• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Early Fern // Perpetual Care LP [COLOR]

Early Fern // Perpetual Care LP [COLOR]

  • Availability:

アメリカ・NYのアンビエント作家Early Fernが、2023年3月にイギリスのアンビエントレーベルMétron Recordsからリリースしたレコードです。

生楽器にEarly Fernが働いていた農場で録音したフィールドレコーディングを織り交ぜた牧歌アンビエント8曲を収録。Joseph Shabasonも参加しています。カラー盤です。

以下、レーベルによる解説です。

Métron RecordsからリリースされたEarly Fernの3枚目のアルバム『Perpetual Care』の大部分は、感情的に大きな意味を持つ時間と場所の記憶から着想を得ています。アーリーとそのパートナーは、ニューヨーク州中央部にある田舎の農場で働いていました。2つの長い尾根に挟まれた谷間にある小さなキャンピングカーに住み、流れる小川や岩の多い滝、ヘムロックやカエデの木に囲まれていました。

ところが突然、この大自然に囲まれた場所から追い出され、彼女の人生は急遽ひっくり返されることになりました。この「Perpetual Care」は、アーリー家の人生の激変の瞬間を記録し、かつての故郷を思い起こさせるものです。

「音楽を創ることは避難所であり、自分の感情の内と外の両方で自由にオープンに創作できる場所であった。ある意味、これは私が恋に落ちた場所との別れのアルバムだと思っている。」

深く個人的なレコードであるPerpetual Careは、性転換のためにホルモン補充療法を始めた後、Earlyが初めて作った音楽作品であり、その経験は、自分たちの記憶とこれらの曲との関係に大きく影響したと彼女は考えています。

しかし、この親密さにもかかわらず、Earlyは勇敢にも彼女の内面的な経験を世界と共有し、Perpetual Careは母なる自然の生命力への溢れんばかりの表現力豊かな頌歌となっているのです。緻密なレイヤーを持つこのアルバムは、波と流れがあり、自然の美しさと癒しの力に対する豊かな音のモニュメントとして存在しています。

「パーペチュアル・ケアという名前は、地元の墓地の周りに置かれていた小さな看板から引き出されたものですが、私はその意味を自分のニーズに合うように拡大しました。私が最も困窮していたとき、私のニーズはまだ満たされていたのです。私の人生から大切な人や場所がなくなっても、その記憶は私の中に永久保存されるのです」

遊牧民のライフスタイルのため、Perpetual Careは技術的、物理的な限界から生まれたものです。安価なデジタルピアノ、ラップトップ、才能あるベースギターとクラリネットを使って作られたこの作品は、生楽器演奏と農場周辺でのフィールドレコーディングを織り交ぜています。

また、この作品は、Earlyが初めて他人とコラボレーションして音楽活動を行った作品でもあります。リード・シングル「Softly Brushed By Wind」では、Joseph Shabasonが美しい管楽器の演奏を披露しており、Earlyは「深い満足感と感動を与えてくれる」と語っています。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Métron Records releases available at Tobira. 

-------------------------------------

Edition of 300. Pressed on 12" 'Duck Egg' (cloudy lime) color vinyl. 

Métron Records:

"The bulk of Perpetual Care, Early Fern’s third album for Métron Records, was inspired by memories of a time and place of great emotional significance. Early and their partner had been working at a rural farm in Central New York, living in a small campervan nestled in a valley between two long ridges, with flowing creeks and rocky waterfalls, surrounded by hemlock and maple trees.

Unexpectedly they were evicted from this place of vast natural wonder and their lives were hastily upturned. Unable to return to the place they had grown so fond of, Perpetual Care stands as a document to this moment of upheaval in Early’s life and the recollection of their former home.

“Creating music was a refuge, a place where I could create freely and openly both within and beyond my emotional state. In a way, I think of this as a break-up album with a place I had fallen in love with.”

A deeply personal record, Perpetual Care stands as the first musical creation from Early after beginning hormone replacement therapy for gender transition, an experience they believe heavily informed their relationship to their memories and to these songs.

But despite this intimacy, with Early bravely sharing their interior experience with the world, Perpetual Care is an overflowing and expressive ode to the life force of Mother Nature. Densely layered, the album ebbs and flows and stands as a rich sonic monument to the beauty and healing power of nature.

‘’ The name Perpetual Care was drawn from some little signs which were placed around the local cemeteries, but I expanded the meaning to fit my needs. In my time of greatest deprivation, I am privileged that my needs were still met. When the people and places I love are gone from my life, their memories dwell inside me in Perpetual Care.’’

Owing to their nomadic lifestyle, Perpetual Care is borne from technical and physical limitations. Created using a cheap digital piano, a laptop, a gifted bass guitar and a clarinet, the work interweaves live instrumentation with field recordings taken from sites around the farm.

It also marks the first time Early has been able to collaborate with another person in their musical practice. Lead single ‘Softly Brushed By Wind’ features Joseph Shabason contributing some beautiful wind work in a synergetic experience Early called “deeply gratifying and inspiring”."

