• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Willow Skye-Biggs // Dreams In Suspension TAPE

Willow Skye-Biggs // Dreams In Suspension TAPE

¥2,149
  • Availability:

Sabriel's OrbやStag Hare名義でも活動しているアメリカ・ユタのアンビエント作家Willow Skye-Biggsが、2024年5月に同国シアトルのポストニューエイジ巣窟Inner Islandsから100本限定でリリースしたカセットです。

時間の流れを止めるポストニューエイジ・アンビエントドローン6曲を収録。DLコード付属。

以下、作家本人による解説です。

""Dreams In Suspension "は、過去3年ほどかけてゆっくりと制作した。ビデオアートのコラボレーションのオーディオ的な側面として始まったが、まったく実現しなかった。そのプロジェクトと同じように、私は自分の人生の他の側面が、思い描いていたような形で前進するのに苦労していることに気づいた。私は2020年以降、いくつかのコロナ感染から多くの慢性疾患を発症し、主な収入源を失い、私の音楽活動が一般的に必要とする長時間の過執着や努力をする能力を失ってしまった。何年もかけてゆっくりと回復してきたが、私は適応するしかないことを悟りつつある。ある日、これらの曲は映像コンポーネントなしで単独で成り立つことに気づいた。タイトルは、夢、アイデア、空想、目標、そしてどこかに存在しながらも、何らかの理由でこの現実に具現化されていない潜在的な道というテーマを反映している。その代わりに、それらは封じ込められ、渦を巻き、煮えたぎっている。それらは、ここで目に見えないとしても、別の場所に存在しているに違いない。私たちの世界と重なっているどこかの世界で、魔法使いの女神の棚の高いところに置かれている、ガス状の星状物質で満たされたガラスの球体のようなものだと私は想像している。

今のところ私の興味は、構造的に、始まりも中間も終わりもない作品にある。私は今、疲れ切っていて、まとまりのある物語には関心がない。これらの作品は、私にとって、時間を凍結させる試みであり、特定の瞬間、感情を静止させることで、さまざまな角度から探求し、継続的に感じることができるようにする試みなのだ。

これらのトラックは、何かを垣間見るための小さな一コマに過ぎない。

私は過去4年間、主に映画のプロジェクトに取り組んできた。この仕事は、4本の短編映画と1本の中編映画に表れているが、音楽ではしばらく経験したことのない方法で、時間や構造と向き合うことを余儀なくされた。音楽には、他のメディアでは難しい特別なことができる。この作曲の研究は、作品が必然的に時間に基づいたものである限りにおいて、「非時間」への試みを含んでいる。時間を遅くすること、時間を探求すること、時間を感じること、これらは私が好奇心を抱いていることだ。

アンビエントミュージックの多くは、受動的なリスニング体験であり、それはそれで興味深いものだが、私は常に、このジャンルを非常に意図的で能動的な体験として取り組むことに興味がある。私にとってアンビエントミュージックは、特定の瞬間に集中し、その瞬間を意識的になぞることで、時間的なコントラスト、影、反射を生み出すエクササイズであり、そうすることで新しい方法で世界を見ることができ、現在をより意識し、ここに何が存在し、何が存在しないかをより意識することができる。私は感情について、それがどのように私たちの現実と交差し、私たちがそれを経験する方法に影響を与えるのかについて考える。これらは私が考えることだ。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Inner Islands releases available at Tobira. 

------------------------------------

Includes DL code. Cassette in norelco case. Edition of 100.

