• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Josh Mason // An Anxious Host LP

Josh Mason // An Anxious Host LP

  • Availability:

過去にFlorabelleやDauw、自身主宰Sunshine Ltd.などから発表しているアメリカ・フロリダのアンビエント作家Josh Masonが、2023年8月に同国アンビエントレーベルStudents of Decayからリリースしたレコードです。

マイクロスコピックなアンビエント11曲を収録。

※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡ください

以下、レーベルによる解説です。

"2010年代初頭から、Josh MasonはFlorabelle、Dauw、Longform Editions、そして引退したSunshine Ltd.などのレーベルからレコーディングを発表し、魅惑的なディスコグラフィーを徐々に蓄積してきた。エレクトリックギターであれモジュラーシンセサイザーであれ、Josh Masonは意図性、優しさ、細部への鋭い耳をもって音楽に取り組み、類まれな不朽の作品を生み出している。

彼の職人的な技術へのアプローチと回路設計への狂信的な興味は、2021年の『Utility Music』で結実した。この本/CDプロジェクトは、Doepfer A-100 Eurorackシステムの1年にわたる探求を記録し、解き明かすという困難なものだ。このようなプロジェクトが皮肉なのは、アカデミックなテクニックとシンセシス技術が彼の活動の原動力になっているとリスナーを思わせるかもしれないが、現実にはそれは物語の一部に過ぎないということだ。Josh Masonの音楽を聴いていると、優れた小説家のように、彼は登場人物を本当に大切にしているように感じられる。登場人物は、古風なウェーブテーブル・オシレーター、特異なフィルター、粉砕されたサンプル、エキゾチックなノイズ・ソースのテクスチャーや音色という形をとっている。

『An Anxious Host』は、Josh Masonのカタログの中でも極めて重要なリリースのように感じられる。2019年の『Coquina Dose』以来のヴァイナル作品であり、彼が制作したアルバムの中で最も簡潔で力強い作品かもしれない。トラックタイトルは演劇の舞台演出のように機能し、謀略家、夢想家、迷える魂が登場するぼんやりとした映画のような物語を暗示する。Josh Masonの作品ではいつもそうだが、場所が最も重要であり、このレコードはフロリダ州の湿度、暖かさ、そして「終着駅」らしさを徹底的に表現している。船酔いのようなうねりと沈んだメロディー、沼のようなスパッタリングループ、音の漂流物が一緒になって流れ出し、リスナーに「浸かっておいで」と手招きしている。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Students of Decay releases available at Tobira. 

----------------------------

Edition of 300. 12" black vinyl. 

Tracklist:

  1. An anxious host is described 02:34
  2. A grift is detailed 02:46
  3. One man's trash is another man's garbage 03:30
  4. Skull of Cortázar 04:15
  5. The aftermath of post office arson is described 04:54
  6. The sunken cost is detailed 03:18
  7. Goes reptile 03:23
  8. The other side of the coin of the confession of the medievalist 03:30
  9. Cart dog 03:44
  10. Tired to the bone 03:24
  11. Spanish House is described 03:37

Students of Decay:

"Since the early 2010s, Josh Mason has slowly amassed an enchanting discography, publishing recordings on labels such as Florabelle, Dauw, Longform Editions, and his retired Sunshine Ltd. imprint. Whether focusing on electric guitar or modular synthesizer, Mason approaches his music with intentionality, tenderness, and a keen ear for detail, resulting in an exceptional and enduring oeuvre.

His workmanlike approach to craft and monomaniacal interest in circuit design culminated in 2021’s “Utility Music,” a daunting book/CD project that documents and unpacks a yearlong exploration of a Doepfer A-100 Eurorack system. The irony of such a project is that it might lead listeners to believe that academic technique and synthesis technology are the animating principles of his practice, but the reality is that this is only part of the story. Listening to Mason’s music, one gets the sense that, like a good novelist, he truly cares about his characters, which take the forms of the textures and timbres of archaic wavetable oscillators, idiosyncratic filters, pulverized samples, and exotic noise sources.

