• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
David Donohoe // Fen TAPE

David Donohoe // Fen TAPE

  • Availability:

アイルランド・ダブリンの音響作家/バードウォッチャーDavid Donohoeが、2023年6月にアメリカ・LAの物音レーベルdinzu artefactsから100本限定でリリースしたカセットです。

フィールドレコーディングとシンセ、チューンドパーカッションによるディープリスニング系物音ドローン2曲、36分を収録。DLコード付属。

以下、作家本人による解説です。

"Fenは、キルデア州のフェンランドを選択的に喚起し、呼び起こす作品です。3種の鳥の発声と身体的なコミュニケーション音に焦点を当て、Grasshopper Warbler、Sedge Warbler(ともに夏の渡り鳥)、Snipe(シギ)のフィールドレコーディングと、チューンドパーカッション、シンセサイザーのテクスチャで構成されています。

バードウォッチャーであり、サウンドレコーディストである私は、鳥のコミュニケーションと言語に魅了されています。これらの鳥類が発する特異な音は(鼻や羽で)、機械的で、ほとんど合成音色のようです。バッタの鳴き声は、頭を回転させながら広い弧を描き、特定の場所を特定するのが困難な拡散を生み出します。センダイムシクイの熱狂的な擬態と機械的な鳴き声は、まさにサンプリングとカットアップを体現しています。シギは、飛び込みの際に2枚の尾羽を振動させることで縄張りを示す「winnowing」を作りますが、これは非音声コミュニケーションとして特に興味深いです。

鳥は人類の進化の過程で常に存在し、その鳴き声は私たちに深く文化的に根付いています。しかし、ある種の鳥の鳴き声を聞いたとき、その鳥がいかに異質な存在であるかということに、突然気づかされることがあります。この「異質なもの」こそが、私の心をとらえる音なのです。これらの音は、この地形、この生息地をFenとして定義する地質学的な事故と同じくらい本質的な場所の糸を形成しているのです"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Dinzu Artefacts releases available at Tobira.

-----------------------------------

Includes DL code. Edition of 100.

Artist statement by  David Donohoe :

"Fen is a selective evocation and invocation of a Kildare fenland. Focusing on the vocalisations and physical communication sounds of three bird species, it is comprised of field recordings of Grasshopper Warbler, Sedge Warbler (both Summer migrant breeders) and Snipe (resident breeder), alongside tuned percussion and synthesiser textures.

As a birdwatcher and sound recordist the communication and language of birds fascinates me. The singular sounds made by the these species (either by syrinx or feather) have mechanical, almost synthetic timbres. The Grasshopper Warbler’s continuous static reeling call, projected in a wide arc as it turns its head, creates a diffusion difficult to pinpoint to a specific location. The frenetic mimicry of the Sedge Warbler interspersed with its mechanical rattling very literally embodies sampling and the Cut-up. The Snipe with its uncanny ‘winnowing’ territorial projections made by the vibration of two tail-feathers during display dives is especially interesting as a non-vocal communication.

Birds have been a continuous presence across human evolution and their calls are deeply culturally ingrained in us. In spite of this ubiquity, the sound of a particular species can jolt a sudden awareness of how utterly alien they are to us. It is precisely the ‘otherness’ of these particular sounds that I find so captivating. Simultaneously palpable and ineffable, these sounds form an intrinsic thread of place as quintessential as the geological accidents that define this terrain, this habitat, as Fen."

Artist : David Donohoe

Label : Dinzu Artefacts

+ -

アイルランド・ダブリンの音響作家/バードウォッチャーDavid Donohoeが、2023年6月にアメリカ・LAの物音レーベルdinzu artefactsから100本限定でリリースしたカセットです。

フィールドレコーディングとシンセ、チューンドパーカッションによるディープリスニング系物音ドローン2曲、36分を収録。DLコード付属。

以下、作家本人による解説です。

"Fenは、キルデア州のフェンランドを選択的に喚起し、呼び起こす作品です。3種の鳥の発声と身体的なコミュニケーション音に焦点を当て、Grasshopper Warbler、Sedge Warbler(ともに夏の渡り鳥)、Snipe(シギ)のフィールドレコーディングと、チューンドパーカッション、シンセサイザーのテクスチャで構成されています。

バードウォッチャーであり、サウンドレコーディストである私は、鳥のコミュニケーションと言語に魅了されています。これらの鳥類が発する特異な音は(鼻や羽で)、機械的で、ほとんど合成音色のようです。バッタの鳴き声は、頭を回転させながら広い弧を描き、特定の場所を特定するのが困難な拡散を生み出します。センダイムシクイの熱狂的な擬態と機械的な鳴き声は、まさにサンプリングとカットアップを体現しています。シギは、飛び込みの際に2枚の尾羽を振動させることで縄張りを示す「winnowing」を作りますが、これは非音声コミュニケーションとして特に興味深いです。

鳥は人類の進化の過程で常に存在し、その鳴き声は私たちに深く文化的に根付いています。しかし、ある種の鳥の鳴き声を聞いたとき、その鳥がいかに異質な存在であるかということに、突然気づかされることがあります。この「異質なもの」こそが、私の心をとらえる音なのです。これらの音は、この地形、この生息地をFenとして定義する地質学的な事故と同じくらい本質的な場所の糸を形成しているのです"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Dinzu Artefacts releases available at Tobira.

-----------------------------------

Includes DL code. Edition of 100.

Artist statement by  David Donohoe :

"Fen is a selective evocation and invocation of a Kildare fenland. Focusing on the vocalisations and physical communication sounds of three bird species, it is comprised of field recordings of Grasshopper Warbler, Sedge Warbler (both Summer migrant breeders) and Snipe (resident breeder), alongside tuned percussion and synthesiser textures.

As a birdwatcher and sound recordist the communication and language of birds fascinates me. The singular sounds made by the these species (either by syrinx or feather) have mechanical, almost synthetic timbres. The Grasshopper Warbler’s continuous static reeling call, projected in a wide arc as it turns its head, creates a diffusion difficult to pinpoint to a specific location. The frenetic mimicry of the Sedge Warbler interspersed with its mechanical rattling very literally embodies sampling and the Cut-up. The Snipe with its uncanny ‘winnowing’ territorial projections made by the vibration of two tail-feathers during display dives is especially interesting as a non-vocal communication.

Birds have been a continuous presence across human evolution and their calls are deeply culturally ingrained in us. In spite of this ubiquity, the sound of a particular species can jolt a sudden awareness of how utterly alien they are to us. It is precisely the ‘otherness’ of these particular sounds that I find so captivating. Simultaneously palpable and ineffable, these sounds form an intrinsic thread of place as quintessential as the geological accidents that define this terrain, this habitat, as Fen."

Artist : David Donohoe

Label : Dinzu Artefacts