• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Frederik Croene // Solastalgia LP

Frederik Croene // Solastalgia LP

  • Availability:

ベルギーのピアニストFrederik Croeneが、2022年9月に同国実験レーベルCortizonaから400部限定でリリースしたレコードです。

気候変動をコンセプトにしたピアノコンテンポラリー4曲を収録。DLコード付属。

以下、作家本人による解説です。

気候変動の心配な兆候について語り合う言葉を、私たちはまだ見つけられていないのです。8月のはじめに紅葉の上を歩いていて不安になるのは、ごく普通のことでしょう。でも、それをどうやって伝えればいいのでしょう?私たちは、ヒステリックな狂信者になりたくないのです。

私はこの音楽で、気候の痛みそのものに焦点を当て、リスナーが潜在的に感じている不安や環境に対する懸念の高まりを探るよう、やさしく誘うことを試みています。現実の世界と同じように、私たちは現実の問題を回避しています。

このアルバムでは、4つの異なる試みによって、最終的に私たち全員をつなぐことになる、より深い痛みについてのコミュニケーションへの道を切り開こうとしています。私の一般的な手法は、偽りのノスタルジアに満ちた心地よいメロディーから始まり、自爆モードにギアチェンジした後、痛々しいクエスチョンマークに変化していくものです。

最初のパートは、繰り返される音符を伴った牧歌的なメロディーで始まり、遠くでミュートされたアラームのエコーのようになります。そのメロディーは、ラヴェルの「夜のガスパール」のような高音域の不協和音の旋律へと痛烈に説明され始めます。

2曲目ではビートルズのような暖かいメロディー(And I love her)が、後のレノンの曲のような奇妙なヒッピーのマントラと対決しています。文章は音節に還元され、その結果、あまりの意味の重さにクラッシュして震える孤独な音になります。ショスタコーヴィチの最新作、ヴィオラとピアノのためのソナタのように。

バッハのErbarme dich, Mein Gottの下降旋律は、第3曲の上下のヴォイシングに響き、エンニオ・モリコーネらしい、脅威のウェスタン・ドットのリズム伴奏と並置されます。このリズムはやがて、1972年のキャプテン・ビーフハートの初期エコロジー警告歌Blabber and Smoke(大きな窓ガラスがある/あなたの窓に痛みがある、それはあなたたちを吊るすつもりだ、... あなたたちをぶら下げる)を引用するように発展していきます。

曲の中盤では、音楽が爆発し、3つのレイヤーがキーボードの上に散らばり、別の痛みを伴う疑問符に向かって名人芸のような大渦巻きを繰り広げます。

RZAのアルバム「Liquid Swords」の最初の音を引用しているのが、かろうじて目に付く程度で、苦い答えはビジネスに戻っています。
最後の曲はある種のマントラであり、全編を通して同じ7/4のパルスです。キーボードのAとBのダンパーはミドルペダルによって解放され、常にレゾナンスを維持します。メロディックなセルは、量感を変化させながら、小さな鐘のようなパーカッシブなクラスター演奏と交互に繰り返されます。

この曲を作曲しているとき、日曜日の朝、教会を出て、鐘の音を聞きながら、地元の方言で世間話をする人たちの間を取り持っているイメージが浮かんできました。どうやら私は、このような会話を呼び起こそうとしたようです。しかし、その会話には架空の警戒すべき話題、つまり現代の話題が注入されているのです。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Cortizona releases available at Tobira. 

---------------------------

Includes DL code + insert 

Frederik Croene (August ’22):

We haven’t found them yet, the words to talk to each other about the worrying signs of climate change. Feeling worried when walking on autumn leaves in the beginning of August should be completely normal. But how do we communicate about it? We don’t want to be just the next hysterical doomer.

With this music I try to focus on the climate pain itself, gently inviting the listener to investigate their latent feelings of unease and growing concerns about the environment. As in real life, we circumvent the real issues because they are just too big, there are no words,
no expressions yet.

