• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Gibraltar Drakus // Hommage A Zanzibar LP / TAPE

Gibraltar Drakus // Hommage A Zanzibar LP / TAPE

  • Availability:

カメルーン・ヤウンデのビクツィ作家Gibraltar Drakusが、2023年8月にリリースした再発アルバムです。(オリジナルは1989年リリース)

以下、レーベルによる解説です。

"Gibraltar Drakusは、海賊版が横行していたにもかかわらず10万枚以上を売り上げたファースト・アルバム『Hommage A Zanzibar』(1989年)から文字通り爆発的な人気を得た。このアルバムのレコーディングのために、Gibraltar Drakusは多作なプロデューサーのミスティック・ジムにレコーディングとミックスを依頼した。この時期のGibraltar Drakusの他のバンドはレ・マルティアンだったが、リーダーの不仲によりアルバムには参加していない。彼はミスティック・ジムの助言と勧めで、レコーディングのためにバンドメンバーを変更し、ソロ・ギターにシンバ・ダニエル・エブーサ、リズム・ギターにピエロ・アヘノ、ベースにジャン=ポール・リシェを迎えた。

音楽的な革新は、ギターのインタープレイとオーケストレーションの規律にあり、その結果、クロス・リズム・ハーモニーの気の遠くなるような時計仕掛けが生まれた。いくつかの点で崇高なこの音楽は、体操的な実行の中で驚くほどリラックスしている。彼は、有名なレ・ベテラン、ザンジバル、メッシ・マーティンの感性の中間に位置するサウンドを目指した。彼はザンジバルとメッシ・マーティンの作品を多く手がけ、その2人のおかげでビクティとベティの音楽にどっぷりと浸かることができた。「作曲の仕方を教えてくれたのはザンジバルだし、音楽的にもザンジバルから多くを学んだ。美しい曲を作曲するための手法やその他のアプローチについて、私たちは夜を徹して研究した。今の自分の半分はザンジバルのおかげなんだ!"

レコーディング当時、彼は非常に若く、当時の多くのビクーツィ・アーティストよりもずっと若かった。彼はレ・テット・ブリュレやレ・マルティアンのバンド仲間に、違ったタイプのエネルギーを見せて喜んでいたという。前者は、有名なデビュー・ヨーロッパ・ツアー(クレール・ドゥニの映画『Man No Run』で不朽の名作となった)から彼を遠ざけた。グループでの活動に不満を抱いていた彼に、ソロ・アーティストとしての知名度を上げる場を提供したにもかかわらず、インター・ディフュージョン・システムズとの付き合いは失望に終わった。このレーベルは、『Hommage A Zanzibar』とその後のアルバム『Zobiakkk』からの印税を彼に支払うことはなかった。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Awesome Tapes From Africa releases available at Tobira.

----------------------

Available as 12" black vinyl or cassette.

Tracklist:

  1. N'nom Wom (Mon Époux)
  2. Exode Rural
  3. O Zanzibar
  4. Mekeya A Dzal (Retour Au Village)

Text excerpt from essay by Awesome Tapes From Africa:

"...Gibraltar Drakus literally exploded from his first album Hommage A Zanzibar (1989), which sold over 100,000 copies despite rampant piracy. For the recording, Drakus made sure he engaged prolific producer Mystic Jim to record and mix the album. Drakus’ other band during that period was Les Martiens but due to leadership disagreements they didn’t play on the album. He was advised and encouraged by Mystic Jim to change band personnel for the recording and work with Simba Daniel Evoussa on solo guitar, Pierrot Ahenot on rhythm guitar and Jean-Paul Litché on bass.

The innovation musically rests both within the guitar interplay and the discipline in the orchestration, which result in a mind-bending clockwork of cross-rhythmic harmony. Sublime on several levels the music is remarkably relaxed in its gymnastic execution. He aimed for the sound to exist somewhere between the sensibilities of the famous Les Veterans, Zanzibar and Messi Martin. He had worked a lot of Zanzibar and Messi Martin, both of whom allowed him to fully immerse himself in bikutsi and Beti music. “Zanzibar is the one who taught me how to compose a song, and I learned a lot from Zanzibar musically. We spent whole nights working on methods and other approaches to compose beautiful songs. I owe half of everything I have today to Zanzibar!”

He was quite young at the time of the recording, much younger than most bikutsi artists of the era. He brought a different type of energy, he says, and that was something he relished showing his bandmates in Les Têtes Brûlées and Les Martiens. The former sidelined him from their famous debut European tour (immortalized in the Claire Denis film Man No Run), as he was too young and should finish school, they told him. Despite providing him a place to increase his visibility as a solo artist while he was frustrated with his groups, his association with Inter Diffusion Systems ended in disappointment. The label never paid him royalties from Hommage A Zanzibar and a later album Zobiakkk..."

