• 11,000円(税込)以上ご購入で全国送料無料
V/A // Flowers in Concrete -Side International- 2xCD

V/A // Flowers in Concrete -Side International- 2xCD

¥2,200
  • Availability:

東京地下音楽の巣窟Soup救済企画としてリリースされた2枚組CD。錚々たるメンツです。

DISC 1: Side International
Aaron Dilloway/Being/Daniel Menche/Fecalove/Kiran Arora/Lasse Marhaung/Leah P/Matmos/Purgist/Shredded Nerve/SICKNESS/Torturing Nurse/Unsustainable Social Condition/VOMIR

DISC 2: Side Japan
BLACKPHONE666/GC SKULL ELECTRONICS/Government Alpha/Kazuma Kubota/Kazumoto Endo/LIKE WEEDS/Linekraft/P.I.G.S./PAINJERK Wracked and Ruined/scum/shikaku/T.Mikawa & John Wiese/Wolf Creek

 

以下、Bastard NoiseのEricによる解説です。

落合soupは、ライヴ・ベニューの枠を超えている。世界中からくる音という音が、慰みを粉々に打ち砕かれたあげくに安心感を見出して、集中することのできる安息地なんて、全くもって謎めいている。サウンドの正確な再現性と完璧なダイナミック・レンジに焦がれる人間にとって、ここは控えめに言っても“地上の天国”である。それを経験する恩恵にあずかれた一人として言いたい。
soupのような尊いハコを支援するために、私たちがともに立ち上がれるのは、今しかない。

"Flowers in concrete"は、“この貴重なベニューを救わねば” という信念で動いた日本と海外在住のアーティストたちからなる、前代未聞のここでしか実現しないラインナップだ。

ディスク1(サイド・インターナショナル)の14曲の傑作トラック群に、君はすぐさま“こう来るか” と不意を突かれるだろう。
各組が音に対して異なるアプローチを取っているのを自分の耳でぜひ確認してほしい。BEING(私の個人的なお気に入り)、AARON DILLOWAY、SICKNESS、PURGISTそしてDANIEL MENCHEは中でも必聴だが、ディスク1の全員が、独自のヴィジョンを具現化した刺激的な音のカタマリを提供してくれている。全曲良質で、私は本気で聴取をオススメする。
アーティストたちが、各自の時間を戦略的に使いつつ自分を試したのが分かるんだ。

ディスク2(サイド・ジャパン)は、 各組のネクストレベル的多種多様な音の動態からして、“創造的で想像力に富んだ喉元”と表現できるだろう。BLACKPHONE666とGC SKULL ELECTRONICSには、脳が遠くまでぶっ飛ばされる。彼らは自分たちの音を説明不可能としているが、それぞれ成熟に向かっていることに疑いの余地はない。
またGOVERNMENT ALPHA、KAZUMA KUBOTA、 KAZUMOTO ENDO、 LIKE WEEDS、 PAINJERK、 LINEKRAFT、そして爆進するSCUMによる至高のトラック群に関しては、音が愉快な苦悶の力でもって絶え間なく彩色され、質感の転化を遂げている!
そしてスルーできないのがWolf Creek。アルバムの最後の曲 "Feeling of Imperative Stimmen" で聴取する者を恐怖に陥れる。恐るべきヴィジョンと攻めだ。
私が長年にわたって聴いたなかで、最も優れたサウンド・ドキュメントの一つである。

このアルバムに関わった全ての人について説明したり、アーティストたちの活動歴を個別に掘り下げていくならば、一冊の本ができてしまうだろう。だが私の締めの言葉はいずれも、HELP。救うんだ、soupを!
これは歴史的リリースであり、各トラックにはアーティストたちの強力な“錬金薬”、純度100%の表現が詰まっている。

トンネルの先の光を一緒に見ようではないか。HELP SOUP。このアルバムを買って、自分の心に火を放て。

2020年10月31日 エリック・ウッド/BASTARD NOISE
(日本語訳:Yvko)

"FLOWERS IN CONCRETE" - (COMPILATION FOR SOUP) double compact disc release

Ochiai Soup is much more than a live venue. It is true enigma of safe haven for sound from all over the world to find comfort, pulverizing solace and focus. To those dreaming of playback reproduction accuracy and perfect dynamic range, it is "heaven on earth" to say the least. I have personally experienced this bliss and stress that this is the time like no other when we must rise up together in support of such a priceless institution such as Soup.

