• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
CoLD SToRAGE // wipE'out'' - The Zero Gravity Soundtrack 3xLP

CoLD SToRAGE // wipE'out'' - The Zero Gravity Soundtrack 3xLP

  • Availability:

ウェールズのダンス作家CoLD SToRAGEが、2023年11月にスペイン・バルセロナのエレクトロニックレーベルLapsusからリリースした3枚組レコードです。

1995年に発売されたプレイステーション用レーシングゲームWipEoutのサウンドトラック28曲を収録。

Kode9、μ-Ziq、Brainwaltzera、Simo Cell、Wordcolour、James Shinra、Surgeons Girl、Dattassetteがリミックスで参加しています。

※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"1990年代当時、ビデオゲームといえば、確かに楽しいが、基本的にはすぐに飽きてしまうような後ろめたいオタク向けというイメージが強かった。1995年に発売された「ワイプアウト」は、電光石火の速さ、カミソリのような切れ味、未来的なレーシングゲームで、ヨーロッパと北米でのプレイステーションの発売を後押しした。これは、見た目も音も大人っぽくてクールなゲームであり、ベッドの下に隠すのではなく、リビングルームに飾っておきたいようなゲームだった。その鍵となったのは、90年代半ばの先進的なカルチャーの中心に据える形で、クラブでの体験やエレクトロニックミュージックを恥ずかしげもなく借用したという事実だった。それはすぐに現象化した。

wipE'out'は、90年代初頭のレイブやクラブのチラシの鮮やかな色彩と興奮を誘う幾何学的な形を多用し、ワープの仕事で知られるシェフィールドのエージェンシー、ザ・デザイナーズ・リパブリックがゲームのビジュアル、パッケージ、マニュアルを手がけ、センセーショナルな印象を与えた。

wipeE'out'もまた、新しいレイヴの夢のように聞こえた。このゲームのヨーロッパ版には、ケミカルブラザーズ、レフトフィールド、オービタルなどの音楽が収録されており、当時としてはほとんど前代未聞のファッショナブルなゲームシンクだった。この時点ですでにビデオゲーム界ではベテランで、『レミングス』や『シャドウ・オブ・ザ・ビースト2』といったAmigaタイトルの音楽を手掛けていた。 彼の『wipE'out』の音楽は、どちらかと言えば、有名なシンクよりも過激で、ドラムンベースの加速するビートとトランスのピュアなシンセサイザーをミックスし、ゲームをプレイしている感覚と同じくらい息もつかせぬほどエキサイティングなサウンドを作り出していた。

これらのトラックは、何百万人ものゲーマーの脳裏に焼き付けられた。カーテンの向こうに太陽がそっと昇る中、深夜の反重力レースを楽しむ世代のサウンドトラックだったのだ。しかし、彼らはおそらく、それにふさわしい敬意を払われてこなかった。Kode9、μ-Ziq、Brainwaltzera、Simo Cell、Wordcolour、James Shinra、Surgeons Girl、Dattassetteといった最先端のプロデューサーたちによってリミックスされ、リマスター、リパッケージされたこの作品には、ゲーム音楽史上最も重要で、スリリングで、革新的で、楽しい楽曲の数々が収録されている。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Lapsus / Balmat releases available at Tobira. 

--------------------------

Ask us for digital files. 3 x 12" black vinyl.

Tracklist:

  1. wipE'out'' Intro (2023 Remaster) 01:10
  2. Hakapik Murder (2023 Remaster) 04:06
  3. Messij (2023 Remaster) 05:16
  4. Canada (2023 Remaster) 06:12
  5. Tenation (2023 Remaster) 02:40
  6. DOH-T (2023 Remaster) 05:15
  7. Trancevaal (2023 Remaster) 05:18
  8. Surgeon (2023 Remaster) 04:05
  9. Cairodrome (2023 Remaster) 05:17
  10. Body in Motion (2023 Remaster) 05:13
  11. Cardinal Dancer (2023 Remaster) 05:21
  12. Cold Comfort (2023 Remaster) 05:05
  13. Kinkong (2023 Remaster) 04:32
  14. Operatique (2023 Remaster) 05:18
  15. Plasticity (2023 Remaster) 03:54
  16. Messij Extended (2023 Remaster) 09:20
  17. Argon (2023 Remaster) 00:29
  18. Phloem (2023 Remaster) 00:24
  19. Xenon (2023 Remaster) 00:36
  20. Xylem (2023 Remaster) 00:25
  21. wipE'out'' Intro (µ-Ziq Remix) 03:38
  22. DOH-T (Wordcolour Remix) 06:06
  23. Xylem (Brainwaltzera Remix) 04:48
  24. Canada (James Shinra Remix) 07:01
  25. Messij (Kode9 Remix) 03:58
  26. Trancevaal (Simo Cell Remix) 04:49
  27. Cairodrome (Surgeons Girl Remix) 04:20
  28. Messij (Datassette Remix) 05:11

