• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Markos Vamvakaris // Death Is Bitter LP

Markos Vamvakaris // Death Is Bitter LP

  • Availability:

ギリシャの労働階級音楽レベティカの名手Markos Vamvakarisの楽曲をコンパイルしたレコードです。以下、レーベルによる解説です。

ギリシャ音楽の暗部を探るMississippiの続きとして、ギリシャのレベティカの中で最も伝説的なアーティスト、 Markos Vamvakarisによる中毒の苦しみと愛に満ちた滅多に聴くことのできない12曲の録音をお届けします。

レベティカは、19世紀末から20世紀初頭にかけての内戦、大量の人口交換、無政府状態の中で衝突したギリシャと小アジアの音です。詩的で、哀愁を帯びた、苦い音楽であるレベティカは、地中海の港のハッシュデン(テケス)で生まれ、その詩は、1930年代に Markos Vamvakarisによる一連の驚くべき録音によって少なからず推進され、より多くの人々に広がる前にギリシャの刑務所で囁かれたのです。

マルコス(ギリシャ音楽ファンなら誰でも知っているファーストネーム)は、ピレウス港の売春宿、バー、ハッシュの巣窟で、愛、痛み、憧れを歌い、酔っぱらったように歌い上げました。1917年、彼は若者としてピレウス港に到着し、皮なめし工場で皮むき職人として働いていた。1924年にブズーキを手にしたとき、彼はギリシャの社会的地位の最下層であるマンジェの生活にすっかり魅了されていました。彼らは自分たちの掟に従って生活し、他の人々とは全く対立して、自分たちのスタイルで服を着て、歩き、話していた。Rebetikaは彼らの音楽でした。

1932年から1936年にかけてアテネで録音されたこの初期の12曲で、マルコスはすでにブズーキの名手となっていました。彼の力強く、クリーンな演奏は、彼の嗄れた声と、ゼベキコダンサーとしての長年の経験から生まれた見事なリズム感覚を引き立たせています。曲は螺旋状に広がり、彼のオープンノートのドローンとメロディーラインは、仲間のミュージシャンから恍惚とした声と励ましを呼び起こします。オスマン帝国のカフェ音楽、スミルナに避難したギリシャ人の声、港湾生活の混乱と苦しみ、すべてがマルコスの歌から伝わってきます。

1930年代初頭にレコーディング・シーンに登場し、1936年から政府によって歌詞が検閲されるまでの短い期間に録音された、非常に貴重なリマスター盤です。枢軸国の占領下ではレベティカの録音はなく、マルコスは戦後数年間、いくつかのヒットを飛ばしたが、再びこのレベルに達することはありませんでした。20世紀を代表する偉大な芸術家の、めくるめく、うっとりするような、そして最も重い作品です。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Mississippi Records releases available at Tobira. 

-------------------------

Expertly remastered from rare 78s by Stereophonic Sound, pressed on heavy 160gm vinyl at Smashed Plastic, heavy sleeve and full size 8 page booklet with detailed historical notes, rare photos, and lyric translations.

***

Mississippi Records:

"HEAVY, ENTRANCING TRANSMISSIONS FROM THE GREEK UNDERWORLD

Continuing Mississippi's exploration of the darkest reaches of Greek music, we bring you 12 rarely heard recordings of addled suffering and love from the most legendary of all Greek rebetika artists, Markos Vamvakaris.

Rebetika is the sound of Greece and Asia Minor clashing amid civil war, mass population exchange, and the anarchy of the late 19th and early 20th centuries. Poetic, mournful, and bitter, rebetika music was born in the hash dens (tekes) of Mediterranean ports, its verses whispered in Greek prisons before spilling out to the greater population in the 1930s, propelled in no small part by a series of remarkable recordings by Markos Vamvakaris.

Markos (first name basis for all fans of Greek music) sang heady, drugged out songs of love, pain and yearning at brothels, bars and hash dens in the port of Piraeus. He arrived as a youth in 1917, working as a skinner in a tannery. By the time he picked up the bouzouki around 1924, he was fully taken by the life of the manges, the lowest rungs of the Greek social ladder. They lived by their own code and in total opposition to the rest of the population, dressing, walking and speaking in their own style. Rebetika was their music.

On these twelve early tracks, recorded in Athens between 1932 and 1936, Markos was already a master of the bouzouki. His forceful, clean playing compliments his hoarse voice and his stunning rhythmic sensibility, the result of his years as a champion zebekiko dancer. Tracks build and spiral outward, his open-note drones and melodic lines drawing calls of ecstasy and encouragement from his fellow musicians. Translations of songs like “Hash-Smoking Mortissa” and “In The Dark Last Night” provide a glimpse into the life and language of the manges - Ottoman cafe music, the calls of displaced Greeks of Smyrna, the chaos and suffering of port life, it all comes through Markos’ songs.

These recordings, incredibly rare and expertly remastered, mark the height of rebetika, the brief period between the music’s emergence on the recording scene in the early 1930s and government censorship of all lyrics starting in 1936. During the Axis occupation there was no rebetika recording, and though Markos had some hits in the years after the war, he never again attained this level. These are the dizzying, entrancing, and heaviest works of one of the great artists of the 20th century."