"Flowers in concrete" (a compilation for Soup) is an astounding, exclusive collection of customized compositions from Japan and international based artists that have come together to do what is right : HELP THIS PRICELESS VENUE !

Disc One (Side International) immediately blindsides with 14 stunning pieces. A variety of sonic approaches which NEED TO BE EXPEIENCED to be believed ! Standouts include BEING (my personal favorite), AARON DILLOWAY, SICKNESS, PURGIST and DANIEL MENCHE however ALL the artists on the first disc offer their own tailor made visions of challenging audio assembly. Exemplary work here by all and highly recommended listening. You can sense everyone took their time strategically and explored their own capabilities !

Disc Two (Side Japan) truly goes for "the creative and imaginative throat" with the most "next level" spectrum sound dynamics artist to artist. The BLACKPHONE666 and GC SKULL ELECTRONICS selections are utterly mind-blowing power. Each of these artists has truly defined themselves beyond description and the gradual maturity of each is critically evident. Top notch material also by GOVERNMENT ALPHA, KAZUMA KUBOTA, KAZUMOTO ENDO, LIKE WEEDS, PAIN JERK, LINEKRAFT, and the phenomenal SCUM really keep things colorized and transcending texturally and with pleasurable agonizing force ! Additional standout Wolf Creek just terrorizes the listener with their closing piece "Feeling of Imperative Stimmen". Excellent vision and attack to be sure. Easily one of THE BEST sound documents I have heard in many, many years !

To be sure, this could become a "book" if I were to discuss in detail all of the contributors here and go into their deep histories as artists and performers but the final word is HELP. HELP for Soup !
This is a massive undertaking of a release and every track within it is a potent "elixir" of individual, untainted expression.

Let us all see the light at the end of the tunnel. HELP SOUP. BUY THIS INCREDIBLE RELEASE AND SET YOUR MIND ON FIRE.

WOOD/BASTARD NOISE October 31st, 2020


+ -

東京地下音楽の巣窟Soup救済企画としてリリースされた2枚組CD。錚々たるメンツです。

DISC 1: Side International
Aaron Dilloway/Being/Daniel Menche/Fecalove/Kiran Arora/Lasse Marhaung/Leah P/Matmos/Purgist/Shredded Nerve/SICKNESS/Torturing Nurse/Unsustainable Social Condition/VOMIR

DISC 2: Side Japan
BLACKPHONE666/GC SKULL ELECTRONICS/Government Alpha/Kazuma Kubota/Kazumoto Endo/LIKE WEEDS/Linekraft/P.I.G.S./PAINJERK Wracked and Ruined/scum/shikaku/T.Mikawa & John Wiese/Wolf Creek

 

以下、Bastard NoiseのEricによる解説です。

落合soupは、ライヴ・ベニューの枠を超えている。世界中からくる音という音が、慰みを粉々に打ち砕かれたあげくに安心感を見出して、集中することのできる安息地なんて、全くもって謎めいている。サウンドの正確な再現性と完璧なダイナミック・レンジに焦がれる人間にとって、ここは控えめに言っても“地上の天国”である。それを経験する恩恵にあずかれた一人として言いたい。
soupのような尊いハコを支援するために、私たちがともに立ち上がれるのは、今しかない。

"Flowers in concrete"は、“この貴重なベニューを救わねば” という信念で動いた日本と海外在住のアーティストたちからなる、前代未聞のここでしか実現しないラインナップだ。

ディスク1(サイド・インターナショナル)の14曲の傑作トラック群に、君はすぐさま“こう来るか” と不意を突かれるだろう。
各組が音に対して異なるアプローチを取っているのを自分の耳でぜひ確認してほしい。BEING(私の個人的なお気に入り)、AARON DILLOWAY、SICKNESS、PURGISTそしてDANIEL MENCHEは中でも必聴だが、ディスク1の全員が、独自のヴィジョンを具現化した刺激的な音のカタマリを提供してくれている。全曲良質で、私は本気で聴取をオススメする。
アーティストたちが、各自の時間を戦略的に使いつつ自分を試したのが分かるんだ。

