• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Macronympha // Unreleased Material 92-93 TAPE

Macronympha // Unreleased Material 92-93 TAPE

¥1,500
  • Availability:

アメリカの大御所ノイズ作家Macronymphaが、2023年2月に西宮の実験レーベルAdvaita Recordsから150本限定でリリースしたカセットです。以下、レーベルによる解説です。

USハーシュノイズの歴史において最も重要なグループMacronymphaの初期未発表音源をリリースいたします。

数年前、私はAUBEのマスターテープを探すために中嶋さんのアーカイブを探索していると、タバコのヤニで茶色く汚れたMacronympha - Unreleased Materialと書かれたカセットを発見し、その内容の素晴らしさに感嘆した。
このカセットがこのまま埋もれていくのはあまりにも惜しいと思い、Joseph Roemerとコンタクトをとって確認してもらったところ、これらがいまだに未発表のマテリアルで92年から93年にかけてのWRCTラジオ局のクレイジーなライブやイベントでのライブ音源をミックスした作品であることが分かりました。

A面で聴くことができる異なった音源を左右のパンに振りまわしながら縦横無尽にMixさせる独特の手法は、この時期にMacronymphaのサウンドの特徴で、B面ではよりブーストされた重厚なハーシュサウンドがあなたの鼓膜を襲うことになるでしょう。

カバーはカセットケースに透明プリント、透明フィルム、紙のジャケットが組み合わさること完成する3層構造。
80年代の伝説的なカセットデッキNakamichi ZX-7でダビングしています。
 

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Advaita Records releases available at Tobira.

----------------------

Advaita:

"We are proud to release these previously unreleased early recordings of Macronympha, the most important group in the history of US harsh noise.

Several years ago, while searching Nakajima-san's archives for AUBE master tapes, I came across a stained brown with cigarette tar cassette labeled Macronympha - Unreleased Material, and marveled at its contents.
I thought it was too good to let the cassettes sit buried, so I contacted Joseph Roemer to confirm that these were still unreleased material, a mix of live material from WRCT radio station crazy show and other live recording in '92-'93.

The unique technique of mixing the different sources heard on side A, swinging them around from left to right pan in all directions, is characteristic of Macronympha's sound during this period, and the B-side will assault your eardrums with a more boosted, heavy harsh sound.

The cover is made up of three layers, completed by the combination of transparent print sticker on the cassette case , transparent film, and paper jacket.
It is duplicated on the legendary Nakamichi ZX-7 cassette deck from the 80s."

Artist : Macronympha

Label : advaita records

アメリカの大御所ノイズ作家Macronymphaが、2023年2月に西宮の実験レーベルAdvaita Recordsから150本限定でリリースしたカセットです。以下、レーベルによる解説です。

USハーシュノイズの歴史において最も重要なグループMacronymphaの初期未発表音源をリリースいたします。

数年前、私はAUBEのマスターテープを探すために中嶋さんのアーカイブを探索していると、タバコのヤニで茶色く汚れたMacronympha - Unreleased Materialと書かれたカセットを発見し、その内容の素晴らしさに感嘆した。
このカセットがこのまま埋もれていくのはあまりにも惜しいと思い、Joseph Roemerとコンタクトをとって確認してもらったところ、これらがいまだに未発表のマテリアルで92年から93年にかけてのWRCTラジオ局のクレイジーなライブやイベントでのライブ音源をミックスした作品であることが分かりました。

A面で聴くことができる異なった音源を左右のパンに振りまわしながら縦横無尽にMixさせる独特の手法は、この時期にMacronymphaのサウンドの特徴で、B面ではよりブーストされた重厚なハーシュサウンドがあなたの鼓膜を襲うことになるでしょう。

カバーはカセットケースに透明プリント、透明フィルム、紙のジャケットが組み合わさること完成する3層構造。
80年代の伝説的なカセットデッキNakamichi ZX-7でダビングしています。
 

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Advaita Records releases available at Tobira.

----------------------

Advaita:

"We are proud to release these previously unreleased early recordings of Macronympha, the most important group in the history of US harsh noise.

Several years ago, while searching Nakajima-san's archives for AUBE master tapes, I came across a stained brown with cigarette tar cassette labeled Macronympha - Unreleased Material, and marveled at its contents.
I thought it was too good to let the cassettes sit buried, so I contacted Joseph Roemer to confirm that these were still unreleased material, a mix of live material from WRCT radio station crazy show and other live recording in '92-'93.

The unique technique of mixing the different sources heard on side A, swinging them around from left to right pan in all directions, is characteristic of Macronympha's sound during this period, and the B-side will assault your eardrums with a more boosted, heavy harsh sound.

The cover is made up of three layers, completed by the combination of transparent print sticker on the cassette case , transparent film, and paper jacket.
It is duplicated on the legendary Nakamichi ZX-7 cassette deck from the 80s."

Artist : Macronympha

Label : advaita records