• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Jan Jelinek // SEASCAPE - polyptych LP

Jan Jelinek // SEASCAPE - polyptych LP

  • Availability:

ドイツ・ベルリンの実験音楽家Jan Jelinekが、2023年4月にベルリンの実験レーベルFaiticheからリリースしたレコードです。

メディアアートのサウンドトラックとして制作したコラージュ〜コラージュ・アンビエント10曲を収録。

 以下、レーベルによる解説です。

"映画史上、最も悪名高い憎悪の権化の一人が、ジョン・ヒューストン監督の1956年の名作『モビーディック』のエイハブ船長です。彼の狂気的な独白は、何世代にもわたって視聴者に魔法をかけました。ベルリンを拠点に活動する音楽家でサウンドアーティストのJan Jelinekは、このエイハブの声を楽器に変身させました。

Faiticheでは、2022年にカナダのニューメディアアーティストClive Holdenと共同開発したオーディオビジュアルソフトウェア「SEASCAPE - polyptych」のためのJan Jelinekのサウンドトラックを紹介します。
『SEASCAPE - polyptych』は、『モビーディック』の画像と音響のソースをベースにしています。Holdenがフィルムシーケンスの操作に取り組む一方で、Jan Jelinekのサウンドトラックではエイハブの声が中心的な役割を担っています。船長のスピーチのダイナミックなボリュームとトーンは、エイハブの声を10の抽象的なサウンドスケープに変えるシンセサイザーシステムを制御します。

この作品では、声は衝動を与え、物事をコントロールしますが、私たちが耳にするのは話し言葉の音そのものではありません。時折、音節や音を認識できるような音声の断片が聞こえるだけです。その代わり、ヒスノイズやサウンドスケープ、噴出する音で構成されたコンポジションが聞こえてきます。雰囲気は暗く、不吉なものです。しかし、どの曲も明確な音の構造を持っており、分かりやすいドラマチックな構成に則っています。この音楽は抽象的であるが、圧倒されることはありません。それどころか、SEASCAPE - polyptychは、リスナーに対して、音の流れに身を任せるようにと誘っています。

メディアアート作品の一部ではありますが、このサウンドトラックは、このような接続の上部構造なしで楽しむことができます。何の予備知識もなく楽しめるのです。しかし、シンセサイザーのネットワークを制御しているのが人間の声の音波であることを知ったら、どうなるのでしょうか。

エイハブが聴きたいなら、すべての音の断片からエイハブの合唱が聴こえるはずです。サブリミナル的な脅迫と、呪術的なエイハブ。そして、手下に鞭を打ち、共に破滅に向かうエイハブ。荘厳な「今、岸壁で、待ち、見ている」、圧迫感のある「渦の中心に向かって引き寄せられる」、これらはすべて音楽であり、音の言説です。"

--------------------------------------

12" black vinyl. 

Faitiche:

"One of the most notorious hatemongers in movie history is Captain Ahab from John Huston’s 1956 classic Moby Dick. His manic monologues cast a spell on generations of viewers. Berlin based musician and sound artist Jan Jelinek has now turned the voice of Ahab into a musical instrument. 

Faitiche presents Jan Jelinek's soundtrack for SEASCAPE – polyptych, an audio-visual software developed in collaboration with Canadian new media artist Clive Holden in 2022.
SEASCAPE – polyptych is based on image and acoustic source material from Moby Dick. While Holden works on manipulating film sequences, the voice of Ahab plays a central role in Jan Jelinek’s soundtrack. The dynamic volume and tone of the captain's speech control a synthesizer system that turns Ahab's voice into ten abstract soundscapes.

In this production the voice gives the impulse and controls things but is not the sound of spoken word itself that we hear. Only occasionally can snippets of speech be heard so that syllables or sounds are recognisable. Instead we hear compositions made of hissing, soundscapes and eruptive sounds. The atmosphere is dark and sinister. Still every piece has a clear sonic structure and follows an understandable dramatic composition. This music is abstract but not overwhelming. Quite the opposite, SEASCAPE – polyptych is an invitation to listeners to let themselves be carried by the stream of sonic events.
 
Although part of a media art work, the soundtrack can be enjoyed without any of this connecting superstructure. It works with no previous knowledge. But what happens when one does know that it’s the sonic waves of a human voice that is controlling a network of synthesizers?