ディスク2(サイド・ジャパン)は、 各組のネクストレベル的多種多様な音の動態からして、“創造的で想像力に富んだ喉元”と表現できるだろう。BLACKPHONE666とGC SKULL ELECTRONICSには、脳が遠くまでぶっ飛ばされる。彼らは自分たちの音を説明不可能としているが、それぞれ成熟に向かっていることに疑いの余地はない。
またGOVERNMENT ALPHA、KAZUMA KUBOTA、 KAZUMOTO ENDO、 LIKE WEEDS、 PAINJERK、 LINEKRAFT、そして爆進するSCUMによる至高のトラック群に関しては、音が愉快な苦悶の力でもって絶え間なく彩色され、質感の転化を遂げている!
そしてスルーできないのがWolf Creek。アルバムの最後の曲 "Feeling of Imperative Stimmen" で聴取する者を恐怖に陥れる。恐るべきヴィジョンと攻めだ。
私が長年にわたって聴いたなかで、最も優れたサウンド・ドキュメントの一つである。

このアルバムに関わった全ての人について説明したり、アーティストたちの活動歴を個別に掘り下げていくならば、一冊の本ができてしまうだろう。だが私の締めの言葉はいずれも、HELP。救うんだ、soupを!
これは歴史的リリースであり、各トラックにはアーティストたちの強力な“錬金薬”、純度100%の表現が詰まっている。

トンネルの先の光を一緒に見ようではないか。HELP SOUP。このアルバムを買って、自分の心に火を放て。

2020年10月31日 エリック・ウッド/BASTARD NOISE
(日本語訳:Yvko)

"FLOWERS IN CONCRETE" - (COMPILATION FOR SOUP) double compact disc release

Ochiai Soup is much more than a live venue. It is true enigma of safe haven for sound from all over the world to find comfort, pulverizing solace and focus. To those dreaming of playback reproduction accuracy and perfect dynamic range, it is "heaven on earth" to say the least. I have personally experienced this bliss and stress that this is the time like no other when we must rise up together in support of such a priceless institution such as Soup.

"Flowers in concrete" (a compilation for Soup) is an astounding, exclusive collection of customized compositions from Japan and international based artists that have come together to do what is right : HELP THIS PRICELESS VENUE !

Disc One (Side International) immediately blindsides with 14 stunning pieces. A variety of sonic approaches which NEED TO BE EXPEIENCED to be believed ! Standouts include BEING (my personal favorite), AARON DILLOWAY, SICKNESS, PURGIST and DANIEL MENCHE however ALL the artists on the first disc offer their own tailor made visions of challenging audio assembly. Exemplary work here by all and highly recommended listening. You can sense everyone took their time strategically and explored their own capabilities !

Disc Two (Side Japan) truly goes for "the creative and imaginative throat" with the most "next level" spectrum sound dynamics artist to artist. The BLACKPHONE666 and GC SKULL ELECTRONICS selections are utterly mind-blowing power. Each of these artists has truly defined themselves beyond description and the gradual maturity of each is critically evident. Top notch material also by GOVERNMENT ALPHA, KAZUMA KUBOTA, KAZUMOTO ENDO, LIKE WEEDS, PAIN JERK, LINEKRAFT, and the phenomenal SCUM really keep things colorized and transcending texturally and with pleasurable agonizing force ! Additional standout Wolf Creek just terrorizes the listener with their closing piece "Feeling of Imperative Stimmen". Excellent vision and attack to be sure. Easily one of THE BEST sound documents I have heard in many, many years !

To be sure, this could become a "book" if I were to discuss in detail all of the contributors here and go into their deep histories as artists and performers but the final word is HELP. HELP for Soup !
This is a massive undertaking of a release and every track within it is a potent "elixir" of individual, untainted expression.

Let us all see the light at the end of the tunnel. HELP SOUP. BUY THIS INCREDIBLE RELEASE AND SET YOUR MIND ON FIRE.

WOOD/BASTARD NOISE October 31st, 2020