• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Andrew Weathers // A Cardinal With a Sign of Blood LP

Andrew Weathers // A Cardinal With a Sign of Blood LP

¥4,132
  • Availability:

アメリカ・テキサスの実験/アンビエントレーベルFull Spectrum主宰Andrew Weathersが、2023年9月にリリースしたレコードです。

彼の父と叔母が他界した直後に制作した、家族と親戚のフィールドレコーディングを散りばめたパーソナルなコラージュ・アンビエントフォーク7曲を収録。DLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。

"Full Spectrum Recordsは、Andrew Weathers による特別なプロジェクトを発表する。Weathersは、自身の名義では初となるLP盤「A Cardinal With a Sign of Blood」をリリースする。

Weathersが父と叔母の逝去と格闘している間に制作された「A Cardinal With a Sign of Blood」は、普遍的でありながら深く親密な内省の息吹を感じさせる。この作品は、Andrew Weathersの大家族から入手したさまざまな録音が作曲のバックボーンとなっており、精神的なデトリタスの万華鏡として存在している。

留守番電話のメッセージ、父親が子供の頃に作った奇妙な¼インチのテープ[クラリネットのリハーサルの断片、録音されたディナー・パーティー、UFOの訪問に関する目撃証言]、テキサス州イーラス郡の牧場で行われた祖父のインタビュー、両親の結婚式の音楽、関連する場所で録音された現代のフィールドレコーディング、その他多くの貴重な奇妙な聴覚が、アルバムの7曲を通して漂っている。

多くの場合、これらの録音はオートチューン、ヴォコーダー、ハーモナイザーなどの拡張処理技術にかけられ、核となる音楽のテクスチャーやモチーフを生み出している。そして、Weathersのエレクトリックピアノ、ギター、ホーン、パーカッション、エレクトロニクスといった伝統的な音楽要素が、過ぎ去った家族の亡霊と調和しながら、この記憶のダストボックスの周りに構築された。

「このアルバムは、記憶へのアクセスの喪失をテーマにしている」とWeathersは説明する。「このアルバムは、本当の意味で知り合ったことのない人たちとの会話に入ろうとする試みなんだ...私が深く不安に感じている、深い落ち着きのなさや居場所のなさを反映している」。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Full Spectrum Records releases available at Tobira. 

--------------------------------

Edition of 300. Includes DL code.

Description by Andrew Weathers / Full Spectrum Records:

"T Full Spectrum Records returns with a very special project from our own Andrew Weathers, who is proud to present the first-ever long-player release under his own name – ’A Cardinal With a Sign of Blood.’

Constructed while Weathers was grappling with the passing of both his father and aunt, ‘A Cardinal With a Sign of Blood’ gives breath to a strain of introspection that is both universal and deeply intimate. The work exists as a kaleidoscope of psychic detritus, with various recordings sourced from members of Weathers’ extended family providing its compositional backbone.

Answering machine messages, odd ¼” tapes that his father made as a child [snippets of clarinet rehearsals, recorded dinner parties, eye witness accounts of UFO visitations], interviews with his grandfather made on his ranch in Erath County, TX, music from his parents’ wedding, contemporary field recordings made at relevant locations, and so many other precious aural oddities drift throughout the album’s seven tracks.

In many cases, these recordings were subjected to extended processing techniques, including auto-tune, vocoders, and harmonizers, to generate core musical textures and motifs. The more traditional musical elements – Weathers’ electric piano, guitars, horns, percussion, and electronics – were then built around this dustbox of memory, in harmonic resonance with ghosts of family passed.

“It’s about the loss of access to memory,” explains Weathers. “The album is an attempt to enter into a conversation with people I’ve never truly known…reflecting a deep restlessness and lack of belonging that I feel profoundly unsettled by.”
 

Artist : Andrew Weathers

Label : Full Spectrum Records

アメリカ・テキサスの実験/アンビエントレーベルFull Spectrum主宰Andrew Weathersが、2023年9月にリリースしたレコードです。

彼の父と叔母が他界した直後に制作した、家族と親戚のフィールドレコーディングを散りばめたパーソナルなコラージュ・アンビエントフォーク7曲を収録。DLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。

"Full Spectrum Recordsは、Andrew Weathers による特別なプロジェクトを発表する。Weathersは、自身の名義では初となるLP盤「A Cardinal With a Sign of Blood」をリリースする。

Weathersが父と叔母の逝去と格闘している間に制作された「A Cardinal With a Sign of Blood」は、普遍的でありながら深く親密な内省の息吹を感じさせる。この作品は、Andrew Weathersの大家族から入手したさまざまな録音が作曲のバックボーンとなっており、精神的なデトリタスの万華鏡として存在している。

留守番電話のメッセージ、父親が子供の頃に作った奇妙な¼インチのテープ[クラリネットのリハーサルの断片、録音されたディナー・パーティー、UFOの訪問に関する目撃証言]、テキサス州イーラス郡の牧場で行われた祖父のインタビュー、両親の結婚式の音楽、関連する場所で録音された現代のフィールドレコーディング、その他多くの貴重な奇妙な聴覚が、アルバムの7曲を通して漂っている。

多くの場合、これらの録音はオートチューン、ヴォコーダー、ハーモナイザーなどの拡張処理技術にかけられ、核となる音楽のテクスチャーやモチーフを生み出している。そして、Weathersのエレクトリックピアノ、ギター、ホーン、パーカッション、エレクトロニクスといった伝統的な音楽要素が、過ぎ去った家族の亡霊と調和しながら、この記憶のダストボックスの周りに構築された。

「このアルバムは、記憶へのアクセスの喪失をテーマにしている」とWeathersは説明する。「このアルバムは、本当の意味で知り合ったことのない人たちとの会話に入ろうとする試みなんだ...私が深く不安に感じている、深い落ち着きのなさや居場所のなさを反映している」。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Full Spectrum Records releases available at Tobira. 

--------------------------------

Edition of 300. Includes DL code.

Description by Andrew Weathers / Full Spectrum Records:

"T Full Spectrum Records returns with a very special project from our own Andrew Weathers, who is proud to present the first-ever long-player release under his own name – ’A Cardinal With a Sign of Blood.’

Constructed while Weathers was grappling with the passing of both his father and aunt, ‘A Cardinal With a Sign of Blood’ gives breath to a strain of introspection that is both universal and deeply intimate. The work exists as a kaleidoscope of psychic detritus, with various recordings sourced from members of Weathers’ extended family providing its compositional backbone.

Answering machine messages, odd ¼” tapes that his father made as a child [snippets of clarinet rehearsals, recorded dinner parties, eye witness accounts of UFO visitations], interviews with his grandfather made on his ranch in Erath County, TX, music from his parents’ wedding, contemporary field recordings made at relevant locations, and so many other precious aural oddities drift throughout the album’s seven tracks.

In many cases, these recordings were subjected to extended processing techniques, including auto-tune, vocoders, and harmonizers, to generate core musical textures and motifs. The more traditional musical elements – Weathers’ electric piano, guitars, horns, percussion, and electronics – were then built around this dustbox of memory, in harmonic resonance with ghosts of family passed.

“It’s about the loss of access to memory,” explains Weathers. “The album is an attempt to enter into a conversation with people I’ve never truly known…reflecting a deep restlessness and lack of belonging that I feel profoundly unsettled by.”
 

Artist : Andrew Weathers

Label : Full Spectrum Records