• 11,000円以上ご購入で全国送料無料

Castles In Space

You may also like:

スウェーデン・マルメのアンビエント作家Ola Sandbergnerが、2023年10月にイギリスのエレクトロニックレーベルCastles In Spaceからリリースしたデビューレコードです。 ミニマルでドリーミーなアンビエントドローン3曲を収録。クリアホワイト盤です。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Castles In Space releases available...
$32.00

You may also like:

イギリスのエレクトロニック作家Warrington-Runcorn New Town Development Planが、2023年5月に同国エレクトロニックレーベルCastles In Spaceからリリースしたレコードです。 ノスタルジックなIDM〜アンビエント7曲を収録。DLコード付属。ホワイト盤です。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Castles In...
$32.00

You may also like:

カナダ・トロントのシンセ奏者Yves Maloneが、2023年2月にイギリスのエレクトロニックレーベルCastles In Spaceからリリースしたレコードです。 サイケデリックなシンセウェーブ〜アンビエント7曲を収録。DLコード付属。スプラッター紫盤です。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Castles In Space releases available...
$25.00

You may also like:

イギリスのエレクトロニック作家Band Of Cloudが、2022年9月に同国エレクトロニックレーベルCastles In Spaceからリリースしたレコードです。 ドリーミーなアンビエント・ハウス〜アンビエント4曲を収録。DLコード付属。シルバー盤です。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Castles In Space releases...
$27.00

You may also like:

イギリスのマルチ奏者Keith Seatmanが、2022年2月に同国Castles In Spaceからリリースしたレコードです。 シンセをメインソースにしたサイケデリック・ポストパンク〜ストレンジビーツ11曲を収録。藍色盤です。DLコード付属。    以下、作家本人による解説です。 "Sad Old Tatty Buntingのインスピレーションは、2020年4月のある早朝、最初の英国封鎖の時に生まれました。私は、朝の6時から7時の間に長い散歩に出かけるようにしていました。段々畑のような通りを上り下りしたり、ビーチやプロムを歩いたり、目的もなく、方向音痴な私は散歩をしていました。早朝の散歩では、かつては見慣れた場所が、見慣れぬ雰囲気に変わっているように感じられました。そして、その変化とともに、今まで見たこともないような、あるいは見た記憶もないような、新しいものに気づきました。「ある朝、私は古いパブの前を通りかかりました。ビアガーデンには、とても古く、かなりみすぼらしい感じの垂れ幕がかかっていました。色あせた古い色に目を奪われながら、私はなぜこの旗がそこにあるのだろうと考え始めました。長い間忘れられていた記念日のために飾られたのだろうか?それとも、ただ庭を明るくするために設置されたのだろうか?それから数週間が経ち、私は遠くまで散歩に出かけるようになりましたが、時々、木や街灯、窓からぶら下がる古ぼけた垂れ幕に気づくようになりました。このような散歩の中で、あるアイディアが生まれました。私は「Sad Old Tatty Bunting」という言葉を思いつき、とても気に入りました。友人のダグラス・E・パウエルにこの話をしたところ、古いかかしの名前(Tatty...
$23.00

You may also like:

イギリス・ウィラルのIDM作家Lo Fiveが、2023年6月に同国エレクトロニックレーベルCastles In Spaceからリリースしたレコードです。 ドリーミーなIDM〜アンビエント・ハウス〜アンビエント・ダウンテンポ8曲を収録。DLコード付属。 青マーブル盤です。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Castles In Space releases...
$27.00

You may also like:

アメリカ・コロラドのIDM作家Kösmonautが、2023年4月にイギリスのエレクトロニックレーベルCastles In Spaceからリリースしたレコードです。 ヴェイパーウェーブ・IDM〜アンビエント・ダウンテンポ8曲を収録。DLコード付属。 クリムゾン・ブラック盤です。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Castles In Space releases available...
$26.00

You may also like:

The All Seeing IやI Monsterなどの主要メンバーでもあったイギリス・シェフィールドの音楽家Dean Honerと、同国エセックスのシンガーソングライターKevin PearceによるデュオThe Sound Of Scienceが、2022年5月に同国エレクトロニックレーベルCastles In Spaceからリリースしたセルフタイトルアルバムです。 歌を通して「科学」と「天文学」について学べる子供用教育音楽です。 弾けるサイダーのようなポップ14曲を収録。16ページのブックレットとDLコード付属。ミントグリーン盤です。...
Sold Out

