• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Loren Rush // Omaggio a Giuseppe Ungaretti CD

Loren Rush // Omaggio a Giuseppe Ungaretti CD

  • Availability:

1950年代後半からRobert EricksonやPauline Oliverosなどの作曲家とともに活躍し、1970年にはスタンフォード大学のCenter for Computer Research in Music and Acousticsを設立した音楽家Loren Rushの最新作です。昨年発表したアルバムではオーケストラでの演奏を中心としていましたが、本作ではよりミニマルな形態をとっています。以下、レーベル解説です。

作曲家Loren Rush(1935年生)のRecitalでの第2弾「Omaggio a Giuseppe Ungaretti」は、昨年のLP「Dans le Sable」のオーケストラの壮大さと、ジャストイントネーションのピアノ即興演奏の清らかさが対比的な作品です。1950年代後半からベイエリアのニューミュージック・シーンでテリー・ライリー、ロバート・エリクソン、ポーリーン・オリヴェロスらとともに活躍し、1975年にはスタンフォード大学の音楽・音響コンピューター研究センターを共同設立しています。彼の音楽は、ボストン交響楽団、ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団、サンフランシスコ交響楽団などで演奏されている。ラッシュの作曲はほとんど出版されていませんが、数十年にわたり仲間や同僚から深い尊敬を集めています。

このアルバムは、ジュゼッペ・ウンガレッティ(1888年エジプト-1970年イタリア)が第一次世界大戦の塹壕の中で書いた詩集「L'allegria(喜び、1914-1919)」の詩から直接インスピレーションを受けています。この過酷な年月、ウンガレッティは想像できる最も美しいイメージを作り出し、それ以前のアレクサンドリアやパリでの経験を思い出すことによって自分の人間性を維持しようと苦闘しています。このように、彼はイタリア詩に革命を起こすとともに、美の創造が最も効果的な生命維持手段であり、政治的主張であることを証明しました。 


ヴェグリア(夜警)

一晩中
同志の傍らに置かれ
虐殺された
彼の唸る口は
満月に向けられた

私の沈黙の中で
私は愛に満ちた手紙を書きました

これほど生命に固執したことはない。

Rushのメランコリックな前奏曲は、作曲家とアルフレッド・オーウェンズがグッドサウンド財団で開発したジャスト・イントネーションのエンハンスト・ピアノで処理されています。このプロセスは、知覚された共鳴、サスティーン、色彩、表現力を電子的に強化し、向上させるものである。ジャストイントネーションとは、自然振動モードである倍音列の整数比に音程を合わせることで、最大レベルの協和音と共鳴を実現する調律法を指す。この組曲は、ウンガレッティの "私は私を照らす、広大な "という厳しい言葉を反映した、絹のような室内楽曲「マティーナ(朝)」で締めくくられています。ヴァイオリンとチェロが加わることで、聴き手は恐怖と美の空間に長く身を置くことができます。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Recital releases available at Tobira. 

--------------------------

Edition of 200.

Recital:

"Omaggio a Giuseppe Ungaretti, the second Recital album of composer Loren Rush (b. 1935), contrasts the orchestral grandeur of last year’s LP Dans le Sable with plaintive just intonation piano improvisations. Loren Rush has been active in the Bay Area new music scene since the late 1950s alongside composers such as Terry Riley, Robert Erickson, and Pauline Oliveros, and also co-founded Stanford University’s Center for Computer Research in Music and Acoustics in 1975. His music has been performed by the Boston Symphony Orchestra, the New York Philharmonic Orchestra, and the San Francisco Symphony Orchestra. Though few of Rush’s compositions have been published, he has garnered deep respect from his peers and colleagues over the decades.

The album is directly inspired by poems from “L’allegria” (The Joy, 1914-1919), the collection of poetry by Giuseppe Ungaretti (1888, Egypt – 1970, Italy) written in the trenches of World War I. During these brutal years Ungaretti struggled to maintain his humanity by creating the most beautiful images he could imagine and by recalling experiences of his earlier life in Alexandria and Paris. By this, he both revolutionized Italian poetry and demonstrated that the creation of beauty is a most effective life preserver and political statement.  


Veglia (Night Watch)

An entire night
cast beside a comrade
massacred,
his snarling mouth
turned to the full moon 

In my silence
I have written letters full of love

Never have I held so fast to life.

