• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Corum // Never Use the Same Door Twice TAPE

Corum // Never Use the Same Door Twice TAPE

  • Availability:

アメリカ・メインのエセ密林系サイケデリックレーベルPsychic Sounds主宰Corumが、2023年12月に100本限定でリリースした再発デビューカセットです。(オリジナルは2011年リリース)

サイケデリック過ぎて目がクラクラしそうな土着ストレンジビーツ6曲を収録。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、作家本人による解説です。

"2007年から2010年にかけての旅とツアーの間に、ニュースのスクラップや文学のノート、夢の記述から集めたテキストをコラージュする実験に基づくスケッチやインク・ドローイングが大量に蓄積された。不思議なことに、私は「過去と未来を同時に切り取る」という方法を使いたかった。言葉の行を切り取れば、切り取った人にとって特別な意味を持つコードメッセージとしての声が聞こえるという理論を通して、あるいは言葉のコラージュとして媒体を通して詩人とコンタクトを取った。新たな次元を小耳に挟み、発見した結果を映画のようなバリエーションで映像化する。メッセージの意味を混乱させ、再配分するという混成事業は、偶然に委ねられた。ページ上でこの戦略に従って組み立てられた2つ、あるいはそれ以上のメッセージは、その構成要素が伝えないように注意した別の隠されたメッセージを明らかにした。その結果、テキストは物語的な展開を見せ、最初は謎めいていたが、最終的には明確で、しばしば予兆的なものとなった。解読の作業であり、本質的な神秘化である。音楽は、絵となるテキストのエッセンスを中心にマッピングされている。デジャヴュ(既視感)のような印象があると同時に、これから起こることを予感させる。統合と解体の同時進行のエージェントとして作用し、目と思考に別の道を押しつける。『Never Use the Same Door Twice』は、このような初期の切り刻まれた順列の録音集である。テキストスコアと音楽は、空間に投影された真の次元を与える。テキストの時空は歪められ、永久に再出発する。それは決して終わらない。永遠に未完成のままであるということではなく、テキストと写真モンタージュや象形文字のグラフィックや経典の発明との相互作用をもたらすあらゆる可能性に開かれているのだ。"

---------------------------------------

Ask us for digital files. Cassette in norelco case. 10 year anniversary edition of 100. 

Tracklist:

  1. Part I 11:07
  2. Part II 09:25
  3. Part III 09:24
  4. Part IV 02:40
  5. Part V 03:48
  6. Part VI 03:37

 

Artist statement:

" This is the soundtrack to a narrative called 'Never Use the Same Door Twice.'

During travels & tours from 2007-2010, I had accumulated a great number of sketches and ink drawings that drew on experiments with a collage of text collected from news scraps, literature notes and dream entries. Curiously I wanted to use the method of 'cutting into the past/future simultaneously' through the theory that if you cut the word lines you will hear their voices as code messages with special meaning for the cutter, or contacted poets through a medium as a collage of words. To overhear a new dimension and then turn the found results into images in cinematic variation. The mixed business of disarranging and redistributing the meaning of the message was left to chance. Two - or more - messages, once assembled according to this strategy on the page, revealed another hidden message, which its components were careful not to communicate. The resulted text took a narrative turn, enigmatic at first but ultimately explicit and often premonitory. An operation of decoding and essentially mystification. The music is mapped around the essences of the text creating the pictures. There is an impression of deja-vu, as well as an indication of what's to come. Acting as an agent of simultaneous integration and disintegration, it imposes another path on the eyes and on thought. Never Use the Same Door Twice is a collection of recordings of these early cut-up permutations. The 'text-score' with the music give the true dimension projected into space. The space-time of the text is distorted; perpetually rebeginning. It is never ending - not that it remains unfinished forever but that it is open to all possibilities that can bring about the interaction of texts and graphic and scriptural inventions of photographic montages and hieroglyphics."

Artist : CORUM

Label : Pschic Sounds

+ -

アメリカ・メインのエセ密林系サイケデリックレーベルPsychic Sounds主宰Corumが、2023年12月に100本限定でリリースした再発デビューカセットです。(オリジナルは2011年リリース)

サイケデリック過ぎて目がクラクラしそうな土着ストレンジビーツ6曲を収録。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、作家本人による解説です。

"2007年から2010年にかけての旅とツアーの間に、ニュースのスクラップや文学のノート、夢の記述から集めたテキストをコラージュする実験に基づくスケッチやインク・ドローイングが大量に蓄積された。不思議なことに、私は「過去と未来を同時に切り取る」という方法を使いたかった。言葉の行を切り取れば、切り取った人にとって特別な意味を持つコードメッセージとしての声が聞こえるという理論を通して、あるいは言葉のコラージュとして媒体を通して詩人とコンタクトを取った。新たな次元を小耳に挟み、発見した結果を映画のようなバリエーションで映像化する。メッセージの意味を混乱させ、再配分するという混成事業は、偶然に委ねられた。ページ上でこの戦略に従って組み立てられた2つ、あるいはそれ以上のメッセージは、その構成要素が伝えないように注意した別の隠されたメッセージを明らかにした。その結果、テキストは物語的な展開を見せ、最初は謎めいていたが、最終的には明確で、しばしば予兆的なものとなった。解読の作業であり、本質的な神秘化である。音楽は、絵となるテキストのエッセンスを中心にマッピングされている。デジャヴュ(既視感)のような印象があると同時に、これから起こることを予感させる。統合と解体の同時進行のエージェントとして作用し、目と思考に別の道を押しつける。『Never Use the Same Door Twice』は、このような初期の切り刻まれた順列の録音集である。テキストスコアと音楽は、空間に投影された真の次元を与える。テキストの時空は歪められ、永久に再出発する。それは決して終わらない。永遠に未完成のままであるということではなく、テキストと写真モンタージュや象形文字のグラフィックや経典の発明との相互作用をもたらすあらゆる可能性に開かれているのだ。"

---------------------------------------

Ask us for digital files. Cassette in norelco case. 10 year anniversary edition of 100. 

Tracklist:

  1. Part I 11:07
  2. Part II 09:25
  3. Part III 09:24
  4. Part IV 02:40
  5. Part V 03:48
  6. Part VI 03:37

 

Artist statement:

" This is the soundtrack to a narrative called 'Never Use the Same Door Twice.'

During travels & tours from 2007-2010, I had accumulated a great number of sketches and ink drawings that drew on experiments with a collage of text collected from news scraps, literature notes and dream entries. Curiously I wanted to use the method of 'cutting into the past/future simultaneously' through the theory that if you cut the word lines you will hear their voices as code messages with special meaning for the cutter, or contacted poets through a medium as a collage of words. To overhear a new dimension and then turn the found results into images in cinematic variation. The mixed business of disarranging and redistributing the meaning of the message was left to chance. Two - or more - messages, once assembled according to this strategy on the page, revealed another hidden message, which its components were careful not to communicate. The resulted text took a narrative turn, enigmatic at first but ultimately explicit and often premonitory. An operation of decoding and essentially mystification. The music is mapped around the essences of the text creating the pictures. There is an impression of deja-vu, as well as an indication of what's to come. Acting as an agent of simultaneous integration and disintegration, it imposes another path on the eyes and on thought. Never Use the Same Door Twice is a collection of recordings of these early cut-up permutations. The 'text-score' with the music give the true dimension projected into space. The space-time of the text is distorted; perpetually rebeginning. It is never ending - not that it remains unfinished forever but that it is open to all possibilities that can bring about the interaction of texts and graphic and scriptural inventions of photographic montages and hieroglyphics."

Artist : CORUM

Label : Pschic Sounds