“An Anxious Host” feels like a pivotal release in Mason’s catalog. It’s his first vinyl outing since 2019’s astounding “Coquina Dose,” and it may be the most succinct and potent album he’s made. The track titles function like stage directions in a play, intimating a hazy, filmic narrative populated by schemers, dreamers, and lost souls. As ever with Mason’s work, place is paramount, and this record is thoroughly shot through with the humidity, warmth, and “end of the line”-ness of the state of Florida. Seasick swells and sunken melodies; swampy, sputtering loops; sonic flotsam pooling together and flowing out, beckoning the listener to come have a soak. "

Artist : Josh Mason

Label : Students of Decay

過去にFlorabelleやDauw、自身主宰Sunshine Ltd.などから発表しているアメリカ・フロリダのアンビエント作家Josh Masonが、2023年8月に同国アンビエントレーベルStudents of Decayからリリースしたレコードです。

マイクロスコピックなアンビエント11曲を収録。

※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡ください

以下、レーベルによる解説です。

"2010年代初頭から、Josh MasonはFlorabelle、Dauw、Longform Editions、そして引退したSunshine Ltd.などのレーベルからレコーディングを発表し、魅惑的なディスコグラフィーを徐々に蓄積してきた。エレクトリックギターであれモジュラーシンセサイザーであれ、Josh Masonは意図性、優しさ、細部への鋭い耳をもって音楽に取り組み、類まれな不朽の作品を生み出している。

彼の職人的な技術へのアプローチと回路設計への狂信的な興味は、2021年の『Utility Music』で結実した。この本/CDプロジェクトは、Doepfer A-100 Eurorackシステムの1年にわたる探求を記録し、解き明かすという困難なものだ。このようなプロジェクトが皮肉なのは、アカデミックなテクニックとシンセシス技術が彼の活動の原動力になっているとリスナーを思わせるかもしれないが、現実にはそれは物語の一部に過ぎないということだ。Josh Masonの音楽を聴いていると、優れた小説家のように、彼は登場人物を本当に大切にしているように感じられる。登場人物は、古風なウェーブテーブル・オシレーター、特異なフィルター、粉砕されたサンプル、エキゾチックなノイズ・ソースのテクスチャーや音色という形をとっている。

『An Anxious Host』は、Josh Masonのカタログの中でも極めて重要なリリースのように感じられる。2019年の『Coquina Dose』以来のヴァイナル作品であり、彼が制作したアルバムの中で最も簡潔で力強い作品かもしれない。トラックタイトルは演劇の舞台演出のように機能し、謀略家、夢想家、迷える魂が登場するぼんやりとした映画のような物語を暗示する。Josh Masonの作品ではいつもそうだが、場所が最も重要であり、このレコードはフロリダ州の湿度、暖かさ、そして「終着駅」らしさを徹底的に表現している。船酔いのようなうねりと沈んだメロディー、沼のようなスパッタリングループ、音の漂流物が一緒になって流れ出し、リスナーに「浸かっておいで」と手招きしている。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Students of Decay releases available at Tobira. 

----------------------------

Edition of 300. 12" black vinyl. 

Tracklist:

  1. An anxious host is described 02:34
  2. A grift is detailed 02:46
  3. One man's trash is another man's garbage 03:30
  4. Skull of Cortázar 04:15
  5. The aftermath of post office arson is described 04:54
  6. The sunken cost is detailed 03:18
  7. Goes reptile 03:23
  8. The other side of the coin of the confession of the medievalist 03:30
  9. Cart dog 03:44
  10. Tired to the bone 03:24
  11. Spanish House is described 03:37

Students of Decay:

"Since the early 2010s, Josh Mason has slowly amassed an enchanting discography, publishing recordings on labels such as Florabelle, Dauw, Longform Editions, and his retired Sunshine Ltd. imprint. Whether focusing on electric guitar or modular synthesizer, Mason approaches his music with intentionality, tenderness, and a keen ear for detail, resulting in an exceptional and enduring oeuvre.

His workmanlike approach to craft and monomaniacal interest in circuit design culminated in 2021’s “Utility Music,” a daunting book/CD project that documents and unpacks a yearlong exploration of a Doepfer A-100 Eurorack system. The irony of such a project is that it might lead listeners to believe that academic technique and synthesis technology are the animating principles of his practice, but the reality is that this is only part of the story. Listening to Mason’s music, one gets the sense that, like a good novelist, he truly cares about his characters, which take the forms of the textures and timbres of archaic wavetable oscillators, idiosyncratic filters, pulverized samples, and exotic noise sources.

“An Anxious Host” feels like a pivotal release in Mason’s catalog. It’s his first vinyl outing since 2019’s astounding “Coquina Dose,” and it may be the most succinct and potent album he’s made. The track titles function like stage directions in a play, intimating a hazy, filmic narrative populated by schemers, dreamers, and lost souls. As ever with Mason’s work, place is paramount, and this record is thoroughly shot through with the humidity, warmth, and “end of the line”-ness of the state of Florida. Seasick swells and sunken melodies; swampy, sputtering loops; sonic flotsam pooling together and flowing out, beckoning the listener to come have a soak. "

Artist : Josh Mason

Label : Students of Decay