• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Joseph Nechvatal // The Viral Tempest 2xLP+BOOKLET

Joseph Nechvatal // The Viral Tempest 2xLP+BOOKLET

  • Availability:

アメリカのポストコンセプチュアル・デジタルアーティストJoseph Nechvatalが、2023年1月に同国シカゴの実験レーベルPentimentsからリリースした2枚組レコードです。フルカラーのブックレットとDLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。

"ポストコンセプチュアルアーティストであり作家でもあるJoseph Nechvatalの最新オーディオ作品2枚組LP『The Viral Tempest』を発表することを光栄に思っています。Andrew Deutschとのコラボレーションによる最初の作品「OrlandO et la tempete viral symphOny redux suite」は、ヴァージニア・ウルフの「Orlando」を匿名で読んだものを、2006年の作品「viral symphOny: the enthrOning」の第1楽章の、ウイルスをモデルにした人工生命のオーディオ素材を再生させる音の特徴として使っています。第2曲目のpour finir avec le jugement de dieu viral symphOny plagueは、第1曲目の兄弟組曲として、代わりにAntonin Artaudのラジオ劇To Have Done with the Judgement of Godの録音パフォーマンスを、Nechvatalが分解、錯綜、織りなす新しい素材、根本的に変化した素材として彼のviral symphOnyという生きた織物に使用する音響図形として使用しています。

ネクヴァタルのオリジナルのウイルスシンフォニーレコーディングは、オープンエンドなプロセスとデトリタルダイナミズムへの没入に関する先行声明として参照することができますが、この兄弟の組曲は、これらのオーディオ組曲と対になる一連のウイルスモデルの生命絵画、そして一般的には彼のノイズアートの哲学において顕著に特徴づけられる、このダイナミックな空間におけるアイデンティティと形象のリゾーム的再認識について、より明確に理解することができます.ウルフやアルトーの脱主体化された主題を、混沌としたウイルス・エネルギーの超個人的で無限の空間に折り込むことは、ネクヴァタルの言葉を借りれば、「最も重要な特徴の一つは、振動する覆いのフィールド内に存在を包み込むという感覚であるが、絡み合ったエンボス加工の覆いは、閉じた、決まりきった、視覚・音声信号とは対立し、開かれた活気の中に我々を再定位する」プロセスと慣習を反映しているのです。ウールフィアンのオーランドというキャラクターと、彼/彼女の男/女という超自然的な条件によって呼び起こされたジェンダーの流動性という特別な問題は、ネクヴァタルが社会と環境の嵐の中で受け入れ、さらに強化する補足的な感覚的材料に姿を変えています。

ラディカルな流動性と内在性、そして器官を持たないドロイゾグアタリアンの身体に対するノイズ指向の再考への傾倒は、相対化された強度のリレー、速度と影響の変化、言語と記号の創造的・破壊的再構成、様々なジャンル(話し言葉、コンピュータ音楽、ノイズ、シューゲイズ、環境)への移行などに満ちた作品の、より直接的な音の特徴を同様に忠実に描写しているのです。ネクヴァタルは、オーディオ、ビジュアル、テキスト作品のこのような無数の相乗効果を通して、文化的・政治的なものと感覚的なものの間の不安定な関係を理論化し、経験する新しい、より拡大した方法を見る者に提示することを最終的に目指しています。それは、結束した忠誠によって還元、解析、成文化するのではなく、想像的喜びによって困惑させ問題化することを選択したものです。私は、直感に反して、文化的なノイズのスタイルこそ、今日必要なアートであると考えるようになりました。それは、すぐに読み取れるスペクタクルの必要性に屈しないからです。実際、それは芸術の抵抗の責任を回復させます。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Pentiments releases available at Tobira. 

--------------------------------

Includes DL code.
Edition of 200. 
Comes in a full color gatefold jacket.
Includes a 11x11" 12-page full color exhibition catalog documenting the paintings featured in Nechvatal's 2020 Orlando et la tempête art exhibition at Galerie Richard (Paris) + 8.5x11" insert featuring an interview with Nechvatal by S.K.G. Noise Admiration regarding his art of noise philosophy. 

++

Text by Pentiments:

" In tandem with our publishing of his decades-spanning cassette retrospective Selected Sound Works (1981-2021), Pentiments is honored to present The Viral Tempest, a double LP collection of two recent audio works by post-conceptual artist and writer Joseph Nechvatal. The first piece in collaboration with Andrew Deutsch, OrlandO et la tempete viral symphOny redux suite, uses an anonymous reading of Virginia Woolf's Orlando as a type of recurring sonic signature around which the virus-modeled artificial life audio material from the first movement of Nechvatal’s 2006 piece viral symphOny: the enthrOning is reanimated. The second piece, pour finir avec le jugement de dieu viral symphOny plague, serves as a brother suite to the first and instead uses Antonin Artaud's controversial recorded performance of his radio play To Have Done with the Judgement of God as the sonic figure which Nechvatal deconstructs, convolutes and weaves as a new and radically transformed material into the returning living fabric of his viral symphOny.

