• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Attila Csihar // Void Ov Voices : Baalbek LP

Attila Csihar // Void Ov Voices : Baalbek LP

  • Availability:

SUNN O)))としても活動しているAttila Csiharが、2023年2月にIdeologic Organからリリースしたレコードです。

レバノンのバールベックで録音したドローン2セットを収録。16ページのブックレット付属。以下、作家本人による解説です。

「私は2006年にVoid Ov Voicesを立ち上げ、その場の空間と時間のエネルギーを捉え、干渉しながら、その場のための儀式的な音楽を作り、ライブパフォーマンスのみを行うようになりました。

2008年に初めてレバノンを訪れたのは、トリトンやバールベックの巨大なモノリスを訪れるという特別な理由からでした。そのとき、古代文明の工学技術の高さと、地域全体が持つ強烈な幻想的な雰囲気に深い感銘を受けたのです。

私は長い間、古代遺跡や先史時代の遺跡、モノリスに魅了されてきました。この数十年間、私は世界中の多くの場所を訪れました。私はいつも、これらの古代遺跡の中に非常に独特な物理的エネルギーを感じ、それが私の想像力と心の目を興味深く開かせてくれました。さらに、これらの建造物はすべて、忘れ去られた高度なテクノロジーと文明の足跡なのです。さらに、これらの石の塊は、しばしば占星術の事象や神聖幾何学と一直線上に並んでいます。
バールベックのトリトンは、ローマ時代以前の技術の純粋な証拠であり、重さ約900トン(VWゴルフ900台分に相当)の石のブロックを持ち上げて運ぶことができる技術であるため、私にとって特別な存在なのです。その輸送そのものを現代で行うことは可能であるとしても、最先端の技術をもってしても大変なことです。

バールベックには、このような大きさの石でできた巨大な台地があり、その上にローマ人が世界最大級のローマ建築といわれるジュピター神殿を建てたのです。
バールベックは古代には「太陽の町」と呼ばれていたそうですが、「バベルの塔」の話と関係があるのでしょうか?
このような神秘的な場所には、さまざまな物語や説があります。しかし、これらの石は、歴史の中で時空を超えて、ただそこに立って待っているのです。そして、最後までそこにあるのです...。
これらのユニークな構造物にできるだけ近い録音をすることは、常に私の心を揺り動かすものでした。
ついにバールベックの「南の石」の頂上でレコーディングをすることができたとき、私はトランス状態のような瞑想状態に陥ったのです。音楽は、耳の感覚だけでなく、私たちの身体のすべてを通過していくので、さまざまなレベルで不思議なものです。

年月が経つにつれ、私はバールベックについてさらに調べていきました。ハンガリーで最も重要な画家の一人、チョントヴァーリ・コシュトカ・ティヴァダー(1853-1919)も、レバノンの同じ場所で深い感動を受けました。彼の生涯を詳しく調べてみると、私と彼の性格や芸術哲学には多くの共通点があることがわかりました。彼は、深い精神性を持っていましたが、宗教的ではありませんでした。薬剤師で科学者だった彼が、中年になって絵を描き始めたのは、超越的な衝動に駆られたからにほかなりません。彼は薬剤師のキャリアをあきらめ、残りの人生、魂の欲求を満たすために芸術と絵画にのみ集中し、それ以外の地上的、エゴイスティックな理由ではありませんでした。展覧会を開くこともなく、自分の絵を売るつもりもありませんでした。ベジタリアンになり、社会のアウトサイダーとなりました。晩年には、政府や世界の指導者たちの背後にある隠された手に挑戦する、高度な哲学的文章も書いています。しかし残念なことに、そして典型的な例として、彼の存在が認識されたのは、死後数十年経ってからでした。彼の絵は忘れ去られ、第二次世界大戦後、トラックの荷台のキャンバスとして売られそうになっていました。しかしオークションの最後の最後に、誰かがその芸術的価値を認め、買い上げ、保存してくれたのです。今では、ハンガリーで最も重要で影響力のある画家の一人と言われています。ハンガリーの暗い歴史の中で、どれだけの貴重な美術品が消えていったのだろうかと思うことがあります。
とにかく、ツォントヴァーリ・コシュトカ・ティヴァダールとバールベックは私に深いインスピレーションを与えてくれました。2012年、私は再びレバノンのバールベックにある同じ遺跡に行き、儀式的な記録を作り、そのエネルギーを自分のために、永遠に留めておこうと決心したのです。
アルバムのジャケットアートワークに選んだのは、チョントヴァーリが描いた「Sacrificial Stone」という珍しい絵画です。彼はこのシュールな絵をバールベックでも描いているのです。彼が「南の石」にインスピレーションを受け、それが彼のビジョンの中で「サクリファイス・ストーン」になったというのは、私にとって借りのない話です。
Void Ov Voicesでは、音のブロックを繰り返し使って、音の壁を作り出しています。この美しい絵の上で、チョントヴァーリ以上に自分の音楽をイメージすることはできませんでした。

この個人的な録音をリリースすべきかどうか迷いましたが、友人のスティーブン・オマリーの長年にわたる強いインスピレーションに感謝します。ついに実現することができました。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ releases available at Tobira. 

