• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Michael Atherton // Windshift LP

Michael Atherton // Windshift LP

  • Availability:

オーストラリア・シドニーの音楽家/教育者Michael Athertonが、2023年11月にイギリスの実験レーベルInfinite Expanseからリリースした再発レコードです。(オリジナルは1990年リリース)

ハーディガーディやディジュリドゥ、ジョーハープ、クリンタンなどの民族楽器を駆使したスピリチュアル・ジャズ〜アンビエント・フォーク〜ニューエイジ・ストレンジビーツ14曲を収録。DLコードとインサート付属。

以下、レーベルによる解説です。

"オーストラリア・シドニーの作家、作曲家、教育者。ウェールズ系アイルランド人とドイツ人の両親の間にイギリスのリバプールで生まれ、1965年に一家でオーストラリアに移住。郊外のラ・ペルーズに移り住み、多文化が混在するコミュニティで先住民やイベリコ系移民との友情を育みながら育った。移住者としての形成的な経験と、記譜された音楽だけでなく土俗音楽への好奇心から、正式に音楽を学ぶようになり、民族音楽学に魅了される。独学で学んだギタリストから、熟練したマルチ・インストゥルメンタリストへと成長したマイケルのレコーディング活動は、さまざまなジャンルやスタイルに及んでいる。アーリーミュージック・グループのルネッサンス・プレイヤーズ、先駆的な異文化フォーク・グループのシロッコ、革新的なエスノ・クラシカル・アンサンブルのサザン・クロッシングスのメンバーとして活躍。

1990年になると、彼はそれまでの音楽活動の枠を超え、オーストラリアを離れ、アジア太平洋やヨーロッパのリソースを活用した「Windshift」を発表した。ディジュリドゥ、ハーディ・ガーディ、クリンタン、サロン、ジョーハープなど、印象的な楽器の数々を操るマイケルは、サンプラー、シンセ、モジュレーションエフェクトを駆使し、レコーディングに強烈な色彩を加えている。最近、同じオーストラリアを拠点に活動するミュージシャンでエンジニアのマイキー・ヤングによってリマスタリングされ、グラスゴーを拠点に活動するアーティストのジェイミー・ジョンソンによって視覚的に再構築された「Windshift」が、インフィニット・エクスパンスによって再びレコードで初リイシューされる。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Infinite Expanse releases available at Tobira.

----------------------

Includes DL code. 12" black vinyl. Edition of 300. 

Tracklist:

A1                    Moonrise        4:46
A2                    Chasm 4:03
A3                    The Kite           2:22
A4                    Logtalk 2:34
A5                    Sunshower      4:36
A6                    Spirithouse      3:20
A7                    Windmill         2:18
A8                    After The Rain 6:01
B1                    Soaring            2:44
B2                    Passage           1:58
B3                    Waterfall         3:54
B4                    Zephyr 5:23
B5                    Whispers         3:39
B6                    Initiation         5:46

++

Infinite Expanse:

"Michael Atherton is a writer, composer and educator from Sydney, Australia. Originally born in Liverpool, England, to Welsh-Irish and German parents, his family later migrated to Australia in 1965. Moving to the suburbs in La Perouse, he grew up in a mixed, multicultural community, where he fostered friendships with existing indigenous members and Iberian migrants. His formative migrant experience and his curiosity about vernacular, as well as notated music, led him to study music formally where he was attracted to ethnomusicology. From a self-taught guitarist to an accomplished multi-instrumentalist, Michael’s recorded output spans many different genres and styles – he was a member of the Renaissance Players, an early music group; Sirocco, a pioneering cross-cultural folk group; and Southern Crossings, an innovative ethno-classical ensemble.

By 1990, he had moved beyond his earlier musical endeavours, and away from Australia, with ‘Windshift’ seeing him draw on resources from the Asia-Pacific and Europe. With an impressive arsenal of instruments, such as the didjeridu, hurdy gurdy, kulintang, saron and jaw harp, to name but a few, Michael adds intense colour to the recordings using samplers, synths and modulating effects. Recently remastered by fellow Australian-based musician and engineer, Mikey Young, and visually re-imagined by Glasgow-based artist, Jamie Johnson, ‘Windshift’ is now presented once again by Infinite Expanse with a first-time reissue on vinyl."