Artist : Early Fern

Label : Métron Records

アメリカ・NYのアンビエント作家Early Fernが、2023年3月にイギリスのアンビエントレーベルMétron Recordsからリリースしたレコードです。

生楽器にEarly Fernが働いていた農場で録音したフィールドレコーディングを織り交ぜた牧歌アンビエント8曲を収録。Joseph Shabasonも参加しています。カラー盤です。

以下、レーベルによる解説です。

Métron RecordsからリリースされたEarly Fernの3枚目のアルバム『Perpetual Care』の大部分は、感情的に大きな意味を持つ時間と場所の記憶から着想を得ています。アーリーとそのパートナーは、ニューヨーク州中央部にある田舎の農場で働いていました。2つの長い尾根に挟まれた谷間にある小さなキャンピングカーに住み、流れる小川や岩の多い滝、ヘムロックやカエデの木に囲まれていました。

ところが突然、この大自然に囲まれた場所から追い出され、彼女の人生は急遽ひっくり返されることになりました。この「Perpetual Care」は、アーリー家の人生の激変の瞬間を記録し、かつての故郷を思い起こさせるものです。

「音楽を創ることは避難所であり、自分の感情の内と外の両方で自由にオープンに創作できる場所であった。ある意味、これは私が恋に落ちた場所との別れのアルバムだと思っている。」

深く個人的なレコードであるPerpetual Careは、性転換のためにホルモン補充療法を始めた後、Earlyが初めて作った音楽作品であり、その経験は、自分たちの記憶とこれらの曲との関係に大きく影響したと彼女は考えています。

しかし、この親密さにもかかわらず、Earlyは勇敢にも彼女の内面的な経験を世界と共有し、Perpetual Careは母なる自然の生命力への溢れんばかりの表現力豊かな頌歌となっているのです。緻密なレイヤーを持つこのアルバムは、波と流れがあり、自然の美しさと癒しの力に対する豊かな音のモニュメントとして存在しています。

「パーペチュアル・ケアという名前は、地元の墓地の周りに置かれていた小さな看板から引き出されたものですが、私はその意味を自分のニーズに合うように拡大しました。私が最も困窮していたとき、私のニーズはまだ満たされていたのです。私の人生から大切な人や場所がなくなっても、その記憶は私の中に永久保存されるのです」

遊牧民のライフスタイルのため、Perpetual Careは技術的、物理的な限界から生まれたものです。安価なデジタルピアノ、ラップトップ、才能あるベースギターとクラリネットを使って作られたこの作品は、生楽器演奏と農場周辺でのフィールドレコーディングを織り交ぜています。

また、この作品は、Earlyが初めて他人とコラボレーションして音楽活動を行った作品でもあります。リード・シングル「Softly Brushed By Wind」では、Joseph Shabasonが美しい管楽器の演奏を披露しており、Earlyは「深い満足感と感動を与えてくれる」と語っています。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Métron Records releases available at Tobira. 

-------------------------------------

Edition of 300. Pressed on 12" 'Duck Egg' (cloudy lime) color vinyl. 

Métron Records:

"The bulk of Perpetual Care, Early Fern’s third album for Métron Records, was inspired by memories of a time and place of great emotional significance. Early and their partner had been working at a rural farm in Central New York, living in a small campervan nestled in a valley between two long ridges, with flowing creeks and rocky waterfalls, surrounded by hemlock and maple trees.

Unexpectedly they were evicted from this place of vast natural wonder and their lives were hastily upturned. Unable to return to the place they had grown so fond of, Perpetual Care stands as a document to this moment of upheaval in Early’s life and the recollection of their former home.

“Creating music was a refuge, a place where I could create freely and openly both within and beyond my emotional state. In a way, I think of this as a break-up album with a place I had fallen in love with.”

A deeply personal record, Perpetual Care stands as the first musical creation from Early after beginning hormone replacement therapy for gender transition, an experience they believe heavily informed their relationship to their memories and to these songs.

But despite this intimacy, with Early bravely sharing their interior experience with the world, Perpetual Care is an overflowing and expressive ode to the life force of Mother Nature. Densely layered, the album ebbs and flows and stands as a rich sonic monument to the beauty and healing power of nature.

‘’ The name Perpetual Care was drawn from some little signs which were placed around the local cemeteries, but I expanded the meaning to fit my needs. In my time of greatest deprivation, I am privileged that my needs were still met. When the people and places I love are gone from my life, their memories dwell inside me in Perpetual Care.’’

Owing to their nomadic lifestyle, Perpetual Care is borne from technical and physical limitations. Created using a cheap digital piano, a laptop, a gifted bass guitar and a clarinet, the work interweaves live instrumentation with field recordings taken from sites around the farm.

It also marks the first time Early has been able to collaborate with another person in their musical practice. Lead single ‘Softly Brushed By Wind’ features Joseph Shabason contributing some beautiful wind work in a synergetic experience Early called “deeply gratifying and inspiring”."

Artist : Early Fern

Label : Métron Records