• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Elisabeth Klinck // Picture a Frame LP [COLOR]

Elisabeth Klinck // Picture a Frame LP [COLOR]

  • Availability:

ベルギーのヴァイオリニストElisabeth Klinckが、2023年6月にスイスの実験レーベルHallow Groundからリリースしたレコードです。

バイオリンによるネオクラシカル・アンビエント〜ドローン8曲を収録。白盤です。DLコード付属。 

"ベルギーの作曲家Elisabeth Klinckのデビュー・アルバム Picture a Frameは、厳格な孤独から生まれたものの、アーティスト Oscar Clausとの緊密な共同作業の成果でもあります。ヴァイオリンのための彼女の作曲を、電子的なサウンドスケープや周囲のフィールド・レコーディングで豊かにすることで、ふたりは従来の時間の枠にとらわれない、独自の特異な空間での芸術的対話に入りました。型にはまらないテクニックを取り入れたKlinckの表現力豊かな演奏が、より大きなものの基礎をなす親密な記録です。

2021年の春、Klinckと Clausは丸一週間、美しい庭園に囲まれた、電気も水道も通っていない廃墟の修道院に滞在しました。その目的は、Klinckの音楽的アイデアをヴァイオリンで録音し、エレクトロニクスと音響空間を実験し、音楽的なレベルでお互いを知ることでした。これは刺激的で深く感動的なプロセスであり、さらなる出発点であることが証明されました。その年の冬、デュオはスペインのピレネー山脈に出かけ、山の上の小さな村にDIYでスタジオを作り、"Picture a Frame "を構成する8曲を録音しました。時間と空間を見失うというアイデアは、これらのレコーディングの中に見出されたテーマです。ふたりは昼夜を問わず、本を読んだり、散歩したり、話をしたり、料理をしたり、そこに住む動物の世話をしたりしましたが、同時に音の実験や即興演奏、フィールド・レコーディングも行いました。

今この瞬間に存在し、周囲の世界とお互いの声に耳を傾けることに深く集中した結果、全人格的な体験が生まれ、それが音楽と音に変換されました。Klinckと Clausは、このアルバムをコラージュであり、暗黙的なものを呼び起こす試みであり、時間と空間を示唆するエッセイであり、互いに深く共鳴し合う2人の穏やかな衝突であると理解しています。それに反論することは不可能ですし、引き込まれないようにするのはさらに難しいです。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hallow Ground releases available at Tobira. 

-------------------------------

12" white vinyl. Includes DL code.

Hallow Ground:

"'Picture a Frame' the debut album by the Belgian composer Elisabeth Klinck, was born out of strict isolation and is nonetheless a result of a collaborative process that saw her working closely with artist Oscar Claus. Enriching her compositions for violin with electronic soundscapes and field recordings from their surroundings, the two entered an artistic dialogue that took place inside its own idiosyncratic space outside of conventional time. It is an intimate record in which Klinck’s expressive playing that incorporates unconventional techniques forms the basis of something much bigger: an invitation to inhabit a specific space at a specific time together with the two of them.

For an entire week in the spring of 2021, Klinck and Claus stayed at an abandoned monastery surrounded by beautiful gardens, but with no power or running water. The intention was to record some of Klinck’s musical ideas on violin, experiment with electronics and acoustic spaces and to get to know each other on a musical level. This proved to be an inspiring and deeply moving process—and the starting point for more. In the winter of that year, the duo set out to the Spanish Pyrenees to build a DIY studio in a small village on a mountain top and record the eight pieces that form »Picture a Frame.« The idea of losing track of time and space is a theme that found its way in these recordings. The two spent their days and nights reading, walking, talking, cooking and taking care of the animals living there but also experimenting with sound, improvising together and making field recordings.

This deep focus on being present in the moment, listening to the world around them and each other resulted in a holistic experience that was translated into music and sound. Klinck and Claus understand this album as a collage, an attempt to evoke the implicit, an essay that suggests a time and space, and a gentle collision between two people that deeply resonate with one another. It’s impossible to argue with that, and even harder not to be drawn into it."

