• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Anna Butterss // Activities LP

Anna Butterss // Activities LP

  • Availability:

Jeff ParkerやAimee Mann、Phoebe Bridgers、Makaya McCravenなどのサポートとしてベースを弾いてきたオーストラリア・アデレイド出身アメリカ・LA在住のマルチ奏者/ベーシストAnna Butterssが、2023年3月にLAのコンテンポラリージャズレーベルColorfield Recordsからリリースしたデビューレコードです。

ベースやギターはもちろん、キーボード、フルート、パーカッションを全て彼女自身で演奏したコンテンポラリー・ジャズ12曲を収録。DLコード付属。 

Jeff Parkerとの共作もおすすめです。

以下、レーベルによる解説です。

"Anna ButterssのActivitiesは、偶然のスタジオへの招待から生まれ、1日のセッションは、彼女が最終的に作り上げた包括的でエレクトロ・アコースティックな作品へと徐々に進化していきました。レーベルColorfield Recordsの信頼できる共同プロデューサー兼ミキサーであるPete Minと共に、ベーシストからソングライターに転身した彼女は、Josh Johnson、Ben Lumsdaine、Christian Eumanをコラボレーターとして迎え、彼女の作曲に肉付けをしました。即興、加工、レイヤリングのプロセスを経て作られたこれらの曲は、Butterssにとって深く個人的なもので、異国での生活、悲しみ、家族についての考察をまとめたものです。

Butterssがこのアルバムに持ち込んだ楽器の数々は、それだけで驚異的なものです。Aimee Mann、Phoebe Bridgers、Makaya McCravenなどのベース奏者として有名ですが、「Activities」ではアップライトとエレクトリックベース、ギター、ピアノ、ローズ、アナログとデジタルシンセサイザー、ドラム、ドラムプログラミング、パーカッション、フルート、そしてボーカルを演奏しました。

このアルバムの魅力とパワーは、Butterssが探求する無限の範囲に存在します。"Super Lucrative "は、RadioheadのKid Aの時代にフィットしそうな陰鬱なシンセが鳴り響き、"Blevins "は、アリーナで使えるドラムと下降音階のギターラインが繊細に楽器間を織りなす華やかなチェンバー・ジャズのオードです。アバンギャルドなベースが印象的な "Do Not Disturb "は、おそらくこのアルバムで最も生々しい曲で、悲しみと喪失についての瞑想、友人の喪失を通じたバタースの思考法です。

Butterssがスタジオに入ったのは、Minに誘われて1日遊んだ後でしたが、彼女はすぐに、音楽を通して言いたいことがたくさんあることに気づきました。オーストラリアにいる友人や家族から、ありえないほど遠く離れたアメリカで過ごした時間の重みは、パンデミックの最中、より強くなり始めました。"2021年半ば、私はちょうどアメリカに住んで9年目に突入したところでした。いつも覚えているんです」と説明しました。"去年、その記念日が来たとき、私はただ「なんてこった、私は9年もここにいるんだ」と思いました。"

このアルバムは、故郷を離れるという重大な決断に伴う喜びと苦しみを扱っています。確かに、Butterssはここでキャリアを積み、地球上で最も優れたミュージシャンのために必要とされるベーシストとなったが、彼女の世界は世界から隔絶されていました。そのギャップは、さらに大きくなっているように感じられました。「その決断の意味と重さについて、よく考えていました。でも、年を追うごとに、"ああ、家族に会っていない "と思うようになりました」。

これは、親しい友人の2つの悲劇的な死と並んで、『Activities』の悲痛な核心に影響を与えています。そのタイトルは、さまざまなことを暗示していますが、おそらく、私たちが最低の状態にあるときの音楽の力ほど重要なものはありません。音楽は常にそこにあり、あまりにも早く怖い方向に進んでいく世界の中で、数少ない不変のもののひとつです。しかし、インストゥルメンタル・ミュージックは、Butterssにとって、言葉が多すぎるとき、あるいは十分でないときに探求するための出口であったのです。

「言葉で自分を表現するのは少し怖いですが、ベースでは落ち着くんです。」とButterssは言います"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Colorfield Recordings releases available at Tobira.

----------------------

12" black vinyl. Includes DL code.

Colorfield Recordings:

"Anna Butterss’ Activities was born out of a chance studio invitation, a one day session that slowly evolved into the encompassing, electro-acoustic opus she eventually crafted. Alongside her trusty co-producer and mixer, Pete Min of the label Colorfield Records, the bassist turned-songwriter recruited collaborators Josh Johnson, Ben Lumsdaine, and Christian Euman to flesh out her compositions. These songs, created through a process of improvisation, processing and layering are deeply personal to Butterss, a collection of reflections on life in a foreign country, grief, and family.