Tracklist:

1. Suspension 1 04:55
2. Suspension 2 06:26
3. Suspension 3 04:50
4. Suspension 4 04:27
5. Suspension 5 04:27
6. Suspension 6 05:08

Artist statement by Willow Skye-Biggs: 

"'Dreams In Suspension' was developed slowly over the past 3 or so years. It began as the audio aspect of a video art collaboration that never quite materialized. Like that project I found other aspects of my life struggling to move forward in the ways I had envisioned. I have, since 2020, developed a number of chronic conditions from several Covid infections, causing me to lose my main sources of income and my ability to hyper fixate or exert myself for the extended periods of time my music work has generally required. After years of slow recovery, I am realizing I have no choice but to adapt. I realized one day that these tracks could stand alone without the video components. The title reflects a theme of dreams, ideas, fantasies, goals, and potential paths that exist somewhere but have not, for whatever reasons, materialized into this reality. They instead are contained, swirling and simmering. They must exist, if not tangibly here, then elsewhere. I picture them like glass orbs filled with gaseous starry substances that are sitting high up on some wizard goddess’s shelf in one of the worlds that overlays ours.

My interest, structurally, at the moment is in work that doesn't have a beginning, middle, or ending. I am exhausted and don’t care about a cohesive narrative right now. These pieces, for me, are attempts to freeze time, to hold a specific moment, a feeling, in stasis so it can be explored from various angles, and felt continuously.

These tracks are just small glimpses into something.

I have been primarily focused on developing projects in film over the past 4 years. This work, manifested in 4 short films and a medium length film, has forced me to confront time and structure in a way I hadn't with music in a while. There is something special you can do with music that is difficult to do in other mediums. This study in composition involves attempts at a "non-time", even in-so-much as the work is necessarily time-based. Slowing time, exploring time, feeling time, these are things that I am curious about.

So much of ambient music can be about a passive listening experience, which is intriguing, but I have always been interested in engaging the genre as a very deliberate and active experience. It is, to me, an exercise in focusing on a particular moment and tracing that moment consciously, which creates temporal contrasts, shadows and reflections – in that way seeing the world in a new way, being more aware of the present and more aware of what does and does not exist here. I wonder about emotions, how they intersect our reality and affect the way we experience it. These are things I think about." -WSB

"Dreams In Suspension" is a work of subtle depth and beauty. It can continue to reveal itself over repeat listens, in accordance with the listener's desire to dive deeper. This is Willow's eighth release on Inner Islands and the first physical release under her own name, following releases as Sabriel's Orb and Stag Hare."

Artist : Willow Skye-Biggs

Label : Inner Islands

CAT No: II092

+ -

Sabriel's OrbやStag Hare名義でも活動しているアメリカ・ユタのアンビエント作家Willow Skye-Biggsが、2024年5月に同国シアトルのポストニューエイジ巣窟Inner Islandsから100本限定でリリースしたカセットです。

時間の流れを止めるポストニューエイジ・アンビエントドローン6曲を収録。DLコード付属。

以下、作家本人による解説です。

""Dreams In Suspension "は、過去3年ほどかけてゆっくりと制作した。ビデオアートのコラボレーションのオーディオ的な側面として始まったが、まったく実現しなかった。そのプロジェクトと同じように、私は自分の人生の他の側面が、思い描いていたような形で前進するのに苦労していることに気づいた。私は2020年以降、いくつかのコロナ感染から多くの慢性疾患を発症し、主な収入源を失い、私の音楽活動が一般的に必要とする長時間の過執着や努力をする能力を失ってしまった。何年もかけてゆっくりと回復してきたが、私は適応するしかないことを悟りつつある。ある日、これらの曲は映像コンポーネントなしで単独で成り立つことに気づいた。タイトルは、夢、アイデア、空想、目標、そしてどこかに存在しながらも、何らかの理由でこの現実に具現化されていない潜在的な道というテーマを反映している。その代わりに、それらは封じ込められ、渦を巻き、煮えたぎっている。それらは、ここで目に見えないとしても、別の場所に存在しているに違いない。私たちの世界と重なっているどこかの世界で、魔法使いの女神の棚の高いところに置かれている、ガス状の星状物質で満たされたガラスの球体のようなものだと私は想像している。

今のところ私の興味は、構造的に、始まりも中間も終わりもない作品にある。私は今、疲れ切っていて、まとまりのある物語には関心がない。これらの作品は、私にとって、時間を凍結させる試みであり、特定の瞬間、感情を静止させることで、さまざまな角度から探求し、継続的に感じることができるようにする試みなのだ。