While one can refer to Nechvatal's original viral symphOny recordings as a preceding statement on open-ended process and immersion into detrital dynamism, this pair of sibling suites can be understood more specifically as elaborating on the rhizomatic re-conceptualizations of identity and figuration within this dynamic space that feature prominently in the series of virus modeled a-life paintings paired with these audio suites and, generally, in his philosophy of noise art. The folding of the de-subjectified subjects of Woolf and Artaud into a supra-individual, boundless space of chaotic viral energy reflects a process and practice wherein, to quote Nechvatal, "one of the most important characteristics [. . .] is its sense of encompassing being within a field of vibratory enshrouding—but an intertwined embossed shrouding that places being at odds with closed, cliché, visual-audio signals and resituates us within open vibrancy." The particular matter of gender fluidity, invoked by the Woolfian character of Orlando and his/her preternatural condition of man-become-woman, is transfigured into supplementary sensual material which Nechvatal embraces and intensifies further within the context of societal and environmental storms, for in his words, "Storms have no gender and mean full-blown fluidity."

A turn towards radical flux and immanence and a noise-oriented rethinking of the Deleuzoguattarian body without organs describes just as faithfully the more immediate sonic character of the works, replete as they are with relays of relativized intensities, variations in speed and affect, creative-destructive reconfigurations of language and signs, the passing through of various genre-becomings (spoken word, computer music, noise, shoegaze, ambient), and so on. Through this teeming synergy of his audio, visual and textual works, Nechvatal ultimately aims to present the beholder with a new and more expansive way of theorizing and experiencing the fraught relationship between the cultural-political and the sensate, one that chooses to perplex and problematize with imaginative pleasure rather than reduce, parse and codify through cohesive allegiances. As he writes, 'I have come, counter-intuitively, to see the style of cultural noise as the necessary art of today—precisely because it does not cave into the supposed need for immediately legible spectacle. Indeed, it restores art's responsibility of resistance.'"

Artist : Joseph Nechvatal

Label : Pentiments

+ -

アメリカのポストコンセプチュアル・デジタルアーティストJoseph Nechvatalが、2023年1月に同国シカゴの実験レーベルPentimentsからリリースした2枚組レコードです。フルカラーのブックレットとDLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。

"ポストコンセプチュアルアーティストであり作家でもあるJoseph Nechvatalの最新オーディオ作品2枚組LP『The Viral Tempest』を発表することを光栄に思っています。Andrew Deutschとのコラボレーションによる最初の作品「OrlandO et la tempete viral symphOny redux suite」は、ヴァージニア・ウルフの「Orlando」を匿名で読んだものを、2006年の作品「viral symphOny: the enthrOning」の第1楽章の、ウイルスをモデルにした人工生命のオーディオ素材を再生させる音の特徴として使っています。第2曲目のpour finir avec le jugement de dieu viral symphOny plagueは、第1曲目の兄弟組曲として、代わりにAntonin Artaudのラジオ劇To Have Done with the Judgement of Godの録音パフォーマンスを、Nechvatalが分解、錯綜、織りなす新しい素材、根本的に変化した素材として彼のviral symphOnyという生きた織物に使用する音響図形として使用しています。

ネクヴァタルのオリジナルのウイルスシンフォニーレコーディングは、オープンエンドなプロセスとデトリタルダイナミズムへの没入に関する先行声明として参照することができますが、この兄弟の組曲は、これらのオーディオ組曲と対になる一連のウイルスモデルの生命絵画、そして一般的には彼のノイズアートの哲学において顕著に特徴づけられる、このダイナミックな空間におけるアイデンティティと形象のリゾーム的再認識について、より明確に理解することができます.ウルフやアルトーの脱主体化された主題を、混沌としたウイルス・エネルギーの超個人的で無限の空間に折り込むことは、ネクヴァタルの言葉を借りれば、「最も重要な特徴の一つは、振動する覆いのフィールド内に存在を包み込むという感覚であるが、絡み合ったエンボス加工の覆いは、閉じた、決まりきった、視覚・音声信号とは対立し、開かれた活気の中に我々を再定位する」プロセスと慣習を反映しているのです。ウールフィアンのオーランドというキャラクターと、彼/彼女の男/女という超自然的な条件によって呼び起こされたジェンダーの流動性という特別な問題は、ネクヴァタルが社会と環境の嵐の中で受け入れ、さらに強化する補足的な感覚的材料に姿を変えています。

