• 11,000円以上ご購入で全国送料無料

Faitiche

You may also like:

ベルギー・ブリュッセルのRoméo PoirierとドイツのThe Exposures aka Jan Jelinekアンビエント作家2名が、2023年11月にドイツ・ベルリンの実験/アンビエントレーベルFaiticheからリリースしたスプリット7"です。 コラージュ・アンビエント〜Lo-Fiコラージュ・ヒップホップ14曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Faitiche releases available...
$15.00

You may also like:

ドイツの実験レーベルFaitiche主宰SG aka Andrew Peklerが、2023年10月にリリースしたレコードです。 エレキギターと数台のエフェクターで制作したアンビエント10曲を収録。 以下、レーベルによる解説です。 "SG "は、Andrew PeklerがセンチメンタルなギターエスケーピズムのアルバムでFaiticheに帰ってきたことに他ならない。『For Lovers Only / Rain Suite』は、エレクトリックギターとわずかなエフェクター(さらに雨の録音も追加)だけで作られた10曲を収録しており、Peklerはキッチュ、実験、ミニマリズムへの傾向を再び再現しようとしている。

PeklerのペンネームSGは何の略だろう?センチメンタル・ギター?サウンド・ギャラリー?シャイガイ?サッド・グノーシス?サウダージ・グラマー?ソフト・ゴス?わからないが、悪名高きシカゴのロマンチストSam...
$29.00

You may also like:

イギリスのドローン作家blackbody_radiationが、2023年9月にドイツの実験レーベルFaiticheからリリースしたレコードです。 フィールドレコーディングを加工したドローン〜アンビエントドローン7曲を収録。 ※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡をお願いします "Faiticheは、blackbody_radiationことAndrew Blackを迎える。彼のデビューアルバム『Ultra-Materials』には、サウンドマスキングの助けを借りて制作された6つの幽霊のようなドローンが収録されている。 Andrew Blackは、イギリス北西部の工業地帯のひとつであるミルタウン出身で、空間とその音響に対する繊細な感覚を持っている。デザイナーとして訓練を受け、建築や公共空間の領域で活動してきた彼にとって、フィールドレコーディングを操作することに興味を持つのは自然なことだった。

Ultra-Materialsに収録された6つの作品は、Blackの非常に繊細なミニマリズムを見て取ることができる。部屋の音響と場所に関する微妙に蛇行した媒介を示すもので、特にサウンドマスキング(不要な音を隠すために人工的に発生させた周波数の追加や重ね合わせ)の助けを借りて操作されている。

時には温かみのあるエンジン音を連想させ、時には注意深く捉えた自然現象を思い起こさせる。具体的な帰属や音楽的な位置づけがないため、出自を明らかにすることなく催眠術のような引きを繰り広げることができるのだ。ハーモニクスは時に揺らぎ、時にワーワーと鳴り、時に共存する。これは、私たちのリスニング能力に触れようとする試みなのだ。" レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Faitiche releases available...
$29.00

You may also like:

ドイツ・ベルリンの実験テクノレーベル100Records主宰Muellie Messiah & Punk Not Punkが、2023年3月にFaiticheからリリースしたレコードです。 約40分のドローン・テクノ〜コラージュを収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Faitiche releases available...
$27.00

You may also like:

ベルギー・ブリュッセルのアンビエント作家Roméo Poirierが、2022年9月にドイツ・ベルリンの実験/アンビエントレーベルFaiticheからリリースしたレコードです。 モジュラーによる実験アンビエント14曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Faitiche releases available at Tobira. ---------------------- 12"...
Sold Out

You may also like:

ドイツ・ベルリンの実験音楽家Jan Jelinekが、2023年4月にベルリンの実験レーベルFaiticheからリリースしたレコードです。 メディアアートのサウンドトラックとして制作したコラージュ〜コラージュ・アンビエント10曲を収録。  以下、レーベルによる解説です。 "映画史上、最も悪名高い憎悪の権化の一人が、ジョン・ヒューストン監督の1956年の名作『モビーディック』のエイハブ船長です。彼の狂気的な独白は、何世代にもわたって視聴者に魔法をかけました。ベルリンを拠点に活動する音楽家でサウンドアーティストのJan Jelinekは、このエイハブの声を楽器に変身させました。

Faiticheでは、2022年にカナダのニューメディアアーティストClive Holdenと共同開発したオーディオビジュアルソフトウェア「SEASCAPE - polyptych」のためのJan Jelinekのサウンドトラックを紹介します。『SEASCAPE - polyptych』は、『モビーディック』の画像と音響のソースをベースにしています。Holdenがフィルムシーケンスの操作に取り組む一方で、Jan Jelinekのサウンドトラックではエイハブの声が中心的な役割を担っています。船長のスピーチのダイナミックなボリュームとトーンは、エイハブの声を10の抽象的なサウンドスケープに変えるシンセサイザーシステムを制御します。

この作品では、声は衝動を与え、物事をコントロールしますが、私たちが耳にするのは話し言葉の音そのものではありません。時折、音節や音を認識できるような音声の断片が聞こえるだけです。その代わり、ヒスノイズやサウンドスケープ、噴出する音で構成されたコンポジションが聞こえてきます。雰囲気は暗く、不吉なものです。しかし、どの曲も明確な音の構造を持っており、分かりやすいドラマチックな構成に則っています。この音楽は抽象的であるが、圧倒されることはありません。それどころか、SEASCAPE -...
Sold Out

You may also like:

ドイツ・ベルリンの実験音楽家Jan Jelinekが、2023年3月にベルリンの実験レーベルFaiticheからリリースした再発レコードです。(オリジナルは2018年リリース) ラジオ劇用に制作したコラージュ13曲を収録。 ----------------------------------- Faitiche: "Faitiche is delighted to release a short version of...
Sold Out

You may also like:

ドイツ・ベルリンの実験音楽家Andrew PeklerとHanno Leichtmann、Jan JelinekによるインプロトリオGroupshowが、2023年1月にFaiticheからリリースしたデビューレコードです。 インプロ・ストレンジビーツ10曲を収録。 マスタリングはGiuseppe Ielasiが担当しています。 ------------------------------------- Text by Arno Raffeiner, 2023:  "faitiche presents...
Sold Out

You may also like:

ドイツの音響作家Jan Jelinekが、2021年9月に自身主宰レーベルFaiticheからリリースした最新作です。 本作は、彼が国営放送SWR2のために制作したラジオ曲「Vom Rohen und Gekochten (The Raw and The Cooked)」のアルバム版です。ガラスや金属の破壊音や液状化する音、木が燃える音などに着目した物音コラージュ5曲を収録。  ------------------------------- Text by...
Sold Out