• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
World Standard // Country Gazette 2xLP

World Standard // Country Gazette 2xLP

¥5,980
  • Availability:

※6月下旬再入荷後発送します

World Standard aka 鈴木惣一朗が(細野晴臣プロデュース)が、2024年2月にアメリカ・LAのオールジャンルレーベルCudighi Recordsからリリースした再発2枚組レコードです。(オリジナルは1997年リリース)

架空のロードムービーのサウンドトラックのようなアンビエント・アメリカーナ14曲を収録。ゲートフォルド仕様です。

以下、レーベルによる解説です。

"Cudighiは、World Standardが1997年に発表した『Country Gazette』を、2枚組LPとして新たにリマスターし、初ヴァイナル化することを嬉しく思う。ポップ・エレクトロニクスの奇才、細野晴臣がプロデュースし、鈴木惣一朗が制作した『Country Gazette』は、アンビエント・アメリカーナのパイオニア的作品であり、発表から27年経った今でも比類のない作品である。

20世紀の黄昏時に構想された『Country Gazette』は、鈴木が細野のレーベルDaisyworld Discsのために制作した決定的な「Discover America」シリーズの幕開けとなった。デイジーワールドのアヴァンギャルドなエートスに合わせて、鈴木は未知の領域を探求する音楽を作りたいと考えていた。初期の作品にあった屈託のないエキゾチカを捨て、彼は未知の世界を受け入れ、3つのテーマの基本ルールを定めた:

1.カントリー・ミュージックのアルバムを作ること(彼はこのジャンルはあまり好きではなかった)。
2. 生演奏の代わりにサンプリング音源を使う。
3. ライブでは再現できないバーチャルな世界を作ること。

これらの制約が、鈴木がアメリカーナを独自の解釈で構築し、そして破壊する余地を与えた。ジョン・フェイヒーとデヴィッド・リンチの『ツインピークス』に魅了された鈴木は、伝統的なカントリーの決まり文句を避け、代わりに恐怖と美が絡み合うダークな音の肖像を描いた。出来上がったアルバムはデリケートかつ不協和音で、90年代後半の不安な雰囲気とアメリカン・ゴシックが対になっている。

このユニークなサウンドは、Country Gazetteの結成方法から生まれた。パフォーマーというよりプロデューサーだった鈴木は、ベッドルームのスタジオを楽器として使い、ギター、バンジョー、マンドリンをLo-FiなAKAIサンプラーで操作し、アシッドテイストのホンキートンクへとワープさせた。ダウンテンポとデルタブルースを分解して融合させた渋谷系カントリーは、フィールドレコーディング、カットアップ、コラージュを取り入れ、アメリカの田舎町をモンタージュした。鈴木にとっては、どんなサンプルも公平なゲームだった。きしむ杉のポーチに置かれた錆びた指弾きのギター、コオロギのささやき、忘却の彼方へと疾走する蒸気機関車の悲鳴、軋むスネアドラムのドライブラシ。灼熱の中で歌い返す女性コーラス、砂漠の靄のように揺らめくトレモロ、そのすべてが飲み込まれ、吐き出され、遠雷を除いては静かな荒れ地となる...。

異質なサンプルを融合させることで、鈴木は冷ややかで漫画的、独特で牧歌的、癒し系で超自然的な、酔いしれるようなイメージを作り出した。この意味で、『Country Gazette』は映画的であり、ヴィム・ヴェンダースのロードムービーのサウンドトラックのようでもある。モノクロームの砂嵐、時を経た転がる草、カウボーイハットに覆われ避難所を求める孤独な見知らぬ人々。1970年の名作『ニルソン・シングス・ニューマン』へのオマージュであるアルバムのジャケットのように、鈴木は副操縦士であり旅の仲間である細野とともに未知の世界を案内してくれる。

日本を経由してアメリカを定義しようとするこの『Country Gazette』は、国境を越えて存在し、田園風景を捉え、独自の奇抜な世界を作り出している。カントリーでもエレクトロニックでもない、オフビートで不定形で全く革新的な、明確なカテゴライズを無視したアルバムだ。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Cudighi Records releases available at Tobira. 

-------------------------------------

2 x 12" black vinyl. 

Tracklist:

Side A
01. Introduction (1:15)
02. Good Red Road (2:50)
03. The Lonely Driver 1952 (5:21)
04. Country Sad Ballad Man (1:47)
05. Loser’s Lounge (3:17)

Side B
06. Old Man Blues (3:36)
07. Loving Spoonful (3:26)
08. Billy Strange Country (6:38)

Side C
09. My Low – Chuned Banjo (3:34)
10. 900 Miles From Home (2:19)
11. Silent Homecoming (3:47)
12. Hollyville Train (5:23)

Side D
13. Montage Lonesome Hobo-Land (8:52)
14. Cowboys Don’t Cry (3:05)
 

Cudighi Records:

" Cudighi is thrilled to announce the first vinyl release of World Standard’s 1997 Country Gazette, newly remastered as a double LP set. Produced by pop electronic wiz Haruomi Hosono and created by Sohichiro Suzuki, Country Gazette is a pioneering piece of ambient Americana that remains unparalleled 27 years after its release.

