• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Cate Kennan // The Arbitrary Dimension Of Dreams LP

Cate Kennan // The Arbitrary Dimension Of Dreams LP

  • Availability:

アメリカ・LAのアンビエント作家Cate Kennanが、2022年10月にLAの実験/ポップレーベルPost Present Mediumからリリースしたデビューレコードです。

夢の中で流れているBGMのような世界観の実験シンセアンビエント12曲を収録。DLコード付属。 マスタリングはSean McCannが担当しています。

以下、レーベルによる解説です。

"The Arbitrary Dimension of Dreams(夢の恣意的な次元)」は、Cate Kennan が記憶、夜間、物語を斜めに探求した作品です。その結果生まれた12曲のコンポジションは、爽やかで、喚起的で、余韻を残します。Cate Kennan の音のパレットは広大でありながら調和がとれており、かすんだラップ・スティール・ギターや水のようなアナログ・エフェクトにスペクトラルなシンセサイザーを巧みにマッチさせています。初期メロディック・エレクトロニック・ミュージックのまばらな世界に存在する彼女の曲は、マルコム・セシル、ハンス・ヨアヒム・ローデリウス、ドゥ・フィーユの音風景を思い起こさせます。ひとつひとつのトラックが、超現実的な音楽ヴィネットの不定形な風景を構築しています。波止場に繋がれたボートが波に揺られ、霧が視界を遮ります。これが「The Arbitrary Dimension of Dreams」の漠然とした空間であり、包み込むような執拗な領域は、身近に感じると同時に、深遠な別世界のようでもあります。

このアルバムは、夢、フィクション、現実の間の緊張感を持続させていますが、これはCate Kennanがこれらの状態の矛盾に投資しているおかげです。彼女は、夢の根本的に不条理で恣意的な性質は、白昼夢、空想、願望が私たちの人生に及ぼす支配から私たちを解放するものではないと指摘します。同様に、夢はすべて私たちのものであり、私たち個人の心の産物であると理解しても、それがどこか他の場所から来たものであるという疑いを解くことはできません。The Arbitrary Dimension of Dreams(夢の恣意的な次元)」において、Cate Kennanは、映画音楽の壮大なジェスチャーと、強烈に個人的な特異性、つまり唐突な終わり方、濁ったサブハーモニックな響き、幽霊のような断片を組み合わせることによって、この緊張感を表現しています。彼女のタイミング感覚、堅実さ、大胆さは、この物語のわずかなディテールさえも、心をつかみ、痛烈で、表現力豊かなものにしています。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Post Present Medium releases available at Tobira. 

--------------------------------

Includes DL code. 12" black vinyl. 

Post Present Medium:

"‘The Arbitrary Dimension of Dreams’ is Cate Kennan’s oblique exploration of memory, nighttime, and narrative. The resulting 12 compositions are brisk, evocative, and lingering. Kennan’s sonic palette is vast yet harmonized, deftly matching spectral synthesizers to hazy lap steel guitars and watery analog effects. Existing in the sparsely occupied world of early melodic electronic music, her songs call to mind the sonic landscape’s of Malcolm Cecil, Hans-Joachim Roedelius, and Deux Filles. Each individual track sculpts a setting, constructing an amorphous landscape of surreal musical vignettes. Picture a boat tied to a dock, bobbing with the waves, wisps of fog refusing the complete vision. This is the nebulous space of ‘The Arbitrary Dimension of Dreams,’ an enveloping, insistent realm that feels both intimately familiar and profoundly otherworldly.

The album sustains the tension between dream, fiction, and reality thanks to Kennan’s investment in the contradictions of these states. She notes that the fundamentally absurd and arbitrary nature of dream does not free us from the dominion that daydreams, fantasies, and wishes have on our lives. Similarly, the understanding that our dreams belong entirely to us, products of our individual mind, cannot undo the suspicion that they somehow come from somewhere else. For ‘The Arbitrary Dimension of Dreams,’ Kennan expresses this tension by pairing the grand gestures of film scores with intensely personal idiosyncrasies: abrupt endings, murky, subharmonic rumbling, and ghostly fragments. Kennan’s sense of timing, her steadfastness, and her daring ensure that even the slightest detail in this narrative is gripping, poignant, and expressive.

Cate Kennan is a Los Angeles native. ‘The Arbitrary Dimension of Dreams’ is her debut LP, following appearances on the compilations ‘Succession Sounds, Vol. I’ (2019, Post Present Medium) and ‘Clay Bodies’ (2021, Objects & Sounds)."

