• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
John McGuire // Vanishing Points / A Cappella LP

John McGuire // Vanishing Points / A Cappella LP

  • Availability:

アメリカの大御所ミニマル作家John McGuireが、2023年10月にリリースした再発レコードです。

『Vanishing Points』(1985-1988)と『A Cappella』(1990-1997)の2曲を収録。DLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。

"1970年代半ばに作曲したPulse Musicにおいて、作曲家John McGuireはヨーロッパ・シリアリズムのユニークな解釈を打ち出した。カールハインツ・シュトックハウゼン、クシシュトフ・ペンデレツキ、ゴットフリート・ミヒャエル・ケーニッヒの弟子であったJohn McGuireは、1970年にドイツのケルンに移り、ケルンの西ドイツ放送(WDR)にある世界最先端の電子音楽スタジオと関わるようになった。シュトックハウゼンと同様、John McGuireもまた、自分の音楽的想像力が、利用可能なテクノロジーによって制約されると同時に、インスパイアされていることに気づいたのである。

彫刻家ハンス・カール・ブルゲフとの会話が、John McGuireを地平線の彼方、無限の空間へと向かわせた。『Vanishing Points』(1985-1988)では、John McGuireは初めて完全なデジタルセットアップを使用した。デジタルシーケンサー、8台のヤマハDX-7シンセサイザー、スチューダー24トラック・デジタル・テープレコーダーである。この作品は、『パルス・ミュージック』シリーズの「続編」として構想されたが、同時に『パルス・ミュージック』シリーズからの一歩でもあった。パルス・ミュージック』シリーズが安定したパルスの流れを採用していたのに対し、『Vanishing Points』』ではパルスのレイヤーが互いに加速したり減速したりすることで、リズムの複雑さが格段に増している。

1983年に録音されたモートン・フェルドマンの『Three Voices』で知られる妻でソプラノ歌手のベス・グリフィスのために書かれた『A Cappella』(1990-1997)でも、John McGuireの音楽技術の探求は続いている。サンプルを使って4声の合唱団を作り、相互作用するパートにアレンジした。シンセサイザー音の精密さに比べ、人間の声は有機的であるため、作曲は難題に直面した。このプロセスには、徹底的な編集と、"素材 "と "オリジナルの構想 "との間の交渉が必要だった。このような交渉は、一曲の作曲にも、20年にわたる作品にも当てはまる。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Unseen Worlds releases available at Tobira. 

----------------------------

12" black vinyl. Includes DL code.

Tracklist:

  1. Vanishing Points 26:00
  2. A Cappella 23:30

Unseen Worlds:

"In his “Pulse Music” compositions of the mid-1970s, composer John McGuire forged a unique interpretation of European serialism. A student of Karlheinz Stockhausen, Krzysztof Penderecki and Gottfried Michael Koenig, McGuire moved to Cologne, Germany in 1970, where he become associated with the world-leading Studio for Electronic Music at Westdeutscher Rundfunk (WDR) in Cologne. Like Stockhausen, McGuire found his musical imagination both constrained and inspired by the technology that was available to him.

A conversation with sculptor Hans Karl Burgeff led McGuire to think beyond the horizon and into limitless space. For “Vanishing Points” (1985–1988), McGuire used an entirely digital set-up for the first time: a digital sequencer, eight Yamaha DX-7 synthesizers and a Studer 24-track digital tape recorder. The piece was conceived as a “sequel” to the Pulse Music series, but also a step forward from it. Whereas the Pulse Music pieces had employed steady streams of pulses, with Vanishing Points McGuire employed pulse layers that accelerate or decelerate against one another, vastly increasing the resulting rhythmic complexity.