------------------------------

Pressed on 12" green vinyl. Edition of 300. Includes 16pp 30x30cm booklet. 

Artist statement by Attila Csihar
Budapest, September 2021
 :

"I started Void Ov Voices in 2006 to create ritualistic music for the moment, to play only live performances while capturing and interfering with the energy of the space and the time of the location.

The first time I travelled to Lebanon was in 2008 for one particular reason: to visit the Trilitons and the giant Monoliths of Baalbek. I was deeply impressed by the level of ancient civilisations engineering technology and the intense magical atmosphere of the whole area.

I have been fascinated by ancient ruins, prehistorical sites and monoliths for a long time. In the last decades, I visited many of these places around the world. I always felt this very particular fine physical energy among those ancient ruins, which interestingly opened my imagination and mind’s eye. Besides that, all these structures are footprints of a forgotten high advanced technology and civilisations. Moreover, these masses of stone often lie in alignment with astrological events and sacred geometry.
The Trilitons of Baalbek are extraordinarily special to me as they are pure evidence of technology from before the Roman period, a technology which could lift and transport blocks of stones, each weighing around approximately 900 tons (which equals approximately the weight of 900 VW Golfs, but in one piece!). To do that transportation itself today would be a huge challenge even with our cutting edge technology, if it’s possible at all.

There is a massive plateau in Baalbek made of these sized stones, on top of which the Romans built their famous Jupiter Temple, considered to be one of the largest Roman structures in the world.
Baalbek used to be called The City Of The Sun in ancient times, and I might have one theoretical question: could it be connected to the story of The Tower Of Babel?
There are many stories and theories around these mystical places. But, those stones have been just standing and waiting there in time and space throughout history. And they will be there till the end…
To make recordings as close as possible to these unique structures always triggered my mind.
When finally I could make a recording outdoor on the top of the “Stone of the South” in Baalbek, I fell into a trance kind of meditative state of mind, in that welcoming an enormous ancient energy which is present and is also captured on these recordings. Music is magical itself on many levels as it goes through all of our bodies, not only through the sensations of our ears.

As years passed, I researched Baalbek more. One of Hungary’s most significant painters, Csontváry Kosztka Tivadar (1853-1919), was also deeply touched by the same spot in Lebanon. When I dug more into Csontváry’s life story, I found many similarities between his and my personality and artistic philosophy. He was profoundly spiritual yet not religious. He was an apothecary and scientist who started to paint in his middle age only because of a transcendental impulse he received. He gave up his pharmacist career and, for the rest of his life, focused only on art and painting to fulfil his soul’s desires and not for any other earthly or egoistic reason. He never had an exhibition, and he never intended to sell any of his paintings. He became a vegetarian and an outsider of society. Towards the end of his life, he even wrote some advanced philosophical writings challenging the hidden hands behind the governments and world leaders. Unfortunately and typically, he was only recognised decades after his death. His paintings were forgotten and almost sold as canvas to cover trucks after WWII. Then, at the last minute of an auction, somebody recognised their artistic value, bought up and saved these priceless paintings, which was like a miracle itself. Csontváry is now considered to be one of the most critical and influential Hungarian painters of all time! Sometimes I wonder how much invaluable art might have disappeared through the dark times of our history.
Anyway, Csontváry Kosztka Tivadar and Baalbek gave me such deep inspiration that in 2012 I decided to travel back to Lebanon to the same ruins to Baalbek to create a ritualistic recording and try to capture that energy for myself and for forever.
I chose this rare painting from Csontváry called “Sacrificial Stone” for the album’s cover artwork. He painted this surrealistic painting in Baalbek too. No debt to me that he was inspired by “The Stone Of The South”, which became the “Sacrificial Stone” in his vision.
When I first saw that painting, I could not believe my eyes: in Void Ov Voices, I use blocks of sounds repeatedly to create a wall of sound. I could not visualise my music better than Csontváry on this beautiful painting.

I was not sure if I should ever release this personal recording but thank my friend Stephen O’Malley’s strong inspiration through the years. Finally, it can happen."

