• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Marc Junker // Prepared Piano 1.0 TAPE

Marc Junker // Prepared Piano 1.0 TAPE

  • Availability:

※11/23のTobira Instore Showcaseに出演します

カナダ・バンクーバーのネオクラシカル作家Marc Junker aka R23Xが、2023年4月にアメリカ・LAのオールジャンルレーベルDoom Tripから100本限定でリリースしたカセットです。

ピアノをメインソースにしたネオクラシカル・アンビエント〜コンテンポラリー10曲を収録。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"カナダ・バンクーバーを拠点に活動する作曲家Marc Junkerが、Doom Tripのカタログにデビュー作『Prepared Piano 1.0』を発表した。Marc JunkerのR23Xという名義での音楽や、シカゴを拠点に活動するアーティスト、Equipとの頻繁なコラボレーションでは、ビデオゲーム音楽の伝統やヴェイパーなサンプル・マニピュレーションを探求しているが、本名名義での作品では、映画音楽の作曲やオーケストラのコンポジションへの進出を強調している。実のところ、これらの分野はすべて、名義に関係なく、彼の作品を通して表裏一体となっている。「Prepared Piano 1.0」は、映画音楽の琴線に触れるようなドラマと、ビデオゲーム音楽のダイナミックな短編物語や不気味の谷のような合成楽器を、ハイパーデジタルな電子テクスチャーのバーストで曇らせたものだ。

Marc Junkerのリード楽器としてのピアノの扱いは、しばしば1つのコンポジションの中で、さまざまな役割を果たしている。何層にも重なった子音グリッチのループがミックスのエッジを螺旋状に回り、瑞々しいメロディーのパッセージがシネマティックな壮大さへと膨らみ、不協和音の挿入が破裂して聴き手を乖離した道へと導く。Marc Junkerは、ジョン・ケージのプリペアド・ピアノの実験やハウシュカのネオクラシカル・ピアノのスケッチからの影響を挙げている。これらの先達は、Marc Junkerの繰り返される曲線的なピアノの形や、ハート・オン・スリーヴのメロディーの構成に現れており、また、無調への回り道や、ピアノをその音符を生み出すのと同様にそのテクスチャーの能力で評価される生の打楽器として扱う瞬間にも現れている。Marc Junkerは「Prepared Piano 1.0」でミニチュアを制作しており、10曲中6曲が2分未満である。Marc Junkerは、ビデオゲームの作曲家がゲームの実行時間中に各トラックを無限にループさせるように準備するように、各ミニ・ストーリーに十分なひねりを詰め込み、繰り返しのループに耐えられるようなしなやかな弧を形成している。ゲーム音楽作曲家たちのプレイステーション時代の作品のように、ユンカーは合成オーケストラ楽器の可能性を弄ぶことに喜びを感じている。ヴィブラフォン、オルゴール、ヴァイオリンのパッセージが主役となり、オーケストラの弦楽器セクションは、ピアノのアルペジオのネットワークを背景にコード進行で流れていく。現代のリスナーは、特に喚起的な楽曲を「まだ存在しないビデオゲームや映画のサウンドトラック」と早合点するが、「Prepared Piano 1.0」はその区別に抵抗する。それは、それ自身のための音楽として存在し、私たちの心の目に情景を思い浮かべることができるのと同じくらい簡単に、ヘッドフォンの空虚な回想の中で花開くことができる。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Doom Trip releases available at Tobira.

----------------------

Cassette in norelco case. Edition of 100. Full-color 5-panel J-cards.

Tracklist:

  1. Arrangement 1112 03:27
  2. Finding Your Way 03:56
  3. Beyond 01:27
  4. ~(crashed)~ 02:02
  5. Maeve 01:10
  6. Skeuomorph 01:44
  7. Wind Theme 01:10
  8. Pour You 03:03
  9. Sea of Clouds 01:34
  10. Extremities 01:42

++

Doom Trip:

"Vancouver-based composer Marc Junker presents his debut release in the Doom Trip catalog with "Prepared Piano 1.0," a collection of meticulously sculpted miniatures that foreground his varied piano performances against webs of high-fidelity sound design. While Junker’s music under the moniker R23X, along with that project’s frequent collaborations with Chicago-based artist Equip, find him exploring the traditions of video game music and vaporous sample manipulation, his work under his given name highlights his forays into film scoring and orchestral composition. In truth, all these disciplines are inextricably linked throughout his work, regardless of moniker. "Prepared Piano 1.0" welds the heart-string tugging drama of film music to the dynamic short-form narratives and uncanny valley synthetic instrumentation of video game music, all frosted with bursts of hyper-digital electronic texture.