The array of instruments Butterss brings to the album is staggering in its own right. Though famous for her work on the bass with Aimee Mann, Phoebe Bridgers, Makaya McCraven, and more, on Activities, she plays upright and electric bass, guitar, piano, Rhodes, analog and digital synths, drums, drum programming, percussion, flute, and vocals.

The album’s charm and power exists in the limitless scope Butterss explores. “Super Lucrative” rumbles with brooding synths that could fit into Radiohead’s Kid A era, while “Blevins” is a gorgeous chamber jazz ode with arena-ready drums and descending scales of guitar lines that delicately weave between the instruments. The avant-garde bass exercise of “Do Not Disturb” is perhaps the album’s rawest track, a meditation on grief and loss, Butterss’ way of thinking through the loss of a friend.

Though Butterss only hit the studio after Min invited her to mess around for a day, she quickly realized she had many things she needed to say through music. The weight of her time in America, seemingly impossibly far from her friends and family in Australia, began to become more intense during the height of the pandemic. “In mid-2021, I had just hit nine years living in the United States and I have always found dates to be very important. I always remember them,” she explains. “When that anniversary came around last year, I was just like, ‘Oh my God, I've been here for nine years.’”

The album deals with the joy and pain that comes with such a monumental decision as leaving home. Sure, Butterss made her career here, became an in-demand bass player for some of the best musicians on the planet, but her world was a world away. It felt like the gap was growing even bigger. “I was thinking a lot about the implications and the weight of that decision, that at the time when I decided to move, I was 21,” she says. “I wasn't really thinking very far ahead, but as each year goes by, I think, ‘Oh my gosh, I haven't seen my family.’”

This, alongside two tragic deaths of close friends, informs the mournful core of Activities, whose title alludes to a number of things, but perhaps none more important than the power of music during our lowest points. It is always there, and is one of the few constants in a world that is moving far too quickly in scary directions. But instrumental music has always been an outlet for Butterss to explore when words were too much, or not nearly enough. “I find it almost a little scary to express myself with language,” Butterss explains, before adding, “...but on the bass, I feel at home.”
 "

Artist : Anna Butterss

Label : Colorfield Recordings

Jeff ParkerやAimee Mann、Phoebe Bridgers、Makaya McCravenなどのサポートとしてベースを弾いてきたオーストラリア・アデレイド出身アメリカ・LA在住のマルチ奏者/ベーシストAnna Butterssが、2023年3月にLAのコンテンポラリージャズレーベルColorfield Recordsからリリースしたデビューレコードです。

ベースやギターはもちろん、キーボード、フルート、パーカッションを全て彼女自身で演奏したコンテンポラリー・ジャズ12曲を収録。DLコード付属。 

Jeff Parkerとの共作もおすすめです。

以下、レーベルによる解説です。

"Anna ButterssのActivitiesは、偶然のスタジオへの招待から生まれ、1日のセッションは、彼女が最終的に作り上げた包括的でエレクトロ・アコースティックな作品へと徐々に進化していきました。レーベルColorfield Recordsの信頼できる共同プロデューサー兼ミキサーであるPete Minと共に、ベーシストからソングライターに転身した彼女は、Josh Johnson、Ben Lumsdaine、Christian Eumanをコラボレーターとして迎え、彼女の作曲に肉付けをしました。即興、加工、レイヤリングのプロセスを経て作られたこれらの曲は、Butterssにとって深く個人的なもので、異国での生活、悲しみ、家族についての考察をまとめたものです。

Butterssがこのアルバムに持ち込んだ楽器の数々は、それだけで驚異的なものです。Aimee Mann、Phoebe Bridgers、Makaya McCravenなどのベース奏者として有名ですが、「Activities」ではアップライトとエレクトリックベース、ギター、ピアノ、ローズ、アナログとデジタルシンセサイザー、ドラム、ドラムプログラミング、パーカッション、フルート、そしてボーカルを演奏しました。

このアルバムの魅力とパワーは、Butterssが探求する無限の範囲に存在します。"Super Lucrative "は、RadioheadのKid Aの時代にフィットしそうな陰鬱なシンセが鳴り響き、"Blevins "は、アリーナで使えるドラムと下降音階のギターラインが繊細に楽器間を織りなす華やかなチェンバー・ジャズのオードです。アバンギャルドなベースが印象的な "Do Not Disturb "は、おそらくこのアルバムで最も生々しい曲で、悲しみと喪失についての瞑想、友人の喪失を通じたバタースの思考法です。

