• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
christina vantzou // No. 5 LP

christina vantzou // No. 5 LP

  • Availability:

ベルギー・ブリュッセルのアンビエント作家christina vantzou が、2022年11月にアメリカの老舗アンビエントレーベルKrankyからリリースしたレコードです。

17名の音楽家が参加した、静謐なネオクラシカル・アンビエント11曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

エーゲ海に浮かぶシロス島で映画祭に出演していたクリスティーナ・ヴァンツーは、「集中する瞬間」、つまり5枚目のアルバム用に集めていた膨大な数の生の録音に対する特定のヴィジョンを経験しました。キクラデス諸島のAno Koufonisi島に移住した彼女は、ラップトップとヘッドフォンを持って外のパティオのテーブルに座り、泳ぐために短い休憩を取りながら、音源を削り、不安ながらもリリカルなムーブメントに形作る「還元プロセス」を開始しました。エンジニアに依頼せず、自らミキシングを行うことで、音楽の親密さと自伝的な側面が強調され、彼女は第5番を「ほとんどファーストアルバムのようなもの」と表現しています。

2020年2月に行われたセッションをもとに、ヴァンツォの編集本能はプロセスと孤立を強調し、共鳴と抑制、流動性とロングテールにスポットライトを当てています。ピアノ、管楽器、弦楽器、シンセティック、フィールドレコーディングによる儚い構成は、作曲と同様に空間であり、目に見えない神性の感覚に満たされた、移ろいゆく光のシュールなグロット(洞窟)でもあるのです。17人のミュージシャンが参加しているが、ミニマルで可鍛性に富み、間歇的な瞬間と斜めのシンクロニシティから造形されているように感じられます。ヴァンツーは第5番を「手放すこと」、「柔らかい境界線」、「固定されていない、定義できない場所」と表現しています。


レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Kranky releases available at Tobira. 

-------------------------

While on the island of Syros in the Aegean Sea for a film festival performance, Christina Vantzou experienced what she characterized as “a moment of focus” – a specific vision for the sprawl of raw recordings she’d been amassing for her fifth album. Upon relocating to the Cycladic island of Ano Koufonisi she situated herself outside at a patio table with a laptop and headphones, taking brief breaks to swim, and began the “reductive process” of shaving and shaping the source material into uneasy but lyrical movements, alternately austere and adorned with strange inflections: glottal groaning, cavernous water, glittering eddies of modular synth, languorous silences. Mixing the pieces herself without outsourcing to an engineer compounded the intimacy and autobiographical dimension of the music; she refers to No. 5 as “almost like a first album.”

Drawing on sessions staged in February 2020, Vantzou’s editing instincts emphasize process and isolation, spotlighting resonance and restraint, liquidity and long tails. Fleeting configurations of piano, wind, strings, synthetics, and field recordings, these are spaces as much as compositions, surreal grottos of shifting light, suffused with a sense of invisible divinity. Although 17 musicians appear on the record, the proceedings feel minimalist and malleable, sculpted from interstitial moments and oblique synchronicities. The definition of a composer as “one who joins things” is here both plumbed and proven; Vantzou describes No. 5 as “a letting go,” a place of “soft borders,” unfixed and undefinable. 

 

Artist : christina vantzou

Label : Kranky

ベルギー・ブリュッセルのアンビエント作家christina vantzou が、2022年11月にアメリカの老舗アンビエントレーベルKrankyからリリースしたレコードです。

17名の音楽家が参加した、静謐なネオクラシカル・アンビエント11曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

エーゲ海に浮かぶシロス島で映画祭に出演していたクリスティーナ・ヴァンツーは、「集中する瞬間」、つまり5枚目のアルバム用に集めていた膨大な数の生の録音に対する特定のヴィジョンを経験しました。キクラデス諸島のAno Koufonisi島に移住した彼女は、ラップトップとヘッドフォンを持って外のパティオのテーブルに座り、泳ぐために短い休憩を取りながら、音源を削り、不安ながらもリリカルなムーブメントに形作る「還元プロセス」を開始しました。エンジニアに依頼せず、自らミキシングを行うことで、音楽の親密さと自伝的な側面が強調され、彼女は第5番を「ほとんどファーストアルバムのようなもの」と表現しています。

2020年2月に行われたセッションをもとに、ヴァンツォの編集本能はプロセスと孤立を強調し、共鳴と抑制、流動性とロングテールにスポットライトを当てています。ピアノ、管楽器、弦楽器、シンセティック、フィールドレコーディングによる儚い構成は、作曲と同様に空間であり、目に見えない神性の感覚に満たされた、移ろいゆく光のシュールなグロット(洞窟)でもあるのです。17人のミュージシャンが参加しているが、ミニマルで可鍛性に富み、間歇的な瞬間と斜めのシンクロニシティから造形されているように感じられます。ヴァンツーは第5番を「手放すこと」、「柔らかい境界線」、「固定されていない、定義できない場所」と表現しています。


レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Kranky releases available at Tobira. 

-------------------------

While on the island of Syros in the Aegean Sea for a film festival performance, Christina Vantzou experienced what she characterized as “a moment of focus” – a specific vision for the sprawl of raw recordings she’d been amassing for her fifth album. Upon relocating to the Cycladic island of Ano Koufonisi she situated herself outside at a patio table with a laptop and headphones, taking brief breaks to swim, and began the “reductive process” of shaving and shaping the source material into uneasy but lyrical movements, alternately austere and adorned with strange inflections: glottal groaning, cavernous water, glittering eddies of modular synth, languorous silences. Mixing the pieces herself without outsourcing to an engineer compounded the intimacy and autobiographical dimension of the music; she refers to No. 5 as “almost like a first album.”

Drawing on sessions staged in February 2020, Vantzou’s editing instincts emphasize process and isolation, spotlighting resonance and restraint, liquidity and long tails. Fleeting configurations of piano, wind, strings, synthetics, and field recordings, these are spaces as much as compositions, surreal grottos of shifting light, suffused with a sense of invisible divinity. Although 17 musicians appear on the record, the proceedings feel minimalist and malleable, sculpted from interstitial moments and oblique synchronicities. The definition of a composer as “one who joins things” is here both plumbed and proven; Vantzou describes No. 5 as “a letting go,” a place of “soft borders,” unfixed and undefinable. 

 

Artist : christina vantzou

Label : Kranky