Artist : Cate Kennan

Label : Post Present Medium

+ -

アメリカ・LAのアンビエント作家Cate Kennanが、2022年10月にLAの実験/ポップレーベルPost Present Mediumからリリースしたデビューレコードです。

夢の中で流れているBGMのような世界観の実験シンセアンビエント12曲を収録。DLコード付属。 マスタリングはSean McCannが担当しています。

以下、レーベルによる解説です。

"The Arbitrary Dimension of Dreams(夢の恣意的な次元)」は、Cate Kennan が記憶、夜間、物語を斜めに探求した作品です。その結果生まれた12曲のコンポジションは、爽やかで、喚起的で、余韻を残します。Cate Kennan の音のパレットは広大でありながら調和がとれており、かすんだラップ・スティール・ギターや水のようなアナログ・エフェクトにスペクトラルなシンセサイザーを巧みにマッチさせています。初期メロディック・エレクトロニック・ミュージックのまばらな世界に存在する彼女の曲は、マルコム・セシル、ハンス・ヨアヒム・ローデリウス、ドゥ・フィーユの音風景を思い起こさせます。ひとつひとつのトラックが、超現実的な音楽ヴィネットの不定形な風景を構築しています。波止場に繋がれたボートが波に揺られ、霧が視界を遮ります。これが「The Arbitrary Dimension of Dreams」の漠然とした空間であり、包み込むような執拗な領域は、身近に感じると同時に、深遠な別世界のようでもあります。

このアルバムは、夢、フィクション、現実の間の緊張感を持続させていますが、これはCate Kennanがこれらの状態の矛盾に投資しているおかげです。彼女は、夢の根本的に不条理で恣意的な性質は、白昼夢、空想、願望が私たちの人生に及ぼす支配から私たちを解放するものではないと指摘します。同様に、夢はすべて私たちのものであり、私たち個人の心の産物であると理解しても、それがどこか他の場所から来たものであるという疑いを解くことはできません。The Arbitrary Dimension of Dreams(夢の恣意的な次元)」において、Cate Kennanは、映画音楽の壮大なジェスチャーと、強烈に個人的な特異性、つまり唐突な終わり方、濁ったサブハーモニックな響き、幽霊のような断片を組み合わせることによって、この緊張感を表現しています。彼女のタイミング感覚、堅実さ、大胆さは、この物語のわずかなディテールさえも、心をつかみ、痛烈で、表現力豊かなものにしています。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Post Present Medium releases available at Tobira. 

--------------------------------

Includes DL code. 12" black vinyl. 

Post Present Medium:

"‘The Arbitrary Dimension of Dreams’ is Cate Kennan’s oblique exploration of memory, nighttime, and narrative. The resulting 12 compositions are brisk, evocative, and lingering. Kennan’s sonic palette is vast yet harmonized, deftly matching spectral synthesizers to hazy lap steel guitars and watery analog effects. Existing in the sparsely occupied world of early melodic electronic music, her songs call to mind the sonic landscape’s of Malcolm Cecil, Hans-Joachim Roedelius, and Deux Filles. Each individual track sculpts a setting, constructing an amorphous landscape of surreal musical vignettes. Picture a boat tied to a dock, bobbing with the waves, wisps of fog refusing the complete vision. This is the nebulous space of ‘The Arbitrary Dimension of Dreams,’ an enveloping, insistent realm that feels both intimately familiar and profoundly otherworldly.

The album sustains the tension between dream, fiction, and reality thanks to Kennan’s investment in the contradictions of these states. She notes that the fundamentally absurd and arbitrary nature of dream does not free us from the dominion that daydreams, fantasies, and wishes have on our lives. Similarly, the understanding that our dreams belong entirely to us, products of our individual mind, cannot undo the suspicion that they somehow come from somewhere else. For ‘The Arbitrary Dimension of Dreams,’ Kennan expresses this tension by pairing the grand gestures of film scores with intensely personal idiosyncrasies: abrupt endings, murky, subharmonic rumbling, and ghostly fragments. Kennan’s sense of timing, her steadfastness, and her daring ensure that even the slightest detail in this narrative is gripping, poignant, and expressive.

Cate Kennan is a Los Angeles native. ‘The Arbitrary Dimension of Dreams’ is her debut LP, following appearances on the compilations ‘Succession Sounds, Vol. I’ (2019, Post Present Medium) and ‘Clay Bodies’ (2021, Objects & Sounds)."

Artist : Cate Kennan

Label : Post Present Medium