• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Powell // Piano Music 1-7 LP

Powell // Piano Music 1-7 LP

¥3,150
  • Availability:

過去にDiagonalやXLなどから発表しているイギリス・ロンドンのテクノ作家Powellが、2021年12月にEditions Megoからリリースした最新作です。

これまでの作品とは一線を画し、ピアノをメインソースとしたアンビエント作品となっています。DLコード付属。

以下、レーベル解説です。

Editions Megoは、パウエルが奇妙で奇妙な感情を持つコンピューター作品のLP『Piano Music 1-7』をリリースすることを誇りに思っています。

自身のDiagonal Records、XL Recordings、そして最近ではオーディオ/フィルム・プラットフォームA Folder [afolder.studio]の開設により、Powellは現代のエレクトロニクス界に確固たる足場を築いています。彼は軽妙かつ頑固な音楽生活の中で、ポストパンク、テクノ、ノイズ、コンピュータ・ミュージックの領域を探求し、拡大するために無数の合成的な形態をひねり出してきた。昨年だけでも、イアニス・クセナキスが提案した音楽の形式化に触発されて、ハイデフの抽象的な4枚のアルバムをリリースしている。

ストキャスティック関数(確率を使って作曲する)を使ったこの激しい作業/研究/遊びの延長として、様々なプロセスが生まれ、パウエルはそれをより伝統的な音楽イベントに適用し始めた。通常,彼の作品では確率と関係は波形,折り返し,FM,フィルター・モードなどのパラメータを定義するために使われるが,彼は今,あらゆるソフトウェア/MIDI楽器を使って再生できる音楽のフォーメーションと視覚的スコアを作るためにそれらを使い始めた[LP盤の裏表紙にその1つが掲載されている].この関係性の地図を描く間、彼は基本的なグランド・スタインウェイ・サンプラーをプレースホルダ楽器として使用したが、このプロセスが長引くにつれ、彼は合成ピアノの音響特性を受け入れ、それをこの新しい作品群の基盤にするようになったのである。

Piano Music 1-7は、「Music for Synthetic Piano and Assorted Electronics」というサブタイトルで、7つの異なるシンセティック・アイランドを1つのコンポジションに繋げたものである。すべて、パウエルが手でピアノを弾くことを習わなかったとしても、ピアノを弾くことを可能にした前述のプロセスを使って作曲された。結局のところ、「電子音楽を書くにあたって、あなたは新しい道具の発明を指示しなければならない」とロビン・マッケイはかつて書いているのだ。

ある時はピアノが影のような合成音の上を嬉々として飛び回り、またある時は合成音のシートが群がり、鍵盤を包み込む。この2つの相互作用は、幻想的な別世界、すなわち時間が浸食され、縮小され、拡大される宇宙的な機械を生み出し、まるで操作や関係が刻まれた蝋のようである。多くの作品は、ピアノの音の束が、決して繰り返されることのない電子的なジェスチャーで踊り、挿入され、バイタリズムに近い遊び心や楽観主義を表現している。色とりどりの花が咲き乱れる花壇のような雰囲気だ。この音響と電子の相互作用は、デヴィッド・ベアマンが『Leapday Night』などの作品で開発した先駆的なプロセスを基にしており、『Piano Music 1-7』はコンロン・ナンキャロウのプレイヤーピアノのための調査を現代風にアレンジしたものと考えることもできるだろう。同様に、鋭い音の特性と人間以外の出来事の展開は、クセナキスのコンピュータ作品や、メゴの主役であるフローリアン・ヘッカーの外科的な正確さを思い起こさせます。

2020年後半に録音されたこのパウエルの新作は、電子音楽の大胆で明るいビジョンを提案するだけでなく、少なくとも35分間は、現在の環境から抜け出すためのナビゲーションとなる地図として機能する。スリーブノートでアーティスト自身が述べているように、「...。. この霧やスープから生まれたのは、肯定的で生命を与えるようなアイデアやプロセスで、それは私がいつも自分の音楽で伝えたいと思っていた感覚だった。おそらく、私がこの音楽的な出来事の展開に感じた楽観性やポジティブさ、時間を超えて様々な方向に転がるこれらのクラスターや結び目は、あなたにも感じていただけると思います」。"

 -----------------------------

Text by Editions Mego:

"Editions Mego is proud to welcome Powell to its roster with a bizarre and strangely emotive new LP of synthetic computer works entitled Piano Music 1-7.

Via his own Diagonal Records imprint, his work on XL Recordings and, most recently, the opening of audio/film platform A Folder [afolder.studio], Powell has firm footing in the contemporary electronic landscape. During a wry and obstinate musical life he has twisted myriad synthetic forms into shapes that explore and expand upon the districts of post-punk, techno, noise + computer music, and in the the last year alone he has released four albums of hi-def abstractions, each inspired by a formalisation of music proposed by Iannis Xenakis. 

