• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Prince Istari // Meets Erik Satie Inna Heavy Dub Encounter LP

Prince Istari // Meets Erik Satie Inna Heavy Dub Encounter LP

¥3,992
  • Availability:

※6月下旬再入荷後発送します

ドイツ・ハンブルクのダブ作家Prince Istariが、2024年4月に自身主宰レーベルsozialistischer-plattenbauから200部限定でリリースしたレコードです。

タイトルの通りErik Satieの楽曲を過剰ダブ加工した8曲を収録。DLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。

"幼いPrince Istariの最も古い音楽の記憶は、母親がピアノを弾いて家を美しくしていたことだ。母はエリック・サティの静謐な曲を繰り返し弾いていた。学校をサボって日向ぼっこをしながら、幼いPrince Istariはこのキャッチーで穏やかな曲を聴いていた。2024年の最初の週、年老いたPrince Istariは自分自身を再発見し、母親の古い楽譜が入った箱を見つけた。彼はそれらをコンピューターに転送し、ダブバージョンを作り始めた。それはタペストリーになった。母親の口癖だった「網を編むには、まず紡がなければならない」。作品の形がそれぞれの方向性を決めるのだ。重厚なダブは、シンセサイザーを伴った純粋なピアノ曲に溶け込むまで、ここでは軽やかな重さへと変化する。しかし、最後の曲はもっと古く、Prince Istariがまだイスタリ・ラスターファーラーとして知られていた頃のものだ。エンディングには、Prince Istariの母フベルタがサティのグノシエンヌを弾いている歪んだ録音が流れる。最後に彼女は楽譜をめくり、レコードは最初に戻ることができる。

素材の本質において、このレコードはラウドネス戦争を否定している。作曲のオリジナリティが、トラック内のダブを導き、それによってそれぞれに本質を描写する形式を与えている。"

------------------------------------

12" black vinyl. Edition of 200. Includes DL code.

Tracklist:

1. Gnossine Dub No 1 09:47
2. Gnossine Dub No 2 04:10
3. Gnossine Dub No 3 04:21
4. Gnossine Dub No 4 02:40
5. Gnossine Dub No 5 03:06
6. Gymnopedie Dub No 1 03:17
7. Gymnopedie No 3 06:09
8. Gnossine 03:03

 

sozialistischer-plattenbau:

"

 

The earliest musical memories of young Prince Istari are of his mother beautifying the home with her piano playing. She would repeatedly play the tranquil pieces of Erik Satie. Skipping school and sitting in the sun, young Prince would listen to these catchy, calm compositions. In the first week of 2024, the older Prince Istari rediscovered himself and found a box containing his mother's old sheet music. He transferred them to his computer and began spinning dub versions from them. It became a tapestry. As his mother used to say: "To weave a net, one must first spin." The form of the pieces dictated the direction each would take. The heavy dub transforms here into a light weightiness until it dissolves into a pure piano piece accompanied by a synthesizer. However, the last piece is much older, from the time when Prince was still known as Istari Lasterfahrer. The ending includes a distorted recording of Huberta, Prince's mother, playing a Gnossienne by Satie. At the end, she turns the sheet music, and the record can be turned back to the beginning.

In the essence of its material, this record rejects the Loudness War. The originality of the compositions guided the dub within their tracks, thereby imparting to each a form descriptive of its essence."

Artist : Prince Istari

Label :

 

sozialistischer-plattenbau

CAT No: SPB12050

+ -

※6月下旬再入荷後発送します

ドイツ・ハンブルクのダブ作家Prince Istariが、2024年4月に自身主宰レーベルsozialistischer-plattenbauから200部限定でリリースしたレコードです。

タイトルの通りErik Satieの楽曲を過剰ダブ加工した8曲を収録。DLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。

"幼いPrince Istariの最も古い音楽の記憶は、母親がピアノを弾いて家を美しくしていたことだ。母はエリック・サティの静謐な曲を繰り返し弾いていた。学校をサボって日向ぼっこをしながら、幼いPrince Istariはこのキャッチーで穏やかな曲を聴いていた。2024年の最初の週、年老いたPrince Istariは自分自身を再発見し、母親の古い楽譜が入った箱を見つけた。彼はそれらをコンピューターに転送し、ダブバージョンを作り始めた。それはタペストリーになった。母親の口癖だった「網を編むには、まず紡がなければならない」。作品の形がそれぞれの方向性を決めるのだ。重厚なダブは、シンセサイザーを伴った純粋なピアノ曲に溶け込むまで、ここでは軽やかな重さへと変化する。しかし、最後の曲はもっと古く、Prince Istariがまだイスタリ・ラスターファーラーとして知られていた頃のものだ。エンディングには、Prince Istariの母フベルタがサティのグノシエンヌを弾いている歪んだ録音が流れる。最後に彼女は楽譜をめくり、レコードは最初に戻ることができる。

素材の本質において、このレコードはラウドネス戦争を否定している。作曲のオリジナリティが、トラック内のダブを導き、それによってそれぞれに本質を描写する形式を与えている。"

sozialistischerplattenbau · SPB12050 Prince Istari Meets Erik Satie Inna Heavy Dub Encounter

------------------------------------

12" black vinyl. Edition of 200. Includes DL code.

Tracklist:

1. Gnossine Dub No 1 09:47
2. Gnossine Dub No 2 04:10
3. Gnossine Dub No 3 04:21
4. Gnossine Dub No 4 02:40
5. Gnossine Dub No 5 03:06
6. Gymnopedie Dub No 1 03:17
7. Gymnopedie No 3 06:09
8. Gnossine 03:03

 

sozialistischer-plattenbau:

"

 

The earliest musical memories of young Prince Istari are of his mother beautifying the home with her piano playing. She would repeatedly play the tranquil pieces of Erik Satie. Skipping school and sitting in the sun, young Prince would listen to these catchy, calm compositions. In the first week of 2024, the older Prince Istari rediscovered himself and found a box containing his mother's old sheet music. He transferred them to his computer and began spinning dub versions from them. It became a tapestry. As his mother used to say: "To weave a net, one must first spin." The form of the pieces dictated the direction each would take. The heavy dub transforms here into a light weightiness until it dissolves into a pure piano piece accompanied by a synthesizer. However, the last piece is much older, from the time when Prince was still known as Istari Lasterfahrer. The ending includes a distorted recording of Huberta, Prince's mother, playing a Gnossienne by Satie. At the end, she turns the sheet music, and the record can be turned back to the beginning.

In the essence of its material, this record rejects the Loudness War. The originality of the compositions guided the dub within their tracks, thereby imparting to each a form descriptive of its essence."

Artist : Prince Istari

Label :

 

sozialistischer-plattenbau

CAT No: SPB12050