Rush’s melancholy preludes are treated with The Enhanced Piano in Just Intonation, developed at Good Sound Foundation by the composer and Alfred Owens. The process electronically enhances and increases perceived resonance, sustaining, coloristic and expressive capabilities. Just intonation describes a system of tuning in which the greatest level of consonance and resonance is achieved by adjusting intervals to the whole-number ratios of the harmonic series, the natural mode of vibration. The suite concludes with the silken chamber piece Mattina (Morning), reflecting Ungaretti’s stark words, “I illumine me, with immensity.” The addition of violin and cello suspends the listener in a prolonged space of dread and beauty.
 "

Artist : Loren Rush

Label : Recital

1950年代後半からRobert EricksonやPauline Oliverosなどの作曲家とともに活躍し、1970年にはスタンフォード大学のCenter for Computer Research in Music and Acousticsを設立した音楽家Loren Rushの最新作です。昨年発表したアルバムではオーケストラでの演奏を中心としていましたが、本作ではよりミニマルな形態をとっています。以下、レーベル解説です。

作曲家Loren Rush(1935年生)のRecitalでの第2弾「Omaggio a Giuseppe Ungaretti」は、昨年のLP「Dans le Sable」のオーケストラの壮大さと、ジャストイントネーションのピアノ即興演奏の清らかさが対比的な作品です。1950年代後半からベイエリアのニューミュージック・シーンでテリー・ライリー、ロバート・エリクソン、ポーリーン・オリヴェロスらとともに活躍し、1975年にはスタンフォード大学の音楽・音響コンピューター研究センターを共同設立しています。彼の音楽は、ボストン交響楽団、ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団、サンフランシスコ交響楽団などで演奏されている。ラッシュの作曲はほとんど出版されていませんが、数十年にわたり仲間や同僚から深い尊敬を集めています。

このアルバムは、ジュゼッペ・ウンガレッティ(1888年エジプト-1970年イタリア)が第一次世界大戦の塹壕の中で書いた詩集「L'allegria(喜び、1914-1919)」の詩から直接インスピレーションを受けています。この過酷な年月、ウンガレッティは想像できる最も美しいイメージを作り出し、それ以前のアレクサンドリアやパリでの経験を思い出すことによって自分の人間性を維持しようと苦闘しています。このように、彼はイタリア詩に革命を起こすとともに、美の創造が最も効果的な生命維持手段であり、政治的主張であることを証明しました。 


ヴェグリア(夜警)

一晩中
同志の傍らに置かれ
虐殺された
彼の唸る口は
満月に向けられた

私の沈黙の中で
私は愛に満ちた手紙を書きました

これほど生命に固執したことはない。

Rushのメランコリックな前奏曲は、作曲家とアルフレッド・オーウェンズがグッドサウンド財団で開発したジャスト・イントネーションのエンハンスト・ピアノで処理されています。このプロセスは、知覚された共鳴、サスティーン、色彩、表現力を電子的に強化し、向上させるものである。ジャストイントネーションとは、自然振動モードである倍音列の整数比に音程を合わせることで、最大レベルの協和音と共鳴を実現する調律法を指す。この組曲は、ウンガレッティの "私は私を照らす、広大な "という厳しい言葉を反映した、絹のような室内楽曲「マティーナ(朝)」で締めくくられています。ヴァイオリンとチェロが加わることで、聴き手は恐怖と美の空間に長く身を置くことができます。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Recital releases available at Tobira. 

--------------------------

Edition of 200.

Recital:

"Omaggio a Giuseppe Ungaretti, the second Recital album of composer Loren Rush (b. 1935), contrasts the orchestral grandeur of last year’s LP Dans le Sable with plaintive just intonation piano improvisations. Loren Rush has been active in the Bay Area new music scene since the late 1950s alongside composers such as Terry Riley, Robert Erickson, and Pauline Oliveros, and also co-founded Stanford University’s Center for Computer Research in Music and Acoustics in 1975. His music has been performed by the Boston Symphony Orchestra, the New York Philharmonic Orchestra, and the San Francisco Symphony Orchestra. Though few of Rush’s compositions have been published, he has garnered deep respect from his peers and colleagues over the decades.

The album is directly inspired by poems from “L’allegria” (The Joy, 1914-1919), the collection of poetry by Giuseppe Ungaretti (1888, Egypt – 1970, Italy) written in the trenches of World War I. During these brutal years Ungaretti struggled to maintain his humanity by creating the most beautiful images he could imagine and by recalling experiences of his earlier life in Alexandria and Paris. By this, he both revolutionized Italian poetry and demonstrated that the creation of beauty is a most effective life preserver and political statement.  


Veglia (Night Watch)

An entire night
cast beside a comrade
massacred,
his snarling mouth
turned to the full moon 

In my silence
I have written letters full of love

Never have I held so fast to life.

Rush’s melancholy preludes are treated with The Enhanced Piano in Just Intonation, developed at Good Sound Foundation by the composer and Alfred Owens. The process electronically enhances and increases perceived resonance, sustaining, coloristic and expressive capabilities. Just intonation describes a system of tuning in which the greatest level of consonance and resonance is achieved by adjusting intervals to the whole-number ratios of the harmonic series, the natural mode of vibration. The suite concludes with the silken chamber piece Mattina (Morning), reflecting Ungaretti’s stark words, “I illumine me, with immensity.” The addition of violin and cello suspends the listener in a prolonged space of dread and beauty.
 "

Artist : Loren Rush

Label : Recital