Butterssがスタジオに入ったのは、Minに誘われて1日遊んだ後でしたが、彼女はすぐに、音楽を通して言いたいことがたくさんあることに気づきました。オーストラリアにいる友人や家族から、ありえないほど遠く離れたアメリカで過ごした時間の重みは、パンデミックの最中、より強くなり始めました。"2021年半ば、私はちょうどアメリカに住んで9年目に突入したところでした。いつも覚えているんです」と説明しました。"去年、その記念日が来たとき、私はただ「なんてこった、私は9年もここにいるんだ」と思いました。"

このアルバムは、故郷を離れるという重大な決断に伴う喜びと苦しみを扱っています。確かに、Butterssはここでキャリアを積み、地球上で最も優れたミュージシャンのために必要とされるベーシストとなったが、彼女の世界は世界から隔絶されていました。そのギャップは、さらに大きくなっているように感じられました。「その決断の意味と重さについて、よく考えていました。でも、年を追うごとに、"ああ、家族に会っていない "と思うようになりました」。

これは、親しい友人の2つの悲劇的な死と並んで、『Activities』の悲痛な核心に影響を与えています。そのタイトルは、さまざまなことを暗示していますが、おそらく、私たちが最低の状態にあるときの音楽の力ほど重要なものはありません。音楽は常にそこにあり、あまりにも早く怖い方向に進んでいく世界の中で、数少ない不変のもののひとつです。しかし、インストゥルメンタル・ミュージックは、Butterssにとって、言葉が多すぎるとき、あるいは十分でないときに探求するための出口であったのです。

「言葉で自分を表現するのは少し怖いですが、ベースでは落ち着くんです。」とButterssは言います"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Colorfield Recordings releases available at Tobira.

----------------------

12" black vinyl. Includes DL code.

Colorfield Recordings:

"Anna Butterss’ Activities was born out of a chance studio invitation, a one day session that slowly evolved into the encompassing, electro-acoustic opus she eventually crafted. Alongside her trusty co-producer and mixer, Pete Min of the label Colorfield Records, the bassist turned-songwriter recruited collaborators Josh Johnson, Ben Lumsdaine, and Christian Euman to flesh out her compositions. These songs, created through a process of improvisation, processing and layering are deeply personal to Butterss, a collection of reflections on life in a foreign country, grief, and family.

The array of instruments Butterss brings to the album is staggering in its own right. Though famous for her work on the bass with Aimee Mann, Phoebe Bridgers, Makaya McCraven, and more, on Activities, she plays upright and electric bass, guitar, piano, Rhodes, analog and digital synths, drums, drum programming, percussion, flute, and vocals.

The album’s charm and power exists in the limitless scope Butterss explores. “Super Lucrative” rumbles with brooding synths that could fit into Radiohead’s Kid A era, while “Blevins” is a gorgeous chamber jazz ode with arena-ready drums and descending scales of guitar lines that delicately weave between the instruments. The avant-garde bass exercise of “Do Not Disturb” is perhaps the album’s rawest track, a meditation on grief and loss, Butterss’ way of thinking through the loss of a friend.

Though Butterss only hit the studio after Min invited her to mess around for a day, she quickly realized she had many things she needed to say through music. The weight of her time in America, seemingly impossibly far from her friends and family in Australia, began to become more intense during the height of the pandemic. “In mid-2021, I had just hit nine years living in the United States and I have always found dates to be very important. I always remember them,” she explains. “When that anniversary came around last year, I was just like, ‘Oh my God, I've been here for nine years.’”

The album deals with the joy and pain that comes with such a monumental decision as leaving home. Sure, Butterss made her career here, became an in-demand bass player for some of the best musicians on the planet, but her world was a world away. It felt like the gap was growing even bigger. “I was thinking a lot about the implications and the weight of that decision, that at the time when I decided to move, I was 21,” she says. “I wasn't really thinking very far ahead, but as each year goes by, I think, ‘Oh my gosh, I haven't seen my family.’”

This, alongside two tragic deaths of close friends, informs the mournful core of Activities, whose title alludes to a number of things, but perhaps none more important than the power of music during our lowest points. It is always there, and is one of the few constants in a world that is moving far too quickly in scary directions. But instrumental music has always been an outlet for Butterss to explore when words were too much, or not nearly enough. “I find it almost a little scary to express myself with language,” Butterss explains, before adding, “...but on the bass, I feel at home.”
 "

Artist : Anna Butterss

Label : Colorfield Recordings