• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Ratkiller // Tomiris TAPE

Ratkiller // Tomiris TAPE

¥1,650
  • Availability:

ポーランドのカルト実験レーベルAlicja諸作をデッドストック入荷しました。

本作は、実験音楽家Ratkillerが、2021年6月にリリースしたカセットです。30分以上のサウンドコラージュ超大作を収録。廃盤です。DLコード付属。以下、レーベル解説です。

それは激しく始まり、悪化していく。ガラガラでかろうじて音がするスクラップ、知覚の限界にあるオーディオドキュメントがちりばめられ、無性に痛くてしつこい赤ん坊の泣き声につながる。やがて彼女はスピードアップし、シンセが滑り込んできて、終わりを告げる。Tomirisが誕生しているのだ。

クラブ・コンクリート・プロデューサーRatkillerの『Tomiris』は、2019年のカザフスタン映画の同名のサウンドトラックをコンセプトに基づいて再構築したもので、同様の奇妙な神話的空間を占めている。

映画『Tomiris』は、カザフスタン文化省が出資した国家神話を作る作品である。マッドマックスとクラウチングタイガーを合わせたような雰囲気があり、女性主人公と不安定な歴史的根拠がある。この作品は、現代のカザフ人が草原の騎馬民族と同一視していることを軸に、不都合な細部をぼかして作られている。主人公は歴史にない古代トルコ語を話し、悪役は歴史にない現代ペルシャ語を話す。だから、そのすべてを理解することは難しい。

『ラットキラー』はこの血と埃の叙事詩を超同化し、炎、血糊、擦り切れるような暴力を盛り上げ、登場人物が巨大なステロイドを塗った鬼のように見えるように台詞を作り直したものだ。女性の武将がフェミニストだとすれば、ラットキラーのトミリスはヒンドゥー教の女神カーリー(男を食い尽くす)ようなフェミニストである。

サウンド的には、一連の野外パーティーで行われ、ダンスによって巻き上げられたホコリ、時折、トランスがフェアグラウンドのマシンのループに流れ込み、腕が捕まって切断され、軽いゴア描写があり、パーティーが続いていく、というものだ。

Tomiris』は、Ratkillerのプロダクションの幅と柔軟性(2019年の『blue thirty』を聴けば分かる)の中でもユニークで、彼らのサウンドトリックのバッグを、継続するストーリーと長大なサウンドパレットに適用し、より深く潜ることができるようになっている。それはあなたの喉に突き刺さる短剣のように説得力があり、雌馬のミルクに溺れるように没入することができるのだ。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Alicja releases available at Tobira.

------------------------

Text by Nathan Gray :

"It begins violently and gets worse. Rattled barely-percussive scrapings, peppered with audio documents at the edge of perception lead to an unignorably painful and persistent crying baby. Eventually she is sped up, synths slide in and it’s over. Tomiris is being born.

Club-concrete producer Ratkiller’s Tomiris is a conceptual reworking of the soundtrack to the 2019 Kazakstani film of the same name and it occupies a similar weird mythic space.

Tomiris the film is a piece of national myth making financed by the Kazakstani ministry of culture. It has a mad-max-meets-crouching-tiger vibe, a kick-ass female lead and a shaky historical basis. It builds itself around the contemporary Kazakh identification with the horse peoples of the steppe, blurring the inconvenient details. Our heroes speak ancient Turkic ahistorically and the villains ahistorical-contemporary-Persian. So understanding ALL of it is off the menu.

Ratkiller takes this blood and dust epic and hyper-identifies with it, amping up the flames, the gore, the abrasive violence and re-working the dialogue so the characters seem like gigantic steroided-out-ogres. If female warlords are feminist then Ratkiller’s Tomiris is a feminist in the mode of the Hindu goddess Kali – devourer of men.

Sonically most of the action takes place at a series of outdoor parties, dust kicked up by dancing, occasional trance drifts into the looped workings of the fairground machines, until an arm is caught and amputated, some light gore, the party goes on.

Tomiris is unique in Ratkiller’s oevre of production breadth and flex (check 2019’s blue thirty to see what I mean) it applies their bag of sonic tricks to a continued story and protracted palette of sounds allowing for a deeper dive. It’s compelling like a dagger at your throat and immersive like drowning in mare’s milk."