Lapsus:

"Back in the 1990s video games were still largely seen as nerdy: fun, sure, but basically a guilty pleasure that you’d soon grow out of. The release in 1995 of wipE'out'', a lightning-fast, razor-sharp, futuristic racing game that helped to launch the PlayStation in Europe and North America, changed all that. This was a game that looked and sounded both adult and cool, the kind of game you would put on display in your living room, rather than hide away under your bed. Key to this was the fact that wipE'out'' borrowed unashamedly from the clubbing experience and electronic music, in a way that put it at the heart of progressive mid 90s culture. It soon became a phenomenon.

wipE'out'' looked sensational, with Sheffield agency The Designers Republic - known for their work with Warp - creating the visuals, packaging and manual for the game, drawing heavily on the bright colours and excitable geometric shapes of the rave and club flyers of the early 90s.

wipE'out'' also sounded like a new rave dream. The European version of the game included music from The Chemical Brothers, Leftfield and Orbital, the kind of fashionable game syncs that were almost unheard of at the time. Equally striking was the game’s original music, which came from Welsh musician Tim Wright, aka CoLD SToRAGE, by this point already a veteran in the video games world, having worked on the music for Amiga titles such as Lemmings and Shadow of the Beast 2. His music for wipE'out'' was, if anything, even more extreme than the big-name syncs, mixing the accelerated beats of drum & bass with the pure synth rush of trance to make music that sounded as breathlessly exciting as playing the game felt.

These tracks were burned into the brains of millions of gamers; the soundtrack to a generation of late-night anti-gravity racing, as the sun gingerly rose beyond the curtains. But they haven’t, perhaps, quite got the respect they deserve, something that this release will address. In 2023, video game music is finally getting its dues; here, remastered and repackaged –and also remixed by cutting edge producers such as Kode9, μ-Ziq, Brainwaltzera, Simo Cell, Wordcolour, James Shinra, Surgeons Girl and Dattassette– are some of the most important, thrilling, innovative and most fun songs ever committed to game release.
 "

Artist : CoLD SToRAGE

Label : Lapsus

+ -

ウェールズのダンス作家CoLD SToRAGEが、2023年11月にスペイン・バルセロナのエレクトロニックレーベルLapsusからリリースした3枚組レコードです。

1995年に発売されたプレイステーション用レーシングゲームWipEoutのサウンドトラック28曲を収録。

Kode9、μ-Ziq、Brainwaltzera、Simo Cell、Wordcolour、James Shinra、Surgeons Girl、Dattassetteがリミックスで参加しています。

※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"1990年代当時、ビデオゲームといえば、確かに楽しいが、基本的にはすぐに飽きてしまうような後ろめたいオタク向けというイメージが強かった。1995年に発売された「ワイプアウト」は、電光石火の速さ、カミソリのような切れ味、未来的なレーシングゲームで、ヨーロッパと北米でのプレイステーションの発売を後押しした。これは、見た目も音も大人っぽくてクールなゲームであり、ベッドの下に隠すのではなく、リビングルームに飾っておきたいようなゲームだった。その鍵となったのは、90年代半ばの先進的なカルチャーの中心に据える形で、クラブでの体験やエレクトロニックミュージックを恥ずかしげもなく借用したという事実だった。それはすぐに現象化した。

wipE'out'は、90年代初頭のレイブやクラブのチラシの鮮やかな色彩と興奮を誘う幾何学的な形を多用し、ワープの仕事で知られるシェフィールドのエージェンシー、ザ・デザイナーズ・リパブリックがゲームのビジュアル、パッケージ、マニュアルを手がけ、センセーショナルな印象を与えた。

wipeE'out'もまた、新しいレイヴの夢のように聞こえた。このゲームのヨーロッパ版には、ケミカルブラザーズ、レフトフィールド、オービタルなどの音楽が収録されており、当時としてはほとんど前代未聞のファッショナブルなゲームシンクだった。この時点ですでにビデオゲーム界ではベテランで、『レミングス』や『シャドウ・オブ・ザ・ビースト2』といったAmigaタイトルの音楽を手掛けていた。 彼の『wipE'out』の音楽は、どちらかと言えば、有名なシンクよりも過激で、ドラムンベースの加速するビートとトランスのピュアなシンセサイザーをミックスし、ゲームをプレイしている感覚と同じくらい息もつかせぬほどエキサイティングなサウンドを作り出していた。