If you want to hear Ahab, you will hear a choir of Ahabs in every piece of sound. The subliminal threatening as well as the conjuring Ahab. Finally the Ahab who whips up his crew and tears them with him into their downfall. The majestic „on the quay now, waiting and watching“, the oppressive “drawn towards the whirlpools center” - they are all music as well as sonic discourse.
 "
 

Artist : Jan Jelinek

Label : Faitiche

ドイツ・ベルリンの実験音楽家Jan Jelinekが、2023年4月にベルリンの実験レーベルFaiticheからリリースしたレコードです。

メディアアートのサウンドトラックとして制作したコラージュ〜コラージュ・アンビエント10曲を収録。

 以下、レーベルによる解説です。

"映画史上、最も悪名高い憎悪の権化の一人が、ジョン・ヒューストン監督の1956年の名作『モビーディック』のエイハブ船長です。彼の狂気的な独白は、何世代にもわたって視聴者に魔法をかけました。ベルリンを拠点に活動する音楽家でサウンドアーティストのJan Jelinekは、このエイハブの声を楽器に変身させました。

Faiticheでは、2022年にカナダのニューメディアアーティストClive Holdenと共同開発したオーディオビジュアルソフトウェア「SEASCAPE - polyptych」のためのJan Jelinekのサウンドトラックを紹介します。
『SEASCAPE - polyptych』は、『モビーディック』の画像と音響のソースをベースにしています。Holdenがフィルムシーケンスの操作に取り組む一方で、Jan Jelinekのサウンドトラックではエイハブの声が中心的な役割を担っています。船長のスピーチのダイナミックなボリュームとトーンは、エイハブの声を10の抽象的なサウンドスケープに変えるシンセサイザーシステムを制御します。

この作品では、声は衝動を与え、物事をコントロールしますが、私たちが耳にするのは話し言葉の音そのものではありません。時折、音節や音を認識できるような音声の断片が聞こえるだけです。その代わり、ヒスノイズやサウンドスケープ、噴出する音で構成されたコンポジションが聞こえてきます。雰囲気は暗く、不吉なものです。しかし、どの曲も明確な音の構造を持っており、分かりやすいドラマチックな構成に則っています。この音楽は抽象的であるが、圧倒されることはありません。それどころか、SEASCAPE - polyptychは、リスナーに対して、音の流れに身を任せるようにと誘っています。

メディアアート作品の一部ではありますが、このサウンドトラックは、このような接続の上部構造なしで楽しむことができます。何の予備知識もなく楽しめるのです。しかし、シンセサイザーのネットワークを制御しているのが人間の声の音波であることを知ったら、どうなるのでしょうか。

エイハブが聴きたいなら、すべての音の断片からエイハブの合唱が聴こえるはずです。サブリミナル的な脅迫と、呪術的なエイハブ。そして、手下に鞭を打ち、共に破滅に向かうエイハブ。荘厳な「今、岸壁で、待ち、見ている」、圧迫感のある「渦の中心に向かって引き寄せられる」、これらはすべて音楽であり、音の言説です。"

--------------------------------------

12" black vinyl. 

Faitiche:

"One of the most notorious hatemongers in movie history is Captain Ahab from John Huston’s 1956 classic Moby Dick. His manic monologues cast a spell on generations of viewers. Berlin based musician and sound artist Jan Jelinek has now turned the voice of Ahab into a musical instrument. 

Faitiche presents Jan Jelinek's soundtrack for SEASCAPE – polyptych, an audio-visual software developed in collaboration with Canadian new media artist Clive Holden in 2022.
SEASCAPE – polyptych is based on image and acoustic source material from Moby Dick. While Holden works on manipulating film sequences, the voice of Ahab plays a central role in Jan Jelinek’s soundtrack. The dynamic volume and tone of the captain's speech control a synthesizer system that turns Ahab's voice into ten abstract soundscapes.

In this production the voice gives the impulse and controls things but is not the sound of spoken word itself that we hear. Only occasionally can snippets of speech be heard so that syllables or sounds are recognisable. Instead we hear compositions made of hissing, soundscapes and eruptive sounds. The atmosphere is dark and sinister. Still every piece has a clear sonic structure and follows an understandable dramatic composition. This music is abstract but not overwhelming. Quite the opposite, SEASCAPE – polyptych is an invitation to listeners to let themselves be carried by the stream of sonic events.
 
Although part of a media art work, the soundtrack can be enjoyed without any of this connecting superstructure. It works with no previous knowledge. But what happens when one does know that it’s the sonic waves of a human voice that is controlling a network of synthesizers?

If you want to hear Ahab, you will hear a choir of Ahabs in every piece of sound. The subliminal threatening as well as the conjuring Ahab. Finally the Ahab who whips up his crew and tears them with him into their downfall. The majestic „on the quay now, waiting and watching“, the oppressive “drawn towards the whirlpools center” - they are all music as well as sonic discourse.
 "
 

Artist : Jan Jelinek

Label : Faitiche