Artist: Ratkiller

Label : Alicja

+ -

ポーランドのカルト実験レーベルAlicja諸作をデッドストック入荷しました。

本作は、実験音楽家Ratkillerが、2021年6月にリリースしたカセットです。30分以上のサウンドコラージュ超大作を収録。廃盤です。DLコード付属。以下、レーベル解説です。

それは激しく始まり、悪化していく。ガラガラでかろうじて音がするスクラップ、知覚の限界にあるオーディオドキュメントがちりばめられ、無性に痛くてしつこい赤ん坊の泣き声につながる。やがて彼女はスピードアップし、シンセが滑り込んできて、終わりを告げる。Tomirisが誕生しているのだ。

クラブ・コンクリート・プロデューサーRatkillerの『Tomiris』は、2019年のカザフスタン映画の同名のサウンドトラックをコンセプトに基づいて再構築したもので、同様の奇妙な神話的空間を占めている。

映画『Tomiris』は、カザフスタン文化省が出資した国家神話を作る作品である。マッドマックスとクラウチングタイガーを合わせたような雰囲気があり、女性主人公と不安定な歴史的根拠がある。この作品は、現代のカザフ人が草原の騎馬民族と同一視していることを軸に、不都合な細部をぼかして作られている。主人公は歴史にない古代トルコ語を話し、悪役は歴史にない現代ペルシャ語を話す。だから、そのすべてを理解することは難しい。

『ラットキラー』はこの血と埃の叙事詩を超同化し、炎、血糊、擦り切れるような暴力を盛り上げ、登場人物が巨大なステロイドを塗った鬼のように見えるように台詞を作り直したものだ。女性の武将がフェミニストだとすれば、ラットキラーのトミリスはヒンドゥー教の女神カーリー(男を食い尽くす)ようなフェミニストである。

サウンド的には、一連の野外パーティーで行われ、ダンスによって巻き上げられたホコリ、時折、トランスがフェアグラウンドのマシンのループに流れ込み、腕が捕まって切断され、軽いゴア描写があり、パーティーが続いていく、というものだ。

Tomiris』は、Ratkillerのプロダクションの幅と柔軟性(2019年の『blue thirty』を聴けば分かる)の中でもユニークで、彼らのサウンドトリックのバッグを、継続するストーリーと長大なサウンドパレットに適用し、より深く潜ることができるようになっている。それはあなたの喉に突き刺さる短剣のように説得力があり、雌馬のミルクに溺れるように没入することができるのだ。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Alicja releases available at Tobira.

------------------------

Text by Nathan Gray :

"It begins violently and gets worse. Rattled barely-percussive scrapings, peppered with audio documents at the edge of perception lead to an unignorably painful and persistent crying baby. Eventually she is sped up, synths slide in and it’s over. Tomiris is being born.

Club-concrete producer Ratkiller’s Tomiris is a conceptual reworking of the soundtrack to the 2019 Kazakstani film of the same name and it occupies a similar weird mythic space.

Tomiris the film is a piece of national myth making financed by the Kazakstani ministry of culture. It has a mad-max-meets-crouching-tiger vibe, a kick-ass female lead and a shaky historical basis. It builds itself around the contemporary Kazakh identification with the horse peoples of the steppe, blurring the inconvenient details. Our heroes speak ancient Turkic ahistorically and the villains ahistorical-contemporary-Persian. So understanding ALL of it is off the menu.

Ratkiller takes this blood and dust epic and hyper-identifies with it, amping up the flames, the gore, the abrasive violence and re-working the dialogue so the characters seem like gigantic steroided-out-ogres. If female warlords are feminist then Ratkiller’s Tomiris is a feminist in the mode of the Hindu goddess Kali – devourer of men.

Sonically most of the action takes place at a series of outdoor parties, dust kicked up by dancing, occasional trance drifts into the looped workings of the fairground machines, until an arm is caught and amputated, some light gore, the party goes on.

Tomiris is unique in Ratkiller’s oevre of production breadth and flex (check 2019’s blue thirty to see what I mean) it applies their bag of sonic tricks to a continued story and protracted palette of sounds allowing for a deeper dive. It’s compelling like a dagger at your throat and immersive like drowning in mare’s milk."

Artist: Ratkiller

Label : Alicja