これらのトラックは、何かを垣間見るための小さな一コマに過ぎない。

私は過去4年間、主に映画のプロジェクトに取り組んできた。この仕事は、4本の短編映画と1本の中編映画に表れているが、音楽ではしばらく経験したことのない方法で、時間や構造と向き合うことを余儀なくされた。音楽には、他のメディアでは難しい特別なことができる。この作曲の研究は、作品が必然的に時間に基づいたものである限りにおいて、「非時間」への試みを含んでいる。時間を遅くすること、時間を探求すること、時間を感じること、これらは私が好奇心を抱いていることだ。

アンビエントミュージックの多くは、受動的なリスニング体験であり、それはそれで興味深いものだが、私は常に、このジャンルを非常に意図的で能動的な体験として取り組むことに興味がある。私にとってアンビエントミュージックは、特定の瞬間に集中し、その瞬間を意識的になぞることで、時間的なコントラスト、影、反射を生み出すエクササイズであり、そうすることで新しい方法で世界を見ることができ、現在をより意識し、ここに何が存在し、何が存在しないかをより意識することができる。私は感情について、それがどのように私たちの現実と交差し、私たちがそれを経験する方法に影響を与えるのかについて考える。これらは私が考えることだ。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Inner Islands releases available at Tobira. 

------------------------------------

Includes DL code. Cassette in norelco case. Edition of 100.

Tracklist:

1. Suspension 1 04:55
2. Suspension 2 06:26
3. Suspension 3 04:50
4. Suspension 4 04:27
5. Suspension 5 04:27
6. Suspension 6 05:08

Artist statement by Willow Skye-Biggs: 

"'Dreams In Suspension' was developed slowly over the past 3 or so years. It began as the audio aspect of a video art collaboration that never quite materialized. Like that project I found other aspects of my life struggling to move forward in the ways I had envisioned. I have, since 2020, developed a number of chronic conditions from several Covid infections, causing me to lose my main sources of income and my ability to hyper fixate or exert myself for the extended periods of time my music work has generally required. After years of slow recovery, I am realizing I have no choice but to adapt. I realized one day that these tracks could stand alone without the video components. The title reflects a theme of dreams, ideas, fantasies, goals, and potential paths that exist somewhere but have not, for whatever reasons, materialized into this reality. They instead are contained, swirling and simmering. They must exist, if not tangibly here, then elsewhere. I picture them like glass orbs filled with gaseous starry substances that are sitting high up on some wizard goddess’s shelf in one of the worlds that overlays ours.

My interest, structurally, at the moment is in work that doesn't have a beginning, middle, or ending. I am exhausted and don’t care about a cohesive narrative right now. These pieces, for me, are attempts to freeze time, to hold a specific moment, a feeling, in stasis so it can be explored from various angles, and felt continuously.

These tracks are just small glimpses into something.

I have been primarily focused on developing projects in film over the past 4 years. This work, manifested in 4 short films and a medium length film, has forced me to confront time and structure in a way I hadn't with music in a while. There is something special you can do with music that is difficult to do in other mediums. This study in composition involves attempts at a "non-time", even in-so-much as the work is necessarily time-based. Slowing time, exploring time, feeling time, these are things that I am curious about.

So much of ambient music can be about a passive listening experience, which is intriguing, but I have always been interested in engaging the genre as a very deliberate and active experience. It is, to me, an exercise in focusing on a particular moment and tracing that moment consciously, which creates temporal contrasts, shadows and reflections – in that way seeing the world in a new way, being more aware of the present and more aware of what does and does not exist here. I wonder about emotions, how they intersect our reality and affect the way we experience it. These are things I think about." -WSB

"Dreams In Suspension" is a work of subtle depth and beauty. It can continue to reveal itself over repeat listens, in accordance with the listener's desire to dive deeper. This is Willow's eighth release on Inner Islands and the first physical release under her own name, following releases as Sabriel's Orb and Stag Hare."

Artist : Willow Skye-Biggs

Label : Inner Islands

CAT No: II092