ラディカルな流動性と内在性、そして器官を持たないドロイゾグアタリアンの身体に対するノイズ指向の再考への傾倒は、相対化された強度のリレー、速度と影響の変化、言語と記号の創造的・破壊的再構成、様々なジャンル(話し言葉、コンピュータ音楽、ノイズ、シューゲイズ、環境)への移行などに満ちた作品の、より直接的な音の特徴を同様に忠実に描写しているのです。ネクヴァタルは、オーディオ、ビジュアル、テキスト作品のこのような無数の相乗効果を通して、文化的・政治的なものと感覚的なものの間の不安定な関係を理論化し、経験する新しい、より拡大した方法を見る者に提示することを最終的に目指しています。それは、結束した忠誠によって還元、解析、成文化するのではなく、想像的喜びによって困惑させ問題化することを選択したものです。私は、直感に反して、文化的なノイズのスタイルこそ、今日必要なアートであると考えるようになりました。それは、すぐに読み取れるスペクタクルの必要性に屈しないからです。実際、それは芸術の抵抗の責任を回復させます。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Pentiments releases available at Tobira. 

--------------------------------

Includes DL code.
Edition of 200. 
Comes in a full color gatefold jacket.
Includes a 11x11" 12-page full color exhibition catalog documenting the paintings featured in Nechvatal's 2020 Orlando et la tempête art exhibition at Galerie Richard (Paris) + 8.5x11" insert featuring an interview with Nechvatal by S.K.G. Noise Admiration regarding his art of noise philosophy. 

++

Text by Pentiments:

" In tandem with our publishing of his decades-spanning cassette retrospective Selected Sound Works (1981-2021), Pentiments is honored to present The Viral Tempest, a double LP collection of two recent audio works by post-conceptual artist and writer Joseph Nechvatal. The first piece in collaboration with Andrew Deutsch, OrlandO et la tempete viral symphOny redux suite, uses an anonymous reading of Virginia Woolf's Orlando as a type of recurring sonic signature around which the virus-modeled artificial life audio material from the first movement of Nechvatal’s 2006 piece viral symphOny: the enthrOning is reanimated. The second piece, pour finir avec le jugement de dieu viral symphOny plague, serves as a brother suite to the first and instead uses Antonin Artaud's controversial recorded performance of his radio play To Have Done with the Judgement of God as the sonic figure which Nechvatal deconstructs, convolutes and weaves as a new and radically transformed material into the returning living fabric of his viral symphOny.

While one can refer to Nechvatal's original viral symphOny recordings as a preceding statement on open-ended process and immersion into detrital dynamism, this pair of sibling suites can be understood more specifically as elaborating on the rhizomatic re-conceptualizations of identity and figuration within this dynamic space that feature prominently in the series of virus modeled a-life paintings paired with these audio suites and, generally, in his philosophy of noise art. The folding of the de-subjectified subjects of Woolf and Artaud into a supra-individual, boundless space of chaotic viral energy reflects a process and practice wherein, to quote Nechvatal, "one of the most important characteristics [. . .] is its sense of encompassing being within a field of vibratory enshrouding—but an intertwined embossed shrouding that places being at odds with closed, cliché, visual-audio signals and resituates us within open vibrancy." The particular matter of gender fluidity, invoked by the Woolfian character of Orlando and his/her preternatural condition of man-become-woman, is transfigured into supplementary sensual material which Nechvatal embraces and intensifies further within the context of societal and environmental storms, for in his words, "Storms have no gender and mean full-blown fluidity."

A turn towards radical flux and immanence and a noise-oriented rethinking of the Deleuzoguattarian body without organs describes just as faithfully the more immediate sonic character of the works, replete as they are with relays of relativized intensities, variations in speed and affect, creative-destructive reconfigurations of language and signs, the passing through of various genre-becomings (spoken word, computer music, noise, shoegaze, ambient), and so on. Through this teeming synergy of his audio, visual and textual works, Nechvatal ultimately aims to present the beholder with a new and more expansive way of theorizing and experiencing the fraught relationship between the cultural-political and the sensate, one that chooses to perplex and problematize with imaginative pleasure rather than reduce, parse and codify through cohesive allegiances. As he writes, 'I have come, counter-intuitively, to see the style of cultural noise as the necessary art of today—precisely because it does not cave into the supposed need for immediately legible spectacle. Indeed, it restores art's responsibility of resistance.'"

Artist : Joseph Nechvatal

Label : Pentiments