• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Duffy x Uhlmann // Doubles LP [BLACK / COLOR] / TAPE

Duffy x Uhlmann // Doubles LP [BLACK / COLOR] / TAPE

¥1,995
  • Availability:

Perfume GeniusやHand Habitsのバックバンドメンバーとして共演してきたアメリカのギタリストDuffy x Uhlmannが、2023年9月に同国シカゴのインディーレーベルOrindal Recordからリリースした共作アルバムです。

ギター2本による即興アンビエント・フォーク〜アンビエント・ジャズ11曲を収録。DLコード付属。LPは黒盤とマーブル盤がございます。

以下、Rosie Stocktonによる解説です。

"Duffy x Uhlmannは、スピードと遅さの境界を曖昧にし、互いの地平線を目指しながら、互いのピークとフラリーを引き受け、速度でコミュニケーションする。これらのワンテイク即興演奏は、Uhlmannの兄弟の家で借りたテープレコーダーで録音された。彼らの絶え間ないモチーフは、絶え間なく戻ってくることであり、片方が迷い込んでも、もう片方が追いかけてくるか、あるいは家に呼び戻されることを知っている、お互いがコミットする安定した鼓動である。ここでは、秩序よりも流動性が優先され、それぞれの音は木の皮に刻まれたイニシャルのように通り過ぎていく。

Duffy x Uhlmannは、Perfume GeniusとHand Habitsで活動した後、初の共作『Doubles』に着手した。彼らはギターを手にし、2人の音楽的な親密さが言葉なしに表現されている。
彼らは直感を受け入れ、信頼を頼りに、音の瞑想を織り成す。DoublesのA面は、2本のギターの会話で構成されている。感情をループさせ、音を編み込み、キスをし、互いの文章を完成させる。最終トラックではダビングや編集は一切行わず、作曲の即時性により、まるで私たちが彼らと一緒に部屋にいるような感覚になる。

A面は、きらびやかな親密さを確立しているが、B面は、過去1年間のツアーで一緒に演奏したサウンドを取り入れた、音をかき集めたようなトーンになっている。自己を素材とするこのアルバムの後半は、記憶の触感を取り入れるために、サイドAの存在感を解体する。旅先や世界からのサンプルを使ったこれらの楽曲は、糊付けされた記憶のスクラップブックである。聴いていると、時間に媒介されながら世界に存在することの歯ごたえと静けさが感じられる。

どのような瞬間においても、真のプレゼンス(存在感)を育み、維持することは最も難しいことのひとつである。それが提供されたとき、私はそれを貴重な贈り物のように大切にする。本作を聴きながら、私はDuffy x Uhlmannの寛大さに身をゆだねる。

これらの曲の中にある親密さは、影のように踊っている。私はこの音楽をポケットに入れ、使い古された石のように手のひらに乗せたい。彼らは甘い生々しさを与えてくれる。それは曲が終わっても余韻を残し、言葉が消え去った瞬間に体を打つ。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Orindal Records releases available at Tobira. 

----------------------------

Includes DL code. Available as 12" black vinyl or cassette in norelco case.
Black vinyl edition of 250 - tape edition of 150. 

Tracklist:

  1. Half Smile
  2. Euphoric Recall
  3. Etch
  4. Braid
  5. Glacial Fanfare
  6. Gold Tooth
  7. Saunter
  8. Which One is You
  9. Sumac
  10. Tumbler
  11. In the Spirit of Fair Play

Rosie Stockton :

"Blurring the limits between speed and slowness, Meg Duffy (guitar) and Greg Uhlmann (guitar) communicate in velocities, underwriting each other’s peaks and flurries as they ache toward a mutual horizon. These one-take improvisations, recorded in Uhlmann’s brothers’ house on a borrowed tape recorder, unfold like a game of truth or dare. Their constant motif is an unceasing return, a steady heartbeat they mutually commit to, knowing when one wanders off, the other will either follow or call them home. Here, flushness overrides order, each note saunters by like initials etched into tree bark: a devotion both passing and eternal.

