• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Death Is Not The End // Pure Wicked Tune: Rare Groove Blues Dances & House Parties, 1985-1992 LP

Death Is Not The End // Pure Wicked Tune: Rare Groove Blues Dances & House Parties, 1985-1992 LP

¥4,189
  • Availability:

イギリス・ロンドンの発掘専門レーベルDeath Is Not The Endが、2024年1月にリリースしたレアグルーブのコレクションです。

1985-1992年にイギリス・南ロンドンと東ロンドンの早朝のハウスパーティーやブルースダンスで演奏されたレアグルーヴ19曲をミックステープスタイルで収録。

※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"『Pure Wicked Tune』は、1980年代半ばから1990年代初頭にかけて、主に南ロンドンと東ロンドンの早朝のハウスパーティーやブルースダンスで演奏されたレアグルーヴや「ソウル・ブルース」サウンドシステムを収録したDIYカセットレコーディングから抜粋、カットアップしたミックステープスタイルのコレクションである。

ファンカデリック、タッチ・オブ・クラス、ラスト・エディション、JBクルー、マンハッタン、5thアヴェニューといったサウンドは、もともと1980年代半ばに形成され始めた。ラヴァーズロックが衰退し、レゲエシーンがよりハードなデジタルスタイルのダンスホールに支配されつつある中、これらのサウンドは、レゲエサウンドシステム独特のスタイルで、キラーレアなソウル、ファンク、ブギーのレコードをミックスし、トースト、サイレン、エフェクトをふんだんに使って演奏するという、タイトだが忠実な観客に強力なオルタナティブを提供した。

ハウスパーティーやブルースダンスでの演奏が最も有名で、通常は小さなアパートや倉庫で行われ、そのようなイベントの開催時間は一般的に早朝から翌日の午後遅くまでだった。1990年代初頭にダンスミュージックが爆発的にヒットした後、その人気は下火になったが、それ以降もリバイバルセッションの需要は続いている。イギリスの主要なレゲエやダンスホールのサウンドシステムが、その後のハードコアやジャングルのようなUKサウンドに影響を与えたことは比較的よく知られているが、これらのサウンドと、前述のスタイルがポピュラーなレアグルーヴのカットをサンプリングする傾向にあること、特にTom & Jerry、4hero、Reinforced、LTJ Bukemらの作品によく表れていることから、同じような線を引くことができる。

本作は、70年代後半から90年代初頭にかけて制作されたブルースパーティー、ダンス、クラッシュのアーカイブDIYカセット・レコーディングからの抜粋を通して、UKサウンドシステム・カルチャーのサウンドを探求するコレクションシリーズの第一弾である。しばしば複製され、広く共有されたこれらのラフで準備万端の「サウンド・テープ」は、電波やレコードショップではなかなか入手できなかった音楽を鋭い耳に提供し、英国の音楽事情に深く根ざしながらも見過ごされがちな影響を残すことになった。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Death Is Not The End releases available at Tobira.

----------------------

Ask us for digital files.

Tracklist:

1. Science (Intro) 02:03
2. Flashlight 01:35
3. Birth Night 01:43
4. Fire 01:15
5. Darkness Bout Ya (Flashlight II) 01:20
6. Shit Hot 04:04
7. All John Travolta 03:48
8. Nuff Imports 02:03
9. Chillin in the Morning 03:07
10. Pure Niceness (Flashlight III) 01:17
11. Shockout Business 01:51
12. Pure Wicked Tune 03:59
13. Work to Do 02:55
14. Sweetback (No Poll Tax) 07:01
15. Canning Town Posse 01:06
16. Hello Stranger (Flashlight IV) 00:58
17. Special Birthday Request (Find a Partner) 03:27
18. Set Speed Operator 01:07
19. For All Those Who Never Hear It Proper (Outro Chop) 02:24


Pure Wicked Tune is a mixtape-style collection of extracts & cut-ups, taken from DIY cassette recordings featuring rare groove and "soul blues" soundsystems playing at early morning house parties and blues dances - mostly in South & East London - between the mid 1980s & early 90s.

Sounds like Funkadelic, Touch of Class, Latest Edition, JB Crew, Manhattan, 5th Avenue (and the many more featured on this tape) originally began to form in the mid-1980s. With lovers rock dwindling, and the reggae scene becoming dominated by harder digital-style dancehall, these sounds provided a tight but loyal crowd with a potent alternative - playing a mixture of killer rare soul, funk and boogie records in an inimitably reggae soundsystem style, complete with toasting, sirens and effects aplenty.

They were most well-known for playing at house parties and blues dances, typically in small flats or warehouses, with timing of such events generally running from the early morning hours until late the next afternoon. Though the popularity of the sounds faded following the dance music explosion of the early 1990s, there has been continued demand for revival sessions ever since. Whilst the influence of key British reggae & dancehall soundsystems on subsequent UK sounds like hardcore & jungle is relatively well documented, a similar line can just as easily be drawn from these sounds and the aforementioned styles' tendency toward sampling popular rare groove cuts, particularly well evidenced in the work of Tom & Jerry, 4hero, Reinforced & LTJ Bukem among others.

This represents the first outing in a series of collections exploring the sounds of UK soundsystem culture, via extracts from archival DIY cassette recordings of blues parties, dances & clashes made between the late 70s and early 90s. Often duplicated and shared widely, these ruff and ready "sound tapes" provided keen ears with music that wasn't otherwise readily available on the airwaves or in the record shops, and would go on to leave a deeply-rooted but too often overlooked influence on the UK's musical landscape.
 