Conceived during the dusk of the 20th century, Country Gazette kicked off Suzuki’s definitive “Discover America” series for Hosono’s label Daisyworld Discs. To match Daisyworld’s avant-garde ethos, Suzuki knew he wanted to make music that explored uncharted territory. Ditching the carefree exotica of his early work, he embraced the unknown and laid down three thematic ground rules:

1. Make a country music album (a genre he wasn’t exactly fond of).
2. Use sampled sound sources in lieu of live performance.
3. Create a virtual world that cannot be reproduced live.

These restrictions gave Suzuki space to build - and break down - his own interpretations of Americana. Channeling his fascination with John Fahey and David Lynch’s Twin Peaks, Suzuki eschewed traditional country clichés to instead paint a darker sonic portrait where fear and beauty intertwined. The resulting album was both delicate and dissonant, pairing the anxious atmosphere of the late 90s with American Gothic.

This unique sound came from the way Country Gazette was assembled. More producer than performer, Suzuki used his bedroom studio as an instrument, manipulating guitars, banjos, and mandolins with lo-fi AKAI samplers and warping his way to acid-tinged honky-tonk. It was Shibuya-kei country, a deconstructed fusion of downtempo and Delta blues that incorporated field recordings, cut-ups, and collages to make a montage of rural America. For Suzuki, any sample was fair game. A rusty fingerpicked guitar on a creaky cedar porch. The whisper of crickets. The ghastly scream of a steam locomotive barreling toward oblivion. Dry brushes on a squeaky snare drum. A female chorus feeding back in the scorching heat. Tremolo flickering like desert haze. All of it swallowed up and spat out as a silent wasteland, save for distant thunder…

By melding disparate samples, Suzuki created intoxicated imagery that is chilling and cartoonish, peculiar and pastoral, soothing and supernatural. In this sense, Country Gazette feels cinematic, like the lost soundtrack to a Wim Wenders road movie with no clear destination. It’s a world of monochrome sandstorms, time-warped tumbleweeds, and lonesome strangers shrouded by cowboy hats, seeking refuge. Much like the album cover - itself an homage to the 1970 classic “Nilsson Sings Newman” - Suzuki guides us across the unknown with Hosono-san, his co-pilot and travel companion.

In its effort to define America by way of Japan, Country Gazette exists beyond borders, both capturing the countryside and creating its own wacky world. It’s an album that defies clear categorization - not quite country or electronic, it is offbeat, amorphous, and wholly innovative."

Artist : World Standard

Label : Cudighi Records

CAT No: CUD75

+ -

※6月下旬再入荷後発送します

World Standard aka 鈴木惣一朗が(細野晴臣プロデュース)が、2024年2月にアメリカ・LAのオールジャンルレーベルCudighi Recordsからリリースした再発2枚組レコードです。(オリジナルは1997年リリース)

架空のロードムービーのサウンドトラックのようなアンビエント・アメリカーナ14曲を収録。ゲートフォルド仕様です。

以下、レーベルによる解説です。

"Cudighiは、World Standardが1997年に発表した『Country Gazette』を、2枚組LPとして新たにリマスターし、初ヴァイナル化することを嬉しく思う。ポップ・エレクトロニクスの奇才、細野晴臣がプロデュースし、鈴木惣一朗が制作した『Country Gazette』は、アンビエント・アメリカーナのパイオニア的作品であり、発表から27年経った今でも比類のない作品である。

20世紀の黄昏時に構想された『Country Gazette』は、鈴木が細野のレーベルDaisyworld Discsのために制作した決定的な「Discover America」シリーズの幕開けとなった。デイジーワールドのアヴァンギャルドなエートスに合わせて、鈴木は未知の領域を探求する音楽を作りたいと考えていた。初期の作品にあった屈託のないエキゾチカを捨て、彼は未知の世界を受け入れ、3つのテーマの基本ルールを定めた:

1.カントリー・ミュージックのアルバムを作ること(彼はこのジャンルはあまり好きではなかった)。
2. 生演奏の代わりにサンプリング音源を使う。
3. ライブでは再現できないバーチャルな世界を作ること。

これらの制約が、鈴木がアメリカーナを独自の解釈で構築し、そして破壊する余地を与えた。ジョン・フェイヒーとデヴィッド・リンチの『ツインピークス』に魅了された鈴木は、伝統的なカントリーの決まり文句を避け、代わりに恐怖と美が絡み合うダークな音の肖像を描いた。出来上がったアルバムはデリケートかつ不協和音で、90年代後半の不安な雰囲気とアメリカン・ゴシックが対になっている。

