• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Anagrams // Blue Voices LP

Anagrams // Blue Voices LP

  • Availability:

アメリカ・アトランタのマルチ奏者Shy Layers(JD Walsh)とJeff CromptonによるデュオAnagramsが、2023年11月にスペイン・バルセロナのIDMレーベルBalmatからリリースしたデビューレコードです。

エチオ・ジャズ〜アンビエント・ジャズ11曲を収録。

※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"Balmatの共同設立者であるPhilip SherburneとAlbert SalinasはShy Layersの軽快なバレアリック・ポップの長年のファンだった。だからShy LayersのJD Walshが、同じアトランタのマルチインストゥルメンタリストJeff Cromptonと一緒に作っているデモを聴いてほしいと依頼してきたとき、私たちはそのチャンスに飛びついた。そして、彼らの制作中の作品を聴いたとたん、決断はほぼ即決だった。 

WalshとCromptonの2人はAnagramsであり、彼らのデビューアルバム『Blue Voices』は、Balmatのエレクトロニックミュージックとは一線を画している。アンビエントミュージックではないが、完全にアンビエントミュージックではないというわけでもない。2016年にWalshがブルックリンからアトランタに引っ越したときに出会い、数年後にコラボレーションを始めた2人のミュージシャンは、この音楽を同じように曖昧な言葉で捉えている。「ジャズじゃないから好きなんだ」と、ベテランでジャズ奏者としての資格もあるCromptonは冗談めかして言う。そしてJDは「ジャズだから好きなんだ」と言う。

Cromptonは、ジョージア州の即興・実験音楽シーンに深く根ざしたミュージシャン(元高校バンド教師)であり、ユージーン・チャドボーンとの共演、ゴッドスピード・ユー.ユージン・チャドボーンとの共演、ゴッドスピード・ユー!ブラック・エンペラーへのゲスト出演、ノックスビルのビッグ・イヤーズでのテルミンとラップ・スティールのデュエットによる12時間に及ぶドローン演奏など。Blue Voicesでは、アルトサックス、テナーサックス、クラリネット、エレクトリックピアノ、オルガンを演奏している。Walshは2015年にBandcampでセルフリリースを始めて以来、Shy Layersとして音楽をリリースしてきた。翌年、ドイツのGrowing Binが彼の最初のEP2枚をセルフタイトルのアルバムとしてパッケージし、2018年にはティム・スウィーニーのレーベルBeats in SpaceがShy Layersの2ndアルバム『Midnight Marker』をリリースした。これらのアルバムでは、Walshの遊び心に満ちたハーモニーの本能が、トロピカルな含みを持つ切ない曲作りに活かされていたが、『Blue Voices』では、実験的な傾向を主役に据えている。アコースティックギター、エレクトリックギター、エレクトリックラップ・スティール、ベース、ムーグマトリアーク、モジュラーシンセ、そしてプログラムされたドラムを演奏し、豊かな質感のレイヤーと抽象的な音色の集合体に力を注いでいる。

アルバム全11曲の中には、ダニエル・ラノワのペダルスティールが奏でる「アポロ」のような雰囲気たっぷりの響きや、エチオジャズのような情緒的なモード、風物詩のような晩夏の静けさ、Patrick Shiroishiのような多才なプレイヤーや作曲家など、おなじみの試みがかすかに感じられる。ブルー・ヴォイセズ』が捉えているのは、2人の落ち着きのない音楽的イマジネーションが織り成す奇想天外なサウンドである。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Lapsus / Balmat releases available at Tobira. 

--------------------------

Ask us for digital files. 12" black 140gram vinyl. 

Tracklist:

  1. Birds on Clifton 04:32
  2. Blue Voices 03:57
  3. Hymn No. 2 03:30
  4. Catch It 03:05
  5. Ex Uno Plures 04:36
  6. Hidden Hearts 02:50
  7. Another Cloud 03:59
  8. Song in Six 03:50
  9. Interesting Times 03:02
  10. Let Us Sing Sad Songs Together 03:37
  11. What Is Left Is Music 03:13

Balmat:

"Balmat co-founders Philip Sherburne and Albert Salinas have been fans of Shy Layers’ lilting, Balearic pop for years, so when Shy Layers’ JD Walsh asked us to listen to a set of demos he was working up with fellow Atlanta multi-instrumentalist Jeff Crompton, we jumped at the chance. And once we heard their work in progress, the decision was almost immediate: We have to release this.

