• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Le Diable Dégoûtant / Le Voile Universel // Naia La Sorcière De Rochefort-En-Terre LP

Le Diable Dégoûtant / Le Voile Universel // Naia La Sorcière De Rochefort-En-Terre LP

¥3,980
  • Availability:

フランスのLe Diable DégoûtantとイギリスのLe Voile Universelストレンジビーツ2組が、2023年10月にイギリスの民俗研究レーベルFolklore Tapesから300部限定でリリースしたスプリットレコードです。

フランス・ブルターニュの村ロシュフォール・アン・テールに住んでいた魔女ナイアをコンセプトにした土着ストレンジビーツ8曲を収録。

帯とインサート、DLコード付属。 ロシュフォール・アン・テールのナイアの木の押し葉も付いています。

以下、レーベルによる解説です。

"民俗研究レーベルFolklore Tapesが初めて海外にフォーカスしたのは、ブルトンの田舎町ロシュフォール=アン=テールだった。かつては高名な魔女ナイアが住んでおり、「精霊の杖」でおなじみの「グナミ」とともに病気を治し、地元の人々を呪い、2つに分裂させ、熱い炭を手で砕いて塵にした!

Naiaは、ブルターニュのアートグループLe Bon Acceuilとのコラボレーションで、1899年に『ワールド・ワイド・マガジン』に掲載された、ジャーナリスト、シャルル・ジェニューによる唯一知られている記事と見事な写真撮影を中心に、悪名高い魔女を2つの異なるサウンドで探求している。

A面はブルトン出身のミュージシャン、ポーリーヌ・マルクス(Le Diable Dégoûtant)、B面はイギリスのデュオLe Voile Universelによるもの。

ブルトン地方の住民は、田舎から都会へと出て行った。当時の伝統的な民俗文化の多くの側面は、消滅の危機に瀕していた。写真家のシャルル・ジェニュ(1870-1931)は、こうした伝統を記録することに熱心だった。そのため、1899年、ジェニューは『ワイド・ワールド』誌に、ブルターニュの南に位置する絵のように美しい町ロシュフォール=アン=テールに住む魔女についての記事を書いた。ロシュフォールの魔女ナイアと題されたこの記事には、ジェニューがリュー城跡でナイアと会ったときの様子や、長年にわたってナイアと出会ってきたさまざまな地元の人々との会話が記されている。その地元の人々によれば、ナイアは「用事があるのを見られたくないときは、ほうきに乗って空中を、あるいは地下を旅している。さらに、ナイアは "赤々と燃える炭を拾い上げ、それを指で砕いて風に撒き散らす "ことができる。彼女はまた、彼女を通して生き、彼女のあらゆる命令に従う強力な精霊であるグナミのことをジェニアウに語っている。記事に添えられた写真では、ナイアがレンズを正面に向け、その眼差しで見る者を貫き、年月を越えて彼女の視線に会うように私たちに懇願している。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Folklore Tapes releases available at Tobira.

----------------------

Includes DL code. 12" black vinyl. Edition of 300. 

Tracklist:

A1        Le Diable Dégoûtant– Le Fantome Dans Le Champs
A2        Le Diable Dégoûtant– Gnami Est Mon Ami (Drou)
A3        Le Diable Dégoûtant– Voila Gnami
A4        Le Diable Dégoûtant– Formulatte Pour Troucer Des Champignons
A5        Le Diable Dégoûtant– Recuperer La Pierre
A6        Le Diable Dégoûtant– Le Premier Mois De L'Annee
A7        Le Diable Dégoûtant– J'emprunte Encore Les Souterrains Du Chateau Pour Faire Ce Qui Doit Etra Fait
B          Le Voile Universel–     In Front Of The Black Hole / Invective The Elements / Blackening And Burning / Because He Is A Spirit / Don't Be Afraid, My Son, Approach...

++

Folklore Tapes:

"Folklore Tapes first foray overseas finds them in the rural Breton village Rochefort-en-Terre. Once inhabited by the renowned witch Naia, who along with her ‘spirit stick’ familiar ‘Gnami’ cured ills, cursed locals, split in two and crushed hot coals into dust using her hands!

Naia is a collaboration with Brittany arts group Le Bon Acceuil and features two distinct sonic explorations into the infamous witch, largely based around the only known article and stunning photoshoot by journalist Charles Géniaux, published in World Wide Magazine in 1899. Face A is by Breton musician Pauline Marx AKA Le Diable Dégoûtant, Face B is by UK group Le Voile Universel (The Universal Veil) AKA Sam McLoughlin and David Chatton Barker.

The residents of rural Breton were leaving the country for the cities. Many aspects of the traditional folk culture of the time were on the verge of disappearing. The photographer Charles Géniaux (1870-1931), was keen to document these traditions. To this end, in 1899, Géniaux wrote an article for The Wide World Magazine about a witch who lived in the picturesque town of Rochefort-en-Terre, situated in the south of Brittany. The article, entitled Naia, the Witch of Rochefort, describes Géniaux’s meetings with Naia in the ruins of the Château de Rieux, as well as his conversations with various locals who had encountered her over the years. According to these locals, we learn that Naia “travels on a broom through the air—or maybe underground—when she does not want to be seen going on her errands; that she fears neither fire nor water, disappears when she likes, and takes any shape that may suit her purpose.” Furthermore, Naia is capable of “picking up red hot coals, which she crushed with her fingers and scattered to the winds.” She also tells Géniaux of Gnami, a powerful spirit who lives through her and obeys her every command. The photos which accompany the article show Naia facing down the lens, piercing the viewer with her look, beseeching us to meet her gaze across the years. "

