• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Maya Weeks // Tethers TAPE

Maya Weeks // Tethers TAPE

  • Availability:

アメリカの新人音響作家Maya Weeksが、2021年12月にAndrew Weathers主宰レーベルFull Spectrumからリリースしたデビューカセットです。

アンビエント・コラージュ〜スポークンワード4曲を収録。DLコード付属。Andrew Weathersがマスタリングを担当しています。

以下、レーベル解説です。

さて、とうとう起きてしまいましたね。2021年は、まさに太陽革命のジェットコースターのような年でした。振り返ってみると、Full Spectrumは今年、新しいアーティストをレーベル・ファミリーに迎え入れ、なんと23枚ものリリースを行いました。中にはライブをする人もいて、2020年に比べれば格段に進歩しました。

その締めくくりとして、カリフォルニア生まれの白人入植者である作家、アーティスト、地理学者のMaya Weeksのデビュー作をお届けします。Tethersと名付けられたこのアルバムは、海から顔にかかる水しぶきのように短く儚い、微かな風のような作品です。しかし、このアルバムは16分という短い時間にもかかわらず、その美しさとインパクトは変わりません。

ウィークスがミルズ・カレッジ時代に知り合ったアンドリュー・ウェザーズと共同制作した「Tethers」は、今年の1月から6月にかけて撮影したオーディオファイルをコラージュして構成されています。ループしたシンセサイザー、ボイスメモ、フィールドレコーディングの断片が、至福のパッチワークのようなサウンドにまとめられ、親密さと未知なるものを同時に感じさせます。

このアルバムは、カリフォルニアの海岸にある2つの場所で撮影された環境音を中心に構成されています。カユコス(チュマシュ族とサリナン族の居住地)とボデガベイ(ミウォク族の居住地)です。ウィークスはカユコスで育ち、現在はボデガ・ベイのボデガ・マリン・ラボに所属して、海洋汚染の研究を行っています。特に、この人為的な環境破壊を、ヨーロッパに起源をもつ男性主義的、資本主義的規範によって演じられた暴力の一形態として理解しようとしています。

過去1年間、そしてその後「Tethers」を制作する中で、ウィークスは生産、消費、消耗の変化によって変化していくこの2つの土地に耳を傾けました。この意図的なリスニングの実践は、差し迫った資本主義の崩壊に直面している私たちの生活の必死のクレッシェンドに対して、スローダウンして取り組む彼女の試みとなりました。Tethersは、ウィークスと一緒にこの追求に参加するようにという私たちの招待状です。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Full Spectrum Records releases available at Tobira. 

--------------------------------

Edition of 100.

Full Spectrum Records:

"Well, it’s finally happened. All good things must come to an end, but 2021 was certainly a wild roller coaster of a solar revolution. Looking back – Full Spectrum welcomed a whole fresh crop of artists into our label family this year and published a whopping 23 [!] releases. Some of us even managed to play a few shows here and there, a marked improvement over 2020.

To round things out and close the book on the year that was, we are pleased to present the debut from California-born white settler writer, artist, and geographer Maya Weeks. Entitled ‘Tethers,’ this one is but a subtle breeze of an album, as brief and transitory as the ocean’s spray across your face. Clocking in at a svelte 16 minutes, though, ‘Tethers’ is no less lovely and impactful for its brevity.

Co-produced with Andrew Weathers, who Weeks knows from her time at Mills College, ‘Tethers’ consists of collaged audio files captured between January and June of this year. Snatches of looped synthesizer, voice memos, and field recordings fall together into a blissed out patchwork of sound that feels somehow both intimate and unknowable all at once.

The album is built around environmental sounds captured in two places on the California coast: Cayucos [on occupied Chumash and Salinan land] and Bodega Bay [on occupied Miwok land]. Weeks grew up in Cayucos and she is now affiliated with the Bodega Marine Lab in Bodega Bay, where she conducts research on marine pollution. Specifically, she is seeking to understand this man-made environmental catastrophe as a form of violence enacted by masculinist, capitalist norms with European origins.

Over the course of the past year – and subsequent production of ‘Tethers’ – Weeks listened to these two locales as they underwent processes of change due to shifts in production, consumption, and expendability. This intentional listening practice became her attempt to slow down and work against the frantic crescendo of our lives in the face of capitalism’s impending collapse. ‘Tethers’ is our invitation to join Weeks in this pursuit."