Junker’s treatment of the piano as lead instrument manifests in varied roles, often within the space of a single composition: tiers of consonant glitched loops spiral around the edges of the mix; passages of lush melody swell into cinematic grandeur; dissonant interjections burst through and steer listeners down divergent paths. Junker cites the influence of the prepared piano experiments of John Cage and the sweeping neo-classical piano sketches of Hauschka. These forebears appear in Junker’s repeated curlicue piano figures and heart-on-sleeve melodic architectures as much as his detours into atonality and moments that treat the piano as a raw percussion instrument valued as much for its textural capacity as the notes it produces. Junker works in miniature on "Prepared Piano 1.0," with six of its ten tracks clocking in at less than two minutes. Like video game composers prepared for each morsel-sized track to loop endlessly during the game’s runtime, Junker makes sure to cram each mini-narrative with enough twists to form a sinuous arc that can withstand repeated looping, but that can still keep us transfixed with just one playthrough. Like the Playstation-era output of video game composers including Nobuo Uematsu and Yasunori Mitsuda, Junker delights in toying with the potential of synthetic orchestral instruments. Passages of vibraphone, music box, and violin take lead roles in his compositions, while orchestral string sections flow through chord progressions against networks of piano arpeggios. While modern listeners can be quick to identify a particularly evocative piece of music as a “soundtrack to a video game or movie that doesn’t exist yet,” "Prepared Piano 1.0" resists that distinction. It exists as music for its own sake, capable of flourishing in a vacuum of headphone reverie as easily as it can conjure scenes in our mind’s eye."

Artist : Marc Junker

Label : Doom Trip

※11/23のTobira Instore Showcaseに出演します

カナダ・バンクーバーのネオクラシカル作家Marc Junker aka R23Xが、2023年4月にアメリカ・LAのオールジャンルレーベルDoom Tripから100本限定でリリースしたカセットです。

ピアノをメインソースにしたネオクラシカル・アンビエント〜コンテンポラリー10曲を収録。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"カナダ・バンクーバーを拠点に活動する作曲家Marc Junkerが、Doom Tripのカタログにデビュー作『Prepared Piano 1.0』を発表した。Marc JunkerのR23Xという名義での音楽や、シカゴを拠点に活動するアーティスト、Equipとの頻繁なコラボレーションでは、ビデオゲーム音楽の伝統やヴェイパーなサンプル・マニピュレーションを探求しているが、本名名義での作品では、映画音楽の作曲やオーケストラのコンポジションへの進出を強調している。実のところ、これらの分野はすべて、名義に関係なく、彼の作品を通して表裏一体となっている。「Prepared Piano 1.0」は、映画音楽の琴線に触れるようなドラマと、ビデオゲーム音楽のダイナミックな短編物語や不気味の谷のような合成楽器を、ハイパーデジタルな電子テクスチャーのバーストで曇らせたものだ。