Artist : Le Diable Dégoûtant / Le Voile Universel 

Label : Folklore Tapes

フランスのLe Diable DégoûtantとイギリスのLe Voile Universelストレンジビーツ2組が、2023年10月にイギリスの民俗研究レーベルFolklore Tapesから300部限定でリリースしたスプリットレコードです。

フランス・ブルターニュの村ロシュフォール・アン・テールに住んでいた魔女ナイアをコンセプトにした土着ストレンジビーツ8曲を収録。

帯とインサート、DLコード付属。 ロシュフォール・アン・テールのナイアの木の押し葉も付いています。

以下、レーベルによる解説です。

"民俗研究レーベルFolklore Tapesが初めて海外にフォーカスしたのは、ブルトンの田舎町ロシュフォール=アン=テールだった。かつては高名な魔女ナイアが住んでおり、「精霊の杖」でおなじみの「グナミ」とともに病気を治し、地元の人々を呪い、2つに分裂させ、熱い炭を手で砕いて塵にした!

Naiaは、ブルターニュのアートグループLe Bon Acceuilとのコラボレーションで、1899年に『ワールド・ワイド・マガジン』に掲載された、ジャーナリスト、シャルル・ジェニューによる唯一知られている記事と見事な写真撮影を中心に、悪名高い魔女を2つの異なるサウンドで探求している。

A面はブルトン出身のミュージシャン、ポーリーヌ・マルクス(Le Diable Dégoûtant)、B面はイギリスのデュオLe Voile Universelによるもの。

ブルトン地方の住民は、田舎から都会へと出て行った。当時の伝統的な民俗文化の多くの側面は、消滅の危機に瀕していた。写真家のシャルル・ジェニュ(1870-1931)は、こうした伝統を記録することに熱心だった。そのため、1899年、ジェニューは『ワイド・ワールド』誌に、ブルターニュの南に位置する絵のように美しい町ロシュフォール=アン=テールに住む魔女についての記事を書いた。ロシュフォールの魔女ナイアと題されたこの記事には、ジェニューがリュー城跡でナイアと会ったときの様子や、長年にわたってナイアと出会ってきたさまざまな地元の人々との会話が記されている。その地元の人々によれば、ナイアは「用事があるのを見られたくないときは、ほうきに乗って空中を、あるいは地下を旅している。さらに、ナイアは "赤々と燃える炭を拾い上げ、それを指で砕いて風に撒き散らす "ことができる。彼女はまた、彼女を通して生き、彼女のあらゆる命令に従う強力な精霊であるグナミのことをジェニアウに語っている。記事に添えられた写真では、ナイアがレンズを正面に向け、その眼差しで見る者を貫き、年月を越えて彼女の視線に会うように私たちに懇願している。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Folklore Tapes releases available at Tobira.

----------------------

Includes DL code. 12" black vinyl. Edition of 300. 

Tracklist:

A1        Le Diable Dégoûtant– Le Fantome Dans Le Champs
A2        Le Diable Dégoûtant– Gnami Est Mon Ami (Drou)
A3        Le Diable Dégoûtant– Voila Gnami
A4        Le Diable Dégoûtant– Formulatte Pour Troucer Des Champignons
A5        Le Diable Dégoûtant– Recuperer La Pierre
A6        Le Diable Dégoûtant– Le Premier Mois De L'Annee
A7        Le Diable Dégoûtant– J'emprunte Encore Les Souterrains Du Chateau Pour Faire Ce Qui Doit Etra Fait
B          Le Voile Universel–     In Front Of The Black Hole / Invective The Elements / Blackening And Burning / Because He Is A Spirit / Don't Be Afraid, My Son, Approach...

++

Folklore Tapes:

"Folklore Tapes first foray overseas finds them in the rural Breton village Rochefort-en-Terre. Once inhabited by the renowned witch Naia, who along with her ‘spirit stick’ familiar ‘Gnami’ cured ills, cursed locals, split in two and crushed hot coals into dust using her hands!

Naia is a collaboration with Brittany arts group Le Bon Acceuil and features two distinct sonic explorations into the infamous witch, largely based around the only known article and stunning photoshoot by journalist Charles Géniaux, published in World Wide Magazine in 1899. Face A is by Breton musician Pauline Marx AKA Le Diable Dégoûtant, Face B is by UK group Le Voile Universel (The Universal Veil) AKA Sam McLoughlin and David Chatton Barker.

The residents of rural Breton were leaving the country for the cities. Many aspects of the traditional folk culture of the time were on the verge of disappearing. The photographer Charles Géniaux (1870-1931), was keen to document these traditions. To this end, in 1899, Géniaux wrote an article for The Wide World Magazine about a witch who lived in the picturesque town of Rochefort-en-Terre, situated in the south of Brittany. The article, entitled Naia, the Witch of Rochefort, describes Géniaux’s meetings with Naia in the ruins of the Château de Rieux, as well as his conversations with various locals who had encountered her over the years. According to these locals, we learn that Naia “travels on a broom through the air—or maybe underground—when she does not want to be seen going on her errands; that she fears neither fire nor water, disappears when she likes, and takes any shape that may suit her purpose.” Furthermore, Naia is capable of “picking up red hot coals, which she crushed with her fingers and scattered to the winds.” She also tells Géniaux of Gnami, a powerful spirit who lives through her and obeys her every command. The photos which accompany the article show Naia facing down the lens, piercing the viewer with her look, beseeching us to meet her gaze across the years. "

Artist : Le Diable Dégoûtant / Le Voile Universel 

Label : Folklore Tapes