• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Max Eilbacher // Max Eilbacher TAPE

Max Eilbacher // Max Eilbacher TAPE

  • Availability:

過去にNNAやUnifactorなどから発表しているアメリカ・ボルチモアの実験音楽家Max Eilbacherが、2023年5月にボルチモアの実験レーベル実験/コラージュレーベルUltraviolet Lightから100本限定リリースした再発カセットです。

コンピューターによるサイケデリックな電子トリップ2曲を収録。DLコード付属。

以下、作家本人による解説です。

"弦楽器 "のためのデジタルスケッチ
ある朝、私は弦楽器の作曲を思いつきました。弦楽器の音色は、変化するイントネーションの間で常に変容しています。様々なソノリティのスペクトルが上昇し、下降することで、鼓動する生きた全体が構築されます。弦楽器の集積のジェスチャーと知覚の質は、氷河期と絶え間ない動きの間のどこかに存在するでしょう。結局、弦楽器のサンプルやアコースティック楽器の代わりに、ノコギリの波を使いました。

スペクトラル・マスク・ルーム・コンストラクション
オーディオの知覚とスペクトラルマスキングにおけるオンセットパーシャルを探求した作品です。私は木版画のサンプルから始めました。私にとって、木版画の厳しくも美しい打撃音は複雑です。この短い音は、極めて顕著で、恐怖を感じさせる音の手がかりとして機能します。1つの打音を何時間も聴き続け、徹底的なスペクトル分析を行った結果、私は打音の複雑な物質的複合が、その短い時間的寿命を超えて広がっていると聞き、理解するようになりました。バーストはインパルス応答として存在するようになりました。打鍵のたびに、木版の素材がレコーディングのために存在した空間についての情報が伝達されました。木が叩かれた部屋は、木がぶつかり合うのと同じように、聴こえる音素材の一部となりました。木版の音をゼロから合成するために、個々のパーシャルのアタックタイムとディケイタイムを細かく調べることになりました。スペクトル解析の結果をもとに、最初の短い打音を中心に作曲しました。サンプルの基音と倍音を構成するピッチを様々なクラスターで抽出し、数種類のデジタルシンセサイザーを作成するのに使用しました。サンプリングされたストライクと合成されたストライクのタイミング構造は、単純なカウント変換によって制御されています。そうすることで、打鍵音のバリエーションに概念的なスルーラインを設定しました。ハイライトされたり、オーディオの背景に送られる部分音の多くのバリエーションは、これらの音が存在する「偽」の空間を模倣し、リスナーに微妙な建築情報を伝える役割を果たします。"



Ultraviolet Lightその他作品はこちら /// Click here to see more Ultraviolet Light releases available at Tobira. 

--------------------

Includes DL code.

"Digital Sketch For Strings
One morning I had an idea for a string composition. The tonal colors of the strings would be constantly morphing between shifting intonations. A rising and falling spectrum of many different sonorities would construct a throbbing, living whole. The gestural and perceptive qualities of the stringed accumulation would exist somewhere between glacial and in constant motion. I ended up using saw waves instead of string samples or acoustic instruments, as I found the harmonics of a saw wave helped achieve what I was hearing in my head that morning.

Spectral Masking Room Construction
A work exploring onset partials on audio perception and spectral masking. I started with a woodblock sample. For me, the woodblock's harsh yet beautiful striking sound is complex. The short burst acts as an extremely salient and trepidatious sonic cue. After listening for hours to a single strike and performing in-depth spectral analysis, I began to hear and comprehend the strike’s intricate material composite as extending beyond its short temporal life. The burst started to exist as an impulse response. With each strike, information about the space in which the woodblock’s material existed for the recording was communicated. The room in which the wood was struck was just as much a part of the sonic material being heard as the wooden material colliding with one another. Synthesizing the woodblock sound from scratch turned into a minute study of individual partial’s attack and decay times. I used the results of spectral analysis and composed around the initial short strike. The pitches comprising the fundamentals and overtones in the sample were extracted in various clusters and used to create a few different digital synths. The timing structure of the sampled and synthesized strikes are controlled by a simple counting transform. By doing so I set conceptual throughlines for the variants of struck sounds. The many variations of partials being highlighted or sent to the audio background serve to imitate “fake” spaces in which these sounds exist and convey subtle architectural information to the listener."