After playing in Perfume Genius and Hand Habits, Duffy and Uhlmann embarked on their first record together, Doubles. A testament to the wordlessness of their musical intimacy, Duffy and Uhlmann take up the guitar in order to make an imprint of the slowness and presence of their improvisational practice. They weave together a sonic meditation, embracing intuition and relying on trust. Side A of Doubles consists of two guitars in conversation: looping feelings, braiding sound, blowing kisses, and finishing each other’s sentences. Less of an echo and more of nod, the songs unfold in radical, mutual witnessing. Refraining from any over dubs or edits on the final tracks, the immediacy of the compositions makes it feel like we are in the room with them.

Where Side A establishes a glistening intimacy, Side B takes on the tone of sonic scavenging, incorporating sounds from their past year of touring together. Taking the self as source material, the second half of the album dismantles the presence of Side A in order to incorporate the tactility of memory. Using samples from the road and from the world, these compositions are a scrap book of glued and chopped up sound. When I listen, I feel the crunchiness and static of being-in-the-world as it is mediated by time. Without us knowing, our devices capture sounds we may have missed the first time around. And they land like a sucker punch, snapping us back to the present, tuning our attention to what surrounds us.

True presence in any given moment is one of the most difficult things to cultivate and sustain. When it is offered, I treasure it like a rare gift. Listening to Doubles, I sink into the generosity of Duffy and Uhlmann’s offerings. In songs like “Glacial Fanfare,” I whisper to myself: it hurts now and it’s gonna hurt more, but then it’s gonna stop hurting. In “Euphoric Recall,” I understand how even the worst storms can offer gentleness. In “Braid,” I know trust is about bodies in contact, feet hitting the ground day after day. I return to the urgent question posed in the title of the track: “Which One Is You?” The answer is a low steady bass marked by chaotic and bright fluctuations of sound. The sonic response leaves me knowing: Both. All.

The intimacy in these songs dances like shadows - providing relief even as they slip away. I want to put this music in my pocket and hold it in my palm like a worn down stone. Duffy and Uhlmann give us a sweet rawness that reverberates even once the song is over, hitting the body the very moment words fall away."

Artist : Duffy x Uhlmann

Label : Orindal Records

+ -

Perfume GeniusやHand Habitsのバックバンドメンバーとして共演してきたアメリカのギタリストDuffy x Uhlmannが、2023年9月に同国シカゴのインディーレーベルOrindal Recordからリリースした共作アルバムです。

ギター2本による即興アンビエント・フォーク〜アンビエント・ジャズ11曲を収録。DLコード付属。LPは黒盤とマーブル盤がございます。

以下、Rosie Stocktonによる解説です。

"Duffy x Uhlmannは、スピードと遅さの境界を曖昧にし、互いの地平線を目指しながら、互いのピークとフラリーを引き受け、速度でコミュニケーションする。これらのワンテイク即興演奏は、Uhlmannの兄弟の家で借りたテープレコーダーで録音された。彼らの絶え間ないモチーフは、絶え間なく戻ってくることであり、片方が迷い込んでも、もう片方が追いかけてくるか、あるいは家に呼び戻されることを知っている、お互いがコミットする安定した鼓動である。ここでは、秩序よりも流動性が優先され、それぞれの音は木の皮に刻まれたイニシャルのように通り過ぎていく。

Duffy x Uhlmannは、Perfume GeniusとHand Habitsで活動した後、初の共作『Doubles』に着手した。彼らはギターを手にし、2人の音楽的な親密さが言葉なしに表現されている。
彼らは直感を受け入れ、信頼を頼りに、音の瞑想を織り成す。DoublesのA面は、2本のギターの会話で構成されている。感情をループさせ、音を編み込み、キスをし、互いの文章を完成させる。最終トラックではダビングや編集は一切行わず、作曲の即時性により、まるで私たちが彼らと一緒に部屋にいるような感覚になる。