Artist : Elisabeth Klinck

Label : Hallow Ground

ベルギーのヴァイオリニストElisabeth Klinckが、2023年6月にスイスの実験レーベルHallow Groundからリリースしたレコードです。

バイオリンによるネオクラシカル・アンビエント〜ドローン8曲を収録。白盤です。DLコード付属。 

"ベルギーの作曲家Elisabeth Klinckのデビュー・アルバム Picture a Frameは、厳格な孤独から生まれたものの、アーティスト Oscar Clausとの緊密な共同作業の成果でもあります。ヴァイオリンのための彼女の作曲を、電子的なサウンドスケープや周囲のフィールド・レコーディングで豊かにすることで、ふたりは従来の時間の枠にとらわれない、独自の特異な空間での芸術的対話に入りました。型にはまらないテクニックを取り入れたKlinckの表現力豊かな演奏が、より大きなものの基礎をなす親密な記録です。

2021年の春、Klinckと Clausは丸一週間、美しい庭園に囲まれた、電気も水道も通っていない廃墟の修道院に滞在しました。その目的は、Klinckの音楽的アイデアをヴァイオリンで録音し、エレクトロニクスと音響空間を実験し、音楽的なレベルでお互いを知ることでした。これは刺激的で深く感動的なプロセスであり、さらなる出発点であることが証明されました。その年の冬、デュオはスペインのピレネー山脈に出かけ、山の上の小さな村にDIYでスタジオを作り、"Picture a Frame "を構成する8曲を録音しました。時間と空間を見失うというアイデアは、これらのレコーディングの中に見出されたテーマです。ふたりは昼夜を問わず、本を読んだり、散歩したり、話をしたり、料理をしたり、そこに住む動物の世話をしたりしましたが、同時に音の実験や即興演奏、フィールド・レコーディングも行いました。

今この瞬間に存在し、周囲の世界とお互いの声に耳を傾けることに深く集中した結果、全人格的な体験が生まれ、それが音楽と音に変換されました。Klinckと Clausは、このアルバムをコラージュであり、暗黙的なものを呼び起こす試みであり、時間と空間を示唆するエッセイであり、互いに深く共鳴し合う2人の穏やかな衝突であると理解しています。それに反論することは不可能ですし、引き込まれないようにするのはさらに難しいです。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hallow Ground releases available at Tobira. 

-------------------------------

12" white vinyl. Includes DL code.

Hallow Ground:

"'Picture a Frame' the debut album by the Belgian composer Elisabeth Klinck, was born out of strict isolation and is nonetheless a result of a collaborative process that saw her working closely with artist Oscar Claus. Enriching her compositions for violin with electronic soundscapes and field recordings from their surroundings, the two entered an artistic dialogue that took place inside its own idiosyncratic space outside of conventional time. It is an intimate record in which Klinck’s expressive playing that incorporates unconventional techniques forms the basis of something much bigger: an invitation to inhabit a specific space at a specific time together with the two of them.

For an entire week in the spring of 2021, Klinck and Claus stayed at an abandoned monastery surrounded by beautiful gardens, but with no power or running water. The intention was to record some of Klinck’s musical ideas on violin, experiment with electronics and acoustic spaces and to get to know each other on a musical level. This proved to be an inspiring and deeply moving process—and the starting point for more. In the winter of that year, the duo set out to the Spanish Pyrenees to build a DIY studio in a small village on a mountain top and record the eight pieces that form »Picture a Frame.« The idea of losing track of time and space is a theme that found its way in these recordings. The two spent their days and nights reading, walking, talking, cooking and taking care of the animals living there but also experimenting with sound, improvising together and making field recordings.

This deep focus on being present in the moment, listening to the world around them and each other resulted in a holistic experience that was translated into music and sound. Klinck and Claus understand this album as a collage, an attempt to evoke the implicit, an essay that suggests a time and space, and a gentle collision between two people that deeply resonate with one another. It’s impossible to argue with that, and even harder not to be drawn into it."

Artist : Elisabeth Klinck

Label : Hallow Ground