As an extension of this intense period of work/research/play with stochastic functions [using probabilities to compose music], various processes emerged that Powell then began to apply to more traditional musical events. Where ordinarily in his work the probabilities and relationships are used to define parameters such as wave-shape, folding, FM, filter modes etc., he now began to use them to create musical formations and visual scores that could be played back using any software/MIDI instrument [one of these can be seen on the rear cover of the LP release]. While mapping out this cartography of relations, he used a basic Grand Steinway sampler as a placeholder instrument; the longer the process went on, though, the more he began to embrace the acoustic properties of the synthetic piano and make it the bedrock for this new constellation of work. 

Piano Music 1-7, subtitled ‘Music for Synthetic Piano and Assorted Electronics’, consists of seven different synthetic islands strung together into a single composition. All were composed using the aforementioned processes that allowed Powell to play a piano, even if he never learned to do so with his hands. After all, ’In writing electronic music,’ Robin Mackay once wrote, ‘you also have to direct the invention of new tools.’

At times the piano skips gleefully over shadowing synthesis, whilst at others the synthetic sheets swarm and envelope the keys. The interplay between the two create a fantastical alternate reality, a cosmic machine in which time is eroded, shrunk and expanded, like a wax upon which operations and relations are inscribed or engraved. Many of the pieces express a playfulness or optimism verging on vitalism, as bundles of piano notes dance and interpolate with a never-repeating range of electronic gestures. The feel is of a brightly coloured flower-bed in various stage of bloom. This interplay of the [artifical] acoustic and the electronic builds on the pioneering processes developed by David Behrman in works such as Leapday Night, and Piano Music 1-7 could also be posited as a modern take on Conlon Nancarrow’s investigations for player piano. Similarly, the razor-sharp sonic properties and unfolding of non-human events recall the computer works of Xenakis and the surgical precision of Mego mainstay Florian Hecker.

Recorded in late 2020, these new Powell works propose not just a bold and bright vision of electronic music but serve also as a map with which, for 35 minutes at least, we can navigate our way out of the current milieu. As the artist himself remarks in the sleeve-notes, ‘. . . What emerged from this fog or soup [for me] were ideas and processes that felt affirmative and life giving — sensations I had always hoped to convey in my music. Perhaps the optimism or positivity I felt at these musical events unfolding, these clusters and knots tumbling in different directions across time, can also be felt by you.’
 "

Artist : Powell

Label : Editions Mego

+ -

過去にDiagonalやXLなどから発表しているイギリス・ロンドンのテクノ作家Powellが、2021年12月にEditions Megoからリリースした最新作です。

これまでの作品とは一線を画し、ピアノをメインソースとしたアンビエント作品となっています。DLコード付属。

以下、レーベル解説です。

Editions Megoは、パウエルが奇妙で奇妙な感情を持つコンピューター作品のLP『Piano Music 1-7』をリリースすることを誇りに思っています。

自身のDiagonal Records、XL Recordings、そして最近ではオーディオ/フィルム・プラットフォームA Folder [afolder.studio]の開設により、Powellは現代のエレクトロニクス界に確固たる足場を築いています。彼は軽妙かつ頑固な音楽生活の中で、ポストパンク、テクノ、ノイズ、コンピュータ・ミュージックの領域を探求し、拡大するために無数の合成的な形態をひねり出してきた。昨年だけでも、イアニス・クセナキスが提案した音楽の形式化に触発されて、ハイデフの抽象的な4枚のアルバムをリリースしている。

ストキャスティック関数(確率を使って作曲する)を使ったこの激しい作業/研究/遊びの延長として、様々なプロセスが生まれ、パウエルはそれをより伝統的な音楽イベントに適用し始めた。通常,彼の作品では確率と関係は波形,折り返し,FM,フィルター・モードなどのパラメータを定義するために使われるが,彼は今,あらゆるソフトウェア/MIDI楽器を使って再生できる音楽のフォーメーションと視覚的スコアを作るためにそれらを使い始めた[LP盤の裏表紙にその1つが掲載されている].この関係性の地図を描く間、彼は基本的なグランド・スタインウェイ・サンプラーをプレースホルダ楽器として使用したが、このプロセスが長引くにつれ、彼は合成ピアノの音響特性を受け入れ、それをこの新しい作品群の基盤にするようになったのである。

Piano Music 1-7は、「Music for Synthetic Piano and Assorted Electronics」というサブタイトルで、7つの異なるシンセティック・アイランドを1つのコンポジションに繋げたものである。すべて、パウエルが手でピアノを弾くことを習わなかったとしても、ピアノを弾くことを可能にした前述のプロセスを使って作曲された。結局のところ、「電子音楽を書くにあたって、あなたは新しい道具の発明を指示しなければならない」とロビン・マッケイはかつて書いているのだ。