You may also like:

イギリスのポストロックバンドJilkが、2023年3月に同国Castles In Spaceからリリースしたレコードです。 ドリーミーなポストロック〜ドリームポップ〜アンビエント・ハウス7曲を収録。 茶マーブル盤です。DLコード付属。  以下、レーベルによる解説です。 "前作Haunted Bedroomsは、脆いエレクトロニクスや実験的なノイズと、カスケードする室内楽の衝突で、Jilkサウンドを確立しました。静かでエモーショナルでありながら、トゲや鋭い歯で縁取られていることが多いのが特徴でしたが、Syrup Houseでは、よりスムーズで甘美なサウンドを引き出しています。「予想外を期待する」ことがあなたの指針であることに変わりはありませんが、ここでは、アナログハウスやテクノの暖かさと並んで、甘美なドローンのテクスチャーや膨張するオーケストレーションに深く潜り込むことができます。教会で行われた即興演奏が、パーカッションとシンセサイザーによる時計仕掛けのシンフォニーに生まれ変わりました。Jilk は、伝統的な曲の構造を分解し、曇ったダイナミクスの暖かい毛布にしながら、幽玄なドリーム・ポップのモチーフを引き出しているため、Syrup House ではボーカルがより多く存在しています。Syrup Houseは、マジックリアリズムのナイトクラブが自由に現れたり消えたりするという緩やかな物語に沿った作品です。迷宮のような内部には、恍惚とした愛と自己実現の回廊があります。最終的に、試練の時、勝つのは思いやりであり、Syrup Houseは、その思いやりが憂さを晴らすためにダンスする場所なのです。"...
Sold Out

You may also like:

イギリス・ロンドンのアンビエント作家Will Gardnerが、2023年11月に同国エレクトロニックレーベルCastles In Spaceからリリースしたデビューレコードです。 ドリーミーなアンビエント〜アンビエントドローン9曲を収録。クリーム盤です。 ※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします Will Gardner · Remains Full Album MASTER レーベルその他作品はこちら ///...
Sold Out

You may also like:

スウェーデンのエレクトロポップバンドPacific!のメンバーDaniel Högberg aka Pocket Pavilionsが、2022年9月にイギリスのシンセレーベルCastles In Spaceからリリースしたデビュー10"です。 架空の万国博覧会のパビリオンで流れていそうなイマジナリー・ライブラリーミュージック5曲を収録。 DLコードとインサート付属。カラー盤。廃盤です。 以下、作家本人による解説です。 「私にとって、作曲やレコーディングは、中に入ることができるミニチュアの世界を作るようなものです。私はいつも、ミッドセンチュリーの万国博覧会のパビリオンが好きでした。パビリオンは、体験すること以外の機能を持たない建築物であり、良い例えのように思えたのです。今日、これらのパビリオンを見ると、決して実現しなかった未来の色あせたエコー、驚きと無邪気さ、私が音楽の中で捉えたいと思うもののように思われます。私は、ラジオフォニック・ワークショップの初期の、シンセサイザー以前の時代がずっと好きでした。その作業プロセスには、私の心に響く何かがあるのです。当時の技術的な制約を克服するための創造性と職人技のようなものです。私は、創造性を引き出し、音楽に独特の個性を吹き込むために、自ら課した芸術的な制限に取り組むことが好きです。Pocket Pavilionsでは、コンピュータをテープレコーダーとしてのみ使用するというアイデアでした。すべてのエフェクトは、スプリング、テープ操作、共鳴する物体や変わったスピーカーを通して信号を送るなど、コンピュータの外で行われました。一部の例外を除き、すべての音楽は、操作された日常の音、モジュラーシンセサイザー、いくつかのオルガンを使って作られました。私は細部にこだわるのが好きで、絵の中に小さな絵を描いたり、部屋の中に秘密の部屋を作ったりしています。それはゆっくりとした手間のかかる作業方法ですが、とても刺激的なものだと思います。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to...
Sold Out