これらのトラックは、何百万人ものゲーマーの脳裏に焼き付けられた。カーテンの向こうに太陽がそっと昇る中、深夜の反重力レースを楽しむ世代のサウンドトラックだったのだ。しかし、彼らはおそらく、それにふさわしい敬意を払われてこなかった。Kode9、μ-Ziq、Brainwaltzera、Simo Cell、Wordcolour、James Shinra、Surgeons Girl、Dattassetteといった最先端のプロデューサーたちによってリミックスされ、リマスター、リパッケージされたこの作品には、ゲーム音楽史上最も重要で、スリリングで、革新的で、楽しい楽曲の数々が収録されている。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Lapsus / Balmat releases available at Tobira. 

--------------------------

Ask us for digital files. 3 x 12" black vinyl.

Tracklist:

  1. wipE'out'' Intro (2023 Remaster) 01:10
  2. Hakapik Murder (2023 Remaster) 04:06
  3. Messij (2023 Remaster) 05:16
  4. Canada (2023 Remaster) 06:12
  5. Tenation (2023 Remaster) 02:40
  6. DOH-T (2023 Remaster) 05:15
  7. Trancevaal (2023 Remaster) 05:18
  8. Surgeon (2023 Remaster) 04:05
  9. Cairodrome (2023 Remaster) 05:17
  10. Body in Motion (2023 Remaster) 05:13
  11. Cardinal Dancer (2023 Remaster) 05:21
  12. Cold Comfort (2023 Remaster) 05:05
  13. Kinkong (2023 Remaster) 04:32
  14. Operatique (2023 Remaster) 05:18
  15. Plasticity (2023 Remaster) 03:54
  16. Messij Extended (2023 Remaster) 09:20
  17. Argon (2023 Remaster) 00:29
  18. Phloem (2023 Remaster) 00:24
  19. Xenon (2023 Remaster) 00:36
  20. Xylem (2023 Remaster) 00:25
  21. wipE'out'' Intro (µ-Ziq Remix) 03:38
  22. DOH-T (Wordcolour Remix) 06:06
  23. Xylem (Brainwaltzera Remix) 04:48
  24. Canada (James Shinra Remix) 07:01
  25. Messij (Kode9 Remix) 03:58
  26. Trancevaal (Simo Cell Remix) 04:49
  27. Cairodrome (Surgeons Girl Remix) 04:20
  28. Messij (Datassette Remix) 05:11

Lapsus:

"Back in the 1990s video games were still largely seen as nerdy: fun, sure, but basically a guilty pleasure that you’d soon grow out of. The release in 1995 of wipE'out'', a lightning-fast, razor-sharp, futuristic racing game that helped to launch the PlayStation in Europe and North America, changed all that. This was a game that looked and sounded both adult and cool, the kind of game you would put on display in your living room, rather than hide away under your bed. Key to this was the fact that wipE'out'' borrowed unashamedly from the clubbing experience and electronic music, in a way that put it at the heart of progressive mid 90s culture. It soon became a phenomenon.

wipE'out'' looked sensational, with Sheffield agency The Designers Republic - known for their work with Warp - creating the visuals, packaging and manual for the game, drawing heavily on the bright colours and excitable geometric shapes of the rave and club flyers of the early 90s.

wipE'out'' also sounded like a new rave dream. The European version of the game included music from The Chemical Brothers, Leftfield and Orbital, the kind of fashionable game syncs that were almost unheard of at the time. Equally striking was the game’s original music, which came from Welsh musician Tim Wright, aka CoLD SToRAGE, by this point already a veteran in the video games world, having worked on the music for Amiga titles such as Lemmings and Shadow of the Beast 2. His music for wipE'out'' was, if anything, even more extreme than the big-name syncs, mixing the accelerated beats of drum & bass with the pure synth rush of trance to make music that sounded as breathlessly exciting as playing the game felt.

These tracks were burned into the brains of millions of gamers; the soundtrack to a generation of late-night anti-gravity racing, as the sun gingerly rose beyond the curtains. But they haven’t, perhaps, quite got the respect they deserve, something that this release will address. In 2023, video game music is finally getting its dues; here, remastered and repackaged –and also remixed by cutting edge producers such as Kode9, μ-Ziq, Brainwaltzera, Simo Cell, Wordcolour, James Shinra, Surgeons Girl and Dattassette– are some of the most important, thrilling, innovative and most fun songs ever committed to game release.
 "

Artist : CoLD SToRAGE

Label : Lapsus