このユニークなサウンドは、Country Gazetteの結成方法から生まれた。パフォーマーというよりプロデューサーだった鈴木は、ベッドルームのスタジオを楽器として使い、ギター、バンジョー、マンドリンをLo-FiなAKAIサンプラーで操作し、アシッドテイストのホンキートンクへとワープさせた。ダウンテンポとデルタブルースを分解して融合させた渋谷系カントリーは、フィールドレコーディング、カットアップ、コラージュを取り入れ、アメリカの田舎町をモンタージュした。鈴木にとっては、どんなサンプルも公平なゲームだった。きしむ杉のポーチに置かれた錆びた指弾きのギター、コオロギのささやき、忘却の彼方へと疾走する蒸気機関車の悲鳴、軋むスネアドラムのドライブラシ。灼熱の中で歌い返す女性コーラス、砂漠の靄のように揺らめくトレモロ、そのすべてが飲み込まれ、吐き出され、遠雷を除いては静かな荒れ地となる...。

異質なサンプルを融合させることで、鈴木は冷ややかで漫画的、独特で牧歌的、癒し系で超自然的な、酔いしれるようなイメージを作り出した。この意味で、『Country Gazette』は映画的であり、ヴィム・ヴェンダースのロードムービーのサウンドトラックのようでもある。モノクロームの砂嵐、時を経た転がる草、カウボーイハットに覆われ避難所を求める孤独な見知らぬ人々。1970年の名作『ニルソン・シングス・ニューマン』へのオマージュであるアルバムのジャケットのように、鈴木は副操縦士であり旅の仲間である細野とともに未知の世界を案内してくれる。

日本を経由してアメリカを定義しようとするこの『Country Gazette』は、国境を越えて存在し、田園風景を捉え、独自の奇抜な世界を作り出している。カントリーでもエレクトロニックでもない、オフビートで不定形で全く革新的な、明確なカテゴライズを無視したアルバムだ。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Cudighi Records releases available at Tobira. 

-------------------------------------

2 x 12" black vinyl. 

Tracklist:

Side A
01. Introduction (1:15)
02. Good Red Road (2:50)
03. The Lonely Driver 1952 (5:21)
04. Country Sad Ballad Man (1:47)
05. Loser’s Lounge (3:17)

Side B
06. Old Man Blues (3:36)
07. Loving Spoonful (3:26)
08. Billy Strange Country (6:38)

Side C
09. My Low – Chuned Banjo (3:34)
10. 900 Miles From Home (2:19)
11. Silent Homecoming (3:47)
12. Hollyville Train (5:23)

Side D
13. Montage Lonesome Hobo-Land (8:52)
14. Cowboys Don’t Cry (3:05)
 

Cudighi Records:

" Cudighi is thrilled to announce the first vinyl release of World Standard’s 1997 Country Gazette, newly remastered as a double LP set. Produced by pop electronic wiz Haruomi Hosono and created by Sohichiro Suzuki, Country Gazette is a pioneering piece of ambient Americana that remains unparalleled 27 years after its release.

Conceived during the dusk of the 20th century, Country Gazette kicked off Suzuki’s definitive “Discover America” series for Hosono’s label Daisyworld Discs. To match Daisyworld’s avant-garde ethos, Suzuki knew he wanted to make music that explored uncharted territory. Ditching the carefree exotica of his early work, he embraced the unknown and laid down three thematic ground rules:

1. Make a country music album (a genre he wasn’t exactly fond of).
2. Use sampled sound sources in lieu of live performance.
3. Create a virtual world that cannot be reproduced live.

These restrictions gave Suzuki space to build - and break down - his own interpretations of Americana. Channeling his fascination with John Fahey and David Lynch’s Twin Peaks, Suzuki eschewed traditional country clichés to instead paint a darker sonic portrait where fear and beauty intertwined. The resulting album was both delicate and dissonant, pairing the anxious atmosphere of the late 90s with American Gothic.

This unique sound came from the way Country Gazette was assembled. More producer than performer, Suzuki used his bedroom studio as an instrument, manipulating guitars, banjos, and mandolins with lo-fi AKAI samplers and warping his way to acid-tinged honky-tonk. It was Shibuya-kei country, a deconstructed fusion of downtempo and Delta blues that incorporated field recordings, cut-ups, and collages to make a montage of rural America. For Suzuki, any sample was fair game. A rusty fingerpicked guitar on a creaky cedar porch. The whisper of crickets. The ghastly scream of a steam locomotive barreling toward oblivion. Dry brushes on a squeaky snare drum. A female chorus feeding back in the scorching heat. Tremolo flickering like desert haze. All of it swallowed up and spat out as a silent wasteland, save for distant thunder…

By melding disparate samples, Suzuki created intoxicated imagery that is chilling and cartoonish, peculiar and pastoral, soothing and supernatural. In this sense, Country Gazette feels cinematic, like the lost soundtrack to a Wim Wenders road movie with no clear destination. It’s a world of monochrome sandstorms, time-warped tumbleweeds, and lonesome strangers shrouded by cowboy hats, seeking refuge. Much like the album cover - itself an homage to the 1970 classic “Nilsson Sings Newman” - Suzuki guides us across the unknown with Hosono-san, his co-pilot and travel companion.

In its effort to define America by way of Japan, Country Gazette exists beyond borders, both capturing the countryside and creating its own wacky world. It’s an album that defies clear categorization - not quite country or electronic, it is offbeat, amorphous, and wholly innovative."

Artist : World Standard

Label : Cudighi Records

CAT No: CUD75