A面は、きらびやかな親密さを確立しているが、B面は、過去1年間のツアーで一緒に演奏したサウンドを取り入れた、音をかき集めたようなトーンになっている。自己を素材とするこのアルバムの後半は、記憶の触感を取り入れるために、サイドAの存在感を解体する。旅先や世界からのサンプルを使ったこれらの楽曲は、糊付けされた記憶のスクラップブックである。聴いていると、時間に媒介されながら世界に存在することの歯ごたえと静けさが感じられる。

どのような瞬間においても、真のプレゼンス(存在感)を育み、維持することは最も難しいことのひとつである。それが提供されたとき、私はそれを貴重な贈り物のように大切にする。本作を聴きながら、私はDuffy x Uhlmannの寛大さに身をゆだねる。

これらの曲の中にある親密さは、影のように踊っている。私はこの音楽をポケットに入れ、使い古された石のように手のひらに乗せたい。彼らは甘い生々しさを与えてくれる。それは曲が終わっても余韻を残し、言葉が消え去った瞬間に体を打つ。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Orindal Records releases available at Tobira. 

----------------------------

Includes DL code. Available as 12" black vinyl or cassette in norelco case.
Black vinyl edition of 250 - tape edition of 150. 

Tracklist:

  1. Half Smile
  2. Euphoric Recall
  3. Etch
  4. Braid
  5. Glacial Fanfare
  6. Gold Tooth
  7. Saunter
  8. Which One is You
  9. Sumac
  10. Tumbler
  11. In the Spirit of Fair Play

Rosie Stockton :

"Blurring the limits between speed and slowness, Meg Duffy (guitar) and Greg Uhlmann (guitar) communicate in velocities, underwriting each other’s peaks and flurries as they ache toward a mutual horizon. These one-take improvisations, recorded in Uhlmann’s brothers’ house on a borrowed tape recorder, unfold like a game of truth or dare. Their constant motif is an unceasing return, a steady heartbeat they mutually commit to, knowing when one wanders off, the other will either follow or call them home. Here, flushness overrides order, each note saunters by like initials etched into tree bark: a devotion both passing and eternal.

After playing in Perfume Genius and Hand Habits, Duffy and Uhlmann embarked on their first record together, Doubles. A testament to the wordlessness of their musical intimacy, Duffy and Uhlmann take up the guitar in order to make an imprint of the slowness and presence of their improvisational practice. They weave together a sonic meditation, embracing intuition and relying on trust. Side A of Doubles consists of two guitars in conversation: looping feelings, braiding sound, blowing kisses, and finishing each other’s sentences. Less of an echo and more of nod, the songs unfold in radical, mutual witnessing. Refraining from any over dubs or edits on the final tracks, the immediacy of the compositions makes it feel like we are in the room with them.

Where Side A establishes a glistening intimacy, Side B takes on the tone of sonic scavenging, incorporating sounds from their past year of touring together. Taking the self as source material, the second half of the album dismantles the presence of Side A in order to incorporate the tactility of memory. Using samples from the road and from the world, these compositions are a scrap book of glued and chopped up sound. When I listen, I feel the crunchiness and static of being-in-the-world as it is mediated by time. Without us knowing, our devices capture sounds we may have missed the first time around. And they land like a sucker punch, snapping us back to the present, tuning our attention to what surrounds us.

True presence in any given moment is one of the most difficult things to cultivate and sustain. When it is offered, I treasure it like a rare gift. Listening to Doubles, I sink into the generosity of Duffy and Uhlmann’s offerings. In songs like “Glacial Fanfare,” I whisper to myself: it hurts now and it’s gonna hurt more, but then it’s gonna stop hurting. In “Euphoric Recall,” I understand how even the worst storms can offer gentleness. In “Braid,” I know trust is about bodies in contact, feet hitting the ground day after day. I return to the urgent question posed in the title of the track: “Which One Is You?” The answer is a low steady bass marked by chaotic and bright fluctuations of sound. The sonic response leaves me knowing: Both. All.

The intimacy in these songs dances like shadows - providing relief even as they slip away. I want to put this music in my pocket and hold it in my palm like a worn down stone. Duffy and Uhlmann give us a sweet rawness that reverberates even once the song is over, hitting the body the very moment words fall away."

Artist : Duffy x Uhlmann

Label : Orindal Records