- Max Elibacher, 2020
Edition of 150 three color risograph print.

artist : Max Eilbacher 

label : Ultraviolet Light 

過去にNNAやUnifactorなどから発表しているアメリカ・ボルチモアの実験音楽家Max Eilbacherが、2023年5月にボルチモアの実験レーベル実験/コラージュレーベルUltraviolet Lightから100本限定リリースした再発カセットです。

コンピューターによるサイケデリックな電子トリップ2曲を収録。DLコード付属。

以下、作家本人による解説です。

"弦楽器 "のためのデジタルスケッチ
ある朝、私は弦楽器の作曲を思いつきました。弦楽器の音色は、変化するイントネーションの間で常に変容しています。様々なソノリティのスペクトルが上昇し、下降することで、鼓動する生きた全体が構築されます。弦楽器の集積のジェスチャーと知覚の質は、氷河期と絶え間ない動きの間のどこかに存在するでしょう。結局、弦楽器のサンプルやアコースティック楽器の代わりに、ノコギリの波を使いました。

スペクトラル・マスク・ルーム・コンストラクション
オーディオの知覚とスペクトラルマスキングにおけるオンセットパーシャルを探求した作品です。私は木版画のサンプルから始めました。私にとって、木版画の厳しくも美しい打撃音は複雑です。この短い音は、極めて顕著で、恐怖を感じさせる音の手がかりとして機能します。1つの打音を何時間も聴き続け、徹底的なスペクトル分析を行った結果、私は打音の複雑な物質的複合が、その短い時間的寿命を超えて広がっていると聞き、理解するようになりました。バーストはインパルス応答として存在するようになりました。打鍵のたびに、木版の素材がレコーディングのために存在した空間についての情報が伝達されました。木が叩かれた部屋は、木がぶつかり合うのと同じように、聴こえる音素材の一部となりました。木版の音をゼロから合成するために、個々のパーシャルのアタックタイムとディケイタイムを細かく調べることになりました。スペクトル解析の結果をもとに、最初の短い打音を中心に作曲しました。サンプルの基音と倍音を構成するピッチを様々なクラスターで抽出し、数種類のデジタルシンセサイザーを作成するのに使用しました。サンプリングされたストライクと合成されたストライクのタイミング構造は、単純なカウント変換によって制御されています。そうすることで、打鍵音のバリエーションに概念的なスルーラインを設定しました。ハイライトされたり、オーディオの背景に送られる部分音の多くのバリエーションは、これらの音が存在する「偽」の空間を模倣し、リスナーに微妙な建築情報を伝える役割を果たします。"



Ultraviolet Lightその他作品はこちら /// Click here to see more Ultraviolet Light releases available at Tobira. 

--------------------

Includes DL code.

"Digital Sketch For Strings
One morning I had an idea for a string composition. The tonal colors of the strings would be constantly morphing between shifting intonations. A rising and falling spectrum of many different sonorities would construct a throbbing, living whole. The gestural and perceptive qualities of the stringed accumulation would exist somewhere between glacial and in constant motion. I ended up using saw waves instead of string samples or acoustic instruments, as I found the harmonics of a saw wave helped achieve what I was hearing in my head that morning.

Spectral Masking Room Construction
A work exploring onset partials on audio perception and spectral masking. I started with a woodblock sample. For me, the woodblock's harsh yet beautiful striking sound is complex. The short burst acts as an extremely salient and trepidatious sonic cue. After listening for hours to a single strike and performing in-depth spectral analysis, I began to hear and comprehend the strike’s intricate material composite as extending beyond its short temporal life. The burst started to exist as an impulse response. With each strike, information about the space in which the woodblock’s material existed for the recording was communicated. The room in which the wood was struck was just as much a part of the sonic material being heard as the wooden material colliding with one another. Synthesizing the woodblock sound from scratch turned into a minute study of individual partial’s attack and decay times. I used the results of spectral analysis and composed around the initial short strike. The pitches comprising the fundamentals and overtones in the sample were extracted in various clusters and used to create a few different digital synths. The timing structure of the sampled and synthesized strikes are controlled by a simple counting transform. By doing so I set conceptual throughlines for the variants of struck sounds. The many variations of partials being highlighted or sent to the audio background serve to imitate “fake” spaces in which these sounds exist and convey subtle architectural information to the listener."

- Max Elibacher, 2020
Edition of 150 three color risograph print.

artist : Max Eilbacher 

label : Ultraviolet Light