Artist : Attila Csihar

Label : Ideologic Organ

+ -

SUNN O)))としても活動しているAttila Csiharが、2023年2月にIdeologic Organからリリースしたレコードです。

レバノンのバールベックで録音したドローン2セットを収録。16ページのブックレット付属。以下、作家本人による解説です。

「私は2006年にVoid Ov Voicesを立ち上げ、その場の空間と時間のエネルギーを捉え、干渉しながら、その場のための儀式的な音楽を作り、ライブパフォーマンスのみを行うようになりました。

2008年に初めてレバノンを訪れたのは、トリトンやバールベックの巨大なモノリスを訪れるという特別な理由からでした。そのとき、古代文明の工学技術の高さと、地域全体が持つ強烈な幻想的な雰囲気に深い感銘を受けたのです。

私は長い間、古代遺跡や先史時代の遺跡、モノリスに魅了されてきました。この数十年間、私は世界中の多くの場所を訪れました。私はいつも、これらの古代遺跡の中に非常に独特な物理的エネルギーを感じ、それが私の想像力と心の目を興味深く開かせてくれました。さらに、これらの建造物はすべて、忘れ去られた高度なテクノロジーと文明の足跡なのです。さらに、これらの石の塊は、しばしば占星術の事象や神聖幾何学と一直線上に並んでいます。
バールベックのトリトンは、ローマ時代以前の技術の純粋な証拠であり、重さ約900トン(VWゴルフ900台分に相当)の石のブロックを持ち上げて運ぶことができる技術であるため、私にとって特別な存在なのです。その輸送そのものを現代で行うことは可能であるとしても、最先端の技術をもってしても大変なことです。

バールベックには、このような大きさの石でできた巨大な台地があり、その上にローマ人が世界最大級のローマ建築といわれるジュピター神殿を建てたのです。
バールベックは古代には「太陽の町」と呼ばれていたそうですが、「バベルの塔」の話と関係があるのでしょうか?
このような神秘的な場所には、さまざまな物語や説があります。しかし、これらの石は、歴史の中で時空を超えて、ただそこに立って待っているのです。そして、最後までそこにあるのです...。
これらのユニークな構造物にできるだけ近い録音をすることは、常に私の心を揺り動かすものでした。
ついにバールベックの「南の石」の頂上でレコーディングをすることができたとき、私はトランス状態のような瞑想状態に陥ったのです。音楽は、耳の感覚だけでなく、私たちの身体のすべてを通過していくので、さまざまなレベルで不思議なものです。

年月が経つにつれ、私はバールベックについてさらに調べていきました。ハンガリーで最も重要な画家の一人、チョントヴァーリ・コシュトカ・ティヴァダー(1853-1919)も、レバノンの同じ場所で深い感動を受けました。彼の生涯を詳しく調べてみると、私と彼の性格や芸術哲学には多くの共通点があることがわかりました。彼は、深い精神性を持っていましたが、宗教的ではありませんでした。薬剤師で科学者だった彼が、中年になって絵を描き始めたのは、超越的な衝動に駆られたからにほかなりません。彼は薬剤師のキャリアをあきらめ、残りの人生、魂の欲求を満たすために芸術と絵画にのみ集中し、それ以外の地上的、エゴイスティックな理由ではありませんでした。展覧会を開くこともなく、自分の絵を売るつもりもありませんでした。ベジタリアンになり、社会のアウトサイダーとなりました。晩年には、政府や世界の指導者たちの背後にある隠された手に挑戦する、高度な哲学的文章も書いています。しかし残念なことに、そして典型的な例として、彼の存在が認識されたのは、死後数十年経ってからでした。彼の絵は忘れ去られ、第二次世界大戦後、トラックの荷台のキャンバスとして売られそうになっていました。しかしオークションの最後の最後に、誰かがその芸術的価値を認め、買い上げ、保存してくれたのです。今では、ハンガリーで最も重要で影響力のある画家の一人と言われています。ハンガリーの暗い歴史の中で、どれだけの貴重な美術品が消えていったのだろうかと思うことがあります。
とにかく、ツォントヴァーリ・コシュトカ・ティヴァダールとバールベックは私に深いインスピレーションを与えてくれました。2012年、私は再びレバノンのバールベックにある同じ遺跡に行き、儀式的な記録を作り、そのエネルギーを自分のために、永遠に留めておこうと決心したのです。
アルバムのジャケットアートワークに選んだのは、チョントヴァーリが描いた「Sacrificial Stone」という珍しい絵画です。彼はこのシュールな絵をバールベックでも描いているのです。彼が「南の石」にインスピレーションを受け、それが彼のビジョンの中で「サクリファイス・ストーン」になったというのは、私にとって借りのない話です。
Void Ov Voicesでは、音のブロックを繰り返し使って、音の壁を作り出しています。この美しい絵の上で、チョントヴァーリ以上に自分の音楽をイメージすることはできませんでした。

この個人的な録音をリリースすべきかどうか迷いましたが、友人のスティーブン・オマリーの長年にわたる強いインスピレーションに感謝します。ついに実現することができました。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ releases available at Tobira. 