McGuire's exploration of music technology continued in “A Cappella” (1990–1997), written for his wife, the soprano Beth Griffith, known for her recording of Morton Feldman’s “Three Voices” made in 1983. Using samples, he created a four-voice choir of voice samples and arranged them into interacting parts. The composition faced challenges due to the organic nature of the human voice compared to the precision of synthesized sounds. This process involved extensive editing and a negotiation between the "material" and the "original conception". This sort of negotiation applies as much to the composition of a single piece as it does to the work of two decades. "

Artist : John McGuire

Label : Unseen Worlds

+ -

アメリカの大御所ミニマル作家John McGuireが、2023年10月にリリースした再発レコードです。

『Vanishing Points』(1985-1988)と『A Cappella』(1990-1997)の2曲を収録。DLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。

"1970年代半ばに作曲したPulse Musicにおいて、作曲家John McGuireはヨーロッパ・シリアリズムのユニークな解釈を打ち出した。カールハインツ・シュトックハウゼン、クシシュトフ・ペンデレツキ、ゴットフリート・ミヒャエル・ケーニッヒの弟子であったJohn McGuireは、1970年にドイツのケルンに移り、ケルンの西ドイツ放送(WDR)にある世界最先端の電子音楽スタジオと関わるようになった。シュトックハウゼンと同様、John McGuireもまた、自分の音楽的想像力が、利用可能なテクノロジーによって制約されると同時に、インスパイアされていることに気づいたのである。

彫刻家ハンス・カール・ブルゲフとの会話が、John McGuireを地平線の彼方、無限の空間へと向かわせた。『Vanishing Points』(1985-1988)では、John McGuireは初めて完全なデジタルセットアップを使用した。デジタルシーケンサー、8台のヤマハDX-7シンセサイザー、スチューダー24トラック・デジタル・テープレコーダーである。この作品は、『パルス・ミュージック』シリーズの「続編」として構想されたが、同時に『パルス・ミュージック』シリーズからの一歩でもあった。パルス・ミュージック』シリーズが安定したパルスの流れを採用していたのに対し、『Vanishing Points』』ではパルスのレイヤーが互いに加速したり減速したりすることで、リズムの複雑さが格段に増している。

1983年に録音されたモートン・フェルドマンの『Three Voices』で知られる妻でソプラノ歌手のベス・グリフィスのために書かれた『A Cappella』(1990-1997)でも、John McGuireの音楽技術の探求は続いている。サンプルを使って4声の合唱団を作り、相互作用するパートにアレンジした。シンセサイザー音の精密さに比べ、人間の声は有機的であるため、作曲は難題に直面した。このプロセスには、徹底的な編集と、"素材 "と "オリジナルの構想 "との間の交渉が必要だった。このような交渉は、一曲の作曲にも、20年にわたる作品にも当てはまる。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Unseen Worlds releases available at Tobira. 

----------------------------

12" black vinyl. Includes DL code.

Tracklist:

  1. Vanishing Points 26:00
  2. A Cappella 23:30

Unseen Worlds:

"In his “Pulse Music” compositions of the mid-1970s, composer John McGuire forged a unique interpretation of European serialism. A student of Karlheinz Stockhausen, Krzysztof Penderecki and Gottfried Michael Koenig, McGuire moved to Cologne, Germany in 1970, where he become associated with the world-leading Studio for Electronic Music at Westdeutscher Rundfunk (WDR) in Cologne. Like Stockhausen, McGuire found his musical imagination both constrained and inspired by the technology that was available to him.

A conversation with sculptor Hans Karl Burgeff led McGuire to think beyond the horizon and into limitless space. For “Vanishing Points” (1985–1988), McGuire used an entirely digital set-up for the first time: a digital sequencer, eight Yamaha DX-7 synthesizers and a Studer 24-track digital tape recorder. The piece was conceived as a “sequel” to the Pulse Music series, but also a step forward from it. Whereas the Pulse Music pieces had employed steady streams of pulses, with Vanishing Points McGuire employed pulse layers that accelerate or decelerate against one another, vastly increasing the resulting rhythmic complexity.

McGuire's exploration of music technology continued in “A Cappella” (1990–1997), written for his wife, the soprano Beth Griffith, known for her recording of Morton Feldman’s “Three Voices” made in 1983. Using samples, he created a four-voice choir of voice samples and arranged them into interacting parts. The composition faced challenges due to the organic nature of the human voice compared to the precision of synthesized sounds. This process involved extensive editing and a negotiation between the "material" and the "original conception". This sort of negotiation applies as much to the composition of a single piece as it does to the work of two decades. "

Artist : John McGuire

Label : Unseen Worlds