Together, Walsh and Crompton are Anagrams, and their debut album together, Blue Voices, might initially seem like a departure from Balmat’s habitually electronic terrain. It’s not ambient music, but it’s also not not ambient music, at least to listeners in the right frame of mind. The two musicians, who met when Walsh moved from Brooklyn to Atlanta in 2016 and began collaborating a few years later, see the music in similarly ambiguous terms. “I like it because it’s not jazz,” jokes Crompton, a veteran and credentialed jazz player. “And JD likes it because it’s jazz.”

Crompton is a musician (and former high-school band teacher) with deep roots in Georgia’s improvised and experimental music scenes; his credits include shows with Eugene Chadbourne, a guest appearance with Godspeed You! Black Emperor, and a collaboration with Duet for Theremin and Lap Steel’s 12-hour drone performance at Knoxville’s Big Ears. On Blue Voices he plays alto and tenor saxophone, clarinet, electric piano, and organ. Walsh has been releasing music as Shy Layers since 2015, when he started self-releasing on Bandcamp; the following year, Germany’s Growing Bin packaged his first two EPs as a self-titled album, and in 2018, Tim Sweeney’s Beats in Space label put out Shy Layers’ sophomore album, Midnight Marker. Where those records channeled Walsh’s playful harmonic instincts into wistful songwriting with tropical overtones, on Blue Voices he lets his experimental tendencies take the lead. Playing acoustic and electric guitars, electric lap steel, bass, Moog Matriarch, modular synth, and programmed drums, he concentrates his energies on richly textural layers and abstract assemblages of tone color.

Across the album’s 11 tracks, there are faint echoes of familiar touchstones: the atmospheric twang of Daniel Lanois’ pedal steel on Apollo: Atmospheres and Soundtracks; the mercurial modal runs of Ethio-jazz; the late-summer calm of Fuubutsushi; the versatility of players and composers like Patrick Shiroishi and Sam Gendel, who are asking similar questions about where jazz ends and some other, nameless territory begins. Mostly, though, what Blue Voices captures is the quixotic sound of two restless musical imaginations making it up as they go along, two voices discovering a shared language in a hitherto unexplored shade of blue. "

Artist : Anagrams

Label : Balmat

+ -

アメリカ・アトランタのマルチ奏者Shy Layers(JD Walsh)とJeff CromptonによるデュオAnagramsが、2023年11月にスペイン・バルセロナのIDMレーベルBalmatからリリースしたデビューレコードです。

エチオ・ジャズ〜アンビエント・ジャズ11曲を収録。

※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"Balmatの共同設立者であるPhilip SherburneとAlbert SalinasはShy Layersの軽快なバレアリック・ポップの長年のファンだった。だからShy LayersのJD Walshが、同じアトランタのマルチインストゥルメンタリストJeff Cromptonと一緒に作っているデモを聴いてほしいと依頼してきたとき、私たちはそのチャンスに飛びついた。そして、彼らの制作中の作品を聴いたとたん、決断はほぼ即決だった。 

WalshとCromptonの2人はAnagramsであり、彼らのデビューアルバム『Blue Voices』は、Balmatのエレクトロニックミュージックとは一線を画している。アンビエントミュージックではないが、完全にアンビエントミュージックではないというわけでもない。2016年にWalshがブルックリンからアトランタに引っ越したときに出会い、数年後にコラボレーションを始めた2人のミュージシャンは、この音楽を同じように曖昧な言葉で捉えている。「ジャズじゃないから好きなんだ」と、ベテランでジャズ奏者としての資格もあるCromptonは冗談めかして言う。そしてJDは「ジャズだから好きなんだ」と言う。