Artist : Death Is Not The End

Label : Death Is Not The End

イギリス・ロンドンの発掘専門レーベルDeath Is Not The Endが、2024年1月にリリースしたレアグルーブのコレクションです。

1985-1992年にイギリス・南ロンドンと東ロンドンの早朝のハウスパーティーやブルースダンスで演奏されたレアグルーヴ19曲をミックステープスタイルで収録。

※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"『Pure Wicked Tune』は、1980年代半ばから1990年代初頭にかけて、主に南ロンドンと東ロンドンの早朝のハウスパーティーやブルースダンスで演奏されたレアグルーヴや「ソウル・ブルース」サウンドシステムを収録したDIYカセットレコーディングから抜粋、カットアップしたミックステープスタイルのコレクションである。

ファンカデリック、タッチ・オブ・クラス、ラスト・エディション、JBクルー、マンハッタン、5thアヴェニューといったサウンドは、もともと1980年代半ばに形成され始めた。ラヴァーズロックが衰退し、レゲエシーンがよりハードなデジタルスタイルのダンスホールに支配されつつある中、これらのサウンドは、レゲエサウンドシステム独特のスタイルで、キラーレアなソウル、ファンク、ブギーのレコードをミックスし、トースト、サイレン、エフェクトをふんだんに使って演奏するという、タイトだが忠実な観客に強力なオルタナティブを提供した。

ハウスパーティーやブルースダンスでの演奏が最も有名で、通常は小さなアパートや倉庫で行われ、そのようなイベントの開催時間は一般的に早朝から翌日の午後遅くまでだった。1990年代初頭にダンスミュージックが爆発的にヒットした後、その人気は下火になったが、それ以降もリバイバルセッションの需要は続いている。イギリスの主要なレゲエやダンスホールのサウンドシステムが、その後のハードコアやジャングルのようなUKサウンドに影響を与えたことは比較的よく知られているが、これらのサウンドと、前述のスタイルがポピュラーなレアグルーヴのカットをサンプリングする傾向にあること、特にTom & Jerry、4hero、Reinforced、LTJ Bukemらの作品によく表れていることから、同じような線を引くことができる。

本作は、70年代後半から90年代初頭にかけて制作されたブルースパーティー、ダンス、クラッシュのアーカイブDIYカセット・レコーディングからの抜粋を通して、UKサウンドシステム・カルチャーのサウンドを探求するコレクションシリーズの第一弾である。しばしば複製され、広く共有されたこれらのラフで準備万端の「サウンド・テープ」は、電波やレコードショップではなかなか入手できなかった音楽を鋭い耳に提供し、英国の音楽事情に深く根ざしながらも見過ごされがちな影響を残すことになった。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Death Is Not The End releases available at Tobira.

----------------------

Ask us for digital files.

Tracklist:

1. Science (Intro) 02:03
2. Flashlight 01:35
3. Birth Night 01:43
4. Fire 01:15
5. Darkness Bout Ya (Flashlight II) 01:20
6. Shit Hot 04:04
7. All John Travolta 03:48
8. Nuff Imports 02:03
9. Chillin in the Morning 03:07
10. Pure Niceness (Flashlight III) 01:17
11. Shockout Business 01:51
12. Pure Wicked Tune 03:59
13. Work to Do 02:55
14. Sweetback (No Poll Tax) 07:01
15. Canning Town Posse 01:06
16. Hello Stranger (Flashlight IV) 00:58
17. Special Birthday Request (Find a Partner) 03:27
18. Set Speed Operator 01:07
19. For All Those Who Never Hear It Proper (Outro Chop) 02:24


Pure Wicked Tune is a mixtape-style collection of extracts & cut-ups, taken from DIY cassette recordings featuring rare groove and "soul blues" soundsystems playing at early morning house parties and blues dances - mostly in South & East London - between the mid 1980s & early 90s.

Sounds like Funkadelic, Touch of Class, Latest Edition, JB Crew, Manhattan, 5th Avenue (and the many more featured on this tape) originally began to form in the mid-1980s. With lovers rock dwindling, and the reggae scene becoming dominated by harder digital-style dancehall, these sounds provided a tight but loyal crowd with a potent alternative - playing a mixture of killer rare soul, funk and boogie records in an inimitably reggae soundsystem style, complete with toasting, sirens and effects aplenty.

They were most well-known for playing at house parties and blues dances, typically in small flats or warehouses, with timing of such events generally running from the early morning hours until late the next afternoon. Though the popularity of the sounds faded following the dance music explosion of the early 1990s, there has been continued demand for revival sessions ever since. Whilst the influence of key British reggae & dancehall soundsystems on subsequent UK sounds like hardcore & jungle is relatively well documented, a similar line can just as easily be drawn from these sounds and the aforementioned styles' tendency toward sampling popular rare groove cuts, particularly well evidenced in the work of Tom & Jerry, 4hero, Reinforced & LTJ Bukem among others.

This represents the first outing in a series of collections exploring the sounds of UK soundsystem culture, via extracts from archival DIY cassette recordings of blues parties, dances & clashes made between the late 70s and early 90s. Often duplicated and shared widely, these ruff and ready "sound tapes" provided keen ears with music that wasn't otherwise readily available on the airwaves or in the record shops, and would go on to leave a deeply-rooted but too often overlooked influence on the UK's musical landscape.
 

Artist : Death Is Not The End

Label : Death Is Not The End