• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Martin Franklin & Michael O'Dempsey // Kolbe TAPE

Martin Franklin & Michael O'Dempsey // Kolbe TAPE

  • Availability:

80-90年代に活動していたイギリスのバンドTuuの中心メンバーMartin Franklinと Michael O'Dempseyが、2023年7月に同国発掘系レーベルInfinite Expanseからリリースしたサウンドトラック作品です。

1985-1986年に演劇用に製作したLo-Fiインダストリアル・ドローン〜ネオクラシカル・アンビエント11曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"歴史的文脈に浸り、不気味なテープ・ループ、フィードバック、80年代のストンプ・ボックス・エフェクトに初期のデジタル・シンセシスをミックスしたサウンドで構成されている。

Kolbeは、第二次世界大戦中にアウシュビッツで身代わりに死ぬことを志願したポーランドのカトリック神父の物語である。1941年7月、収容所から一人の囚人が脱走し、副司令官はさらなる脱走を阻止するため、地下壕で餓死させる10人の男を選んだ。選ばれた一人、若い夫であり父親でもあったフランシシェク・ガジョーニチェクが泣き叫ぶと、マクシミリアン・コルベが志願して彼の身代わりになった。当時、用務員の助手だった目撃者によると、コルベは牢獄の独房で、囚人たちに祈りをささげたという。看守がコルベの様子をうかがうたびに、コルベは独房の真ん中に立ったり、ひざまずいたりして、入ってくる囚人たちを穏やかに見つめていた。2週間も飢えと水不足が続いた後、生きていたのはコルベと他の3人だけだった。看守は壕を空にしたかったので、残った4人の囚人に致死注射を打った。コルベは1941年8月14日に死んだ。数年後、彼は1971年に教皇パウロ6世によって信仰の告白者として列福され、1982年には教皇ヨハネ・パウロ2世によって聖人に列せられた。

1985年から86年にかけて、制作会社Theatre of Polandは、デズモンド・フォリスタルの著書を基にした劇『Kolbe』をヨーロッパ各地のカトリック教会で上演した。ここで紹介する録音は、ツアー中に販売されたカセットの一部で、ニュージーランドのリッテルトンで回収され、2023年4月にオーストラリアのブリスベンでマスタリングされた。このカセットには、1986年9月にウィンザーのセント・エドワーズ教会で行われた劇場公演のライブ録音や、映画『Tag der Freiheit: また、映画『Tag der Freiheit: Unsere Wehrmacht』(1935年)、『Festliches Nuernberg - Ein Film a Stadt der Reichsparteitage』(1937年)からの断片も収録されている。"

--------------------------------------------

C45 cassette with on-body printing in jewel case, printed two-sided j-card and wrap-around o-card sleeve.

Tracklist:

  1. Kolbe Theme 02:11
  2. Hoess Theme 07:27
  3. Darkness 01:39
  4. Wire 02:58
  5. The Final Solution 05:19
  6. Cello Solo 00:53
  7. Sketch In Light 04:09
  8. The Parade Ground 03:05
  9. Karol Rodzinski 01:51
  10. Holocaust 01:37
  11. The Death Cell 03:59

Infinite Expanse:

"Experimental soundtrack to a play you probably didn’t think existed, and definitely didn’t think you’d hear, steeped in historical context, and comprising a sonic mixture of early digital synthesis with eerie tape loops, feedback and 80’s stomp box effects.

Kolbe tells the story of a Polish Catholic priest who volunteered to die in place of another man in Auschwitz during WWII. In July 1941, a prisoner escaped from the camp, prompting the deputy commander to pick ten men to be starved to death in an underground bunker to deter further escape attempts. When one of the men selected, Franciscek Gajowniczek, a young husband and father, cried out, Maximilian Kolbe volunteered to take his place. According to an eyewitness, who was an assistant janitor at that time, in his prison cell Kolbe led the prisoners in prayer. Each time the guards checked on him, he was standing or kneeling in the middle of the cell and looking calmly at those who entered. After they had been starved and deprived of water for two weeks, only Kolbe and three others remained alive. The guards wanted the bunker emptied, so they gave the four remaining prisoners lethal injections. He died on 14 August 1941. Years later he was beatified as a Confessor of the Faith by Pope Paul VI in 1971 and canonised as a saint by Pope John Paul II in 1982, with a feast day celebrated since on the day of his death as part of the General Roman Calendar.

Over the course of 1985-86, the production company Theatre of Poland, toured Kolbe, a play based on the book by Desmond Forristal, to Catholic churches around Europe. The recordings presented here are part of a cassette that sold on the tour, recovered in Lyttelton, New Zealand, and then mastered in Brisbane, Australia, in April 2023. Audio snippets have also been added to the cassette, including live recordings from the theatrical performance at St Edwards Church, Windsor, September 1986, as well as snippets from the films, Tag der Freiheit: Unsere Wehrmacht (1935), and Festliches Nuernberg - Ein Film aus der Stadt der Reichsparteitage (1937)."
 