ある時はピアノが影のような合成音の上を嬉々として飛び回り、またある時は合成音のシートが群がり、鍵盤を包み込む。この2つの相互作用は、幻想的な別世界、すなわち時間が浸食され、縮小され、拡大される宇宙的な機械を生み出し、まるで操作や関係が刻まれた蝋のようである。多くの作品は、ピアノの音の束が、決して繰り返されることのない電子的なジェスチャーで踊り、挿入され、バイタリズムに近い遊び心や楽観主義を表現している。色とりどりの花が咲き乱れる花壇のような雰囲気だ。この音響と電子の相互作用は、デヴィッド・ベアマンが『Leapday Night』などの作品で開発した先駆的なプロセスを基にしており、『Piano Music 1-7』はコンロン・ナンキャロウのプレイヤーピアノのための調査を現代風にアレンジしたものと考えることもできるだろう。同様に、鋭い音の特性と人間以外の出来事の展開は、クセナキスのコンピュータ作品や、メゴの主役であるフローリアン・ヘッカーの外科的な正確さを思い起こさせます。

2020年後半に録音されたこのパウエルの新作は、電子音楽の大胆で明るいビジョンを提案するだけでなく、少なくとも35分間は、現在の環境から抜け出すためのナビゲーションとなる地図として機能する。スリーブノートでアーティスト自身が述べているように、「...。. この霧やスープから生まれたのは、肯定的で生命を与えるようなアイデアやプロセスで、それは私がいつも自分の音楽で伝えたいと思っていた感覚だった。おそらく、私がこの音楽的な出来事の展開に感じた楽観性やポジティブさ、時間を超えて様々な方向に転がるこれらのクラスターや結び目は、あなたにも感じていただけると思います」。"

 -----------------------------

Text by Editions Mego:

"Editions Mego is proud to welcome Powell to its roster with a bizarre and strangely emotive new LP of synthetic computer works entitled Piano Music 1-7.

Via his own Diagonal Records imprint, his work on XL Recordings and, most recently, the opening of audio/film platform A Folder [afolder.studio], Powell has firm footing in the contemporary electronic landscape. During a wry and obstinate musical life he has twisted myriad synthetic forms into shapes that explore and expand upon the districts of post-punk, techno, noise + computer music, and in the the last year alone he has released four albums of hi-def abstractions, each inspired by a formalisation of music proposed by Iannis Xenakis. 

As an extension of this intense period of work/research/play with stochastic functions [using probabilities to compose music], various processes emerged that Powell then began to apply to more traditional musical events. Where ordinarily in his work the probabilities and relationships are used to define parameters such as wave-shape, folding, FM, filter modes etc., he now began to use them to create musical formations and visual scores that could be played back using any software/MIDI instrument [one of these can be seen on the rear cover of the LP release]. While mapping out this cartography of relations, he used a basic Grand Steinway sampler as a placeholder instrument; the longer the process went on, though, the more he began to embrace the acoustic properties of the synthetic piano and make it the bedrock for this new constellation of work. 

Piano Music 1-7, subtitled ‘Music for Synthetic Piano and Assorted Electronics’, consists of seven different synthetic islands strung together into a single composition. All were composed using the aforementioned processes that allowed Powell to play a piano, even if he never learned to do so with his hands. After all, ’In writing electronic music,’ Robin Mackay once wrote, ‘you also have to direct the invention of new tools.’

At times the piano skips gleefully over shadowing synthesis, whilst at others the synthetic sheets swarm and envelope the keys. The interplay between the two create a fantastical alternate reality, a cosmic machine in which time is eroded, shrunk and expanded, like a wax upon which operations and relations are inscribed or engraved. Many of the pieces express a playfulness or optimism verging on vitalism, as bundles of piano notes dance and interpolate with a never-repeating range of electronic gestures. The feel is of a brightly coloured flower-bed in various stage of bloom. This interplay of the [artifical] acoustic and the electronic builds on the pioneering processes developed by David Behrman in works such as Leapday Night, and Piano Music 1-7 could also be posited as a modern take on Conlon Nancarrow’s investigations for player piano. Similarly, the razor-sharp sonic properties and unfolding of non-human events recall the computer works of Xenakis and the surgical precision of Mego mainstay Florian Hecker.

Recorded in late 2020, these new Powell works propose not just a bold and bright vision of electronic music but serve also as a map with which, for 35 minutes at least, we can navigate our way out of the current milieu. As the artist himself remarks in the sleeve-notes, ‘. . . What emerged from this fog or soup [for me] were ideas and processes that felt affirmative and life giving — sensations I had always hoped to convey in my music. Perhaps the optimism or positivity I felt at these musical events unfolding, these clusters and knots tumbling in different directions across time, can also be felt by you.’
 "

Artist : Powell

Label : Editions Mego