Artist : Markos Vamvakaris

Label : Mississippi Records

ギリシャの労働階級音楽レベティカの名手Markos Vamvakarisの楽曲をコンパイルしたレコードです。以下、レーベルによる解説です。

ギリシャ音楽の暗部を探るMississippiの続きとして、ギリシャのレベティカの中で最も伝説的なアーティスト、 Markos Vamvakarisによる中毒の苦しみと愛に満ちた滅多に聴くことのできない12曲の録音をお届けします。

レベティカは、19世紀末から20世紀初頭にかけての内戦、大量の人口交換、無政府状態の中で衝突したギリシャと小アジアの音です。詩的で、哀愁を帯びた、苦い音楽であるレベティカは、地中海の港のハッシュデン(テケス)で生まれ、その詩は、1930年代に Markos Vamvakarisによる一連の驚くべき録音によって少なからず推進され、より多くの人々に広がる前にギリシャの刑務所で囁かれたのです。

マルコス(ギリシャ音楽ファンなら誰でも知っているファーストネーム)は、ピレウス港の売春宿、バー、ハッシュの巣窟で、愛、痛み、憧れを歌い、酔っぱらったように歌い上げました。1917年、彼は若者としてピレウス港に到着し、皮なめし工場で皮むき職人として働いていた。1924年にブズーキを手にしたとき、彼はギリシャの社会的地位の最下層であるマンジェの生活にすっかり魅了されていました。彼らは自分たちの掟に従って生活し、他の人々とは全く対立して、自分たちのスタイルで服を着て、歩き、話していた。Rebetikaは彼らの音楽でした。

1932年から1936年にかけてアテネで録音されたこの初期の12曲で、マルコスはすでにブズーキの名手となっていました。彼の力強く、クリーンな演奏は、彼の嗄れた声と、ゼベキコダンサーとしての長年の経験から生まれた見事なリズム感覚を引き立たせています。曲は螺旋状に広がり、彼のオープンノートのドローンとメロディーラインは、仲間のミュージシャンから恍惚とした声と励ましを呼び起こします。オスマン帝国のカフェ音楽、スミルナに避難したギリシャ人の声、港湾生活の混乱と苦しみ、すべてがマルコスの歌から伝わってきます。

1930年代初頭にレコーディング・シーンに登場し、1936年から政府によって歌詞が検閲されるまでの短い期間に録音された、非常に貴重なリマスター盤です。枢軸国の占領下ではレベティカの録音はなく、マルコスは戦後数年間、いくつかのヒットを飛ばしたが、再びこのレベルに達することはありませんでした。20世紀を代表する偉大な芸術家の、めくるめく、うっとりするような、そして最も重い作品です。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Mississippi Records releases available at Tobira. 

-------------------------

Expertly remastered from rare 78s by Stereophonic Sound, pressed on heavy 160gm vinyl at Smashed Plastic, heavy sleeve and full size 8 page booklet with detailed historical notes, rare photos, and lyric translations.

***

Mississippi Records:

"HEAVY, ENTRANCING TRANSMISSIONS FROM THE GREEK UNDERWORLD

Continuing Mississippi's exploration of the darkest reaches of Greek music, we bring you 12 rarely heard recordings of addled suffering and love from the most legendary of all Greek rebetika artists, Markos Vamvakaris.

Rebetika is the sound of Greece and Asia Minor clashing amid civil war, mass population exchange, and the anarchy of the late 19th and early 20th centuries. Poetic, mournful, and bitter, rebetika music was born in the hash dens (tekes) of Mediterranean ports, its verses whispered in Greek prisons before spilling out to the greater population in the 1930s, propelled in no small part by a series of remarkable recordings by Markos Vamvakaris.

Markos (first name basis for all fans of Greek music) sang heady, drugged out songs of love, pain and yearning at brothels, bars and hash dens in the port of Piraeus. He arrived as a youth in 1917, working as a skinner in a tannery. By the time he picked up the bouzouki around 1924, he was fully taken by the life of the manges, the lowest rungs of the Greek social ladder. They lived by their own code and in total opposition to the rest of the population, dressing, walking and speaking in their own style. Rebetika was their music.

On these twelve early tracks, recorded in Athens between 1932 and 1936, Markos was already a master of the bouzouki. His forceful, clean playing compliments his hoarse voice and his stunning rhythmic sensibility, the result of his years as a champion zebekiko dancer. Tracks build and spiral outward, his open-note drones and melodic lines drawing calls of ecstasy and encouragement from his fellow musicians. Translations of songs like “Hash-Smoking Mortissa” and “In The Dark Last Night” provide a glimpse into the life and language of the manges - Ottoman cafe music, the calls of displaced Greeks of Smyrna, the chaos and suffering of port life, it all comes through Markos’ songs.

These recordings, incredibly rare and expertly remastered, mark the height of rebetika, the brief period between the music’s emergence on the recording scene in the early 1930s and government censorship of all lyrics starting in 1936. During the Axis occupation there was no rebetika recording, and though Markos had some hits in the years after the war, he never again attained this level. These are the dizzying, entrancing, and heaviest works of one of the great artists of the 20th century."

Artist : Markos Vamvakaris

Label : Mississippi Records