Artist : Martin Franklin & Michael O'Dempsey

Label : Infinite Expanse

80-90年代に活動していたイギリスのバンドTuuの中心メンバーMartin Franklinと Michael O'Dempseyが、2023年7月に同国発掘系レーベルInfinite Expanseからリリースしたサウンドトラック作品です。

1985-1986年に演劇用に製作したLo-Fiインダストリアル・ドローン〜ネオクラシカル・アンビエント11曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"歴史的文脈に浸り、不気味なテープ・ループ、フィードバック、80年代のストンプ・ボックス・エフェクトに初期のデジタル・シンセシスをミックスしたサウンドで構成されている。

Kolbeは、第二次世界大戦中にアウシュビッツで身代わりに死ぬことを志願したポーランドのカトリック神父の物語である。1941年7月、収容所から一人の囚人が脱走し、副司令官はさらなる脱走を阻止するため、地下壕で餓死させる10人の男を選んだ。選ばれた一人、若い夫であり父親でもあったフランシシェク・ガジョーニチェクが泣き叫ぶと、マクシミリアン・コルベが志願して彼の身代わりになった。当時、用務員の助手だった目撃者によると、コルベは牢獄の独房で、囚人たちに祈りをささげたという。看守がコルベの様子をうかがうたびに、コルベは独房の真ん中に立ったり、ひざまずいたりして、入ってくる囚人たちを穏やかに見つめていた。2週間も飢えと水不足が続いた後、生きていたのはコルベと他の3人だけだった。看守は壕を空にしたかったので、残った4人の囚人に致死注射を打った。コルベは1941年8月14日に死んだ。数年後、彼は1971年に教皇パウロ6世によって信仰の告白者として列福され、1982年には教皇ヨハネ・パウロ2世によって聖人に列せられた。

1985年から86年にかけて、制作会社Theatre of Polandは、デズモンド・フォリスタルの著書を基にした劇『Kolbe』をヨーロッパ各地のカトリック教会で上演した。ここで紹介する録音は、ツアー中に販売されたカセットの一部で、ニュージーランドのリッテルトンで回収され、2023年4月にオーストラリアのブリスベンでマスタリングされた。このカセットには、1986年9月にウィンザーのセント・エドワーズ教会で行われた劇場公演のライブ録音や、映画『Tag der Freiheit: また、映画『Tag der Freiheit: Unsere Wehrmacht』(1935年)、『Festliches Nuernberg - Ein Film a Stadt der Reichsparteitage』(1937年)からの断片も収録されている。"

--------------------------------------------

C45 cassette with on-body printing in jewel case, printed two-sided j-card and wrap-around o-card sleeve.

Tracklist:

  1. Kolbe Theme 02:11
  2. Hoess Theme 07:27
  3. Darkness 01:39
  4. Wire 02:58
  5. The Final Solution 05:19
  6. Cello Solo 00:53
  7. Sketch In Light 04:09
  8. The Parade Ground 03:05
  9. Karol Rodzinski 01:51
  10. Holocaust 01:37
  11. The Death Cell 03:59

Infinite Expanse:

"Experimental soundtrack to a play you probably didn’t think existed, and definitely didn’t think you’d hear, steeped in historical context, and comprising a sonic mixture of early digital synthesis with eerie tape loops, feedback and 80’s stomp box effects.

Kolbe tells the story of a Polish Catholic priest who volunteered to die in place of another man in Auschwitz during WWII. In July 1941, a prisoner escaped from the camp, prompting the deputy commander to pick ten men to be starved to death in an underground bunker to deter further escape attempts. When one of the men selected, Franciscek Gajowniczek, a young husband and father, cried out, Maximilian Kolbe volunteered to take his place. According to an eyewitness, who was an assistant janitor at that time, in his prison cell Kolbe led the prisoners in prayer. Each time the guards checked on him, he was standing or kneeling in the middle of the cell and looking calmly at those who entered. After they had been starved and deprived of water for two weeks, only Kolbe and three others remained alive. The guards wanted the bunker emptied, so they gave the four remaining prisoners lethal injections. He died on 14 August 1941. Years later he was beatified as a Confessor of the Faith by Pope Paul VI in 1971 and canonised as a saint by Pope John Paul II in 1982, with a feast day celebrated since on the day of his death as part of the General Roman Calendar.

Over the course of 1985-86, the production company Theatre of Poland, toured Kolbe, a play based on the book by Desmond Forristal, to Catholic churches around Europe. The recordings presented here are part of a cassette that sold on the tour, recovered in Lyttelton, New Zealand, and then mastered in Brisbane, Australia, in April 2023. Audio snippets have also been added to the cassette, including live recordings from the theatrical performance at St Edwards Church, Windsor, September 1986, as well as snippets from the films, Tag der Freiheit: Unsere Wehrmacht (1935), and Festliches Nuernberg - Ein Film aus der Stadt der Reichsparteitage (1937)."
 

Artist : Martin Franklin & Michael O'Dempsey

Label : Infinite Expanse