This album tries, in four different attempts, to carve out a path towards communicating about a deeper pain that eventually will connect us all. My general method is to start with a comforting melody, full of fake nostalgia, which, after changing gear to autodestruct mode, morphs into a painful question mark.

The first part sets off with an idyllic melody, accompanied by repeated notes, as a far, muted echo of an alarm. The melody starts to explain itself painfully into a dissonant whirlwind in the high register, sounding not unlike Ravel’s Gaspard de la Nuit bravura.

In the second piece a warm Beatles like melody (And I love her) gets confronted with the weird hippie mantra of a later Lennon song War is over, if you want it. Sentences get reduced to syllables and result in lonely notes that crash and shiver under the burden of too much meaning. Like Shostakovich’s latest work, the Sonata for viola and piano.

The descending melody of Bach’s Erbarme dich, Mein Gott is echoed in the upper and lower voicings of the third piece, juxtaposed to a typical, threatening Ennio Morricone Western dotted rhythm accompaniment. This rhythm eventually evolves into citing the 1972 Captain Beefheart early ecological warning song Blabber and Smoke (there’s a big pane/pain in your window, it’s gonna hang you all,… dangle you all).

Towards the middle of the piece, the music explodes and the three layers get dispersed all over the keyboard in a virtuosic maelstrom towards another painful question mark.

The bitter answer is going back to business with a barely noticeable citation of the first notes of the RZA’s Liquid Swords album.
The final piece is some kind of mantra, the same 7/4 pulse all throughout the piece. The dampers of all A’s and B’s on the keyboard are released by the middle pedal, thus sustaining an ever present resonance. Melodic cells alternate in shifting quantifications with small, bell like percussive cluster playing.

While composing this piece an image crept up: walking out of the church on Sunday morning, tolling bells enthusiastically moderating the churchgoers’ small talk in the local dialect. Apparently I have tried to evoke this kind of conversation, but injecting it with fictitious alarming conversation topics, the contemporary.

Artist : Frederik Croene 

Label : Cortizona

+ -

ベルギーのピアニストFrederik Croeneが、2022年9月に同国実験レーベルCortizonaから400部限定でリリースしたレコードです。

気候変動をコンセプトにしたピアノコンテンポラリー4曲を収録。DLコード付属。

以下、作家本人による解説です。

気候変動の心配な兆候について語り合う言葉を、私たちはまだ見つけられていないのです。8月のはじめに紅葉の上を歩いていて不安になるのは、ごく普通のことでしょう。でも、それをどうやって伝えればいいのでしょう?私たちは、ヒステリックな狂信者になりたくないのです。

私はこの音楽で、気候の痛みそのものに焦点を当て、リスナーが潜在的に感じている不安や環境に対する懸念の高まりを探るよう、やさしく誘うことを試みています。現実の世界と同じように、私たちは現実の問題を回避しています。

このアルバムでは、4つの異なる試みによって、最終的に私たち全員をつなぐことになる、より深い痛みについてのコミュニケーションへの道を切り開こうとしています。私の一般的な手法は、偽りのノスタルジアに満ちた心地よいメロディーから始まり、自爆モードにギアチェンジした後、痛々しいクエスチョンマークに変化していくものです。

最初のパートは、繰り返される音符を伴った牧歌的なメロディーで始まり、遠くでミュートされたアラームのエコーのようになります。そのメロディーは、ラヴェルの「夜のガスパール」のような高音域の不協和音の旋律へと痛烈に説明され始めます。

2曲目ではビートルズのような暖かいメロディー(And I love her)が、後のレノンの曲のような奇妙なヒッピーのマントラと対決しています。文章は音節に還元され、その結果、あまりの意味の重さにクラッシュして震える孤独な音になります。ショスタコーヴィチの最新作、ヴィオラとピアノのためのソナタのように。