Cromptonは、ジョージア州の即興・実験音楽シーンに深く根ざしたミュージシャン(元高校バンド教師)であり、ユージーン・チャドボーンとの共演、ゴッドスピード・ユー.ユージン・チャドボーンとの共演、ゴッドスピード・ユー!ブラック・エンペラーへのゲスト出演、ノックスビルのビッグ・イヤーズでのテルミンとラップ・スティールのデュエットによる12時間に及ぶドローン演奏など。Blue Voicesでは、アルトサックス、テナーサックス、クラリネット、エレクトリックピアノ、オルガンを演奏している。Walshは2015年にBandcampでセルフリリースを始めて以来、Shy Layersとして音楽をリリースしてきた。翌年、ドイツのGrowing Binが彼の最初のEP2枚をセルフタイトルのアルバムとしてパッケージし、2018年にはティム・スウィーニーのレーベルBeats in SpaceがShy Layersの2ndアルバム『Midnight Marker』をリリースした。これらのアルバムでは、Walshの遊び心に満ちたハーモニーの本能が、トロピカルな含みを持つ切ない曲作りに活かされていたが、『Blue Voices』では、実験的な傾向を主役に据えている。アコースティックギター、エレクトリックギター、エレクトリックラップ・スティール、ベース、ムーグマトリアーク、モジュラーシンセ、そしてプログラムされたドラムを演奏し、豊かな質感のレイヤーと抽象的な音色の集合体に力を注いでいる。

アルバム全11曲の中には、ダニエル・ラノワのペダルスティールが奏でる「アポロ」のような雰囲気たっぷりの響きや、エチオジャズのような情緒的なモード、風物詩のような晩夏の静けさ、Patrick Shiroishiのような多才なプレイヤーや作曲家など、おなじみの試みがかすかに感じられる。ブルー・ヴォイセズ』が捉えているのは、2人の落ち着きのない音楽的イマジネーションが織り成す奇想天外なサウンドである。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Lapsus / Balmat releases available at Tobira. 

--------------------------

Ask us for digital files. 12" black 140gram vinyl. 

Tracklist:

  1. Birds on Clifton 04:32
  2. Blue Voices 03:57
  3. Hymn No. 2 03:30
  4. Catch It 03:05
  5. Ex Uno Plures 04:36
  6. Hidden Hearts 02:50
  7. Another Cloud 03:59
  8. Song in Six 03:50
  9. Interesting Times 03:02
  10. Let Us Sing Sad Songs Together 03:37
  11. What Is Left Is Music 03:13

Balmat:

"Balmat co-founders Philip Sherburne and Albert Salinas have been fans of Shy Layers’ lilting, Balearic pop for years, so when Shy Layers’ JD Walsh asked us to listen to a set of demos he was working up with fellow Atlanta multi-instrumentalist Jeff Crompton, we jumped at the chance. And once we heard their work in progress, the decision was almost immediate: We have to release this.

Together, Walsh and Crompton are Anagrams, and their debut album together, Blue Voices, might initially seem like a departure from Balmat’s habitually electronic terrain. It’s not ambient music, but it’s also not not ambient music, at least to listeners in the right frame of mind. The two musicians, who met when Walsh moved from Brooklyn to Atlanta in 2016 and began collaborating a few years later, see the music in similarly ambiguous terms. “I like it because it’s not jazz,” jokes Crompton, a veteran and credentialed jazz player. “And JD likes it because it’s jazz.”

Crompton is a musician (and former high-school band teacher) with deep roots in Georgia’s improvised and experimental music scenes; his credits include shows with Eugene Chadbourne, a guest appearance with Godspeed You! Black Emperor, and a collaboration with Duet for Theremin and Lap Steel’s 12-hour drone performance at Knoxville’s Big Ears. On Blue Voices he plays alto and tenor saxophone, clarinet, electric piano, and organ. Walsh has been releasing music as Shy Layers since 2015, when he started self-releasing on Bandcamp; the following year, Germany’s Growing Bin packaged his first two EPs as a self-titled album, and in 2018, Tim Sweeney’s Beats in Space label put out Shy Layers’ sophomore album, Midnight Marker. Where those records channeled Walsh’s playful harmonic instincts into wistful songwriting with tropical overtones, on Blue Voices he lets his experimental tendencies take the lead. Playing acoustic and electric guitars, electric lap steel, bass, Moog Matriarch, modular synth, and programmed drums, he concentrates his energies on richly textural layers and abstract assemblages of tone color.

Across the album’s 11 tracks, there are faint echoes of familiar touchstones: the atmospheric twang of Daniel Lanois’ pedal steel on Apollo: Atmospheres and Soundtracks; the mercurial modal runs of Ethio-jazz; the late-summer calm of Fuubutsushi; the versatility of players and composers like Patrick Shiroishi and Sam Gendel, who are asking similar questions about where jazz ends and some other, nameless territory begins. Mostly, though, what Blue Voices captures is the quixotic sound of two restless musical imaginations making it up as they go along, two voices discovering a shared language in a hitherto unexplored shade of blue. "

Artist : Anagrams

Label : Balmat