Artist : Michael Atherton

Label : Infinite Expanse

+ -

オーストラリア・シドニーの音楽家/教育者Michael Athertonが、2023年11月にイギリスの実験レーベルInfinite Expanseからリリースした再発レコードです。(オリジナルは1990年リリース)

ハーディガーディやディジュリドゥ、ジョーハープ、クリンタンなどの民族楽器を駆使したスピリチュアル・ジャズ〜アンビエント・フォーク〜ニューエイジ・ストレンジビーツ14曲を収録。DLコードとインサート付属。

以下、レーベルによる解説です。

"オーストラリア・シドニーの作家、作曲家、教育者。ウェールズ系アイルランド人とドイツ人の両親の間にイギリスのリバプールで生まれ、1965年に一家でオーストラリアに移住。郊外のラ・ペルーズに移り住み、多文化が混在するコミュニティで先住民やイベリコ系移民との友情を育みながら育った。移住者としての形成的な経験と、記譜された音楽だけでなく土俗音楽への好奇心から、正式に音楽を学ぶようになり、民族音楽学に魅了される。独学で学んだギタリストから、熟練したマルチ・インストゥルメンタリストへと成長したマイケルのレコーディング活動は、さまざまなジャンルやスタイルに及んでいる。アーリーミュージック・グループのルネッサンス・プレイヤーズ、先駆的な異文化フォーク・グループのシロッコ、革新的なエスノ・クラシカル・アンサンブルのサザン・クロッシングスのメンバーとして活躍。

1990年になると、彼はそれまでの音楽活動の枠を超え、オーストラリアを離れ、アジア太平洋やヨーロッパのリソースを活用した「Windshift」を発表した。ディジュリドゥ、ハーディ・ガーディ、クリンタン、サロン、ジョーハープなど、印象的な楽器の数々を操るマイケルは、サンプラー、シンセ、モジュレーションエフェクトを駆使し、レコーディングに強烈な色彩を加えている。最近、同じオーストラリアを拠点に活動するミュージシャンでエンジニアのマイキー・ヤングによってリマスタリングされ、グラスゴーを拠点に活動するアーティストのジェイミー・ジョンソンによって視覚的に再構築された「Windshift」が、インフィニット・エクスパンスによって再びレコードで初リイシューされる。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Infinite Expanse releases available at Tobira.

----------------------

Includes DL code. 12" black vinyl. Edition of 300. 

Tracklist:

A1                    Moonrise        4:46
A2                    Chasm 4:03
A3                    The Kite           2:22
A4                    Logtalk 2:34
A5                    Sunshower      4:36
A6                    Spirithouse      3:20
A7                    Windmill         2:18
A8                    After The Rain 6:01
B1                    Soaring            2:44
B2                    Passage           1:58
B3                    Waterfall         3:54
B4                    Zephyr 5:23
B5                    Whispers         3:39
B6                    Initiation         5:46

++

Infinite Expanse:

"Michael Atherton is a writer, composer and educator from Sydney, Australia. Originally born in Liverpool, England, to Welsh-Irish and German parents, his family later migrated to Australia in 1965. Moving to the suburbs in La Perouse, he grew up in a mixed, multicultural community, where he fostered friendships with existing indigenous members and Iberian migrants. His formative migrant experience and his curiosity about vernacular, as well as notated music, led him to study music formally where he was attracted to ethnomusicology. From a self-taught guitarist to an accomplished multi-instrumentalist, Michael’s recorded output spans many different genres and styles – he was a member of the Renaissance Players, an early music group; Sirocco, a pioneering cross-cultural folk group; and Southern Crossings, an innovative ethno-classical ensemble.

By 1990, he had moved beyond his earlier musical endeavours, and away from Australia, with ‘Windshift’ seeing him draw on resources from the Asia-Pacific and Europe. With an impressive arsenal of instruments, such as the didjeridu, hurdy gurdy, kulintang, saron and jaw harp, to name but a few, Michael adds intense colour to the recordings using samplers, synths and modulating effects. Recently remastered by fellow Australian-based musician and engineer, Mikey Young, and visually re-imagined by Glasgow-based artist, Jamie Johnson, ‘Windshift’ is now presented once again by Infinite Expanse with a first-time reissue on vinyl."

Artist : Michael Atherton

Label : Infinite Expanse