Marc Junkerのリード楽器としてのピアノの扱いは、しばしば1つのコンポジションの中で、さまざまな役割を果たしている。何層にも重なった子音グリッチのループがミックスのエッジを螺旋状に回り、瑞々しいメロディーのパッセージがシネマティックな壮大さへと膨らみ、不協和音の挿入が破裂して聴き手を乖離した道へと導く。Marc Junkerは、ジョン・ケージのプリペアド・ピアノの実験やハウシュカのネオクラシカル・ピアノのスケッチからの影響を挙げている。これらの先達は、Marc Junkerの繰り返される曲線的なピアノの形や、ハート・オン・スリーヴのメロディーの構成に現れており、また、無調への回り道や、ピアノをその音符を生み出すのと同様にそのテクスチャーの能力で評価される生の打楽器として扱う瞬間にも現れている。Marc Junkerは「Prepared Piano 1.0」でミニチュアを制作しており、10曲中6曲が2分未満である。Marc Junkerは、ビデオゲームの作曲家がゲームの実行時間中に各トラックを無限にループさせるように準備するように、各ミニ・ストーリーに十分なひねりを詰め込み、繰り返しのループに耐えられるようなしなやかな弧を形成している。ゲーム音楽作曲家たちのプレイステーション時代の作品のように、ユンカーは合成オーケストラ楽器の可能性を弄ぶことに喜びを感じている。ヴィブラフォン、オルゴール、ヴァイオリンのパッセージが主役となり、オーケストラの弦楽器セクションは、ピアノのアルペジオのネットワークを背景にコード進行で流れていく。現代のリスナーは、特に喚起的な楽曲を「まだ存在しないビデオゲームや映画のサウンドトラック」と早合点するが、「Prepared Piano 1.0」はその区別に抵抗する。それは、それ自身のための音楽として存在し、私たちの心の目に情景を思い浮かべることができるのと同じくらい簡単に、ヘッドフォンの空虚な回想の中で花開くことができる。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Doom Trip releases available at Tobira.

----------------------

Cassette in norelco case. Edition of 100. Full-color 5-panel J-cards.

Tracklist:

  1. Arrangement 1112 03:27
  2. Finding Your Way 03:56
  3. Beyond 01:27
  4. ~(crashed)~ 02:02
  5. Maeve 01:10
  6. Skeuomorph 01:44
  7. Wind Theme 01:10
  8. Pour You 03:03
  9. Sea of Clouds 01:34
  10. Extremities 01:42

++

Doom Trip:

"Vancouver-based composer Marc Junker presents his debut release in the Doom Trip catalog with "Prepared Piano 1.0," a collection of meticulously sculpted miniatures that foreground his varied piano performances against webs of high-fidelity sound design. While Junker’s music under the moniker R23X, along with that project’s frequent collaborations with Chicago-based artist Equip, find him exploring the traditions of video game music and vaporous sample manipulation, his work under his given name highlights his forays into film scoring and orchestral composition. In truth, all these disciplines are inextricably linked throughout his work, regardless of moniker. "Prepared Piano 1.0" welds the heart-string tugging drama of film music to the dynamic short-form narratives and uncanny valley synthetic instrumentation of video game music, all frosted with bursts of hyper-digital electronic texture.

Junker’s treatment of the piano as lead instrument manifests in varied roles, often within the space of a single composition: tiers of consonant glitched loops spiral around the edges of the mix; passages of lush melody swell into cinematic grandeur; dissonant interjections burst through and steer listeners down divergent paths. Junker cites the influence of the prepared piano experiments of John Cage and the sweeping neo-classical piano sketches of Hauschka. These forebears appear in Junker’s repeated curlicue piano figures and heart-on-sleeve melodic architectures as much as his detours into atonality and moments that treat the piano as a raw percussion instrument valued as much for its textural capacity as the notes it produces. Junker works in miniature on "Prepared Piano 1.0," with six of its ten tracks clocking in at less than two minutes. Like video game composers prepared for each morsel-sized track to loop endlessly during the game’s runtime, Junker makes sure to cram each mini-narrative with enough twists to form a sinuous arc that can withstand repeated looping, but that can still keep us transfixed with just one playthrough. Like the Playstation-era output of video game composers including Nobuo Uematsu and Yasunori Mitsuda, Junker delights in toying with the potential of synthetic orchestral instruments. Passages of vibraphone, music box, and violin take lead roles in his compositions, while orchestral string sections flow through chord progressions against networks of piano arpeggios. While modern listeners can be quick to identify a particularly evocative piece of music as a “soundtrack to a video game or movie that doesn’t exist yet,” "Prepared Piano 1.0" resists that distinction. It exists as music for its own sake, capable of flourishing in a vacuum of headphone reverie as easily as it can conjure scenes in our mind’s eye."

Artist : Marc Junker

Label : Doom Trip