バッハのErbarme dich, Mein Gottの下降旋律は、第3曲の上下のヴォイシングに響き、エンニオ・モリコーネらしい、脅威のウェスタン・ドットのリズム伴奏と並置されます。このリズムはやがて、1972年のキャプテン・ビーフハートの初期エコロジー警告歌Blabber and Smoke(大きな窓ガラスがある/あなたの窓に痛みがある、それはあなたたちを吊るすつもりだ、... あなたたちをぶら下げる)を引用するように発展していきます。

曲の中盤では、音楽が爆発し、3つのレイヤーがキーボードの上に散らばり、別の痛みを伴う疑問符に向かって名人芸のような大渦巻きを繰り広げます。

RZAのアルバム「Liquid Swords」の最初の音を引用しているのが、かろうじて目に付く程度で、苦い答えはビジネスに戻っています。
最後の曲はある種のマントラであり、全編を通して同じ7/4のパルスです。キーボードのAとBのダンパーはミドルペダルによって解放され、常にレゾナンスを維持します。メロディックなセルは、量感を変化させながら、小さな鐘のようなパーカッシブなクラスター演奏と交互に繰り返されます。

この曲を作曲しているとき、日曜日の朝、教会を出て、鐘の音を聞きながら、地元の方言で世間話をする人たちの間を取り持っているイメージが浮かんできました。どうやら私は、このような会話を呼び起こそうとしたようです。しかし、その会話には架空の警戒すべき話題、つまり現代の話題が注入されているのです。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Cortizona releases available at Tobira. 

---------------------------

Includes DL code + insert 

Frederik Croene (August ’22):

We haven’t found them yet, the words to talk to each other about the worrying signs of climate change. Feeling worried when walking on autumn leaves in the beginning of August should be completely normal. But how do we communicate about it? We don’t want to be just the next hysterical doomer.

With this music I try to focus on the climate pain itself, gently inviting the listener to investigate their latent feelings of unease and growing concerns about the environment. As in real life, we circumvent the real issues because they are just too big, there are no words,
no expressions yet.

This album tries, in four different attempts, to carve out a path towards communicating about a deeper pain that eventually will connect us all. My general method is to start with a comforting melody, full of fake nostalgia, which, after changing gear to autodestruct mode, morphs into a painful question mark.

The first part sets off with an idyllic melody, accompanied by repeated notes, as a far, muted echo of an alarm. The melody starts to explain itself painfully into a dissonant whirlwind in the high register, sounding not unlike Ravel’s Gaspard de la Nuit bravura.

In the second piece a warm Beatles like melody (And I love her) gets confronted with the weird hippie mantra of a later Lennon song War is over, if you want it. Sentences get reduced to syllables and result in lonely notes that crash and shiver under the burden of too much meaning. Like Shostakovich’s latest work, the Sonata for viola and piano.

The descending melody of Bach’s Erbarme dich, Mein Gott is echoed in the upper and lower voicings of the third piece, juxtaposed to a typical, threatening Ennio Morricone Western dotted rhythm accompaniment. This rhythm eventually evolves into citing the 1972 Captain Beefheart early ecological warning song Blabber and Smoke (there’s a big pane/pain in your window, it’s gonna hang you all,… dangle you all).

Towards the middle of the piece, the music explodes and the three layers get dispersed all over the keyboard in a virtuosic maelstrom towards another painful question mark.

The bitter answer is going back to business with a barely noticeable citation of the first notes of the RZA’s Liquid Swords album.
The final piece is some kind of mantra, the same 7/4 pulse all throughout the piece. The dampers of all A’s and B’s on the keyboard are released by the middle pedal, thus sustaining an ever present resonance. Melodic cells alternate in shifting quantifications with small, bell like percussive cluster playing.

While composing this piece an image crept up: walking out of the church on Sunday morning, tolling bells enthusiastically moderating the churchgoers’ small talk in the local dialect. Apparently I have tried to evoke this kind of conversation, but injecting it with fictitious alarming conversation topics, the contemporary.

Artist : Frederik Croene 

Label : Cortizona