• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Francis Plagne // Into Closed Air LP

Francis Plagne // Into Closed Air LP

  • Availability:

Black TruffleやPenultimate Press、そして自身主宰レーベルMould Museumから作品を発表し、Andrew ChalkやCrys Cole、James Rushford、Joe Taliaとの様々なコラボレーションも展開してきたオーストラリア・メルボルンのマルチ奏者Francis Plagneが、2023年11月にイギリスの実験/フォークレーベルbisonからリリースしたレコードです。

千変万化の実験フォーク3曲を収録。

前作もオススメです。

※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"『Into Closed Air』でFrancis Plagneは、2006年のデビュー作『Idle Bones』以来、彼の音楽の基盤となってきたソングクラフトに戻ってきた。それ以来、Francis Plagneの音楽は、ある種のアートソングと自家製ミュージックコンクレートの探求の間で揺れ動いてきた。しかし、これらを別個の実践と見なすことは、Francis Plagneの音楽制作におけるこの2つの領域を重ね合わせ、融合させる能力を過小評価することになる。この能力は、『Into Closed Air』において、これまでで最も深い表現に達している。

Black Truffle、Penultimate Press、Horn Of Plentyといったレーベルからの9枚のアルバムや、Andrew Chalk、crys cole、James Rushford、Joe Talia(『Food Court』)、Julian Williams(『The Inevitable Orbit』)との同時コラボレーションを通して、過去20年にわたってPlagneの音楽を追いかけてきた人たちにとって、これは必ずしも大きな驚きではないだろう。しかし、『Into Closed Air』が注目に値するのは、その総括と変奏の二面性であり、Francis Plagneが既に作ってきた音楽に弓を結び、新たな道を示唆している点である。

この『Into Closed Air』は、その瞬間の喜びを忘れることなく、Francis Plagneが最も流暢に取り組んでいる作品である。"

---------------------------------------

Ask us for digital files. 12" black vinyl.  

Tracklist:

  1. Led to The Water 12:20
  2. Here is Dull Earth 12:05
  3. Benches of Snow 17:44

++

Text excerpt by Jon Dale via the label:

"With Into Closed Air, Francis Plagne returns to the songcraft that’s been the bedrock of his music since his debut, 2006’s Idle Bones. Since then, Plagne’s music has see-sawed between a particular, parsed kind of art song and explorations of home-made musique concrete - though to see these as distinct practices understates Plagne’s capacity to layer and fuse these two tranches of his music making. This capacity has reached its deepest articulation yet on Into Closed Air.

For those who’ve been following Plagne’s music over the past two decades, through nine albums on labels like Black Truffle, Penultimate Press and Horn Of Plenty, or on his concurrent collaborations with Andrew Chalk, crys cole, James Rushford and Joe Talia (in Food Court), and Julian Williams (in The Inevitable Orbit), this won’t necessarily be a huge surprise. What is remarkable about Into Closed Air, however, is its duality of summation and variation, the way it ties a bow around the music Plagne has already made and suggests new ways forward[...]

[...] Framed by the always careful, considered lyric writing that Plagne brings to his songs, an Ashbery-esque quasi-abstraction that sketches around the contours of story and image, Into Closed Air is Plagne working at his most fluent, while never forgetting the joy of the moment."

Artist : Francis Plagne

Label : bison

+ -

Black TruffleやPenultimate Press、そして自身主宰レーベルMould Museumから作品を発表し、Andrew ChalkやCrys Cole、James Rushford、Joe Taliaとの様々なコラボレーションも展開してきたオーストラリア・メルボルンのマルチ奏者Francis Plagneが、2023年11月にイギリスの実験/フォークレーベルbisonからリリースしたレコードです。

千変万化の実験フォーク3曲を収録。

前作もオススメです。

※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"『Into Closed Air』でFrancis Plagneは、2006年のデビュー作『Idle Bones』以来、彼の音楽の基盤となってきたソングクラフトに戻ってきた。それ以来、Francis Plagneの音楽は、ある種のアートソングと自家製ミュージックコンクレートの探求の間で揺れ動いてきた。しかし、これらを別個の実践と見なすことは、Francis Plagneの音楽制作におけるこの2つの領域を重ね合わせ、融合させる能力を過小評価することになる。この能力は、『Into Closed Air』において、これまでで最も深い表現に達している。

Black Truffle、Penultimate Press、Horn Of Plentyといったレーベルからの9枚のアルバムや、Andrew Chalk、crys cole、James Rushford、Joe Talia(『Food Court』)、Julian Williams(『The Inevitable Orbit』)との同時コラボレーションを通して、過去20年にわたってPlagneの音楽を追いかけてきた人たちにとって、これは必ずしも大きな驚きではないだろう。しかし、『Into Closed Air』が注目に値するのは、その総括と変奏の二面性であり、Francis Plagneが既に作ってきた音楽に弓を結び、新たな道を示唆している点である。

この『Into Closed Air』は、その瞬間の喜びを忘れることなく、Francis Plagneが最も流暢に取り組んでいる作品である。"

---------------------------------------

Ask us for digital files. 12" black vinyl.  

Tracklist:

  1. Led to The Water 12:20
  2. Here is Dull Earth 12:05
  3. Benches of Snow 17:44

++

Text excerpt by Jon Dale via the label:

"With Into Closed Air, Francis Plagne returns to the songcraft that’s been the bedrock of his music since his debut, 2006’s Idle Bones. Since then, Plagne’s music has see-sawed between a particular, parsed kind of art song and explorations of home-made musique concrete - though to see these as distinct practices understates Plagne’s capacity to layer and fuse these two tranches of his music making. This capacity has reached its deepest articulation yet on Into Closed Air.

For those who’ve been following Plagne’s music over the past two decades, through nine albums on labels like Black Truffle, Penultimate Press and Horn Of Plenty, or on his concurrent collaborations with Andrew Chalk, crys cole, James Rushford and Joe Talia (in Food Court), and Julian Williams (in The Inevitable Orbit), this won’t necessarily be a huge surprise. What is remarkable about Into Closed Air, however, is its duality of summation and variation, the way it ties a bow around the music Plagne has already made and suggests new ways forward[...]

[...] Framed by the always careful, considered lyric writing that Plagne brings to his songs, an Ashbery-esque quasi-abstraction that sketches around the contours of story and image, Into Closed Air is Plagne working at his most fluent, while never forgetting the joy of the moment."

Artist : Francis Plagne

Label : bison