Artist : Gibraltar Drakus

Label : Awesome Tapes From Africa

カメルーン・ヤウンデのビクツィ作家Gibraltar Drakusが、2023年8月にリリースした再発アルバムです。(オリジナルは1989年リリース)

以下、レーベルによる解説です。

"Gibraltar Drakusは、海賊版が横行していたにもかかわらず10万枚以上を売り上げたファースト・アルバム『Hommage A Zanzibar』(1989年)から文字通り爆発的な人気を得た。このアルバムのレコーディングのために、Gibraltar Drakusは多作なプロデューサーのミスティック・ジムにレコーディングとミックスを依頼した。この時期のGibraltar Drakusの他のバンドはレ・マルティアンだったが、リーダーの不仲によりアルバムには参加していない。彼はミスティック・ジムの助言と勧めで、レコーディングのためにバンドメンバーを変更し、ソロ・ギターにシンバ・ダニエル・エブーサ、リズム・ギターにピエロ・アヘノ、ベースにジャン=ポール・リシェを迎えた。

音楽的な革新は、ギターのインタープレイとオーケストレーションの規律にあり、その結果、クロス・リズム・ハーモニーの気の遠くなるような時計仕掛けが生まれた。いくつかの点で崇高なこの音楽は、体操的な実行の中で驚くほどリラックスしている。彼は、有名なレ・ベテラン、ザンジバル、メッシ・マーティンの感性の中間に位置するサウンドを目指した。彼はザンジバルとメッシ・マーティンの作品を多く手がけ、その2人のおかげでビクティとベティの音楽にどっぷりと浸かることができた。「作曲の仕方を教えてくれたのはザンジバルだし、音楽的にもザンジバルから多くを学んだ。美しい曲を作曲するための手法やその他のアプローチについて、私たちは夜を徹して研究した。今の自分の半分はザンジバルのおかげなんだ!"

レコーディング当時、彼は非常に若く、当時の多くのビクーツィ・アーティストよりもずっと若かった。彼はレ・テット・ブリュレやレ・マルティアンのバンド仲間に、違ったタイプのエネルギーを見せて喜んでいたという。前者は、有名なデビュー・ヨーロッパ・ツアー(クレール・ドゥニの映画『Man No Run』で不朽の名作となった)から彼を遠ざけた。グループでの活動に不満を抱いていた彼に、ソロ・アーティストとしての知名度を上げる場を提供したにもかかわらず、インター・ディフュージョン・システムズとの付き合いは失望に終わった。このレーベルは、『Hommage A Zanzibar』とその後のアルバム『Zobiakkk』からの印税を彼に支払うことはなかった。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Awesome Tapes From Africa releases available at Tobira.

----------------------

Available as 12" black vinyl or cassette.

Tracklist:

  1. N'nom Wom (Mon Époux)
  2. Exode Rural
  3. O Zanzibar
  4. Mekeya A Dzal (Retour Au Village)

Text excerpt from essay by Awesome Tapes From Africa:

"...Gibraltar Drakus literally exploded from his first album Hommage A Zanzibar (1989), which sold over 100,000 copies despite rampant piracy. For the recording, Drakus made sure he engaged prolific producer Mystic Jim to record and mix the album. Drakus’ other band during that period was Les Martiens but due to leadership disagreements they didn’t play on the album. He was advised and encouraged by Mystic Jim to change band personnel for the recording and work with Simba Daniel Evoussa on solo guitar, Pierrot Ahenot on rhythm guitar and Jean-Paul Litché on bass.

The innovation musically rests both within the guitar interplay and the discipline in the orchestration, which result in a mind-bending clockwork of cross-rhythmic harmony. Sublime on several levels the music is remarkably relaxed in its gymnastic execution. He aimed for the sound to exist somewhere between the sensibilities of the famous Les Veterans, Zanzibar and Messi Martin. He had worked a lot of Zanzibar and Messi Martin, both of whom allowed him to fully immerse himself in bikutsi and Beti music. “Zanzibar is the one who taught me how to compose a song, and I learned a lot from Zanzibar musically. We spent whole nights working on methods and other approaches to compose beautiful songs. I owe half of everything I have today to Zanzibar!”

He was quite young at the time of the recording, much younger than most bikutsi artists of the era. He brought a different type of energy, he says, and that was something he relished showing his bandmates in Les Têtes Brûlées and Les Martiens. The former sidelined him from their famous debut European tour (immortalized in the Claire Denis film Man No Run), as he was too young and should finish school, they told him. Despite providing him a place to increase his visibility as a solo artist while he was frustrated with his groups, his association with Inter Diffusion Systems ended in disappointment. The label never paid him royalties from Hommage A Zanzibar and a later album Zobiakkk..."

Artist : Gibraltar Drakus

Label : Awesome Tapes From Africa