svensson, with the participation of Magnus Åslund, "Megaptera" embarked on a sonic journey into the heart of darkness, where atmospheric textures and chilling soundscapes intertwine.
"Megaptera" is a project that defies conventional classification. The trio's early collaboration set the groundwork for soundscapes that delve into the darkest corners of the psyche, inviting listeners to confront their fears and delve into the unknown.
At the core of "Megaptera" lies an intricate fusion of industrial rhythms, unsettling textures, and atmospheric layers. Each composition is a sonic voyage, transporting the audience to realms where the borders between reality and imagination blur. The music possesses an uncanny ability to evoke emotions that are rarely explored, creating an intense and immersive experience for those who dare to listen.
Prepare to be transported to the edge of consciousness with the Urashima's vinyl reissue of "Megaptera - Near Death." Originally released on Sound Source .1917. cassette in 1991, this pivotal album not only marked the inception of the "Megaptera" project but also carved a niche for itself in the annals of dark ambient and industrial music.
"Near Death" is a journey into the depths of the human psyche, a descent into the unknown territories of the mind. With the collaborative efforts of Peter Nyström, Mikael Svensson, and the participation of Magnus Åslund, the album takes on an even more profound resonance. The combined creativity of these minds birthed a sonic masterpiece that fuses haunting atmospheres, experimental soundscapes, and industrial rhythms into a symphony of darkness.
From the first notes, "Near Death" envelops the listener in an uncanny aura, a sense of foreboding that guides you through its enigmatic passages. The album is a testament to the trio's ability to manipulate sound, sculpting it into a chilling narrative that unfolds across its tracks. The atmospheric textures evoke a sense of unease, while the pulsating rhythms create a hypnotic rhythm that carries you along the journey. Throughout the album, there's a palpable tension, a feeling of being suspended between reality and a realm of shadows. The layers of sound intertwine, creating an intricate web that seems to echo the labyrinthine corridors of the subconscious. The distant whispers, eerie drones, and subtle shifts in dynamics pull the listener deeper, inviting introspection and exploration.
In a world that often shies away from the darker corners of human experience, "Near Death" is a fearless exploration. It is an invitation to confront the shadows that dwell within us, a reflection of the mysteries that lie beneath the surface. As the vinyl spins and the sounds envelop you, you'll find yourself embarking on a sonic odyssey that is equal parts unsettling and transformative. "Megaptera" is not for the faint of heart; it is an invitation to confront the shadows that reside within us all. Through its intense sonic explorations, the project beckons listeners to embrace the darkness and embark on a journey that delves into the most primal aspects of human experience.
 "

Artist : Megaptera

Label : Urashima