Artist : Maya Weeks

Label : Full Spectrum Records

+ -

アメリカの新人音響作家Maya Weeksが、2021年12月にAndrew Weathers主宰レーベルFull Spectrumからリリースしたデビューカセットです。

アンビエント・コラージュ〜スポークンワード4曲を収録。DLコード付属。Andrew Weathersがマスタリングを担当しています。

以下、レーベル解説です。

さて、とうとう起きてしまいましたね。2021年は、まさに太陽革命のジェットコースターのような年でした。振り返ってみると、Full Spectrumは今年、新しいアーティストをレーベル・ファミリーに迎え入れ、なんと23枚ものリリースを行いました。中にはライブをする人もいて、2020年に比べれば格段に進歩しました。

その締めくくりとして、カリフォルニア生まれの白人入植者である作家、アーティスト、地理学者のMaya Weeksのデビュー作をお届けします。Tethersと名付けられたこのアルバムは、海から顔にかかる水しぶきのように短く儚い、微かな風のような作品です。しかし、このアルバムは16分という短い時間にもかかわらず、その美しさとインパクトは変わりません。

ウィークスがミルズ・カレッジ時代に知り合ったアンドリュー・ウェザーズと共同制作した「Tethers」は、今年の1月から6月にかけて撮影したオーディオファイルをコラージュして構成されています。ループしたシンセサイザー、ボイスメモ、フィールドレコーディングの断片が、至福のパッチワークのようなサウンドにまとめられ、親密さと未知なるものを同時に感じさせます。

このアルバムは、カリフォルニアの海岸にある2つの場所で撮影された環境音を中心に構成されています。カユコス(チュマシュ族とサリナン族の居住地)とボデガベイ(ミウォク族の居住地)です。ウィークスはカユコスで育ち、現在はボデガ・ベイのボデガ・マリン・ラボに所属して、海洋汚染の研究を行っています。特に、この人為的な環境破壊を、ヨーロッパに起源をもつ男性主義的、資本主義的規範によって演じられた暴力の一形態として理解しようとしています。

過去1年間、そしてその後「Tethers」を制作する中で、ウィークスは生産、消費、消耗の変化によって変化していくこの2つの土地に耳を傾けました。この意図的なリスニングの実践は、差し迫った資本主義の崩壊に直面している私たちの生活の必死のクレッシェンドに対して、スローダウンして取り組む彼女の試みとなりました。Tethersは、ウィークスと一緒にこの追求に参加するようにという私たちの招待状です。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Full Spectrum Records releases available at Tobira. 

--------------------------------

Edition of 100.

Full Spectrum Records:

"Well, it’s finally happened. All good things must come to an end, but 2021 was certainly a wild roller coaster of a solar revolution. Looking back – Full Spectrum welcomed a whole fresh crop of artists into our label family this year and published a whopping 23 [!] releases. Some of us even managed to play a few shows here and there, a marked improvement over 2020.

To round things out and close the book on the year that was, we are pleased to present the debut from California-born white settler writer, artist, and geographer Maya Weeks. Entitled ‘Tethers,’ this one is but a subtle breeze of an album, as brief and transitory as the ocean’s spray across your face. Clocking in at a svelte 16 minutes, though, ‘Tethers’ is no less lovely and impactful for its brevity.

Co-produced with Andrew Weathers, who Weeks knows from her time at Mills College, ‘Tethers’ consists of collaged audio files captured between January and June of this year. Snatches of looped synthesizer, voice memos, and field recordings fall together into a blissed out patchwork of sound that feels somehow both intimate and unknowable all at once.

The album is built around environmental sounds captured in two places on the California coast: Cayucos [on occupied Chumash and Salinan land] and Bodega Bay [on occupied Miwok land]. Weeks grew up in Cayucos and she is now affiliated with the Bodega Marine Lab in Bodega Bay, where she conducts research on marine pollution. Specifically, she is seeking to understand this man-made environmental catastrophe as a form of violence enacted by masculinist, capitalist norms with European origins.

Over the course of the past year – and subsequent production of ‘Tethers’ – Weeks listened to these two locales as they underwent processes of change due to shifts in production, consumption, and expendability. This intentional listening practice became her attempt to slow down and work against the frantic crescendo of our lives in the face of capitalism’s impending collapse. ‘Tethers’ is our invitation to join Weeks in this pursuit."

Artist : Maya Weeks

Label : Full Spectrum Records