------------------------------

Pressed on 12" green vinyl. Edition of 300. Includes 16pp 30x30cm booklet. 

Artist statement by Attila Csihar
Budapest, September 2021
 :

"I started Void Ov Voices in 2006 to create ritualistic music for the moment, to play only live performances while capturing and interfering with the energy of the space and the time of the location.

The first time I travelled to Lebanon was in 2008 for one particular reason: to visit the Trilitons and the giant Monoliths of Baalbek. I was deeply impressed by the level of ancient civilisations engineering technology and the intense magical atmosphere of the whole area.

I have been fascinated by ancient ruins, prehistorical sites and monoliths for a long time. In the last decades, I visited many of these places around the world. I always felt this very particular fine physical energy among those ancient ruins, which interestingly opened my imagination and mind’s eye. Besides that, all these structures are footprints of a forgotten high advanced technology and civilisations. Moreover, these masses of stone often lie in alignment with astrological events and sacred geometry.
The Trilitons of Baalbek are extraordinarily special to me as they are pure evidence of technology from before the Roman period, a technology which could lift and transport blocks of stones, each weighing around approximately 900 tons (which equals approximately the weight of 900 VW Golfs, but in one piece!). To do that transportation itself today would be a huge challenge even with our cutting edge technology, if it’s possible at all.

There is a massive plateau in Baalbek made of these sized stones, on top of which the Romans built their famous Jupiter Temple, considered to be one of the largest Roman structures in the world.
Baalbek used to be called The City Of The Sun in ancient times, and I might have one theoretical question: could it be connected to the story of The Tower Of Babel?
There are many stories and theories around these mystical places. But, those stones have been just standing and waiting there in time and space throughout history. And they will be there till the end…
To make recordings as close as possible to these unique structures always triggered my mind.
When finally I could make a recording outdoor on the top of the “Stone of the South” in Baalbek, I fell into a trance kind of meditative state of mind, in that welcoming an enormous ancient energy which is present and is also captured on these recordings. Music is magical itself on many levels as it goes through all of our bodies, not only through the sensations of our ears.

As years passed, I researched Baalbek more. One of Hungary’s most significant painters, Csontváry Kosztka Tivadar (1853-1919), was also deeply touched by the same spot in Lebanon. When I dug more into Csontváry’s life story, I found many similarities between his and my personality and artistic philosophy. He was profoundly spiritual yet not religious. He was an apothecary and scientist who started to paint in his middle age only because of a transcendental impulse he received. He gave up his pharmacist career and, for the rest of his life, focused only on art and painting to fulfil his soul’s desires and not for any other earthly or egoistic reason. He never had an exhibition, and he never intended to sell any of his paintings. He became a vegetarian and an outsider of society. Towards the end of his life, he even wrote some advanced philosophical writings challenging the hidden hands behind the governments and world leaders. Unfortunately and typically, he was only recognised decades after his death. His paintings were forgotten and almost sold as canvas to cover trucks after WWII. Then, at the last minute of an auction, somebody recognised their artistic value, bought up and saved these priceless paintings, which was like a miracle itself. Csontváry is now considered to be one of the most critical and influential Hungarian painters of all time! Sometimes I wonder how much invaluable art might have disappeared through the dark times of our history.
Anyway, Csontváry Kosztka Tivadar and Baalbek gave me such deep inspiration that in 2012 I decided to travel back to Lebanon to the same ruins to Baalbek to create a ritualistic recording and try to capture that energy for myself and for forever.
I chose this rare painting from Csontváry called “Sacrificial Stone” for the album’s cover artwork. He painted this surrealistic painting in Baalbek too. No debt to me that he was inspired by “The Stone Of The South”, which became the “Sacrificial Stone” in his vision.
When I first saw that painting, I could not believe my eyes: in Void Ov Voices, I use blocks of sounds repeatedly to create a wall of sound. I could not visualise my music better than Csontváry on this beautiful painting.

I was not sure if I should ever release this personal recording but thank my friend Stephen O’Malley’s strong inspiration through the years. Finally, it can happen."

Artist : Attila Csihar

Label : Ideologic Organ